歌舞伎や落語の観点から、江戸の生活を描いた本は、たくさん読んでいたんですが、純粋に江戸時代に関する本って、あまり読んでいなかったってことに、今さらながら気づいたんです(^^;

こういう本を読むことで、もっと歌舞伎や落語を楽しめるんじゃないかしら、と思って手に取りました。

icon
icon
学校で習った歴史の教科書では、江戸時代は封建社会で、女性に自由はなかったって書いてあったけど、江戸の町の女性はとっても自由!
当時の江戸は、地方からの出稼ぎ者や、参勤交代の武士達がいっぱい。圧倒的に女性が少なかったから、結婚は、女性の超売り手市場でした(笑)。ダンナさんは、料理と育児とマッサージが上手でないと、奥さんに逃げられたそうです(^^;離婚した女性は、自活していたから生活に困らなかったし、子持ちでも再婚相手がたくさんいたから、男に強気だったみたい。

今『篤姫』がブームですが、女性が自由な江戸城下と比べると、なんて窮屈な世界なんだろうと思います。行儀見習いで大奥に上がって、うっかり将軍様の目に止まって、一生お城から出られなくなったとしたら、それは、はたして幸せなことだったのかしら・・・・・。
大奥のお便所の話は、リアルに怖かった(^^;;;本当に何が捨てられてたんでしょうね・・・・・恐ろしい。

あと、私が興味を持ったのは、当時の人の、病気との付き合い方。病気と戦う「闘病」ではなくて、上手に「平癒」して付き合おうとしていたこと。病気は何か知らせたいことがあって暴れているから、用件も聞かずに追い出したら怒るだろうと。気が済んだらお帰りいただくだけ。今の人より、付き合いが上手な気がします。

歌舞伎は、面白いところに行くまで時間が掛かるものなんですが、今度観に行ったら、ついつい流して観てしまう、序盤に注目してみようと思います。ストーリーを追うのではなく、着物や小道具とか、当時の人間の関係性とか、江戸時代の生活を創造しながら、細かい所をもっと楽しもうと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2008-11-23 22:34 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

「無知は罪悪」だと言いますが、知ってしまうと恐ろしいこともある。でも、自分のためにも、家族のためにも、日本のためにも、世界のためにも、知っておくべき大切なこと。

icon
icon
いっとき流行った「買ってはいけない」系の、環境・食品問題を取り上げた本。「買ってはいけない」では、具体的な商品名やブランド名が書かれていたため、多くのメーカーを怒らせたようです。この本は、具体的な商品名はほとんど出てきません。その代わり、日米欧での環境基準・規制・取り組みの違いに重点が置かれています。

マスコミが連日、食や環境の安全をヒステリックに騒いでも、国の基準は欧米に比べて全体的にゆるい。

電磁波の危険性は、以前から指摘されていて、欧米では厳しく規制されているにもかかわらず、日本ではほとんど野放し状態。
だって、携帯電話を使う行為は「電子レンジを耳に押しつける」のと変わらないんですよ!水だって一分であったまるのに、一時間も長電話してりゃあ、脳ミソも眼球もこんがり・・・・・(^^;
電磁波の人体の吸収率を示すSAR値。日本で発売されている携帯電話のSAR値一覧表が公開されてますが、私の携帯の数値もなかなか高い(^^;;;・・・・・早く低いやつに買い替えないと。

ゆるい基準は「人体に影響が無い範囲」ってことになってますけどね。
農水省の人たちも、事故米が「安全だ」「人体に害は無い」って言うんなら、1年間自分で食べ続けて病気にならないことを証明するか、自分の子供に食べさせて欲しい。そうできたら「安全だ」って信じてあげてもいい。私は食べないけど(笑)。

日本の規制が緩いのは、企業活動の問題と、食料自給率が低くて輸入が多いことと、そして、国民の考え方の問題もありますよね。

「美味しくて」+「キレイな色で」+「虫食ってなくて」+「腐らないやつ!」=毒だらけの食品

・・・・・になっちゃいますってば(^^;
安くて良いものが気軽に手に入れば、それに越したことはないですが、「安い」ということは、それだけ「リスクが高い」という場合もあります。

