カテゴリ:森広隆( 141 )

今回は、森くん、たくさん話してくれたので、MC編を別にしてみました。

d0108969_21261033.jpg

■来年からは冷たい人間になろうかな
最近、対バンのアンコールでセッションなんかをする場合、曲決めとか、歌のパート分け決めとか、いつのまにか取り纏めに森くんがなっちゃうらしく、いろいろやりとりするのに時間を食っちゃう!曲作りしたいのにっ!!ってボヤいていました(笑)。
・・・・・それは、おそらく森くんが年長者だから、他の出演者やスタッフさんが気を遣って顔を立ててくれているんではないかと思うのですが(^^;



■物質転送装置が欲しい
鹿児島のライブの時、アンプを空輸しようとしたのに、磁力が強すぎて送れなかったそうな(^^;
陸送ならイイけどって言われたそうですが、ライブ終わっちゃいますもんね(笑)。
「物質転送装置が欲しい」って。っていうか、私もどこでもドア希望。



■明るく歌うと余計にアヤシイ
何の曲についてだと思います?・・・・・答えは『憂鬱』。
ためしに『憂鬱』を明るく歌ってみよう(笑)。



■洗濯物を干すとき絶妙の位置にいる
ナスカちゃんが、洗濯物を干すときに、絶対またがないとダメな位置に鎮座しているそうな(^^;
森パパにかまってほしいんですよね・・・・・カワイイ。
私だったら、間違いなくシッポ踏んじゃうだろうな(笑)。



■猫又の話
ナスカちゃん、もう8歳?になるんだとか・・・・・早いですね!
森くんブログのトップ画像のナスカちゃんは子猫時代のですからね。
10年以上生きると「猫又」っていう妖怪になる(可能性が出てくる)そうなんですが、昔、昔話で見た猫又の話を詳しくしてくれて、「猫又のせいで、全然見ず知らずの人の棺桶ういちゃうなんて迷惑な話」だと言ってました(笑)。
この話ですね(^^;
http://blog.livedoor.jp/eastasian/archives/1946342.html



来年は曲作りしたいので、ライブを減らして籠りたいと言っていましたが・・・・・(T_T)(T_T)
応援する気持ちには変わりありません。
森くんにとって、よい年でありますように。
[PR]
by june_h | 2016-12-31 21:25 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

本当は12/22と2daysだったのですが、私は用事があったので、23日のみ参加しました(^^)
今回の森くん、いっぱい喋っていっぱい歌って、3時間くらいありました!
d0108969_21011696.jpg

<セットリスト>
前半
1 ただ時が経っただけで:以下グルキャス弾き語り
2 黒い実
3 Pebama:以下エレガット弾き語り
4 愛に満ちあふれる島
5 碧
6 憂鬱
7 蜃気楼の街

後半
8メガロポリタンズファンク:以下グルキャス弾き語り
9 コーラナッツウイルス
10 不思議な模様
11 Rabbit hole
12 Rainbow seeker
13 おいしいパン
14 My☆Girl
15 愛のBeat
16 ユートピア

アンコール
17 I'm yours(Jason Mrazのカバー)
18 Overjoyed( Stevie Wonderのカバー)
19 Heaven
20 Ribbon in the Sky(Stevie Wonderのカバー)
21 エレンディラ
22 ゼロ地点
23 交差点
24 いいんです


前半では、昔(メジャーにいた頃)、波照間島に滞在していた時に作ったor波照間島に関係する歌を中心に
歌ってくれました。

Pebama』は、波照間島の「ペー浜(南浜)」というビーチがモチーフになっている曲なんですが(これは以前から話してました)、実は、東京に戻った後で思い出しながら作ったんだとか(^^;
暖かい島だったらボケーっとしちゃいますよね(笑)。

愛に満ちあふれる島』は、波照間島で20年ぶりに行われた結婚式に招待された時に歌った曲。

』も、波照間島に関係する曲だったんですね!知らなかった!!
私、この曲大好きですけど、いつも夕暮れ時の部屋の一室を思い浮かべてました(^^;

今回は演奏しませんでしたが、『ショートケーキ』も波照間島でどうしてもショートケーキが食べたくて作った歌だったそうで・・・・・知らんかった(笑)。

ショートケーキ』は、ずいぶんライブで演奏されてないと思うので、1/14のバンドワンマンで是非、お願いしたいですね!
間奏のアレンジがCDとライブでは違うのですよ。ライブのベースが好きなんです♪
確か、『並立概念』のアルバム制作時に、締切に追われて最後に作ったと言っていた覚えがあるので、アレンジが録音後に変わったんじゃないでしょうか。


