「『医心方』事始」槇佐知子 著 藤原書店

日本最古の医学書「医心方」を解読した著者による解説とエッセイ(苦労話?)。
とにかく、医心方の解読って、スゴいことなのです。暗号のように書かれているので、千年間誰も読めなかったんですから(^^;
医学に関することは、口伝秘伝だったのが当たり前の時代。
情報が漏れないように、わざと漢字の表記を変えたり、作った漢字を使ったりしています。
槇さんは、若い頃から万葉仮名に親しんでいたということがベースにあり、文字を一つ一つ解読。
古代中国や朝鮮半島の医学書と照合しながら、病名や薬の成分を一つ一つ特定していきました。
気が遠くなるような手間と時間がかかっています。

解読するだけではなく、ヒ素や水銀など、有害な成分がなければ、実際に当時の薬を書かれている通りに調合して、効果を試していたりしています。

私が興味を持ったのは、薬の成分の相性についての記述。
お互いの効果を高めあったり、打ち消しあったり、害になったりする組み合わせがあるということ。
これは日頃から実感しています。

そして、鉱物由来の薬を服用する「服石」と、それを解毒する方法。
このあたりは、医心方本編をちゃんと読みたいところです。

[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/26151745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2017-11-17 21:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)