いくら見た目がキレイでも、石油由来の着色料が使われていて「食べ物と言う名のクレヨン」になっているかもしれない。
ガン検査で、大量の放射線を浴びて、逆にガンになるかもしれない。

なーんて思いながら、コンビニのパンの袋を裏返して原材料名を確認すると、たべられるパンが全然無くなっちゃう(^^;;;


P.S.
上司に「マニキュアって、自動車の塗料と同じ成分なんですって!体に悪そうですよね」
と言うと
「じゃあ、車に除光液をかけると、色が落ちちゃうんですか?」
・・・・・誰か試してみて(笑)。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2008-11-18 20:41 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

帰り道、震えが止まらなかった・・・・・本当に素晴らしい。舞台に立ちたい、という役者達の強烈なエネルギーに涙が止まらなかった!
私の中で、ヘンなスイッチが入ったらしく、渋谷駅の真ん中で、ハリウッド女優並みのオーバーリアクションで叫びたくなった(^^;

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』が2006年に再演されるまでの、8か月にわたる熾烈なオーディションを追いかけた、ドキュメンタリー映画。

icon
icon
自分の名前が呼ばれて、部屋に入り、決められたダンスと演技を審査員の前で披露する。その短時間で、演技する技術はもちろん、今まで生きてきた自分の経験、性格、生き方、考え方が全部問われる。ある意味、素っ裸より自分をさらけ出す行為。そして、ある意味、本番の舞台よりドラマチック。

候補者達は、歌と踊りと演技がハイレベルなのは当たり前。更に求められるのは、本人のイメージが役に合っていること。それから、役に対する解釈が正しいこと。でも、一番大事なのは、一瞬で人の心をとらえる「魅力」を持っていること。

ポール役のジェイソンは、生い立ちを語るセリフで、審査員全員が涙。観ていた私も涙。最終審査を待たずして彼に決まり!英語で「感動させる」は「move」。まさしくジェイソンは審査員の心を動かした!

日本人候補者の高良結香さん。最初は英語の発音に難あり、という評価。「訓練すればなんとかなるかも」男性審査員の言葉に「ダメよ。8歳から席を奪い合うようでなければ」と、初演のコニー役で、振付師のバイヨーク・リーはバッサリ(結局、彼女はコニー役を射止め、舞台に立てることになったが、私個人としては、彼女と最後までコニーを争ったエレーンの方が良かったと思う)。

最終選考まで残っても、落ちてしまえば舞台に立てない。「Please, get out」と言われるだけ。
観客の私は、候補者目線でドキドキしたり。審査員目線で役者を一緒になって評価したり。
だからこそ、最終的に合格通知を受けたシーンでは、私も俳優と一緒に喜んで!泣いて!
演技無しのリアルなドラマがそこにある。

『コーラスライン』は、俳優のオーディションの模様をミュージカルにしたもの。俳優達なら誰でも、登場人物達と同じ気持ちを経験しているし、同じ夢を持っている。だからこそ、この舞台に立ちたい俳優はたくさんいるし、初演から親子共々ファン、という役者もいる。

女性候補者の一人、の父親もやはりダンサーだった。しかし、40歳のとき怪我で再起不能に。彼は、オーディションに向かう娘を見送りながら、こう言った。
「いつまで踊り続けられるかなんて、誰もわからない。舞台は、毎日が初日で、毎日が千秋楽。愛したことに、悔いは無い」

そして彼らの舞台は開いた!たくさんの拍手と共に。日本公演は来年の9月。母と一緒に私は絶対、観に行きます!


