「あなたがあたえる」 ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン 著 文藝春秋

野心は人一倍あるけど、イマイチ仕事で成果を上げられないジョーが、大富豪ピンダーに成功の秘訣を教わる、という形式で進む本。

よくあるハウツー物ですが、ここで言っていることは、ビジネスだけでなく、人生一般にも通じます。

あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密

ボブ・バーグ+ジョン・デイビッド・マン / 文藝春秋


この本が伝えたいのは、タイトルがすべて。

「自分が何かを望むなら、まず人に与えなさい」

スッゴク簡単!ですが、実践するのはなかなか難しい、という方。そんなに難しくないです。隣の人のコーヒーを入れてあげる、とか、小さなことからで良いんです。

「人の本当の価値は、相手から受け取るもの以上に、自分がどれだけあたえられるかによって決まる」

「人の収入は、どれだけ多くの相手にどれほど喜んでもらえたかによって決まる」

「人の実力は、ほかの人の利益をどれだけ優先させたかによって決まる」

私も実感しています。
昔は「自分が認められたい」って、自分のためにキリキリ仕事をしてきたけど、全然うまく行きませんでした。
でも、「上司をラクにしよう」「お客さんをラクにしよう」「会社をラクにしよう」と思って仕事をしていると、巡り巡って自分の評価につながるってことがわかったので、今はとってもラクチンです(^^)
不思議なもので、誰かに「あたえる」と、その分、臨時収入とか、いろいろな形で自分に戻ってくるんですよね。

これでもワカラナイ、という人には、呼吸に例えて
「空気をいっぱい吸い込むには、まず肺の中の空気を吐き切らなければならない」
なんてことも言っています。

この本に登場する、大富豪のピンダーは、物腰の柔らかい人物。ほんとにスゴい人って、謙虚で腰が低いんですよね。

私は、読みたい本は大抵、図書館で予約するのですが、手に入るまで何か月も待つことがあります。
この本も、半年以上待ってようやく手元に届きました。ちょうどこの本を開いた日、会社で昇格したということが伝えられました・・・・・もしかして私、戒められてる(^^;?

・・・・・やっぱり神様は見ているんだわ。私が通勤電車の中、ギラギラした目で虎視眈々と空いた席を狙っていて、隙あらば肉食獣のようにガバッと奪ってしまうことを(笑)。
これだけは、誰にも譲れない!?(^^;;;

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
トラックバックURL : http://juneh.exblog.jp/tb/9636646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by june_h | 2009-04-23 20:52 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)