カテゴリ:本 読書 書評( 563 )

夜中に寝床で読んで、いつも大笑い&大泣き(T-T)
この二人の関係性が好き♪
西原さんは値切ったりしてショッピングを楽しみたいのに、高須さんは時間がもったいないからって店の商品を全部買い占める(笑)。
お互い価値観が全然違うから、ケンカになるし、楽しめるんですよね!

高須さんのお母様の話が印象的。
戦後、進駐軍相手に商売をしていた女性達の整形や堕胎を引き受けていたのが、高須さんのお母様。
そのお金で成長してきた高須さん。
「何千人も殺してきたから地獄行き」
だと、お母様は自分の手を見せながら、幼い高須さんに語ってきた。

西原さんは、高須さんの手を見ながら「働き者の手だ」と言う・・・・・。

西原さん、ここまで来るのに本当にご苦労されたし、高須さんもたくさん働いてこられた(今も働いているけど)ので、「人生の夕暮れ時」を穏やかに楽しんでいて、本当に良かったと思います。

[PR]
by june_h | 2017-05-23 20:02 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ライブハウスの経営者兼PAさんが著者なので、とても実践的な内容。
楽器やアンプについてのあれこれ、ライブハウスに出演するまで&ライブの流れ、ステージでの振る舞い方からなにから、細かいノウハウてんこ盛り!
私は小さいライブハウスによく足を運ぶので、いろいろと参考になりました♪

ギターとベースでアンプが違うという話を知ってビックリ(←とても基本的なことだよね(笑))!

よく言われるチケットノルマの話とか、予約表の仕組みもよく分かりました。
ライブハウスは、出演アーティストにチケットノルマという参加料を徴収するので、ぶっちゃけ、お客さんがゼロでも儲かるのです。
出演アーティストがリスクを背負うのですよね。

リハーサルでは、モニターから返ってくる音の調整とか、結構やることたくさんあって、忙しいんだなあ(^^;

マイクは床に置かないとか、バンド名はハッキリ言うとか、持ち時間はMC含めてだから時間内で必ず収めるとか、スタッフにちゃんと挨拶するとか・・・・・基本的なことも載っているから、裏返すと、そういうことができてないアーティストが多いということかもしれないですね(^^;

[PR]
by june_h | 2017-05-22 17:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

東京藝大の学生や卒業生のインタビュー集。

学生時代に東京芸術劇場でバイトしていたので、バイト仲間に音大生や美大生がたくさんいました。
中には藝大生もいて、
「藝大は、自分が天才だと思ってる人ばかりだから」
と言っていたのを思い出しました。

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

二宮 敦人/新潮社

undefined

この本の著者はライターで、奥さんが東京藝大出身。
家の中で大きなカメの彫刻を製作するのに、一日中、大きな音をノミの響かせていたり、いろんな物を手作りしたりしているそうな(^^;

東京藝大と言っても、美術専攻の「美校」と、音楽専攻の「音校」では、雰囲気が全然違うようです。

美校は、作品製作にお金がかかるので、質素な人が多いらしい。
彫金科なんて、金や銀を扱うので、削りカスも大事に取っておくんだとか。
作品によっては製作過程で有毒ガスや粉塵が発生するので、ガスマスクが生協で売られているとか(笑)。

対して音校は、お金持ちが多い、っていうか、お金が無いと続けていけない世界。
なにせ、楽器によっては数千万から億単位ですから(^^;
有名な先生のレッスン費用も一回数十万かかったりする。
入口にセキュリティゲートがあるらしい。

そして、一日に何時間も練習しないと生き残れない厳しい世界。
それでも、音楽で食べていけるのは、ほんの一握り。
練習やコンクールで忙しくて、デートの時間も取れずに別れてしまう人多いそうな。

声楽科は、チャラい人が多いという話が面白かった(笑)。
声なので、一日2時間くらいしか練習できず、比較的時間に余裕があるし、練習するとき、発声指導でボディタッチが多いから(笑)、お互い仲良くなるらしい。

