11/23ハシグチカナデリヤのアフタヌーンショー的なアレ@新宿ナビカフェ

25人限定ライブに、なぜだか予約できたので、ワケも分からず行ってみました(^^;

ナビカフェは、すごく小さなカフェ。
ライブカフェは経験あるけど、ステージが今まで経験したことが無いくらい近い(^^;
入ったら、ハッさん普通に出迎えしてるし(笑)。

今回のコンセプトは、ハシグチカナデリヤ3rdアルバムにして、メジャー1stアルバム『超ハシグチカナデリヤ』を全曲、CDの順番&各曲解説付きで奏でてくれるというもの。

なんて贅沢なライブでしょう♪

当然ながら、MC多めでした。
そういえば、ハッさんのライブって、あんまりMC無いなって、今さらながら気づいたんです。
でも、ハッさんの場合、ブログなんかで自分の考えを常日頃から発信しているので、MCなくても不足は全然感じてないんですけどね(^^;

そんなわけで、曲順でレポ(セットリストは、ご本人のブログより拝借)。


■1 超good time
いきなり歌から始まるらしい。
だからなのか、普通にMCしていていきなりスルっと曲に入っていきました。
お客さんがコーラスすべきフレーズを細かくご指導くださいました(^^;


■2 Rin!Rin!Hi!Hi!
CD制作にあたり、曲間(曲と曲の間隔)も決めたそうですが、1曲目からほとんど間を空けずに2曲目が始まるらしい。
去年の今頃にはできていたらしい。
『ナンバカ』の主題歌は、ハシグチカナデリヤ hugs The Super Ballバージョンですが、これは完全にハッさんオンリーのボーカルバージョン。
これはこれで好き♪ハッさんバージョンの『カメレオマン』も聴きたい!


■3 イイワケナイ
すっごくファンキーな曲。
ハッさんのCD聴いててスゴいと思うのは、曲のバリエーションが広いってこと。
いろんなジャンルが詰まっている上に、1曲の中に違う世界観のイメージの音が3つくらい入っていることもある(笑)。
だから、ハッさんのCDを始めて聴いた時「情報量が多過ぎる」と思った(^^;
曲によっては、どう受け取っていいのか分からないのもあったり。慣れるとだんだん気にならなくなってくるんだけど。
ただ、本人のイメージは今でも"ambiguous"なまま・・・・・どう反応して良いのやら(^^;
・・・・・まあ深く考えずに、この曲の歌詞のように「わかんないことだらけ、わかんなくていいことだらけ」ということで(笑)。


■4 星空のエリザ
長淵剛の曲っぽいイメージらしい。
歌い出しは、プロデューサーの岡野ハジメさんに言われて変更したらしい。
なんでかっていうとジュ○ィ・○ングの『○せられて』のフレーズに似ていたらしい(笑)。
時々、ハッさんの曲聴いてると、「デジャビュ?」って思うことがある。
たとえば、『バイバイ未来エンドロール』のサビで「かーざりじゃないのよなみだわっっ!」って歌っちゃいけないとか(^^;


■5 ラブリーメモリーラズベリー
今までライブDVDでしか聴いたことがなかったので音源に入るの嬉しい(^^)
「フー!」っていう掛け声が歌詞に織り込まれているのがポイントらしい。
本当は、歌詞に商標がいっぱい入ってたらしいんだけど、ボツになって急きょ変えたらしい。
そう考えると小室哲哉の『SHOUT』は、ヤマほどブランド名が出てくるので、スゴい歌だったんだなと思う。


■6 like a 花鳥風月
ここまでがレコードで言うとA面らしい。
このコーラスでいつも私は「次は鳥だよね・・・・・風だよね」と一生懸命、次を考えながら歌う(笑)。


■7 アカラサマLOVE
この曲大好き♪
今までライブDVDでしか聴いたことがなかったので音源に入るの嬉しい(^^)
イントロもコード進行もギターもメロディも皆キレイ♪
帰り道も、ずーっとこの曲が頭の中で鳴っててシアワセ(^^)
CD買ったら、この曲だけで3日くらいヘビロテすると思う。


■8 dandy man
この曲もファンキーな曲。ベースラインが好き!
最初に聴いたとき、遠藤光与志さんがサポートベースだったんですが、めっちゃ良かったな♪
オトコは30歳から!という、ハッさんの心意気を感じる曲。
シカオちゃんは29歳でメジャーデビューだったけど、ハッさんは35歳でデビューだから、ホントすごい。
普通ならできないことなんだから、もっと自信持って!