後半では、4thアルバム『A Day in Dystopia Ver.1.1(リマスター版)』発売のお知らせ!
初回プレス分が完売したので(めでたい♪)、再プレス分をリマスターしたんだとか!
マスタリングしたのは、ギター職人の川畑完之さんから紹介されたオーストラリアのエンジニアさん。
おそらく音が違うでしょうから、初版を持っている人も買わなきゃですねぇ(^^)

ついでに歌詞カードも変更しようとしたそうですが、結局ほとんど変えなかったらしい。森くんらしい(笑)。
紙質がマットコート紙(初版より良質の紙)になるそうですが(^^;
タカハシアキラさんがイイ写真をいっぱい撮ってくださっているから、もっと使ってもよういように思うのですが(^^;;;
2/1一般発売ですが、1/14のライブで先行販売されるそうです(^^)

愛のBeat』では、「手をつないだら温かい」の歌詞で、最前列の人達と握手♪

本編ラストの『ユートピア』では「一緒に音楽を楽しめる人と出会えたことが幸せ」だと言っていました(^^)
森くんは、ライブでお客さんに感謝の言葉を伝えてくれるけど、それはこちらのセリフ。
いつも楽しませてくれて感謝です(^^)


アンコールでは、前日と同じくらいに曲数を調整するために、気づけばアンコールではなく「第3部」並みの曲数に!
カバー曲など、たくさんやってくれました。

個人的には、『Overjoyed』から『Heaven』のところでグッときました。
Overjoyed』は、仕事が一段落した時に頭の中に流れていた曲だったので、仕事のこと思い出して、かなりコワい顔で聴いてました私(^^;
その後が『Heaven』で・・・・・この曲、私にとっては不思議な力があるというか、因縁あるっていうか、自分の節目節目で異常に印象に残るというか・・・・・。

2013年で久しぶりに森くんのライブに参加した時、金沢で、「予定には無かったけど・・・・・」って弾き語りで歌ってくれたのも『Heaven』だったんです。
聴いてると、いろんな想いが溢れてきます。

終演後、結構な時刻になっていたので、名残惜しくも早々に立ち去らなければならなかったのが残念!
お店の方が、森くんのオーダーに応えてタコ焼きを持ってきてくれたり(笑)、森くんの曲にノリながら聴いていらっしゃったり、とても雰囲気の良いライブバーでした。

(MC編につづく)
[PR]
by june_h | 2016-12-31 21:00 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

宮崎までついてきちゃいました♪
鹿児島も満員でしたが、宮崎も大入りでビックリ!

d0108969_19114942.jpg

<セットリスト>
森広隆:G&Vo
宮川剛:Drs
清田満哉:Cho

※前半
以下森G&Vo、宮川Drs
1 エレンディラ
2 ネオフィリア
3 Rabbit hole
4 Waterdrops
5 Heaven
6 憂鬱

以下森、宮川、清田Cho
7 早すぎるクリスマスソング
8 コーラナッツウイルス
9 愛のBeat(森、清田)

※後半
以下清田G.Gt&Vo
10 (タイトル無し1)(清田オリジナル曲)
11 グリーン(清田オリジナル曲)

以下清田G.Gt&Vo、森G、宮川Drs
12 (タイトル無し2)(清田オリジナル曲)

以下森G&Vo、宮川Drs、清田Cho
13 ただ時が経っただけで
14 Invisible chain
15 Avalanche
16 ゼロ地点
17 2D Star
18 メガロポリタンズファンク
19 Rainbow seeker
20 ユートピア

以下森G&Vo、宮川Drs、清田Cho
en1 My☆Girl

以下森G&Vo
en2 いいんです



宮崎はコーラスのキヨ(清田)くんの地元ということで、キヨくん大活躍!
キヨくんは、島野浦(しまのうら)という離島出身で、地元民は「しまんだ」と呼んでいるらしい。
キヨくんのお友達も何人か来ていて、その友達や森くんに個人情報をバラされて慌てていました(笑)。

後半の最初に、キヨくんが時間をもらって、オリジナル曲を披露してくれました。
1曲目は「前日にできた」と言っていた歌。
2曲目は島のことを歌った歌。
3曲目の歌詞は島の方言なので「知らない人が聞くと洋楽にしか聞こえない」歌(確かに全然分からなかった(笑))。
3曲目は3人でセッションしました。

