4/30タキザワユキヒト×ハシグチカナデリヤ「世界1位のパン職人がプロデュースしてないツーマン」@新横浜ベルズ

新横浜ベルズは10年以上前の野狐禅の対バン以来・・・・・とはいえ、私が行った時は既に野狐禅の出番が始まってて、入ろうとしてやめて、家に帰ったんだよね(笑)。ちなみにその日は酷い大雨だった。だから、中に入ったのは昨日が初めて。なかなか良いハコでした♪

このツーマンは、二人の関係性も楽しみでしたね♪
最初のアコギでのセッションからして、仲良しさん(^^)

<オープニングセッション:二人ともアコギ>
1、ニテヒナル
2、BELOVED(GLAY)
3、WE ARE EVOLUTION(アコースティックバージョン)

この二人の出会いは数年前なんだそう。
タッキーはハッさんより年下なので、最初は敬語だったけど(笑)、酔っぱらったハッさんが「敬語使われるの、寂しいなぁ」と、呟いてからはタメ口になったらしい(^^;
やっぱりこの男、想像通りの甘えん坊だ(笑)。

最初はハッさん。
6人編成なので、普段の対バンでは聞けない曲が聞けて、珍しくキーボードもあって、嬉しい\(^^)/
日曜だからか『サンデーナイト』も聴けたし♪
お客さんは、ワンマンにも増して、超ヒートアップしていた!
自分的には『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、手を挙げるタイミングを間違えちゃったので恥ずかしかった(^^;
チップスくんが、この曲で扇子持って踊っていましたね!

<ハシグチカナデリヤ セットリスト>
1、超good time
2、あはあは
3、Rachel
4、オトナノオンナトオトナノオトコ
5、dandy man
6、サンデーナイト
7、燃えてフラジャイル
8、らぶふらくしょん
9、なに食べ
10、六等星の丘~we are believer~
11、Rin! Rin! Hi! Hi!
12、パステル
ステージ前方に出てきてギターソロで客を煽ることはよくあるけど、ハッさんが手すりに乗ってきてビックリ!
飛び乗る瞬間の目を見ていて、ワーッ!と向かってくるウチの文鳥さんを想像してしまいました(^^;
真下からハッさんを見上げることって、そうは無いから貴重な経験でございました♪

それにしても、ハッさんのツーマン&ワンマンはメガネで行っちゃダメだ。メガネ曇った(笑)。汗で滑った(^^;
今度からちゃんとコンタクト入れなきゃ(^^;;;

次はタッキー。バンドのタッキーは初体験でした。
ハッさんのサポートもする海保くんがドラム。
海保くんは、タッパがあるので、スティックを高い位置から降り下ろすアクションがよく似合います。
タッキーの曲音楽性の方が私の好みに近いのでね。楽しめましたよ!
ただ、変拍子激しいので、バンドの皆さんの練習が大変そう!
今回のライブで、タッキーの譜割りやリズムのクセがなんとなく分かった気がします。
エンドルフィンにとめどなく』が聞けて良かった♪

タッキーの最後の曲が終わるか終わらないかのうちに、ハッさんがステージに出て来てアンコールの準備をイソイソと開始(笑)。

<アンコールセッション:バンドで>
1、WE ARE EVOLUTION(バンドバージョン)
2、MUSIC

二人合わせて、スゴい量の曲数だったわけで・・・・・終演時刻がかなり遅かったので、物販に先に寄っておいて良かった♪
次回は『探す、エーテルの風』希望!
d0108969_20594569.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/24150031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2017-05-05 20:58 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)