丸麿セッション 丸山正剛/小南数麿/斉藤昌人/黒田慎一郎/河内肇@Terra Nishiogi Tokyo

いつも森広隆さんの楽曲やライブに参加している、キーボードの河内肇さんが出演するということで足を運びました(^^)
当日、数時間前に「行こう!」って決めて良かったです(^^)
d0108969_11085085.jpg

<メンバー>
丸山正剛 (G)
小南数麿 (G)
斉藤昌人 (B)
黒田慎一郎 (Dr)
河内肇 (Key)



ツインギターとベースの3人が中心で、ドラムと鍵盤の肇ちゃんが支えるようなバンド編成。
中心の3人は、80年代から活躍している、そうそうたるキャリアのミュージシャン。

そんな方達がプレイするジェフ・ベックですもの。
気持ち良くないわけがないっ!
そして、さんざん若い時に遊び倒しているミュージシャンばかりですもの。
音が色っぽくないわけがないっ(笑)!

肇ちゃんそっちのけで、3人ばかり見てしまいましたよ(^^;

誰かのサポートではなく、それぞれが好きなインスト曲をどんどんやっているので、ステージは、ひたすら楽しい楽しいエネルギーばかり(^^)
ここぞとばかりに、テクニカルなソロをバンバンぶちかましてきて、本当に楽しそう♪
聴いているこっちも楽しいばかり(≧∇≦)♪

でも、私の洋楽の知識って、ほんとヒドくて。

「あれ?ジェフ・ベックって死んでなかったっけ?」
とか思ったら、ジミ・ヘンドリックスと勘違いしてたって気づいたし(^^;
ジェフ・ベックの『哀しみの恋人たち』を、レッド・ツェッペリンの『天国への階段』だと思い込んでいたり(^^;;;

肇ちゃんも、もちろん、森くんのライブの時のように黙々とイイ仕事してました。
マイクのディレイのエコーを真似しろと、ムチャ振りされたり(^^;
髪の毛も、いつものようにバッチリ元気に逆立っていて、小南さんに
「剣山みたいでしょ?」
ってシッカリいじられていたり(笑)。
d0108969_11102730.jpg
ドラムの黒田さん、素晴らしかったです!
変拍子でドラムソロをやるドラマーを初めて見ました(笑)。
私がドラマーだったら、頭の中で拍を数えるのに必死になって、気持ち良く叩けそうにないんですけど(^^;

あと、丸山さんが、ずっとギターのピックを口にくわえているのが気になりました(^^;;;
d0108969_11093254.jpg
終演後に
「写真をネットにアップして大丈夫ですか?」
って、カウンターにいらした小南さんに訊いてみたんですけど。
後で調べたら、スゴいキャリアのギタリストだったんですね(^^;;;;;

ベースの斉藤さん、MCで盛り上げてくださっていて、サポートしていたチェッカーズの思い出話してなどしてくださいました。
ベースソロの時に、ペグをグルグル回してチューニングをめまぐるしく変えて弾いていました。
一種のエフェクトなんでしょうか!?

終演後も、気さくに話してくださって、
一緒に観ていたライブ友達がMCについて突っ込んだら、
「もっとMC評価してよぉ」なんて仰ってて(笑)。


80年代から活躍されてるから、MCも「懐かしい」感じなんですよ。
だからなのか、帰り道、私の頭の中に、中森明菜の『セカンド・ラブ』が流れていました(^^;


ライブは一期一会ですよね。
同じアーティストでも、同じ音は二度と出ないですから・・・・・。
d0108969_11100084.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23180291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-05-29 11:06 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)