【中国・香港映画:ネタバレ御免】女帝-エンペラー

ラストがね・・・・・。

スマイルBEST 女帝 エンペラー スタンダード・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)


王妃は最後、死なない方が良かった。己の目的を果たすため、夫を殺し、ライバルを殺し、家来を殺したけれど、結局、愛する人までも死んでしまった。生き残って、孤独の地獄の中で玉座に就く。そんな救いの無い映画にしてほしかった。

私は王妃よりも、悪役の皇弟に感情移入してしまいましたですよ。この映画のキャラの中で、一番純情なのって、実は皇弟なんじゃないかしらん。映画をずーっと見ていくと、どうやら皇弟が兄帝を殺して皇位を奪ったのは、自分の権力欲からではなく、兄帝の王妃をモノにしたかったからみたいだし。そうすると、皇太子を執拗に暗殺しようとするのも、皇位を維持するためではなく、王妃の気持ちをモノにしている皇太子への嫉妬のためだし。王妃にゾッコン!っていう以外は、そんなに暗愚には見えなかったんだよねー。
寝所でも、「兄と比べて自分はどう?」って、いっつも気にして王妃に聞いてるし。そんな皇弟がちょっとカワイイと思ってしまった。

それに比べて、皇太子のために全てを捧げたチンニーは別として、王妃は皇太子を愛してるクセに、兄帝とも皇弟ともヤッてるし。
もっとヒドいのは皇太子。彼は、自分の愛と王妃のために、何をしたっていうの?王妃が好きなのに、とっとと呉越に逃げるわ、オレは誰にも理解されないんだああ、とか言って、チンニーをめちゃくちゃにするわ。

こんな皇太子が皇帝になったら、どうせ王妃と歌舞音曲にうつつを抜かすのは目に見えてる。皇弟が皇位を乗っ取って、正解だったんじゃない?・・・・・なーんて、あくまで皇弟の肩を持つ私。

クライマックスで、皇弟は、王妃が自分を毒殺しようとしたことに絶望して、自ら毒をあおる。自分の想いが破れた瞬間がわかって、私は泣いた。チンニーが死んだときは泣かなかったのに。でも同時に「あんたこの映画の悪役でしょ!そんなに弱っちくってどうすんだよ!悪役は底意地が悪くないと、映画が面白くなくなっちゃう!」と思わず突っ込んでしまった。

まぁ、とにかく、全編、衣装、背景、アクションが美しい。無駄に金をかけていない。
特に「静寂」の表現がスキ。ただの無音じゃなくて、水音、衣擦れの音、髪飾りが揺れる音で、宮殿の雰囲気を、より重々しくて深いものにしていた。アクションはねえ、無駄にキレイなところがあった・・・・・リズミカルにハラキリとか処刑とかされてもねぇ。正直ひいたわよ。

シェイクスピアを下敷きにしただけあって、最後はみんないなくなっちゃう映画。


<関連リンク>
「女帝 エンペラー」(映画公式ページ)
「女帝 エンペラー」(映画詳細、映画館情報)
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/5596445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rudolf2006 at 2007-06-12 11:08 x
june_hさま こんにちは
いつも、読ませていただいています。
映画もよく観に行かれていますね。
この映画、シェークスピアの「ハムレット」を下敷きにしているようですね~。公式HPも観てみました。綺麗な映像ですね
中国映画もこのところ変わってきていますね~。
映画はこのところまったく行っていないので、一度は行きたいなって思うんですが~。
ミ(`w´彡)
Commented by june_h at 2007-06-13 20:44
rudolf2006さまこんばんわ!最近ご無沙汰しておりますです(^^;;;
こちらも毎度拝見させていただいております。次から次へと湧き出てくるrudolf2006さまのクラッシックの知識には、いつも舌を巻かれっぱなしです!
映画は、ハムレットを下敷きにしているだけあって、途中「to be or not to be....」的なセリフが出てきて、隣の人は鼻で笑ってました(笑)。
衣装は特に素晴らしかったですよ~。あんなドレスを、私も結婚式で着たい!とか思ってしまいましたですよ~(^^;;;
by june_h | 2007-06-11 20:58 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)