その2:5/6森広隆「A Day in Dystopia TOUR」@Yokohama O-SITE

ここで、バンドメンバーが引っ込んで、森くんの弾き語りコーナー。

雨はやまない』エレキギター弾き語りバージョン。

いいんです』は、エレガット弾き語り。

2年前にブログで語った気持ち、今でも変わっていない、という話をしました。
森広隆38歳、目標を持ちました

森くんは、元々、そんなにブレないアーティストですが、「良い音楽を作る」という点では、本当にブレないですね。
森くんの繊細な感受性で、それを維持していくのは、本当に大変だったと思います。


ここで再びKiyoくん以外のメンバーが入って、森くんはキーボードの前に着席。
Pebama』の弾き語り。
ギター弾き語り、キーボード弾き語り、いろいろ盛りだくさんですね♪

そうそう、もうすぐアルバム『A Day in Dystopia』の配信が始まるそうですよ!


Waterdrops』は、骨太な音のギターソロと森くんの笑顔がステキでした♪

Avalanche』は、肇ちゃんがいないのに、肇ちゃんの切ないキーボードが聴こえてくる・・・・・。

ここでKiyoくんが入って再びフルメンバー。
Cyclone』の前に、森くんが立つように促してくれて、ここからやっと立てた!
身体動かしたかったよー!

Kiyoくんのコーラスは今回、森くんの声にスゴく合ってるように聞こえたんですよね。
コーラスの場数を踏んで、合わせたor慣れたのかしら。
それとも、聴いている私が慣れたのか!?

2D Star』は、紺ちゃんのベースで聴きたかったんです。
紺ちゃんの痒いところに手が届く、ちゃんと気持ちイイ、ゴソゴソっとしたベースに合っていると思うの。

なので、この曲の時は、紺ちゃんのベースしか見てなかった(^^;
紺ちゃんの顔すら見てなかった(^^;
私の小さい頭の中に紺ちゃんのベースを刻みこんで音源化するくらいの勢いで(笑)。

MY☆GIRL』は、イントロで何の曲だか一瞬、分からなかった(^^;
アレンジが違うとかではなく、やるって思ってなかったから。

Funk Redemption』は、公開セクハラコーナー盛り上がりますね!

RAINBOW SEEKER』で、また盛り上がった!
踊れるってサイコー♪
さあ、次の曲は!?と思ったら
「すいません。これが最後の曲でした」

客席から「ええーっ( ̄□||||!!」の声。
そりゃそうだよね。みんなビックリ(^^;

こうして、いつのまにか本編は終わったのでございました。


(つづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23150955
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-05-17 14:52 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)