2007年 08月 30日 ( 1 )

勘三郎の舞台が観たくて歌舞伎座へ。
立見席目当てだったけど、大人気だからたぶんダメだろうなと思いつつも、とりあえず行ってみた。

・・・・・やっぱりダメだった(-。-;;;

私が観たかった舞台は既に締め切られていて、今並んでいる人たちは、その次の舞台を待っているのだという。
これからまだ2時間以上並んでるのね。ご苦労様・・・・・と思いつつ上野へ。
観たい美術展はいくつかあったけど、暑くて歩く気しなかったので、なるべく駅から近い博物館にしました。

京都五山は、鎌倉五山と一緒に、受験で覚えさせられましたですねえ(私は日本史受験)。今回、展示されていたのは、鎌倉時代から室町時代のものでした。
曼陀羅とか鈴とか、きらびやかな密教の仏具と違って、禅宗のはジミなイメージがあるけど、仏像とか、偉い禅僧の像とか、写実的でなかなか美しいので好き。中でも、仏画が好きで、この時代の仏様の光背の表現が好きなのね。柔らかくて。
高校の遠足で鎌倉に行ったとき、如意輪観音を見て一目ボレしましたです。

そんなことを考えていたら、修学旅行中、宿で騒いでいて、廊下に正座させられたことを思い出しました(^^;;;


<関連リンク>
足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展(東京国立博物館)
[PR]
by june_h | 2007-08-30 20:55 | 美術展 展覧会 | Trackback(1) | Comments(0)