劇団☆新感線二00八夏興行RX「五右衛門ロック」(プレビュー公演)@新宿コマ劇場

森山未來サイコーーーーッッ!!!
文句ナシのスタンディングオベーション!
カーテンコールでの総立ちは鳥肌が立った。客があんなに素早く、しかも全員立ち上がったのは見たことがない。
18時開演で、途中20分休憩をはさんで終わったのは9時40分。あっという間です。
コマ劇場サイコーーッ!こんないい劇場が無くなるなんて、もったいない・・・・・。

■石川五右衛門:古田新太
■真砂のお竜:松雪泰子
■カルマ王子:森山未來
■岩倉左文字:江口洋介
■ペドロ・モッカ:川平慈英
■アビラ・リマーニャ:右近健一
■シュザク夫人:濱田マリ
■ボノー将軍:橋本じゅん
■インガ:高田聖子
■クガイ:北大路欣也

天下の大泥棒、石川五右衛門が釜茹での刑で殺された・・・・・と思ったらどっこい、仲間の手引きで生きていた。泥棒稼業から足を洗おうという五右衛門に、月照石という宝玉を盗みに行かないかと、お竜がけしかける。お竜の背後で糸を引くヒスパニア人の案内で、タタラ島へと向かう五衛門一行。しかし、タタラ島は、クガイという冷酷な独裁者が支配する島だった。
月照石の謎とは?クガイの正体は?そして彼の目的は??


大がかりなセット、ショーアップされたアクションや音楽、派手な演出ばかりに最初は気を取られていました。役者の動作に合わせて、いちいち効果音が鳴るんで、音響さん大変だろうなぁ、とか。

そのうち、江口洋介背ぇ高いなぁ~とか、松雪泰子キレイだなぁ~細いなぁ~美脚そそるなぁ~とか、古田新太はテレビで見たまんまだなぁ~とか、役者のことが気になり始め、森山未來が歌った瞬間に、ガッと引き込まれました。

声キレイだし、歌ウマいし、アクションカッコいいし、王子様だし(笑)。タップダンスにヒップホップダンス(ちょっとカポエイラっぽかった)も!
何より、ものすごい一生懸命っていうか、精魂傾けて演じてるってのが、最後列の客席まで伝わってくるのね。でも、プレビュー公演からこんなに飛ばして大丈夫かしら。でも、彼のほかの舞台も見たくなっちゃった!そのうち、野田秀樹の舞台とか出ないかしらぁ♪

クガイは本当、北大路欣也のハマリ役。彼くらいの大御所でなければつとまらない。彼のラストシーンに、不覚ながら目頭が熱くなりました。いやぁ、こんなにいい舞台だったなんて!!

ワイヤーロープで宙吊りになったり、でっかい船が出てきたりする大がかりな演出と、小さい演出と組み合わせて、細かい笑いが作られていて、飽きないようになっています。
シュザク夫人とボノー将軍の夫婦漫才とか、お竜とインガの女の戦いとか、ペドロ&アビラの南蛮人コンビとか、面白かったっす。

プレビュー公演なんで、これからいろいろ変わっていくのだと思いますが、2ヶ月に渡る長丁場、皆様のご無事をお祈りいたします。


<関連リンク>
SHINKANSEN☆RX「五右衛門ロック」(オフィシャルサイト)

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/8242997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2008-07-08 21:30 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)