「ほっ」と。キャンペーン

2/6ハシグチカナデリヤ ワンマンライブ「超ハシグチカナデリヤで、ちょちょちょちょgood time!」@渋谷CLUB QUATTRO

ハッさんのライブは楽しい!
今回も、ワンマンライブとは思えないくらい、対バンライブと変わらないくらいあっという間で、最中のことは、よく覚えていない(笑)。
気づいたら最後の曲で、なんだかもったいないくらい(^^;

<セットリスト:前半>
(ご本人のブログより転載)
1、カメレオマン
2、いっそflyaway
3、せつなさライセンス
4、キスマーク
5、真夏のトワイライトAM4:30
6、イイワケナイ
7、モノクロライダー
8、まさかマザーユニバース
9、ニュートリノシンドローム

<セットリスト:後半>
10、アカラサマLOVE
11、ラブリーメモリーラズベリー
12、dandy man
13、超good time
14、ミュージックビデオ
15、なに食べ
16、星空のエリザ
17、like a 花鳥風月
18、六等星の丘~we are believer~
19、Rin! Rin! Hi! Hi!
20、YELLOW&NAVYBLUE

<アンコール>
21、恋はsalt
22、らぶふらくしょん
<ダブルアンコール>
23、乾杯


モノクロライダー』『アカラサマLOVE』ライブで聴けて良かったなー!
恋はsalt』は、音数が少なくてcool♪
とはいえ、どの曲も全部、本当に楽しかった!
捨て曲なんて無い。

ライブ終わった後のアーティストって「やりきったー!」みたいなオーラを全身に出すことが多いけど、ハッさんの場合、
「まだまだイケる!」
「まだまだヤレる!」
っていう、上に立ち昇ぼるオーラが出ている。
それが、彼独特の色気だったりする。

そんなハッさんを見ていていつも、どうしてそんなにモチベーションが続くのだろう。どうしていつもギラギラしていられるのだろう、と、感心してしまう。
私だったら、とても続きそうにありません(^^;

以下、そんなハッさんを見た時に浮かんだ私の妄想。

この人は、音楽を続けるために、いろいろ諦めてきたのだ。
でも、この人には諦めなくてよい道もあったはずなのだ。
ライブハウスに行くと、音楽取ったら何も残らなそうな人もいるけど(笑)、この人は器用なので、音楽以外でも、そこそこ活躍できたはず。
彼の真面目で働き者で、家族を愛する性格なら、堅実で平凡な人生も容易に想像できる。

そういう可能性を捨てて退路を絶ったから、何が何でも成功しないとって、考えているんだろう。

・・・・・以上、私の妄想。

ダブルアンコールで引っ張り出されて、お客さんと長渕剛の『乾杯』を熱唱。
お客さんも皆、歌えるのがスゴい(^^;

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23866268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2017-02-17 21:56 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)