「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」 渋谷直角 著 扶桑社

訳あって(後述)、このマンガを買いました。
サブカル臭プンプンなマンガを久しぶりに読みました。

奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

渋谷 直角 / 扶桑社


主人公は、35歳雑誌編集者の男性「コーロキ」くん。
同じく編集者の「あかり」ちゃんに一目惚れ。
ひょんなことから、あかりちゃんと付き合うことに。
ここから彼の人生が急展開していきます。

コーロキくんは、アラフォー男子ですが、仕事への取り組みや苦悩が、新人くんみたいに必死で全力投球です。
悩みが多いのは、日々、戦っているからですね。
至る所で、コーロキくん憧れの奥田民生の歌が出てきます。

ラストは、ええっ!!なんで!?(゜ロ゜ノ)ノというくらい衝撃的でビックリします(^^;

私は、このマンガも作者も知りませんでした。
なぜ、このマンガを買ったのかというと、「森広隆」の名前が登場するからです!
d0108969_19564990.jpg

このチラシのイベントに、コーロキくんが、あかりちゃんを誘おうとしたみたい。
このイベントは実際にあったもので、私も行きました!

「音編み」山田稔明/MAMARAID RAG/森広隆/カンバス@吉祥寺STAR PINE'S CAFE

作者は、このイベントを実際に見たのか、それともチラシだけ見たのか、気になります(^^;

そして、コーロキくんは、あかりちゃんをイベントに呼べたのか。
この後の描写がないので分からずじまいです(^^;;;
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/22445614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2015-11-02 19:49 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)