キヨくんは途中からセーターを脱いでいました。
理由は「観に来た母親とセーターがドンかぶりして気になって仕方ない」。
私のお隣にキヨくんのご両親が座っていて、キヨくんがオリジナル曲を歌っていた時、パパさんが一生懸命動画撮影していましたね。

「良かった!キヨくんの人柄そのまんまの歌だね」と宮川さん。
『憂鬱』のコーラスで「(森くんと)声似てるよね」と宮川さんが言うと「お客さんにも言われたけど」とキヨくん訝しげ。
地声は似てないけど、歌うと声質(倍音とか?)が似てるから森くんの声と合うんじゃないだろうか?

個人的に、この日は森くんの『Waterdrops』フェイクで泣きそうでした。
『ただ時が経っただけで』のキヨくんの掛け合いも鹿児島に続いてかっこいい!
キヨくんはこの日も森くんの無茶振りにちゃんと応えていました(笑)。ライブ前に「鬼の洗濯岩(青島)」に立ち寄ったという話をしていました。

キヨくんの友達は後ろでメチャメチャ踊ってて楽しそうでした♪
森くんも『My☆Girl』で三連のカッティングを刻みながらピョンピョン跳ねていた♪本当に楽しい夜でした(^^)

宮川さんは、2日後、近藤房之助さんライブで東北だったんですよね(^^;
移動が大変そうで・・・・・本当にいつも感謝です。

d0108969_19120799.jpg

[PR]
by june_h | 2016-12-31 19:05 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

もし、森くんが生まれ故郷の鹿児島でライブすることになったら絶対行こう!と、デビュー当時くらいからずっと決めてました。
なので、飛行機キライだけど、遠征に迷いは無かったです(笑)。
私にとっては初鹿児島♪
そして、お客さんいっぱい!

d0108969_21325059.jpg

<セットリスト>
森広隆:G&Vo
宮川剛:Drs
岡雄三:B
清田満哉:Cho

※前半
1 Heaven(以下森G&Vo、宮川Drs、岡B)
2 やっぱり猫にお熱なんてす
3 エレンディラ
4 Rabbit hole
5 Waterdrops
6 憂鬱(以下森、宮川、岡、清田Cho)
7 早すぎるクリスマスソング
8 コーラナッツウイルス
9 愛のBeat(森、清田)

※後半
10 ネオフィリア(以下森、宮川、岡、清田)
11 ただ時が経っただけで
12 Invisible chain
13 Avalanche
14 ゼロ地点
15 2D Star
16 メガロポリタンズファンク
17 Rainbow Seeker
18 ユートピア

en1 My☆Girl(森、宮川、岡、清田)
en2 いいんです(森)



ライブカフェで、このフルバンド体制は本当に贅沢っ!
しかも身近で堪能できたんですから♪

今回のセットリストは宮川さんチョイス。
1曲目がHeavenで最初から涙腺緩みました(T_T)
この1曲目を聴いただけでも鹿児島まで来た甲斐がありました。
宮川さん、「セットリストかっこ良すぎ♪」と自画自賛(笑)。
過密スケジュールをなんとか割いて、ムリムリ森くんとのライブをねじ込んでくださった宮川さんには、本当に感謝しかないです。

宮川さんはドラムで一番運動量多いのに、一番空調が回りにくい位置だったのでスゴく暑かったみたい。
演奏中は顔が赤かったので熱でもあるんじゃないかと心配になった(^^;
お店の人が温度調節した時「助かります・・・・・でも温度上げてたらどうしよう」って呟いていた(笑)。

森くんは
「鹿児島弁あんまり出らんで・・・・・」
「かごんまでこんなライブができるとは」と、お国訛り(^^)
パパさんも観に来てくださってたみたいですね!

