<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダ・ヴィンチ展とはうって代わって、人もマバラで、静かな展覧会でした。
一枚一枚、じっくり観られたので良かったです。
ダ・ヴィンチ展と違って、原画ばかりだったし(笑)。

ギリシャ神話や、古代ローマの人物をモチーフにした作品が多かったので、わりと楽しめました。高校の美術の時間に作った、エッチングの版画を思い出しました。

特に、パルミジャニーノさんの版画が気に入りました。輪郭線ナシで、線の濃淡や粗密だけで人物や風景を表現しているので、ほかの版画と違って柔らかい印象を受けました。

チケットのお値段も、ほかの美術館の特別展と違って割安なので、古代ギリシャやローマに興味のある方、上野公園の人ごみに疲れた方にはおススメです。
[PR]
by june_h | 2007-03-31 14:59 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

d0108969_19511345.jpg
モノスゴイ人ダラケ。平日で、こんなんだったら、土日は考えただけでもオソロシイ・・・・・。

この特別展は、会場が二つに分かれていて、「受胎告知」の絵が見られる第1会場に入るまで、行列20分待ち。ディズニーランドか!?列の先は、博物館の門まで続いていました。

やっと建物の中に入れたと思ったら、今度は持ち物検査と金属探知機がお出迎え。空港か!?

そんなこんなで、ずいぶん絵にたどり着くまで時間が掛かって早くも疲れが出始め・・・・・ダ・ヴィンチの絵は好きだけどさぁ・・・・・受胎告知はそんなに好きじゃないんだよねぇ・・・・・だって、初期の作品だから、表情が固いんだもの・・・・・。

d0108969_19584973.jpg
お次は第2会場。満員電車じゃ。しかも、春休みのせいか、親子連れいっぱい。「熱いよう」「痛いよう」「見えないよう」ギュウギュウ押し合いながら文句たれる子供。私も文句言いたい。
これでダ・ヴィンチの原画が観られるなら、我慢できるんだけど、原画がひとっつもないのね。たとえメモでもスケッチでも、彼の直筆が見たかったのよ。解説なんて、あとでいくらでも本で調べるからどうでもいいのよ・・・・・。

テーマ作りや見せ方はウマいなぁと思ったけど、「受胎告知」の絵に予算をかけたら、ほかの絵に使うお金はなくなったのかしら、などと思ってしまったのでした。
[PR]
by june_h | 2007-03-30 20:07 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

d0108969_1172944.jpg

美術展でも見に行こう!と思い、上野公園へ。でも、甘かった。

暖かくて良いお天気×春休み真っ盛り×桜バッチリ開花=人間がいっぱい

JR上野駅の公園口改札から出ようとすると、改札に50mくらいヒトが並んでいて出られる気配はナシ。
仕方なく入谷口から出て、遠回りして上野公園へ。
でも、桜がキレイでした(写真の真ん中に写っている人は、私とは無関係です)。
[PR]
by june_h | 2007-03-30 11:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

【映画】蟲師

良かった。
いろいろ考えさせられた映画でした。

私が映画やお芝居を見て「良かった!」と思うときは、だいたい二種類。
自分の中にある記憶や想いが揺さぶられるほど心を動かされた時。
それから「ああ、こんなことにも感動できるんだ」「お、こういう世界もあるのね」みたいな、新たな発見があった時。
この映画は明らかに後者でした。
この映画で描かれている蟲と、それと共に生きる人達の世界観にとても魅かれるものがありました。

人々の生活の中で静かに生きている蟲。時々、人間に寄生するため、その人の耳が聞こえなくなったり、目が見えなくなったりする。だからといって、蟲を殺したり滅ぼしたりするわけではない。蟲師に頼んで、ただ「追っ払う」だけ。

蟲も人間に敵意があるわけじゃない。条件が揃えば「わいて出る」ってだけで、その条件の揃った場所が、たまたま人間の体内だったってだけの話。
蟲師である、ギンコや淡幽の体内にも蟲がいるけれど、別にお互い殺そうなんて思ってないのです。

