虚構の劇団 第2回公演「The Reality Show-リアリティ・ショウ-」@紀伊国屋ホール

この劇団の公演を、今まで三回観ていますが、それぞれの役者の役のキャラクターやポジションは、ほとんど変わっていません。ただ、役者としての成長の「度合い」に、差が見えるようになってきました。

オソロシイですね、舞台って。

役は虚像ですが、役者自身の経験や技術や内面は、ウソなくさらけ出されちゃうんです。
これが本当の「リアリティ・ショウ」なんちゃって(笑)。


■沢村邦生:山﨑雄介
細かい演技をしてるなってわかりました。声の微妙な出し方とか。客演をいくつかこなすことで、ちゃんとキャリアを積んでいるんですね。
でも、後半になると疲れてくるみたい。集中力!


■成島梨奈:小野川晶
やっぱり立ち居振舞いと仕草がねぇ・・・・・もうちょっと女らしくてもいい。そしたら、男性はもっとぐっとくるはず。
その辺のことは、ジュリエットが乳母に教えてもらうが如く、道成君に指導を仰いでもらいたい(笑)。


■長谷川寛太:渡辺芳博
「虚構の劇団 大高洋夫」の彼。これからは、どんどん色気を出していって欲しいです。


■瓜生ゆき:大久保綾乃
私は彼女がやる役が好き。「一番もがいているのに、何一つ手に入らない」役ばかり(笑)。この「認知的不協和(?)状態」を、生きていくうちにいつかは乗り越えていくものなのだけど、鴻上作品のキャラクターは、輪廻のようにぐるぐる回って出口が無い。
だから私は、彼女の演じるキャラの幸せを、いつも願いながら観ています。


■隈川雅哉:三上陽永
彼は結構頑張っていたんじゃないでしょうか。空気が読めない男をこれまで以上に熱演(笑)。
そして何よりスゴいのは、彼の次回公演が「THE WINDS OF GOD」ですよ。鴻上さんと今井さんの演出は、全然違ってそうです。どんなふうに成長するか楽しみ♪


■野原亮一:小沢道成
「虚構の劇団 千の仮面を持つ男」小沢道成。今回も、ジュリエットの乳母、年寄の神父、月影先生、宇宙人などなど大暴れ。特に、アキちゃんのジュリエットと道成君の乳母(月影先生?)の掛け合いは、笑かしてもらいました。でも私、彼の「普通」の役も観てみたい(笑)。
そう思っていたら、祝!客演決定!今までと違う道成君が見られるかしら♪楽しみ(*^o^*)
目指せ!北島マヤ!


■吉川麻美:高橋奈津季
彼女はダンスが上手い!群舞だと他の役者に比べて体の使い方に無駄が無いのがよくわかります。長い手足を生かしています。
そして彼女の役は、いつも難しい。今回も性同一性障害の役。10歳年上の役者でも難しいと思う。
鴻上作品の女性キャラって、男性キャラに比べて全体的に難しい。


■根本隆史:杉浦一輝
相変わらずのお菓子大好きキャラがネタになってますね。いつも彼は陽永くんと区別がつかない。今回も彼の名前の箇所に「ノートパソコン」とメモしておきました(^^;


■飯田円香:小名木美里
彼女の役、他の人と比べて出番少なめですが、結構キーパーソンです。彼女がいるのといないのとで、だいぶ話が違ってきます。


■脚本:鴻上尚史
私は、ロビーで必ず配られる、鴻上さんの「ごあいさつ」が好きです。今回は、こんなことが書かれていました。
「(自分の想いが叶わない)地獄があんまり長く続くと、僕は愛してしまった人の顔から、皮を一枚、はぐ姿を想像します。すると、理科室にあった人体解剖のモデルの顔が浮かぶのです。筋肉だけの赤茶けたあの顔です。すると、一時的に愛する気持ちがしずまるのです。」

・・・・・これって仏教修行の一つ、「白骨観(不浄観)」にソックリなんですけど(^^;
鴻上さんって、宗教や精神世界を批判したり否定したりするようなことをよく言いますが、鴻上さん自身がすごく宗教的なことを言ってたりするんですよね。鴻上さん自身の生き方が、修行的というか・・・・・前世は坊さん?なんて言うと怒られそうですが(^^;;;


「虚構の劇団」次回公演は「ハッシャ・バイ」。第三舞台時代の名作。今から私は、キャストを勝手に考えて、楽しんでまーす!

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9090123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 超おすすめ+カルト☆特撮.. at 2008-12-21 15:05
タイトル : 劇『THEREALITYSHOWリアリティ・ショウ』(3..
3回目の観劇です。(今日は記録用のカメラが3台ほど入ってました。)この芝居の中の雰囲気に浸っているのが心地良くて。これまでに聞き取りにくかったセリフが数箇所、聞きやすい言い方にかわっていました。(「グッチョイス、ロザライン」が普通の言い方になったのは、...... more
Commented by ITOYA at 2008-12-21 15:12 x
はじめまして。ITOYAともうします。TBありがとうございます。ひとりひとりの成長に関するコメント大変興味深くよませていただきました。ありがとうございました。
Commented by june_h at 2008-12-22 20:27
ITOYAさんはじめまして!コメントありがとうございます。
次回作、楽しみですね!私は「僕たちが好きだった革命」は以前観ましたが、なかなか良い芝居でした。虚構の劇団の人も何人か出演するようで、良かったっす。
by june_h | 2008-12-21 10:00 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback(1) | Comments(2)