2/18 アンコールセッション編:森広隆×名渡山遼@代官山LOOP

この二人の対バンは、何よりセッションが楽しみ♪
お互いの持ち時間減らしてセッション多めにして欲しいくらい(笑)。


アンコールセットリスト>
en1 Virtual insanity(ジャミロクワイのカバー曲)
en2 Human nature(マイケル・ジャクソンのカバー曲)

<ダブルアンコール>
en3 Englishman in New York(スティングのカバー曲)

<トリプルアンコール>
en4 Georgy Porgy(TOTOのカバー曲)


名渡山くんのウクレレは相変わらず「怒涛」。
ウクレレに対して形容する言葉じゃないですよね(^^;

今日、初めて名渡山くんの演奏に触れた友達が
「ウクレレじゃなくて違う楽器みたい!ウクレレの概念を超えてる!」
と、驚いていました(終演後に名渡山くんのCD買ってました(笑))。

名渡山くん曰く、
「森さんとだったら星の数ほどセッションできる!」

リハーサル中、自分たちのリハもそこそこに、ずっと二人でジャムっていたら、
「お楽しみのところ申し訳ありませんが、お時間が・・・・・」
と、スタッフさんが申し訳なさそうに止めたんだそうな(^^;

最初の曲は、ジャミロクワイの『Virtual insanity』。
この前のセッションで、森くんが突然ムチャ振りして、名渡山くんが上手くできなかったって悔しがっていたので、そのリベンジ。
今回は、いや、前回も良かったですよ!

次のマイケル・ジャクソンの曲では、二人ともムーンウォークしたりして(^^;

ダブルアンコールで、最後にお互いの名前をコールする時、名渡山くんが森くんのことを
「森広隆さんっ!」
ってコールしたので、礼儀正しい名渡山くんらしいなぁと、微笑ましかったです(笑)。

まだまだ拍手は鳴りやまず、トリプルアンコールに突入。
そして、今回も森くんがTOTOの曲をムチャ振り。
森くん、無邪気過ぎる(^^;

名渡山くんは前回の如く必死に食らいついていったけど、途中のフレーズが弾けず、悔しそうなジェスチャーを見せる場面も。
いやいやそもそも、あんなムチャ振りされても、弾けちゃう名渡山くんがスゴいですよ!

というわけで、この曲は「次回リベンジ」ということで(笑)。
こうやって、二人のセッションは、アラビアンナイトの如く続いていくんでしょうか。
名渡山くんには申し訳ないですが、ファンとしては嬉しい限りです(^^)

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/23887767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2017-02-28 20:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)