美校は、四六時中アートをやるために生まれてきたような人が多いけど、音校は、小さい時から親の夢に付き合わされてイヤイヤ練習させられていた人もいて。
同じ学校にいても、芸術に対する向き合い方は、人それぞれなんだと思いました。

[PR]
by june_h | 2017-05-15 14:59 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

読む本って、普通は自分の好みの本に偏りがち。
私は本が好きだけど、考えが相容れない本は、到底読む気になりません(^^;
でも、佐藤さんは、右も左もまんべんなく、自分の思想と反対の本でも、ちゃんと読んでいるような気がします。
それがスゴい!と、そもそも思います。

佐高信は、私が大学生だった時に、講演会を聞きに行ったことがあったような。
そして、その時は確か、海江田○里の悪口をひたすら言っていたような(笑)。

佐藤さんの
「理論化できれば、その思想は残る」
という言葉に勇気付けられました。
日本の左翼運動は、理論化した人がいたから、長く続いていったのだと。
キリスト教や仏教などの宗教も、創始者や教祖が教典を作ったのではなく、弟子達が教典を整備したからですよね。

本文では紹介されていないけど、二人の推薦図書一覧も役に立ちそうです。
早速、読みたい本リストに何冊か加えました(^^)

[PR]
by june_h | 2017-05-09 10:34 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

自分が死にかけた生々しい話と、その時の赤裸々な心情が延々と書かれているはずなのに、あまりにも冷静で、筆致の温度があまりにも低くて驚きます。
二人称に「諸君」を使う女性に初めて出会いました(^^;
彼女は生物学的には女性だけど、中身は別の生き物が入っています。

他者という病

中村 うさぎ/新潮社

undefined

「孤独」と呼ぶには俗っぽ過ぎる。
文章から感じられるのは、純粋で透徹した彼女自身。
何より言葉を偽り、言葉を汚されることを嫌う、彼女だけの世界。

「さぁ、君はどちらを選ぶ?偽りの楽園か、真実の地獄か?」

そう自身で問いかけて、エデンの園のヘビに騙されるより先に、進んで知恵の実を食べ、喜んで「自意識を知り尽くす」地獄に挑む彼女の潔さ。

こんなにも自意識の強い人が、自分でなくなっていく感覚をとことん経験しなければならないなんて、地獄の責苦より恐ろしいはず・・・・・。

私も10年前に死にかけて、臨死体験して、自分が自分でなくなっていく感覚を味わったけど(笑)、「孤独だった」までで思考停止した分、彼女よりマシかもしれない(^^;
あれからもう10年以上経ったのに、その時以来の自分の人生がロスタイムのように思える感覚が拭えない。
彼女のように、とことん曝け出して抉り出す勇気は、私には無い。

そして、あとがきのオチの怖さは何!?
怖すぎる・・・・・自意識に向き合った人間は、とことん自意識に向き合う人生を味わうんだなぁ。

[PR]
by june_h | 2017-04-20 08:16 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

二人が語る聖書は、まるでギリシャ神話のよう。
神様は理不尽で嫉妬深く、人間達も、肉親同士で殺し合ったり、近親相姦もあったり。
佐藤さんは、キリストが十字架にかけられた後の、弟子達の権力争いが面白いと仰っていました。さすが(^^;

聖書を読む

中村 うさぎ,佐藤 優/文藝春秋

undefined

パウロは、元々ユダヤ人で、キリスト教に改宗したんですけど、キリスト教に感化されたというより、ユダヤ人コミュニティにいられなくなるような悪いことをしてしまったからではないかと(^^;
うさぎさんの解釈、面白い。

二人で『ヨハネの黙示録』についても語っています(あんなワケ分からないの、よく語れるなぁ)。
佐藤さんが言うには、「チェルノブイリ」ってニガヨモギを意味する言葉からきた地名だそうで(正確にはちょっと違うヨモギらしいですが)、聖書の黙示録に
「第三の御使がラッパを吹き鳴らすと、ニガヨモギというたいまつのように燃えている大きな星が落ちて、水の3分の1が苦くなり、そのため多くの人が死ぬ」
という文があって、原発事故当時の米ロ首脳会談でゴロバチョフがこの預言に言及したんだそうです。

