「ひとりでは生きられないのも芸のうち」 内田樹 著 文藝春秋

内田樹さんのブログを加筆・修正した本。

ひとりでは生きられないのも芸のうち

内田 樹 / 文藝春秋


内田さんの本を物色しているうち、
「「ひとりでも生きられる」のは結構ですけれど、「ひとりでしか生きられない」というのは病気です」

のコピーに惹かれて、真っ先に飛びついた本です(笑)。

どのトピックも面白いんですけど、途中で何度も読むのをやめたくなりました(^^;
なぜかというと、内田さん曰く
「この本では、当たり前過ぎて最近巷で言われなくなったことを言っています」

多分「言われなくなったこと」の中には、「言って欲しくないこと」も入っているからなのだと思います。なので、視聴率や発行部数ばかり追いかけていると、だんだん「みんなが言って欲しいこと」しか言わなくなって、ほんとに欲しい情報は手に入らなくなるんじゃないかと、チラッと思ったりして。
特に「個食のしあわせ」のトピックは、今の私には重たく響きました。

それから気になったのは、
「健康法の唱道者は早死する」

内田さんは、一時、玄米食にしていて、体の具合がものすごく良くなったんだそうな。
そうなると、不摂生をしている周囲の人に説教を始め、
「なんでこんなゴミみたいな物ばっかり食って!」
「病気になるようなことばかりして!」
とイライラして、逆にストレスを溜めこんで、体を壊してしまうことに(^^;

私も以前より、健康に気を遣うようになりましたが、あんまりキマジメに盲目的にならないように気をつけます(^^;;;

あと、リラックスすることの大切さ。
誰かと相対したとき、緊張状態ではなく、リラックスしているときこそが、自分の能力を最大限に発揮できるんだそうな。
だから、あらゆる日本の武道の稽古は、強くなるためや体を鍛えるためではなく、「リラックスするためのプロセス」を追っているんですって。深いです♪

まだまだこれからも読みますよぉ♪内田さんの本(^^)


<関連リンク>
内田樹の研究室(ブログ)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9628191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-04-21 20:55 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)