能を知る集い@春日部八幡神社

来週催される「春日部薪能」の予習です。
毎年開催されているこの薪能。私、今年、生まれて初めて観能することになりました。

境内に入ると、神殿と向かい合うように、能舞台ができていました。
でも背景には、よく見る松の絵はありません。松の代わりに、御神木の大イチョウをバックにしているのです。そんなわけで、だいぶ雰囲気が違います。

講師は、金春流シテ方の櫻間右陣さん・・・・・と書いてはみたが、私は能についてはほとんど知らず。
歌舞伎とも全然違うんだよねー。「素謡」とか「仕舞」とかなんだべや?というレベル。
能の役者は、主役(シテ方)と脇役(ワキ方)が完全に分化されてて、それぞれの流派があるらしい。私がかろうじて知っていた「宝生流」や「観世流」は、主役しかやらない流派らしい。歌舞伎も役者の上下関係や血筋の区別が厳しい世界だけど、能の方がさらにスゴい!

最後に「半蔀」の触りの実演があったけど・・・・・いやー、私、これを寝ないで見ていられる自信ない(-_-;;;
歌舞伎よりさらにスローだし、言ってること全然わかんないし・・・・・イヤホンガイドあるといいんだけど・・・・・。来週までに、もちょっと勉強していかなくちゃ。

それにしても、日中だったのに寒かった(∋_∈)ちゃんと防寒してったつもりだったけど、外でじぃっと風に吹かれっぱなしでいるのは寒い。
来週はもっと寒そうだし、夜だから、もっと着こんでいかなくちゃ!
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/6367606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2007-10-14 07:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)