蟲は、神秘的な存在ではあるけれど、一緒に生きてる人間達は、神のように畏れ敬うわけでもないし、悪だ害だ敵だと騒ぐわけでもない。不思議な「蟲」の存在を静かに許容して、まあ、お互いの領分で生きていこう、みたいな。そんな精神性を持ってるこの映画の世界の人たちって、よっぽど大人なのか、よっぽど鈍感なのか(笑)。

もし、アメリカ人のそばに「蟲」がいて、こういう映画を作ったら、蟲を倒して滅ぼす冒険活劇になっちゃいます(笑)。
蟲が、ただ気持ち悪くて恐ろしいモンスターみたいに描かれちゃって、その蟲に立ち向かうヒーローなんかが登場しちゃって、モノモノしい武器で徹底的にやっつけちゃって、ラストは蟲の親玉と大立ち回りを演じちゃって、最後はヒーローが勝ってハッピーエンド?みたいな。

だから、チラっと思ったの。
部屋に、蜘蛛が入ってきたりすると、気持ち悪いし怖いから、私はすぐに殺虫剤を使って殺してしまう。でも、その殺虫剤で私の具合が悪くなる。
よくよく考えると、蜘蛛は私に悪さするわけじゃないし、敵意を持ってるわけでもない。だからただ「気持ち悪い」ってだけで、排除したり殺したりしようとすることって、すごく人間の勝手だし、かえって自分の首を締めるだけだったりして、ハタから見るとすごくバカ。

そんなわけで、毎日の生活の中で、ちょっとでも自分に不都合があると、イヤだなと思って必要以上に落ち込んだり、自分が「イヤ」だと思うモノやヒトを、必要以上に「敵」だと思って、すぐ排除しようと思ったり、避けて通ろうとする。
そうすると、かえって自分が苦しくなったり、自分が許せなくなったりして、生きにくくなるんじゃないかしら。

自分以外の生き物は、自分のために生きているわけでも、自分に敵意を持って生きているわけでもない。この映画の中の人たちが蟲に接するようなスタンスでいられれば、世の中もっと平和になるんじゃないかしら。

でもやっぱり蜘蛛は気持ち悪いけど(笑)。

ラストは「えええっ?ここで終わっちゃうの?!?」みたいな感じでしたが、別にこれはこれで良いと思います。っていうか、ここで終わらせる監督の決断力がスゴいと思ったけど。蟲について何一つわからないし、何一つ解決しない。でも、別に誰も解決しようと思ってないですからね。


P.S.
私の前の人、イビキがうるさかったです。頼むから外で寝てください(^^;
[PR]
by june_h | 2007-03-30 10:34 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

歌舞伎関係の本を読んでいて出会った1冊。

落語と歌舞伎 粋な仲―ちょっと落語通

太田 博 / 平凡社


歌舞伎を題材にした落語が意外と多いということを、この本を読んで知りました。でも、今ではあまり演じられなくなっているそうです。
一つは、ネタ元の歌舞伎が、昔ほどポピュラーではないこと。歌舞伎自体を知らないお客さんが多いので、パロディや笑いを作っても面白さが伝わらないのです。
それから、サゲ(オチ)に使われるダジャレが、成立当時の生活や風俗に結びついているので、説明が必要になってしまうこと。刻み煙草をどうのこうのと、オチを説明されてもねえ・・・・・面白くないですよねえ。

この本を読んで改めて思ったのは、バレ噺(シモネタ)の恐ろしさ。
歌舞伎や落語を知らなくても、とりあえずは、面白さはわかるもの。ほんと、シモネタって、全世界全時代共通なんですよねー。宴会芸に困ったサラリーマンが、シモネタに走りたくなる気持ちが理解できます(笑)。

歌舞伎好きな人が読めば寄席に行きたくなるし、落語好きな人が読めば歌舞伎座に足を運びたくなる、そんな本です。
[PR]
by june_h | 2007-03-28 16:22 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「強行軍だねぇ」

