「サイバラの部屋」 西原理恵子 著 新潮社

漫画家の西原理恵子さんの対談集。

サイバラの部屋 (新潮文庫)

西原 理恵子 / 新潮社


西原さんは、武蔵野美術大学の卒業生ですが、同じ武蔵美だった、みうらじゅんさんと語る学生生活は、『ハチミツとクローバー』で描かれている世界と、あまりにもかけ離れていてビックリ(^^;
働きながら美大に通って、あんなことやこんなことを・・・・・って、載せちゃって大丈夫なんでしょうか(^^;

ともさかりえなど、育児中の芸能人とも対談しているんですが、西原さんから伝わってくるのは、とにかく自分で稼いで、なにがなんでも子供達を養うぞ!っていう、プリミティブな母性。
結婚や出産でキャリアを捨ててしまう女性がいるけど、どんなに子育てが大変でも、給料が保育所に右から左で渡っても、自分の食い扶持は捨てるなよ、と。
小さい時から苦労してこられたというのもあると思います。

西原さんは、子供だけではなくて、旦那さんも筆一本で養ってこられたんですよね。
なので、最近、高須クリニックの院長の高須さんとお付き合いされていて、本当に良かったと思います(^^)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23438291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-08-27 20:52 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)