その2:6/3森広隆『A Day in Dystopia Tour』 佐野康夫/種子田健/Kiyo@渋谷TSUTAYA O-nest

前回の続きです。

<セットリスト>
森広隆 Gt. Key. Vo.
佐野康夫 Drs.
種子田健 B.
Kiyo Cho.

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
1. メガロポリタンズファンク
2. ただ時が経っただけで
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

(森G.Gt.弾き語り)
9. 密室

(森E.Gt.弾き語り)
10. 椅子取りゲーム(新曲)

(森Key.、佐野、種子田)
11. Pebama

(森E.Gt.、佐野、種子田)
12. Waterdrops

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
13. Avalanche
14. Freaky Boogie
15. 2D Star
16. ゼロ地点
17. Funk redemption

18. Rainbow seeker

<アンコール>
(森ループマシン&ボイストランペット)
19. ドラゴンクエスト序曲

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
20. Cyclone

(森E.Gt.弾き語り&お客さんの手拍子)
21.ユートピア



ここでサポートメンバーが一旦退場して、森くんの弾き語りタイム。
エレガットで『密室』です。
『密室』は人気ですよね!
私も大好き♪

次は、ギター職人の川畑完之さんが森くんのために作った新しいエレキギター「Groovecaster」で、これまたなんと新曲の弾き語り!

Groovecasterは、ぺールブルーのカラーリングがステキ♪
音がシャープでとってもクリア!
聴いてて気持ちイイ(≧▽≦)

終演後は、このニューギターを見たり撮ったりしているお客さんがすごく多かったです!

川畑さんは、
「森くんとギターの間にあるガラスをなるべく透明にしたい」
という思いで作ったんだとか。
森くんの思い通りの音がダイレクトで鳴るようにということだと思いますが、森くん曰く、
「いい加減に弾くと、いい加減は音が出てしまう」
ということなので、きっと、使いこなせば、もっとどんどん良い音が出るんだと思います!

新曲の(仮?)タイトルは『椅子取りゲーム』。
ボートで逃げる難民のニュースを見て、思いついたらしい。

森くん、なにげに戦争に関係する曲が多いですよね。
ズバリな『新しい兵器』とか『英雄の誕生』とか『Heaven』とか。

今回の新曲も、これからライブで演奏していくうちに、どんどん成長していくと思うので楽しみです(≧∇≦)

Pebama』は鍵盤弾き語り。
だいぶ上手になってきましたよね(^^)
目指せ肇ちゃんの域!


森くんの家に、(森くんがいない時に)お兄さんとお母さまがいらしたとき、ナスカちゃんが森くんと間違えて、お兄さんになついたらしい。
そして、森くんが戻ってくると、
「なんで御主人が二人いるの!?」と、ナスカちゃんが戸惑ったんだとか(^^;

ナスカちゃんの話になると、毎度デレデレになるので、客席から
「ノロケか!?」
って、すかさず突っ込まれてました(^^;

この話で思い出したんですが、お兄さんの話、スゴく久しぶりに聞きましたね。

すっごく前の、まだメジャーだった時のどこかのインストアライブで、呼び込みのスタッフさんが
「森○○タカさんです!」

と、間違えて「ヒロタカ」では無い名前をコールしたことがありました(^^;
すると、森くんは
「それは兄貴の名前です」
って、突っ込んだことがありました(笑)。
なぜ、その名前をコールしたのかは謎(^^;;;


(つづく)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23253807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-06-27 17:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)