森くんは行きの飛行機で親子連れが隣に座っていて、子供が
「♪きらきらひかる・・・・・さいとうさんだぞっ!」
って歌ってて面白かったんだそう(笑)。

コーラスの清田くんは宮崎出身なので、宮崎でライブするときは清田くんとと森くんは考えていたそう。
『ただ時が経っただけで』で森くんがアドリブでコーラスを要求するという恐ろしい無茶振りをしたけど、清田くんはちゃんと掛け合いして、しかもハモっていた。恐るべし!そして清田くんは礼儀正しい(^^)

岡さんのベースは本当に色っぽい。そんなベースを間近で堪能できて幸せでした(^^)
『2D Star』は紺ちゃんのが一番好きだけど岡さんのもイイ!そして面白い方。
「貧乏だから貧乏ゆすり奏法だ」とかやっぱりワケ分からん(笑)。終演後はホロ酔いで気さくに話していらっしゃいました♪

『ゼロ地点』はいつもはなんとなくノリで聴いちゃうけど、昨日のは全員それぞれソロがメチャクチャ良かった!
『Rainbow seeker』は前奏のリードがワウギターで面白かった(^^)
お客さんもいっぱいで、本当に盛り上がりました(≧∇≦)
d0108969_21331526.jpg

[PR]
by june_h | 2016-12-30 21:20 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

前週のストリートライブに続いて、再び柏でライブ!


<セットリスト>
森広隆:Gt.&Vo.
宮川剛:Drs.
岡雄三:B.

(森エレガット弾き語り)
1 愛のBeat

(以下森グルキャス、岡、宮川)
2 ただ時が経っただけで
3 退屈病
4 ネオフィリア
5 Invisible chain
6 Rabbit hole

(森エレガット弾き語り)
7 不思議な模様

(森グルキャス弾き語り)
8 雨は止まない

(以下森グルキャス、岡、宮川)
9 やっぱり猫にお熱なんです
10 憂鬱
11 Waterdrops
12 早すぎるクリスマスソング
13 エレンディラ
14 Avalanche
15 ゼロ地点
16 2D Star
17 メガロポリタンズファンク
18 My☆Girl
19 Rainbow seeker
20 ユートピア

(森withループマシン)
en1 ドラゴンクエスト序曲

(以下森グルキャス、岡、宮川)
en2 コーラナッツウイルス
en3 Heaven



いつぞやのように「GROOVY」メガネで登場した森くん。
後で、客席に投げられたメガネを、友達がゲットしていました♪

2曲目でサポートメンバーを呼び込んだ後、
「忘れ物しました」
と言い残して、突如としてソデに引っ込む。
サポートメンバーもお客さん達も??なまま取り残される(笑)。
宮川さんも
「何を忘れたんでしょうね?」
と、思わず声を漏らす。

戻ってきた森くんに
「何を忘れたの?」
と声をかけた宮川さんに、森くん一言
飴。

・・・・・また、飴舐めながら歌うんですね(^^;
喉のケアは自己流じゃなくて、ちゃんとやってほしいんですけれども。

改めて、ここからはサポートメンバーと。

特筆すべきは、ベースの岡さん。
森くんとは『Rainbow Seeker』以来の共演だそうですが、ライブでは初めて。
初めてとは思えないくらいのグルーヴ!
色っぽいベース♪
特に、私が好きな『2D Star』の間奏も、なんて気持ち良い音でしょう!
終演後に友達も岡さんのベースに唸っていました。

今回、久しぶりに聴けて良かった!と思ったのは『退屈病』。
結構前の作品で、めっちゃカッコイイですからね!
この曲初めて聞いたとき
「やっぱ森くん天才だぁ♪」
って、なぜか笑いが止まらなくて、一人暮らしの部屋で大笑いしていたという(←ヤバい人)。

中間で、森くんの弾き語りが2曲続いた後、フルメンバーで、ほぼMC無しで、一気に駆け抜けました!
アンコール入れて実に23曲。
森くんにしては、かなりの曲数だったのではないでしょうか!?

客席の一体感も良かったですねー!
本編ラストの『ユートピア』は客席大合唱でしたし♪

終演後は、余韻に浸りたかったんですけど、森くんのMCで、12/22・23@新百合ヶ丘でのMellow tonesの優先チケット販売が突如、告知されて、アタフタでした(^^;
[PR]
by june_h | 2016-12-18 17:54 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

墓参りで北九州から戻った翌日、のんびり寝て、朝起きてツイッターを見たら

「こりゃ大変だ!」

森くんが柏駅前でストリートライブするという。
慌てて予定を変更して準備しました。

普通、ミュージシャンがストリートライブをやっていると、警察官に止められるんです。
しかし、柏市は、「ストリートミュージシャン登録申請」というものがあるらしく、届け出て、規則を守れば、柏駅東口駅前ダブルデッキでライブができるらしいです。
http://otomachikashiwa.wixsite.com/home/resist

ロンドンのどっかの地下鉄(ソーホー地区の・・・・・ピカデリーサーカス駅だったっけ?)も、届け出てオーディションすれば、演奏できるんですよね。
その駅の地下鉄の地下道を通りかかって、ミュージシャンのレベルが高くてビックリした覚えがあるんですけど・・・・・。

19時頃から始めるとのことで、18時半過ぎまでマッタリして、柏駅前に行くと
「もうやってる!?」

森くん、既にギター弾きながら歌ってました!

