「ブロードウェイ 夢と戦いの日々」 高良結香 著 ランダムハウス講談社

2006年にブロードウェイで再演されたミュージカル「コーラスライン」。その舞台に出演した高良結香さんのエッセイ。
彼女のブロードウェイの舞台に立つまでの日々が綴られています。

icon
icon
沖縄で生まれ、クリスチャンスクールで育った彼女は、小さいときからダンスが大好き。単身、アメリカに渡り、いつしかミュージカルの舞台を目指すようになります。

ゴロゴロいるダンサーの中で、ブロードウェイの舞台に立てるのはごくわずか。特に彼女は、人種の上ではアジア系。役が限られる上に偏見もある。その中でキャリアを重ねられたのは、強いプロ意識があったからだと思います。

まず印象的なのは、小さいときから何でも自己責任で決断してきたということ。日本の教育をほとんど受けていないせいもあると思いますが、考え方とか、まるでアメリカ人のエッセイを読んでいるようでした。

それから、日々の体のケアを怠らず、練習熱心なこと。アメリカのエンタメ業界は、ユニオン(労働組合)の力が強いので、リハーサルや上演時間がきっちり決まっていますが、彼女は納得行くまで練習する。そして、権利ばかり主張するのではなく、望まれたパフォーマンスはする。このあたりはすごく日本人っぽい。

そして、目標に向かって、自分のやるべきことに集中すること。
この世界につきものなのは、仲間内の嫉妬。でも、嫉妬するのは、自分が劣ってということを知らしめるようなものだからということで、気にしないようにしています。
また、ダンサーだからといって、踊りだけしていればいいわけではありません。ギャラの交渉や契約の手続きなどなど、事務作業がいっぱい。エージェントが代行してくれることもありますが、最後に決断するのは自分です。彼女は、エージェントと揉めて裁判をしたことも。もちろん、裁判をするための証拠集めや資料作成も彼女の仕事。

役者と同じく、芝居自体もブロードウェイへの道のりは遠い。
地方を回りながら、脚本や演出の手直しが繰り返され、制作費が数十億円に達する芝居もあります。打ち切りになったり、役者が途中で入れ替えられることもしばしば。そんな中で、コンスタントに仕事をするのは、本当に大変。

人気のロングラン公演に長期で出演して、いくつも家を建てる役者もいますが、彼女は、仕事の安定よりも、出たい舞台、やりたい仕事にこだわります。ギャラが下がっても、途中で辞めやすい契約をするのです。

望まれれば、スーツケース一つで踊りに行く。自分のハッピーのために、自由に挑戦し続ける。魅力的なダンサーです。


<関連リンク>
高良結香オフィシャルサイト

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9254135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-01-26 20:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)