聖書って、正論とか建前とかしか書いてなさそうでツマラナイというイメージだったのですが、二人の話を聞いていると、面白そうです(^^

[PR]
by june_h | 2017-04-11 20:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

中村うさぎさんって、本当に面白い人。
名だたる学者に対談相手として指名されてたりするんですよね。
頭の回転が早いから、返しが的確。
ミッションスクール出身だからか、聖書に詳しい。人に言われたからではなく、自分の意志で読んでいて、ちゃんと面白さ?を分かっている。
彼女の話す聖書は面白い!

聖書を語る―宗教は震災後の日本を救えるか

佐藤 優,中村 うさぎ/文藝春秋

undefined


佐藤優は、友達からずっと勧められていたのですが、なかなか手が出なくて。
聖書&うさぎさんという切り口から、やっと入場できました。
この方も面白いんですね!
神学者にして元外交官。
宗教の切り口から世界を見られる人、絶対に必要ですよね。

彼曰く、イスラム教の聖書だと、キリストが復活する時にはイスラム教徒として復活するらしい。
キリスト教徒とイスラム教徒は、聖書を同じくする「啓典の民(←イスラム教側の言い方だけど)」だけど、仲が悪いはずですよね(^^;

うさぎさんの、アダムとイブの解釈が面白かった。
アダムとイブの原罪はセックスではなく「自意識」ではないかと。
だって、もし、そうなら、楽園にいる動物だってヤりまくっているわけだから、動物達だって追い出されなきゃならないでしょう、と。

知恵の実を食べた後、お互いが「違う存在」だって知ってしまった。
そこから全ての苦しみが生まれた。
それが原罪。
スゴく納得!

この二人の会話、面白いので、続編?も読みました。
[PR]
by june_h | 2017-03-31 18:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

CDが売れない、売れているCDの曲を知っている人が少ない・・・・・。
そんな昨今の日本の音楽シーンについて分析した本。

ネットで個人がライブやCDの感想を自由に発言できるようになった昨今、音楽ライターの存在や立ち位置について、私は日頃から疑問を持っていました。
でも、この本は、長年、著者が培ってきた音楽業界のキーパーソンから聞いた意見や、音楽関連の膨大な記事やデータの丹念な客観的分析に基づいて書かれているので、これぞ音楽ライターしか書けない本!だと思います。

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

柴 那典/講談社

undefined

昔は、CDの売上枚数と人気は一致していたし、オリコン上位の曲は、誰もが知っていました。
でも、昨今は、CDに握手券がついていたり、SMAP解散を阻止したいファンが、CD購入を呼び掛けたり。
人気そのものというより、「投票」「意思表示」の意味合いが強くなってきたわけです。

代わりに、「カラオケでよく歌われる曲ランキング」を見ると、誰もが口ずさめる曲ばかり。
この「定番曲」は、数年間変わらないので、CDがよく売れていた90年代に比べると、1曲の寿命が長くなったのが分かります。

CDが売れなくなったのは、配信ダウンロードが増えてきたのも一因ですが、両方を足しても、CDが最も売れていた98年には及ばず。
代わりに、音楽フェスやライブの売上が伸びて来ているんだそうです。

私は小さなライブハウスによく出入りしていますが、名を知られていなくても、実力があるミュージシャンはたくさんいます。
今は、長くライブで実力をつけた後、陽の目を見るようなパターンもあるようです。
CDが売れていた頃が「バブル」で、今は本来の音楽の楽しみ方に近くなっているのかも。
そんなふうに思いました。

[PR]
by june_h | 2017-02-19 10:43 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

歴史を辿りながら、香と日本人の関わりを語っている本。

香と日本人 (角川文庫)

稲坂 良弘/KADOKAWA / 角川書店

undefined

香木は日本では採れないので、輸入しなければ手に入らない、高価なものでした。
なので、上流階級の人しかなかなか手が出ないものでしたし、使うには教養も必要でした。時代の権力者達は高価な香をこぞって集めたのです。