母にも妹にも友達にもタクシーの運転手にも言われました。

★北九州日帰り★

移動12時間。滞在3時間。
さすがに眠いでつ(-.-)zzZZZzz。。..
なんでこんなことしたかって?
「所用」です(笑)。

スターフライヤー初体験でした。ウワサどおり黒かったですね~。キャビンアテンダントさんは黒いパンツスーツでカッコいい(*^o^*)
帰りは窓からキレイな夜景が見られましたよぉ。

瀬戸内海をビシッと横断する航路だったので、中国地方と四国の海岸線がくっきり光で浮かび上がっていたわけです。こうして見ると、瀬戸内海は小さいなあ。
大阪はズタズタでした。幹線道路がザックリ大阪平野をえぐってます。そして黒くうねる淀川。地図で見たまんまでした。
今は航空写真ならGoogleEARTHなんて便利なものがありますが、さすがに夜景はそうそうないでしょう。
そんなわけで、着陸までずっと外、見っぱなし。っていうか、北九州の話、全然してませんね(笑)。
[PR]
by june_h | 2007-03-26 21:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

所用のため、今回は幕見席より観劇。

■序幕 鳥居前
・連れてってくれと泣きつく静御前を紐で縛って敵陣に置き去りにするなんて、有り得ない・・・・・。
・この幕の弁慶は金太郎みたいな格好。『勧進帳』のシックな弁慶とはえらい違い。
・幕見席のため、狐忠信が花道で見せる「狐六方」はシルエットしか見えず。残念!
・義経の御家来衆の中で、一人、すっごく声が良い人がいたんだけど、誰だったんだろう?

■二幕目 渡海屋
・安徳帝がカワイイ!
・眠っている安徳帝をまたいだ弁慶が、その後言ったセリフに苦笑。
・知盛の白い武将姿がスバラシイ!

■二幕目 大物浦
前の段では、着物姿だった女官達が、平安装束に身を包み、ズラリと並んで安徳帝を奉じている姿は美しい!でも、女官達が階段を下りるとき、袴の捌き方が「男」に戻ってしまっていたような(^^:結構短時間で下りて、移動しなくちゃいけないからしょうがないかもしれないけど、袿の緋袴というよりは、裃の長袴を捌いているように見えてしまいました。
この段で心を動かされたのは、なんと言っても平知盛。
平家を再興するため、源氏を討つため、安徳天皇を守るため、恥を忍んで生きてきた知盛が、「義経を仇と思うな」と安徳天皇に言われた時の気持ちを思うと、涙せずにはいられませんでした。こう言われた瞬間、知盛の支えになっていた信念がガラガラと崩れてしまったと思うのね。まだ義経に殺された方がマシだったんじゃないかな。卑近な例で言えば、長年会社に仕えてきた中年男性がリストラされるようなものですよ(笑)。
その後「私の人生は、修羅道であり、餓鬼道であり、畜生道であり・・・・・」と言い捨てて、碇と一緒に海に身を投げる知盛の行動は、決して大げさには見えない、共感できるものでした。

『俊寛』を見たときも思ったけど、300年前に同じ芝居を観た客と同じように、自分が涙していると思うと、それだけで感慨深いものがあります。

P.S.
大向こうさんが私の真後ろに3人もいて、「~屋!」って叫ぶたびにわたしゃビクゥっとなってました。その中で、明らかにタイミングが合わない人が一人いて、その人が叫ぶたびに近くの外人さんたちがクスクス笑っていました。新人さんかしら。ガンバレ!
[PR]
by june_h | 2007-03-25 16:26 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

d0108969_14235265.jpg

待ちに待ったナックスの舞台。妹のクジ運を使って手に入れたプラチナチケット。
行ってきましたよぉ。観てきましたよぉ。

3階席だったんですが、そんなことはいいんです。この場にいられるだけでシアワセです。
手すりが邪魔で舞台がよく見えなかったんですが、どうでもいいんです。だって生ナックスが見られたんだもの。

お芝居に関しては、ネタバレに厳しいOFFICE CUEさんに配慮して書きません。でも一つだけ言わせて。

安田顕さんの魅力テンコモリ!!

