ライブ前に友達とパンケーキ食べたので、珍しくお腹いっぱいでライブに臨む(笑)。
d0108969_17105881.jpg

<セットリスト>
※デフォルトはGC
※(L)はwithルーパー

1. ネオフィリア
2. コーラナッツウイルス(L)
3. Present time(L)
4. 黒い実
5. 並立概念
6. 不思議な模様(ピアノ)
7. Don't let me be lonely tonight(James Taylorのカバー)
8. Pretty baby(L)
9. 愛のBeat
10. 早すぎるクリスマスソング(L)
11. (新曲)(L)
12. ひとりじゃないさ
13. 2D Star(L)
14. My☆Girl(L)
15. メガロポリタンズファンク(L)
16. ゼロ地点
17. Funk redemption
18. Rainbow seeker
19. 君への言葉(ガットギター)

en1. Rabbit hole
en2. Cyclone
en3. ユートピア
en4. ただ時が経っただけで
d0108969_17112004.jpg


私個人的には、森くんがルーパー使うのは反対だったんです。
ギターだけでグルーヴ作れる数少ないアーティストなのに、なんでわざわざルーパー使わなきゃいけないのよ!?ってね。
でも、今回のライブで、彼なりのルーパーの研究成果が見えてきて、「森くんにしかできないルーパーでのパフォーマンスの可能性」を、今後見てみたくなりました!

ループさせるのは、ボイスパーカッションとコーラスが中心。
特に、コーラスを重ねるとゴージャスになりますね。
最初にルーパー使ったのがドラクエ序曲だからなのだろうか(笑)。
この使い方なら、彼のカッティングギターの持ち味を生かすことができる!

ギターやギターアンプは、川畑完之さんが調整してくれていますが、ファズくんも調整してくれたんだとか。
アコースティック楽器とは違う、音の温かみがどんどん追究されていて、こちらも楽しみです(^ー^)

少し前から取り入れられている「あぁ気持ちイイ」と悶えてしまうような奏法は、ジェフ・ベックのボリューム奏法というのですね!

新曲も続々できていて嬉しい限りですが、メロディがどうとか、歌詞がどうとか言うより、全部ひっくるめて、「森くんの音の新たな世界観」が、これからどうなっていくかが、とても楽しみです♪

個人的には
「効率を追求していったら音楽は要らないってことになるんじゃないか」
という森くんの言葉が、とても印象に残りました。

クリエイティブなことって、スッゴク非効率だったりします。
かけた時間が、アウトプット&評価に必ずしも比例するわけじゃないし。
でも、完成までプロセスを積み重ねていく楽しみと、手をかけたエネルギーは絶対残るし伝わるものだと、私は信じています。

私は、そこに作り手の愛情を感じるし、感動もします。
それを受け取れるだけでも、ライブに来て良かったと思います。

効率を突き詰めたら「じゃあ死ねば?」って結論になるよね。
だって生きることは一番非効率で大変だもの。
私達一日一日積み重ねる楽しみを知るために生まれてきたのでしょ?
だから音楽もなくならない・・・・・そう思います。
d0108969_17113737.jpg


[PR]
by june_h | 2017-11-14 17:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)