前から絶対見たい!と思っていた演目の一つだったので、本当に感激しました!
我が愛する吉右衛門さんも重忠で出演していましたが、このときばかりは玉三郎の阿古屋を最初から最後まで、オペラグラスでガン見でした。

・遊君阿古屋:坂東玉三郎
・榛沢六郎:市川染五郎
・岩永左衛門:市川段四郎
・秩父庄司重忠:中村吉右衛門


阿古屋が弾く楽器の音色に乱れがあるかどうかで、彼女がウソをついているか調べてみようという趣向。イヤホンガイドの小山観翁が「優雅なウソ発見器」と称した演目です。
そんなわけで、阿古屋は、劇中で、筝、三味線、胡弓の三つの楽器を弾きこなさなければならないという難役。
かの、中村歌右衛門の当たり役でもあったそうです。

玉三郎の演奏は、全体的にソフトな感じ。伴奏している義太夫や長唄の三味線に、かき消されそうになる場面も。もっと大きな音が出せるのだけれど、女性らしさを表現するために、わざと抑えて弾いているのかしら。
でも、弱くて小さい音で美しい音色を出し続けるのは、大きな音で演奏するよりずっと難しいので、大変な技術が必要なのは、言うまでもありません。

筝は、私の妹が筝をやっているので、つい比べてしまうのですが、流派が違う(と思われる)ので、やっぱり弾き方が全然違います。
私の妹が属する流派(派閥)は、西洋音楽や現代音楽との融合にも積極的なので、わかりやすいシャープな音を出すのですが、玉三郎のは、柔らかくて古風な感じ。上座の義太夫と合わせて演奏しなければならないから、本当に大変だと思います。

三味線は、下座の長唄と合わせつつ、愛する平景清を思い出して、ふと手を止め、重忠の視線を感じて再び演奏し始めるという、演技もしなければならないので、観ているだけでもムズカシさが伝わってきます。
演奏もさることながら「爪はオレンジでキレイねぇ。あのバチは象牙っぽいわ・・・・・三味線、いくらぐらいするのかしら」と下世話なことも考えてました(笑)。

胡弓は、三つの楽器の中で、私にとっては馴染みが一番薄い楽器なのだけれど、こんな演奏の仕方、初めて知りました。
弓を小刻みに動かして、高音を出し続けるのです。まるでバイオリンみたい。胡弓は、中音域が魅力だと思っていたけれど、こんなに高い音も出るのねぇ。
悪役の岩永左衛門が胡弓を聴きながら踊っていたけど、踊りたくなりますよ。本当に。

演奏が終わって、無罪放免。登場人物が錦絵のように見得を決めて幕、となったときは、玉三郎にスタンディングオベーションしたいくらいでした。

やっぱりスゴいわ玉三郎。
いやー!生きてて良かった!
玉三郎を観ると、いつもこう思います。


<関連リンク>
秀山祭九月大歌舞伎(歌舞伎美人)
[PR]
by june_h | 2007-09-24 10:41 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(8)