詳しいことは、アンケートに書かせていただきました。

P.S.
ズラリと並んだ提灯の中に、「大前春子」さん発見!
[PR]
by june_h | 2007-03-24 14:32 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

新しくできた国立新美術館に行ってきました。

六本木にあるということだったので、六本木ヒルズに行ったら、そこから20分ばかり歩かなければならないことが判明。乃木坂駅で降りたほうが近いとのこと。仕方がないので、六本木ヒルズから出ている「ちぃばす」というワンコインバス(100円)で美術館へ。

波のようなガラスカーテンウォールが売りの外観。
ガラス拭きの清掃代がかさみそう・・・・・東京国際フォーラムも清掃代がバカにならないって言うし・・・・・ああ、また税金が・・・・・などと余計なことを考えながら館内へ。

館内はほんとに広い!天井が高い!
でも、壁はガラスで、レストランの土台は逆円錐形。
いくら耐震設計されているとはいえ、ここで地震が起きたらヤだな、不安な印象。
テクテク歩きながら、お目当ての企画展へ。

シャガール、ピカソ、モディリアーニ。
印象派の絵が中心なので「ここまでの絵がピカソで、こっからモディリアーニ」みたいに、
アーティストごとの特徴や個性がハッキリしていました。
そんな中、20世紀初頭のフランスの風景を収めた写真が、わりと良かった。
印象派の絵画がよくわからない分、写真はわかりやすいからそう思ったのかも。

この後、本日は所用で赤坂プリンスホテルへ。
世界フィギュアスケートのレセプションに遭遇。
スケート連盟の橋本聖子さんが、ちょうどロビーから出ていらっしゃいました。夜遅くまでお疲れ様です。
選手の皆様、応援してます!
[PR]
by june_h | 2007-03-21 14:06 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

あー。とうとう終わってしまいました。
でも、きっとまた、続編があるよね。そんなラストシーン。
大泉さんが出てなかったら、見なかったかもしれない。そんなわけで、こんな面白いドラマに出会わせてくれた大泉さんに感謝!

ハケンの品格 Vol.1 [DVD]

バップ


派遣社員と正社員のドタバタを描いたドラマ、ということで、見たらきっと暗い気持ちになるんだろうなあと思っていたのですが、くるくるパーマ正社員の東海林さんと、スーパー派遣社員の大前さんのやりとりが面白くって、毎回あっという間に終わってしまうという印象でした。

ただ面白い!で終わってしまうドラマではなくて、派遣社員と正社員、両方の苦しさがよく描かれていて「このドラマを永田町の人たちに見てほしい」と訴えていた、脚本家の中薗ミホさんの意識が良く伝わってきたドラマでした。

印象に残っているのは第8話。最初から最後まで「大泉劇場」といった回でした。
仲の良い同僚、里中がリストラされることを知って苦悩したり、大前さんに罵倒されて、怒りながらも喜んだり、自分が里中の企画を横取りしたことを正直に話して、プレゼンの場を立ち去ったり。
一番の見せ場は、大前さんのために里中と東海林が殴り合うシーン。
里中をわざと怒らせて「やっと本気になってくれた」と喜ぶ東海林。「手加減してんじゃねえ」と、東海林の優しさをちゃんと受け止めている里中。
ちょっと少女マンガっぽい!と思ったけど、いえいえ、これが女のロマン。全然アリです(笑)。
東海林と里中が大前さんを好きになってしまうのはちょっと強引な気がしますが、ドラマはしょせんフィクション。全然アリです(笑)。

ドジな森ちゃんも、冷酷な桐島部長も、イラっとしたりムカっとしたりさせられるけど、どの登場人物も、自分の立場で一生懸命生きているってことに変わりはないわけで、それが良く分かる素晴らしい脚本でした。

一つ気になったのは、派遣会社のコーディネーターの一ツ木さんが、やたらと登場してくるところ。演じていたのが、私の大好きな安田顕さんなのでうれしいのですが、その分、新人社員の浅野を演じる勝地涼の出番が減らされているんでは?と、勘ぐってしまいました。このあたり、「水曜どうでしょう」ファンのプロデューサーと脚本家の意図を感じてしまいます(笑)。

またぜひ、スペシャルドラマか何かで帰ってきてね!
[PR]
by june_h | 2007-03-16 09:59 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)