「バンドマンが読むべきライブハウスの取扱説明書」 足立浩志 著 リットーミュージック

ライブハウスの経営者兼PAさんが著者なので、とても実践的な内容。
楽器やアンプについてのあれこれ、ライブハウスに出演するまで&ライブの流れ、ステージでの振る舞い方からなにから、細かいノウハウてんこ盛り!
私は小さいライブハウスによく足を運ぶので、いろいろと参考になりました♪

ギターとベースでアンプが違うという話を知ってビックリ(←とても基本的なことだよね(笑))!

よく言われるチケットノルマの話とか、予約表の仕組みもよく分かりました。
ライブハウスは、出演アーティストにチケットノルマという参加料を徴収するので、ぶっちゃけ、お客さんがゼロでも儲かるのです。
出演アーティストがリスクを背負うのですよね。

リハーサルでは、モニターから返ってくる音の調整とか、結構やることたくさんあって、忙しいんだなあ(^^;

マイクは床に置かないとか、バンド名はハッキリ言うとか、持ち時間はMC含めてだから時間内で必ず収めるとか、スタッフにちゃんと挨拶するとか・・・・・基本的なことも載っているから、裏返すと、そういうことができてないアーティストが多いということかもしれないですね(^^;

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/24217218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2017-05-22 17:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)