P.S.
アメリカのショービズ界では、ハイレグレオタードはまだまだ健在ですな(^^;


<関連リンク>
「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」(映画詳細、映画館情報)
d0108969_20164211.jpg
[PR]
by june_h | 2008-11-15 20:31 | 映画 感想 | Trackback(1) | Comments(0)

脳科学の第一人者、池谷裕二さんの本です。
科学は合理的なもの、というイメージがありますが、著者の語るところによると、なかなかそうとも言い切れなくなってきていることがわかります。

icon
icon
著者は、従来の脳科学の枠にとらわれない、ユニークなスタンスをとっています。
まずは「部分に分解せず、全体を見る」
科学的に分析すると言うと、組織から細胞、細胞から分子、分子から原子・・・・・のように、細分化していく傾向が強いのですが、彼は、敢えてそうせず、脳全体の動きをダイナミックにとらえようとしています。

それから「仮説を立てない」。
この姿勢は「仮説ありき」の従来の科学では考えられないことです。いわば、出たとこ勝負で実験をするわけです。
仮説や結論を決めて物事を見ると、自分の都合の良いものしか見えなくなる可能性があるし、ひどい場合は実験結果を捏造することにもなりかねないからです。

彼は「脳には再現性が無い」と言います。つまり、インプットが同じものでも、アウトプットがいつも同じとは限らない・・・・・1+1の答えが、いつも2であるとは限らないということ。これこそが、人間の想像性の源だと言います。

また、著者は、学者達の世界についても語っています。「人間らしい」「人間臭い」という言葉は、科学からほど遠いイメージですが、脳神経学界も、脳神経学者自身も、なかなか「人間臭い」ようです。

学者達の評価は、世界的に有名な科学雑誌である「ネイチャー」や「サイエンス」に、論文が掲載されるかどうかで決まります。裏では、論文に掲載されるための学者間の駆け引きや、激しい研究費の争奪戦が行われているようです。掲載されると、学者仲間からの激しい嫉妬や中傷に遭うこともあります。

学界で生き抜くためには、とにもかくにも「プレゼンテーション能力」「コミュニケーション能力」が必要だと著者は言います。理系だからって、英語や作文がヘタですなんて、言っていられません(笑)。「象牙の塔」に籠って、ひたすら研究に没頭する学者は「ダメな学者」なんだそうです。現在は、研究のスピードが速いので、積極的にほかの研究者達とコンタクトを取らないと、遅
れていってしまうのです。著者自身も、研究データをインターネットで公開しています。

科学的に説明できないことは信じない、なんて言う人がいますが、そういう人に限って、科学がよくわかっていなかったりします。科学だってまだまだ道半ば。これからもいろいろな発見があって、現在の常識は百年後の非常識になるかもしれません。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2008-11-10 21:03 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

初日。総立ち。観客もスタッフも拍手の嵐!!
キャストの皆さん、歌が上手いだけじゃなくて、それぞれ魅力的!
カーテンコールが終わってからも、舞台袖からキャストとスタッフが盛り上がっている声が漏れ聞こえてきました。
初日の成功を、お互いに祝福していたようです。

「私は中日にチケットを取ります!」なーんて、前の記事で豪語してたクセに、当日劇場に行ったら「本日初日」って書いてあって驚いた(^^;
キャストスケジュールを選んでメール抽選に応募したら、初日のチケットが当たってたらしいです(笑)。


■Mark:森山未來
未來くん、もっと踊ってくんなきゃイヤイヤ!
未來くん目当てでしたが、正確に言えば「未來くんのダンス」目当てでした。チラッと踊ったけど、もっと見たかったぁ。歌はもちろん、素晴らしかったですけどね。
彼はダブルキャストじゃなくて、でずっぱりみたいですが、2ヶ月間の長丁場、千秋楽まで無事、主役を務められますよう、お祈りしています。


■Roger:K
Kさん、いろんな歌い方ができるんですね!ウィスパー系の声も、シャウト系の声もステキでした(*^o^*)
セリフのパートでは、ちょっと発音が・・・・・ってとこはありましたが、あとはほとんど気にならなかったです。歌は文句ナシ!
ミミとくっついたり離れたりするロジャーなんですが、イマイチ、ミミを愛する必然性がよくわからなかった(^^;境遇が同じHIV患者だから?なんにせよ、二人の掛け合いは素晴らしかったですけどね。