日本の古典には、香がよく登場します。
歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』では、伝説の香「蘭奢待」が重要な役割を果たしています。

『源氏物語』は、香を中心に読むと、全然違ってくるんですね!
入内する明石中宮のために、光源氏の女達が、自身の財力と教養を賭けて贈った香。
特に、生母の明石の上が贈った香からは、母としての愛情を感じます。

そして、不義の子を宿した藤壺女御と光源氏との対面シーン。
極楽のような馥郁たる香り漂う中、二人の心は地獄にいたのだと・・・・・。
香を使うことで、二人の心情が余計に際立つものなのですね。

ヨーロッパでは、燃やす香ではなく、もっぱら香水が使われます。
香水の匂いを練り込んだ香は、今では珍しくありませんが、発明したのに日本人が関わっているのですね。

私が香で思い出すのは、高校の修学旅行で行った神戸。
ジャイナ教の祭壇に迷い込んでしまって(笑)、フロア全体、香の匂いでいっぱいでした。

そして、パリの地下鉄。
乗客それぞれ香水を付けているので、いろんな匂いがします(^^;
風景は写真やネットで見られますが、香りはその場所に行かないと分かりませんからね。

[PR]
by june_h | 2017-02-14 15:13 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

一語では翻訳できない言葉を集めた絵本。
この本を読んでいると、言葉はまさしく「文化のカプセル」だよなあと、しみじみ思います。

翻訳できない世界のことば

エラ・フランシス・サンダース/創元社

undefined


いくつか気になった言葉を。

■モーンガータ/スウェーデン語
「水面にうつった道のように見える月明かり」

「スパウザ小田原(現ヒルトン小田原)」の部屋から夜の海を眺めたときのことを思い出しました。
まさしく、美しいモーンガータが見えました。


■ピサンザプラ/マレー語
「バナナを食べるときの所要時間」

東南アジアはバナナの種類が豊富で、生活に欠かせない食べ物だと知っていますが、どういうシチュエーションで使うんでしょう??
ちなみに、「ピサンザプラ」は2分くらいだそうです。


■グルファ/アラビア語
「片方の手のひらに乗せられるだけの水の量」

アラビア語は砂漠地方で主に使われている言葉なので、どれだけ水を大切にしているか、この一語で伝わってくるかのようです。


■ヤーアブルニー/アラビア語
「直訳すると「あなたが私を葬る」。その人なしでは生きられないから、その人の前で死んでしまいたい、という美しく暗い望み。」

スゴい!
この一語で、愛に含まれているエロスとタナトスを表現している・・・・・。


■ポロンクセマ/フィンランド語
「トナカイが休憩なしで、疲れず移動できる距離。」

トナカイが生活に密着しているフィンランドならではの言葉で面白い!
ポロンクセマは7キロ半らしいです。


■アキヒ/ハワイ語
「誰かに道を教えてもらい、歩き始めた途端、教わったばかりの方向を忘れたとき。」

破滅的に方向音痴の私は、よくこの状態になります(笑)。
親切に教えてくれても、最初の方しか覚えてなくて、また他の人に聞けばイイやと思っている(^^;


■ドラッヘンフッター/ドイツ語
「直訳すると「龍のえさ」。
夫が悪い振る舞いを妻に許してもらうために贈るプレゼント。」


日本語でも「鬼嫁」とか言いますが、奥さんが怒ると怪物になっちゃうのは、ドイツも同じですね(^^;


■スグリーブ/ゲール語
「ウイスキーを一口飲む前に、上唇に感じる妙なムズムズする感じ。」

ゲール語はアイルランドなどで使われていますが、ウイスキーの名産地ならではの言葉ですね!
お酒に弱い私にはイマイチ実感できない感覚ですが(^^;


日本語からは「積ん読」「木漏れ日」などが紹介されています。
日本語にも説明が難しい言葉がたくさんありますね(^^;

[PR]
by june_h | 2017-02-01 21:55 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(1)