「とても普通の人たち-北海道 浦河べてるの家から-」 四宮鉄男 著 北海道新聞社

弱さってスゴい!
この本を読むと、考え方が変わります。

icon
icon
北海道浦河町にある「浦河べてるの家」。ここでは、精神疾患を持つ人たちが、共同生活をしています。

でも、ここは、医師や専門家が管理しているのではなく、自分たちで話し合ってなんでも決めるユニークな施設です。

まず、病気を隠しません。症状を明らかにした上で、皆で受け入れます。
年に1回の「総会」では、統合失調症の人たちが、幻覚や妄想を披露する「幻想&妄想大会」があって、一番スゴい妄想話をした人にグランプリの栄誉が与えられます!

それから、失敗や弱さを排除しません。その人の大切な「一部」「プロセス」として認めます。
べてるは、いつもニコニコ仲良しこよし、というわけではありません。ケンカもしょっちゅうだし、発作を起こして暴れたり入院したりする人だっています。
でも、「問題」が起きたからといって、その人を追い出したり、管理したりしません。当たり前のことと思って受け止めます。でも、暴れて何かを壊したら、本人の責任で弁償します。
社会では、こうした人達は、「責任能力が無い」と見なされ、無罪になったりしますが、裏を返せば「人間扱いしていない」ということでもあります。
「べてるの良い所は、自分で責任を取らせてもらえるところ」と話す女性が印象的でした。

べてるに来たばかりの人達は、社会や家庭で傷ついて病気になったので、恐怖心でいっぱいだし、何より自分を好きになれない人が多いのです。
でも、ここでは、普通は厄介者扱いされる人も出来事も、みんな受け止められるので、自然と自分を認められるようになって、発作や幻聴が少なくなるんだそうです。
当初は、脅したり追い詰めたり、攻撃的だった幻聴が、だんだん優しくなって、今ではすっかり「幻聴さん」と仲良しになっちゃった、なんて人もいます。

普通の病院や施設は、病気を「無くす」ことや、「普通の人達」と同じように生活できるように「矯正」しようとします。その姿勢は、どちらかと言うと、本人のためというより周囲のため。薬漬けにして動けなくしたり、病院に閉じ込めたり。中には、病院の儲けのために入院患者を「固定資産」のように考える人もいるみたい。

べてるでは、「病気を治す」というスタンスを、そもそも取っていません。決まりごとは無く、町に自由に出ていきます。もちろん、トラブルが無いわけではありませんが、問題になることは、とても少ないし、実社会の中に入って仕事をしています。

彼らは、昆布の加工・販売などを中心とした仕事で、ちゃんと利益を出して自活しています。その他、病院の清掃や食器洗いなど「普通の企業が手を出さないような儲からない仕事」や「人のイヤがる仕事」を積極的に引き受けて、今では地域になくてはならない存在になっています。


本来のコミュニティのあり方って、べてるみたいな感じじゃないかしら。
私は、読んでいて思いました。

今の実社会って、誰もが弱さを持っているのに「○○ができない」「○○がダメ」って、できない事を数えて、どんどん弱さを排除しようとするけど、そうしていったら、皆すごく苦しくなるし、結局誰も残らなくなっちゃうんじゃないかな。
べてるでは「○○もできる」「○○も良い!」って、できる事を数えるから、とてもラクなんだと言っていました。

それから、仕事ってそもそも「お金を稼ぐため」じゃなくて「周囲の人に喜んでもらうため」にするのではないでしょうか。
べてるの人達が地域に奉仕することで、過疎が進む浦河は、「べてるの人がいないと困る」ってことになっているのです。だから、不景気だからといってクビにはなりません。

べてるですっかり良くなって、実社会に戻る人もいますが、同じようにストレスを溜めて病気が再発して、またべてるに戻ってきてしまう人が少なくないと言います。
それだけ、私達の社会に、弱さを抱えていられるほどの余裕が無いってことなのですよね。
普通に生活しているように見える人の中にも「カルテ」が無いってだけで、苦しい人は、たくさんいると思います。

べてるには、常にたくさんの見学者がいます。私も機会があったら行ってみたい。ほんとかどうか、見てみたい。そんなふうに思いました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9632692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-04-22 21:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)