その1:5/6森広隆「A Day in Dystopia TOUR」@Yokohama O-SITE

客電が落ちて、『メガロポリタンズファンク』のベース音とクラップ音が流れ始めました。
それに合わせて客席から自然と手拍子が起こって、気分は最高潮!
いよいよバンドメンバーと森くん登場!・・・・・と思ったら、譜面を忘れて取りに戻ってしまいました(^^;

・・・・・おーい!大丈夫か!?

客席中が森くんを気遣うオトン&オカンで溢れた瞬間(^^;


<セットリスト>
森広隆:G&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
Kiyo:Cho
1. メガロポリタンズファンク
2. おいしいパン
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

森広隆:エレキ弾き語り
9. 雨は止まない

森広隆:エレガット弾き語り
10. いいんです

森広隆:Key&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
11. Pebama
12. Waterdrops
13. Avalanche

森広隆:G&Vo
紺野光広:B
宮川剛:Drs
Kiyo:Cho
14. Cyclone
15. 2D Star
16. MY☆GIRL
17. Funk redemption
18. RAINBOW SEEKER

<アンコール1>
森広隆:ボイストランペットwithループマシン
19. ドラゴンクエスト序曲(三重奏)

<アンコール2>
森広隆:G&Vo
紺野:B
宮川:Drs
Kiyo:Cho
20. ゼロ地点
21. ユートピア


もとい、オープニングはもちろん、『メガロポリタンズファンク』。
これで別の曲だったらウケるけど(笑)。

次の『おいしいパン』では、紺ちゃんが「あーーーーっ!」っと、雄叫びみたいな声を上げました。
スッゴく気持ち良くて、思わず声が出ちゃったんだろうな・・・・・そんな声でした。

次の『愛のBeat』では、森くんお得意のロングトーン。
お客さんの手拍子も、今日はイイ感じ♪

Invisible Chain』と続いて、私としては、こんなグルーヴで座って聴いているのはもったいなくて、もっと身体で感じたくてウズウズしていました。
森くんがMCで言うように、「初日は一日しかない」んだからもったいない!

最後列なら間違いなく立っていたと思います(^^)

Rabbit Hole』まで来て、宮川さんのグルーヴが、いつもと違うような気がしました。

森くんのバンドワンマンは初参加なんですよね!
なので、バンドの宮川さんが楽しみでした(^^)

森くんと何度も一緒にやっているmellow tonesでは、二人だけなので、わりと自由にやってらっしゃる印象なんですが、バンドだと、しっかり気遣いが見えるドラム。
宮川さんの父性?みたいなものが十分発揮されていました(^^;

ネオフィリア』は、紺ちゃんのソロが良かった!
紺ちゃんのベースも久しぶりで嬉しい(≧∇≦)
A Day in Dystopia』のアルバムを紺ちゃんのベースで全部聴きたかったのよん♪

アゲアゲのまま、MCに入って、森くんが更に煽るようなことを言ったけど、次の曲が『憂鬱』で、全員、拍子抜け(笑)。

早すぎるクリスマスソング』は、実は、いつも聴きながら、こんなことを考えてました(^^;

「歌詞に全く共感できないんだよねー(爆)。
好きだった人のことを思い出してヒタってる曲って、どうして男性アーティストに多いんだろう!?
こういうオトコって、背中蹴飛ばして崖から突き落としたくなっちゃうんだよね(^^;
いつまでも過去のことほじくって丸めてたら、未来に出会えるはずの、もっとステキな人に出会えなくなっちゃうぢゃん!
・・・・・まあでも、付き合っていた人のことを何年か後に思い出して、その人の名前をキレイサッパリ忘れちゃってることに気づく私もかなり問題だけどねー」


でもね。
この日は、歌が沁みてきました。
ライブの前に、友達のお墓参りに行って来たから。

・・・・・たまには、思い出してもイイよね。


(つづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23141324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-05-13 18:40 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)