アイスホッケー プレーオフファイナル SEIBUプリンスラビッツvs日本製紙クレインズ 第7戦@東伏見

あつい。

スケートリンクに何度か来ているけど、そう思ったのは初めて。職場から持ってきた膝掛けもいらなかった・・・・・立見だったから(笑)。でも、座っていてもいらなかったかも。
試合開始のちょっと前に到着しましたが、既に立見客でいっぱいでした。

だって最後ですものね。

プレーオフの試合結果は追っていたけど正直、東伏見に戻ってくると思っていませんでした。でも、西武はいつもプレーオフに強いから、全然、あり得ないことじゃない。日曜日の試合結果をHPで確認して「これは大変なことが起こっている!」月曜は行かなきゃ・・・・・と思ったのです。本当に、最終戦まで行かなくて申し訳ない。

西武は、猛攻だったものの、第2ピリオド、なかなかパスが通らない。西武のゴール前がポッカリあくような場面が何度もあって。「なんで!?」って、そのたびに私の息も心臓も止まるかと思うくらい。

最終ピリオド、西武の選手の動き、それまでより更に見違えるように激しくなりました。ゴールと勝利への執念。6人攻撃、残り13秒でのタイムアウト。ラスト1秒まで凄まじかった。

西武の選手だけではなく、クレインズの選手も最後まで諦めませんでした。どちらの選手も、もっとリンクにいたかったんじゃないかな。
そして、観客も最後まで声援を送り続けていました。強い一体感を感じました。私も、頭より先に、体が反応していたくらい。

試合が終わって、2時間以上たっていたなんて思わなかった。

帰りの風、なんて冷たかったんでしょう。やっぱり、リンクは熱かったみたい。

私はファンと呼べるほど試合を観ていなくて、単なるヒヤカシ程度の者。こんな私が言わせてもらうのはなんですが、
選手の皆さん、お疲れさまでした。本当に、素晴らしい試合をありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9506269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-03-24 20:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by june_h | 2009-03-24 20:18 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(1)