「リハーサル」だったのか、数曲弾いて、その後、場所移動していよいよ本番♪
私があれこれ書くより、実際の動画をアップして下さった方がいるので、それをご覧ください!




<セットリスト>
0-1 Virtual insanity(ジャミロクワイのカバー曲)
0-2 愛のBeat
0-3 いいんです

(場所移動)

1. ただ時が経っただけで
2. 愛のBeat
3. 交差点
4. Funk redemption
5. ゼロ地点
6. 2D Star
7. Pebama
8. Rainbowseeker
9. Heaven
10. Cyclone
11. いいんです


デビュー当時から森くんを追いかけておりますが、ストリートライブというのは初めてでしたので興奮しました!
今回は、ちょっと離れた所から観察しようと思ったんです。
以前、伊藤祥平くん&中野幸一くんのストリートライブを観ていて、お客さんの反応が面白かったから。
どんなお客さんがどんな曲で足を止めるのかとか、周囲の反応含めて楽しみたかったの。
ライブ観ながら、リアルタイムでツイッター使ったりもできますしね(^^)

あと、今回のストリートライブは、11/26の柏ALIVEでの宣伝も兼ねているので、何度か森くん、呼び込みしてました。

森くんの隣のギターケースの看板を覗く人がご新規さんだと思うけど、圧倒的に男性が多いのですね!
森くんのライブのチラシをもらっていたサラリーマンの男性が
「女性ですか?キレイなお顔ですねえ・・・・・え?男性なんですか??」
と驚いていたり(^^;

柏市からのアナウンス(振り込め詐欺に注意して!みたいな)で何度も中断したり、森くんがやる曲に迷った里したのも、リアルなストリートライブならでは。
数曲しかやらない、という話だったんですけど、気づけば、アコースティックワンマンライブのMellow tonesくらいの曲数歌ってくれて、大満足でした♪


P.S.
『Heaven』と名の付いている作品って、音楽でも映画でもなんでも、内容はヘヴンじゃない、真逆な内容なのが多いような気がする。
森くんの『Heaven』を聴くたびに、光を描くためには影を描かなければならず、光が強いほど影は濃くなる、っていうのをいつも思う。
だから、Heavenとは真逆のイメージを引き寄せるってこと、あるんですよね。
d0108969_14454145.jpg

[PR]
by june_h | 2016-12-06 14:41 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森くん本編が終わって、UEBOさん登場!

UEBOさん曰く、この日は
「秋のファンク祭り」
だそうで。

「サンマは好きですかー!?」
「栗ご飯は好きですかー!?」
「キノコの類は好きですかー!?」


と、自分の出番でお客さんにコールして盛り上げていました。
すると、森くんも真似して、アンコールでも二人でやってました(^^;

UEBOさん、森くんのブログをメチャメチャチェックしているみたいで。

「ネコちゃんって、ナスカちゃんですよね~存じてますよ!」
と、チェック済み(^^;

森くんには『やっぱり猫にお熱なんです』という曲がありますが、UEBOさんにも『ネコ』っていう暗い曲があるとか(笑)。

「森さん、「わし」って言うんですね・・・・・」
と、UEBOさん更に突っ込み。

楽屋で森くんのアンケート用紙見たら、一人称が「わし」だったので驚いたとか。
自分もマネしようかな、って言ったら、森くんがまだ早いって(笑)。
d0108969_20523417.jpg

<アンコールセッションのセットリスト>
(※は即興)
森広隆G&Vo
UEBO G&Vo
※Superstition(Stevie Wonder)
※Who says(John Mayer)
※Neon(John Mayer)
en1 Georgy Porgy(TOTO)
※I wish(Stevie Wonder)
en2 Englishman in New York (Sting)
en3 I'm Yours(Jason Mraz)



二人のセッションですが、本編並みに長かった(笑)。
あらかじめ用意していた曲は2、3曲だったみたいですが、森くんがUEBOさんに曲を振っていったら、UEBOさん、対応できちゃうんですよね。
二人の好きな曲、通ってきた曲似ているからできちゃうみたい。スゴい!

