三谷幸喜 作・演出『恐れを知らぬ川上音二郎一座』(プレビュー公演)@シアタークリエ

文句なし!おもしろかった!
三時間以上の芝居だったけど、ホントにあーーーっと言う間。ずっと笑いっぱなし。

つまらない芝居は、ここが悪い、あそこがイマイチ、と分析的に見てしまう。
良い芝居でも、少しは別のことを考えてしまうもの。
この芝居は、別のことを考える余裕もない!ずっと舞台に釘付けなんだけど、全っ然疲れない。

今回、三谷作品初観劇でしたが、どうして今までの私は敬遠してたんだろ(^^;;もったいないことをしていました。

三谷さんのお芝居は、本当、一人一人のキャラの持ち味を、最大限に生かしてる。
バイタリティがあるけど行き当たりばったりな音二郎役のユースケ。
美人でお茶目で聡明な貞奴役の常盤貴子。
そして、三谷作品には欠かせない、よきツッコミ姉御の戸田恵子。

今回、私が一番惹かれたのは、脚本家役の堺雅人。
彼は、テレビで見ると、神経質そうなところが目につくけど、舞台で見ると色気全開!とにかく、声がいい!
なにげに堺さん、浅葱色の羽織を着てた(笑)。山南?・・・・・細かい(^^;;;

そして、もう一人の「堺」正章。すっごく重要な役だけど、ノドの調子が悪そうだった。千秋楽までもつかしら・・・・・心配。

この舞台を観ながら、私が小さい時に楽しく観ていた大河ドラマ、『春の波涛』を思い出しました。
常盤貴子もステキだったけど、私の中では、貞奴は松坂慶子なんだよねー。キレイだったな。

大河ドラマもそうだけど、この舞台も、アメリカ公演で女形が病死することとか、デタラメのセリフで大ウケしたとか、史実をちゃんとなぞってるのね。
確か、今日までがプレビュー公演。まだまだ進化するのかしら。
三谷作品は、また観に行きたいですね・・・・・チケット取れるかしら(^^;

この舞台は、11月にオープンしたシアタークリエの杮落とし公演。600席と、割と規模の小さい劇場ですが、椅子が立派でした。


P.S.
これから桟敷席に座る方、「覚悟」して「参加」しましょうね♪


<関連リンク>
シアタークリエ

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/6545830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oomimi_usako at 2007-11-11 21:50
うちは夫婦揃って三谷ファンです。(学芸大学の商店街で三谷さんにお会いして狂喜乱舞したこともあり!)さらに私は堺雅人さんファンでもあります。
ゆえにこのお芝居も、カード会社の先行販売で見つけて『観に行く?』と相談したのですが主役のYさんがあんまり・・・というところで意見が一致して、取らなかったのですよね~。ああ失敗。記事を拝見して、今からでも取ろうかしら!と思ってしまいました。
それから・・・june_hさまのブログリンクさせてください。よろしくお願いいたします。
Commented by GON at 2007-11-12 01:18 x
いいなあ、川上音二郎は、チケット取れなかったんですよねー。
三谷さんの芝居のチケットを取るのは、ほんと大変ですよね。
Commented by june_h at 2007-11-12 20:36
>oomimi_usakoさん
リンクの件、光栄です!こちらこそよろしくお願いします。私もexciteリンクさせていただきました。これからもお邪魔しますね♪
「三谷さんとは笑いのツボが違ってそう」と勝手に思い込んでいたんですが、今回、川上音二郎がテーマということで初めて足を運んで、大笑いして、今まで観なかった事を、かぁなり後悔しましたね。oomimi_usakoさんはきっと、何度もご覧になっているのでしょうね。うらやましい!
堺雅人、カッコ良かったです!ルックスももちろんですが、声がステキな所に惹かれます♪
Commented by june_h at 2007-11-12 20:39
>GONさん
三谷作品のチケット争奪戦のすさまじさは存じておりました。まさか取れるとは思いませんでした。たぶん、ビギナーズラックってヤツでしょう。そうそう、野田秀樹の「キル」も行きますよん♪
by june_h | 2007-11-11 14:40 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(4)