2007年 09月 15日 ( 1 )

メイシオ・パーカーは、ジェームス・ブラウンのサポートメンバーを長く務めたファンクの大御所。
アルトサックスを携え、バンドを引き連れ、東京ミッドタウンに見参!

JBのグルーヴはカラッと乾いているけど、彼のはジワーッとくるグルーヴ。
JBのバンドがオモチャ箱だとしたら、彼のはクスリ箱。
JBがヤンチャ坊主だとしたら、彼はいぶし銀のオジサン。
まぁ、ライヴハウスだったから、メロウなセットリストにしたのかもしれないけど、もうちょい暴れてもらっても良かったなぁ。

聴いてて、Pファンクっぽいなぁと思ってて、ウィキペディアで確認したら、やっぱりPファンクどっぷりな方だったんですね・・・・・。

アンコールでようやく、セブンスコードで押しまくりの、ノリノリファンクナンバーがかかったけど、どうして最初からこのテンションでやってくんなかったのさ!と、恨みがましく思いながらも立ち上がってダンス!
・・・・・でも、この曲でオシマイ。

こらあぁーっ、さっさと帰るな!オッサン!戻ってきやがれ!もっと踊らせろ!

1曲だけだったけど、久しぶりに黒いリズムで踊れたから、まぁよしとするか。でも、次のセカンドステージがもっとノリノリだったら悔しいな(-_-;;)

ビルボードライブ東京は初体験。オープン間もないこともあってか、エアー・サプライ、ベビーフェイスなどなど、大物ゲストが目白押し!ミュージックチャージはそれなりに高いですが、間近で一流のプレイが堪能できるので、普通のホールコンサートに比べても全然オトク。
私はカジュアルシートで参戦。立ち上がって踊っても、後ろの人の迷惑にならない造りになっているので、なかなかグッド!
ただ、一体感を求めるなら、自由席がオススメですね。


P.S.
ドラムのノッポのおじさん、キック使い過ぎ!そんなにボコボコ蹴らんでもええがな・・・・・。


<関連リンク>
Billboard LIVE
[PR]
by june_h | 2007-09-15 08:16 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(2)