■9 真夏のトワイライトAM4:30
この曲も好き♪仕事中に聴いていると、メッチャテンション上がる!
自主制作盤の『いとをかCD4』に入っていて、かなりヘビロテしていました。
岡野ハジメさんの作った楽器「オカノトロン」を駆使したアレンジに生まれ変わっているとか♪


■10 モノクロライダー
『モノクロライダー』は、このアルバムに入れるか入れないか、最後まで迷った曲らしい。
次の曲とわりとセットな感じでドップリハマれるんじゃないでしょうか。
「捨てざるをえなかった悲哀」と「捨てたくても捨てられない悲哀」と。


■11 毎日がbrand new day
プレサポの音源に入っていてヘビロテしています(^^)イイ曲♪
音楽やっている人に対していつも思うのは、よく何年も続けていられるなー、よくそんなに曲できるよなー、私だったらモチベーションが続かないなーってことなんですけど、ウチの母が言うに「続けている方がラクなこともあるんだよ」って。なるほどね。


■12、YELLOW&NAVYBLUE
ラストとしてふさわしい曲だって思います♪
ただ、「YELLOWとNAVYBLUEどっちがイイの?」って、この曲聴いてていつも思う(笑)。
色のイメージからするとYellowの方がきっとイイよね。
でも、黄信号と青信号だったら、NAVYBLUEの方がポジティブなのかな・・・・・って、どうでもイイですね(^^;


■13 14ミスチルのエブリシングと花(少し)
時間が少し余ったので、「間違えるたらそこで止める」というルール?で、どんどん好きな曲を歌ってくれました。
私は個人的にミスチル嫌いなんですが、頑張ってサビまで歌って欲しかったな(笑)。『Memento Mori』はわりと好きな曲だから。
ミスチルは、もうちょっと若い頃に出会っていたらハマっていたかもしれないけど、too old to loveだった(^^;


■15 GLAYのBELOVED(1コーラス)
当時、耳にしていたかもしれないけど、この曲は知らない。GLAYは『Winter,again』が好きかなー。


■16 B'zのミエナイチカラ(1コーラス)
私はTMネットワークが好きだったので、その流れでB'zも聴いていて、ファンクラブに入っていた友達に誘われてライブにも行ったことがある。でも、マトモに聴いてたのはシングルだったら『LADY NAVIGATION』で、アルバムだったら『MARS』くらいまでじゃないかなぁ。パターン同じだわって、聴かなくなっちゃったんだよね。


■17 いっそflyaway
自分のオリジナル曲に戻る(笑)。
この曲は「揺れる~」で始まるので、タイトル「ユレル」だっけ?って、いつも一瞬思うけど、それは別の曲。
結構、仕事が忙しい時に、この曲に助けられたなー。


■18 長渕のとんぼ(1コーラス)
名曲だよね(^^)ドラマの主題歌だったんですよね。
私は、この前のドラマの「親子ゲーム」のドラマが好きで、その主題歌の『SUPER STAR』を耳コピして、よくリコーダーで吹いてた(笑)。


■19 らぶふらくしょん。
ハッさんオリジナル曲で、ライブの定番曲。このプロモーションPVが好き。



『超ハシグチカナデリヤ』には、本人のライナーノーツが付くので、曲も合わせてそちらも楽しみですね(^^)♪

このライブは、たぶん、ハッさんの実験的な場でもあると思うんですが、お作法をよく知らないので、終演後は、お会計してとっとと出てきちゃった。
本人に挨拶(ということは物販もセット)しなきゃいけない決まりだったのか!?
私は基本的に、アーティストはステージいる時と、物販に用がある時しか見えない「フェアリー」で(笑)、なるべく視界に入らないように、気づかないようにするのが礼儀だと思っているので・・・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23702778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2016-12-11 11:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)