その3:mellow tones Vol.24 森広隆×宮川剛@代官山 Chambre

前半から飛ばしまくりの森くん。
後半に入って、MCの声が枯れ気味に。
「調子が悪くてもうまく歌える方法見つかりました!」
って言ってたけど、ワンマンライブも控えているので、セーブして欲しいって密かに思っていたんだけど(^^;
それでも、「RAINBOW SEEKER」なんて、鳥肌が立つくらいのロングトーンでした。

意外にもまだ4枚目なんですね

宮川さんが新しいアルバムについてポロっと言ってましたが、mellow tonesは、宮川さんも結構話すので、オンマイクにして欲しいです(笑)。

最近のライブで徐々にやっていた
「幅利かせていく新曲(←私が勝手につけた仮タイトル)」
は、正式タイトルが
メガロポリタンズ ファンク
になりました!
ナポリタンでもメトロポリタンでもないので間違えないようにしなきゃ(^^;
ライブで盛り上がること間違いナシです!

今回のアルバム『A Day in Dystopia』には、今までのライブで披露されていない曲が2曲あります。
2曲とも、このライブで演奏してくれました!

まず「早すぎるクリスマスソング」。

歌詞のコンセプトは「歌」「モノクローム」「キラキラ」と同じライン。
とにかく、聴いていて、森くんしか歌いこなせないんじゃないかと思うくらい難しい(^^;
ロングトーンの後に、複雑なメロディを入れています。
アルバムだと、間奏にトモ藤田さんのエレキソロが入っているんだそう!
森くん
俺じゃ、こんなリード(ギター)弾けない
だって(笑)。
ワンマンライブでは、森くんのソロが聴けるのか!?

もう1曲は、今回、弾き語りで演奏してくれた、アルバムのラストの「ユートピア」。
アルバムタイトルとも関連しているようで、気になっていました。

森くんの曲「Heaven」はヘヴンな内容ではないので(笑)、もしかしたら、タイトルとはウラハラに暗いのかな、とか。
『planetblue』の「Samsara」みたいにインストだけなのかな、とか。
お花畑みたいな曲だったらイヤだな、とか(笑)。

あれこれ想像していました。

聴いてみると、歌詞はちゃんとありました。
そして、ホントに良かった。
涙出ました。

森くんの
一緒に音楽を楽しんでくれている人への感謝の気持ちを歌った歌
なんだそうです。
素直にダイレクトに伝わってきました。

私、あんまり直球な歌は好きじゃないんですけど。
この歌は、素直に感動しました。

ユートピアって言葉は、その反対の言葉のイメージを裏に孕んでしまいがち。
ユートピアを希求すればするほどディストピアな状況を呼んでしまったり。
ユートピアを標榜している人が語る「ユートピア」は信用できなかったり(笑)。

でも、今回のライブのように、同じ時間と空間の中で音楽を共有して、みんな笑顔になれたなら、一瞬でもそれは「ユートピア」だよね・・・・・なんて思いました。

この曲は、CDでももちろん、ライブで聴くと、もれなく感動する曲だと思いますよ!

今日のライブは森くんからたくさんの感謝の気持ちが伝わってきて胸がいっぱい・・・・・。
本当に感謝です!
そしてアルバム完成おめでとう。
とにかく、25日のライブに万全な状態で臨んで欲しいし私も万全で臨みたい。
ステキな夜と音楽をありがとう。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/22341765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-10-18 13:12 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)