Stingの『Englishman in New York』では、「人力フェードアウト」を披露してくれたり!
・・・・・終わってみると、こんなに演奏してくれちゃって、スゴくコストパフォーマンスの良い対バンに(笑)。

UEBOさん、伊藤祥平くんと仲良いみたいで、森くんのワンマンライブに、祥平くんと一緒に観に来たんだそう。
この3人、通ってきた音楽が似ているので、一緒にセッションしてくれるとイイな(≧∇≦)
なんなら、ずっとセッションしてくれてもイイよ!
[PR]
by june_h | 2016-11-15 20:42 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

シンガーソングライターUEBOさんとの対バン。
森くんは後半の出番でした!


<セットリスト>
1 愛のBeat
2 ただ時が経っただけで
3 ゼロ地点
4 いいんです
5 Lovely days
6 コーラナッツウイルス
7 メガロポリタンズファンク
8 2D Star
9 Rainbow seeker
10 Heaven



愛のBeat』が初っ端になることは多いのですが、「手をつないだら温かい」の歌詞の部分で、最前列のお客さん達と握手!
以前も、ワンマンなんかでやってましたね♪

今回は、全体的にここ最近では珍しいセットリスト。
Lovely days』 『コーラナッツウイルス』とか、久しぶりに聴きましたね。
いいんです』 『Lovely days』などが入っているアルバム『いいんです』を最近買った妹は、
「知ってる曲があって嬉しい♪」
と、喜んでおりました(^^)

いいんです

森広隆 / インディーズ・メーカー



とにかく、対バン相手のUEBOさんファンのノリがとても良い!
メガロポリタンズファンク』では、森くんにお願いされて、クラップと一緒に「フーフー!」
なんて掛け声も入って、ワンマンライブ以上のノリ♪

Heaven』の後、森くんは言いました。
「プチいやなことがあったんですが、皆さんのおかげで吹っ飛びました!」

・・・・・何があったかは知りませんが、森くんが楽しいならそれでイイです(^^)

終演後、妹が森くんの最新アルバム『A Day in Dystopia』を買いに物販に行きました。


そしたら、『planetblue』も買ってきました!

planetblue

森広隆 / SPACE SHOWER MUSIC



今はヘビロテしてるらしい(^^)♪
また、ライブに行きたいって。良かった!

(アンコールセッション編につづく)
[PR]
by june_h | 2016-10-19 21:44 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森くんのライブが終わって、再び、もう一人の主役、ハッさん登場!
森くんのバンドで二人がセッションするのですね!


<アンコール セットリスト>
森広隆G.&Vo.
ハシグチカナデリヤG.&Vo.
波多江健Drs.
豊福勝幸B

1 Get back(ビートルズのカバー)
2 哀しみの恋人達(Cause We've Ended As Lovers:ジェフ・ベックのカバー)



「ハシグチ君、新しいことも古いこともいろいろやってるんですよね。まだ若いのに・・・・・」
という森くんの言葉に、

「そんなに若くないんすよね(笑)・・・・・というわけで、オッサン二人でお送りします」

と返したハッさん(^^;

・・・・・いや、森くんよりは少なくとも若いよ(笑)。

1曲目は、ハッさんセレクトで、ビートルズの『Get back』。

ハッさんが森くんにこの曲を打診した時、
「ちょっと考えさせて」
ってLINEで返ってきて、一瞬ヘコンだらしい(^^;

たぶん、森くん、ホントに知らなかっただけだと思う(笑)。
その後、森くんからすぐ
「イイ曲じゃん」
って返事来て安心したらしいけど(^^;

「オレ、(ビートルズ)通ってないからねー」
と森くん。

この二人、似たようなハットをかぶっているけど(笑)、音楽的には対照的だもんね。
森くんはブラックミュージックだけど、ハッさんはバリバリのブリティッシュロック?とかだし(^^;;;

そして、2曲目はジェフ・ベックの『哀しみの恋人たち』。
これは、四谷天窓の対バンだった時、楽屋でセッションしていた曲らしい。

この曲は、二人の「ギター小僧魂」が炸裂しましたね!

私自身はつい数か月前に、オーバー50の、若い頃に散々遊び倒して円熟したギタリストの方々による『哀しみの恋人たち』を聴いたばかり(^^;

丸麿セッション 丸山正剛/小南数麿/斉藤昌人/黒田慎一郎/河内肇@Terra Nishiogi Tokyo

皆に共通するのは、若い頃に一生懸命コピーしたフレーズを弾いている時って、何年経っても、いくつになっても、その時の気持ちに戻ってギターに向かい合っているような気がします。
だから、聴いているこっちもワクワクドキドキ夢中になります(≧∇≦)

森くんもハッさんも、ギターを弾いている時の恍惚が身にこびりついているから、何を引き換えにしたって一生やめないし、やめられないだろうな・・・・・って、観ながら思いました。
出会ってしまったのは幸か不幸か、業の深さか(笑)・・・・・いやいや、ギターを選び、ギターに選ばれた。ただそれだけ♪

あと十年経ったら、数十年経ったら、二人のギターの音は、どんなふうに変わっていくのかな・・・・・って、聴きながら思ってました。

また二人でセッションして欲しいな♪

終演後、ハッさんの深紅のレスポールも、お疲れぎみ?
d0108969_15245948.jpg


とにかく、最初から最後まで、全部全部全部楽しかった対バンでした!
帰宅したら、Tシャツから潮吹いているわ、2回連続で金縛りに遭うわで、どんだけハシャイじゃったの!?私(笑)。
悔いはありませんけどねー(^^;
[PR]
by june_h | 2016-10-08 15:33 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

この日のドキドキの理由がもう一つ。

・・・・・波多江健さんが戻って来た!



<セットリスト>
森広隆Gt.&Vo.
波多江健Drs.
豊福勝幸B

1Mine all mine(以下森、波多江、豊福)
2 2D Star
3 Cyclone
4 黒い実
5 Pebama(森key、波多江、豊福)
6 愛のBeat(森エレガット弾き語り)
7 メガロポリタンズファンク(森、波多江、豊福)
(波多江ドラムソロ)
8 ゼロ地点(以下森G、波多江、豊福)
9 Rainbow seeker
10 Heaven



森くんのデビュー初期のドラマーさん。
ゼロ地点』のドラマーさん。
私の20代の頃の耳は、波多江さんのドラムでいっぱいだったと言っても過言ではないっ!


そう、オープニングは、やっぱりこの曲だった!
Mine all mine』!

Ta・ke・shi!
森くんの声で、波多江さんのドラムが躍る♪

ドラムの位置があまりにも客席に近かったので、バスドラの圧で耳が死ぬんじゃないかと思ったんですが(笑)、意外と平気でした。
波多江さんのドラムは、ピンポイントで余計な音が出ないからですね。


2D Star』は、最近の曲なので、波多江さんは当然初めて。
豊福さんのベースは初めましてでしたが、良かったな(≧∇≦)

そして、『黒い実』。
感動しました。
昔の音。

ドラムソロでのお客さんの歓声がハンパなかった!
この日の客は、波多江さんがちょっと叩くとワッと沸くくらい興奮していて、ワンマン以上の熱気だったように感じました。
待っていたのは皆、同じだったんだなあと・・・・・。

終わった後、初期の頃から知っているファンの友達と「泣いたねー」なんて話したり。

そして、ラストの『Heaven』。
この曲で、波多江さんのドラムを聴いていたら、短髪でサイクロンTシャツを来て時折フワーッと背伸びをしながら歌う、昔の森くんと今の森くんが重なって見えて、昔の自分の気持ちを思い出して、涙が止まらなくなりました。

確かに私は、あの時、森くんに恋したんだなあ・・・・・と(←書く自分がキモいです(笑))。

ライブハウスを出て1階に降りると、荷物を積み込んでいる波多江さんと鉢合わせ!
友達が喋っていたので、私もドサクサに紛れて「昔のこと、いろいろ思い出しました」とお話ししたら、
「バンドはドラムで全然違うからねー」と波多江さん。
いろんなドラマーの方で森くんのライブを観てきたけど、確かに、それぞれで全然曲の印象が変わったりしますね。
「森くんと、またやってくださいねー」
と、お願いしてみました♪

終演後、ライトの消えたステージの闇に沈むGroovecaster。
帰りの電車の中でもずっと『Heaven』が頭の中で鳴っておりました。
d0108969_154222.jpg

[PR]
by june_h | 2016-10-08 15:06 | 森広隆 | Trackback | Comments(2)