■Mimi:DEM
HIV患者のドラッグクイーンで、セクシーな衣装なんですが、イヤらしさはありませんでした。DEMさんの印象、外見とか歌い方とか、私の中ではボニーピンクと重なります。同じ関西出身のようだし。


■Angel:辛源
韓国語だと「シン・ウォン」かな。無国籍の顔立ち。澄んだ声。
エンジェルは、同性愛者でコリンズのパートナー。名前のとおり、魂がとっても美しい人。ミニスカートの衣装で、細くてキレイな脚がウラヤマシイ(笑)。


■Collins:米倉利紀
とにかく歌がすばらしい!高い技術もさることながら、歌声も魅力的。聴いていて気持ちがイイ。米倉利紀さん、歌手だってことは存じていたんですが「あれ?オメガトライブだった人??」
とか思ったら、あれは「カルロス・トシキ&オメガトライブ」でしたね(^^;失礼しました。


■Maureen:Mizrock
元マークの恋人だけど、彼と別れて、レズビアンのジョアンのパートナーになったモーリーン。セクシーな衣装でキワモノ的なパフォーマンスをするアーティスト。でも、彼女がマークの恋人になるような魅力が、私にはよくわからなかった。


■Joanne:Shiho
私、この人の声好きだな。ドスのきいた声で、モーリーンと痴話喧嘩しまくり。実際のレズビアンの喧嘩って、こんななのかしら。


このミュージカル、若さとエネルギーは、ものすごく感じたんだけど、私個人としては、それぞれのキャラクターの魅力があんまりよくわからなくって。"No day but today"っていうメッセージはすごく伝わったんだけど、キャラクターに共感できなくて、満点というわけではありませんでした。たぶん、好みの問題ですね。
それから、台詞や歌詞が聞き取りにくい所が結構ありました。マイクなしのほうがマシでは?と思うことも。ここはひとつ、音響さんにがんばってほしいですね。
でも、ミュージカルとしては素晴らしい!


<関連リンク>
RENT(公式サイト)
[PR]
by june_h | 2008-11-09 15:47 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

ブログのアクセス数アップに貢献したコネタの数々。
日頃の感謝を込めて、数回に分けて、比較的簡単で効果があったものを、ご紹介させていただいております。


■タグ機能でニッチなワードを掘り起こす
エキサイトブログだけの機能かもしれませんが、タグ機能はアクセスアップにとても有効です。私はタグを使うようになって、アクセス数が2倍になりました。あるキーワードで検索すると、私のブログがトップ3に表示されて、驚いたこともあります。そのため、アクセスログを調べて、多く使われている検索キーワードを参考に、タグを変更することもあります。
なぜかと言うと、タグを使うと、検索結果が「ブログタイトル+タグのキーワード」で表示されるからなのです。検索エンジンでは、ブログタイトルが重視されるからなんですね。
ただし、「本」とか「歌舞伎」とか、一般名詞のワードだと、なかなか上位に表示されません。狙い目なのは、「一般名詞ではないけれど、よく検索されるようなキーワード」・・・・・公演名や俳優名なんかですね。


■長丁場の公演は、なるべく早い時期に
「観劇の感想をたくさんの人に見て欲しい」ということだけを目的にするなら、初日に見に行って、できるだけ早く感想をブログにアップすれば良いです。公演期間中なら、それだけたくさんの人が注目していて、検索してくるのですから。
でも私は、感想を書くために演劇を見に行っているわけでは無いので、千秋楽に見に行って、公演が終わった後にアップすることもあるわけです。そうすると、アクセス数が全然減ります(笑)。
初日は、役者さんがセリフを覚えていなかったり、段取りが悪かったりして、芝居としては安定していなかったりします。一方、千秋楽は、独特の盛り上がりがあるけど、チケットもなかなか取れないし、役者さんも疲れていたりします(^^;
だから、私は、自分の都合さえ合えば、中日辺りのチケットを取ります。


こんな感じで、勝手にいくつかご紹介していこうと思っています(^^)
これからもコツコツ勉強していきます♪
[PR]
by june_h | 2008-11-06 21:24 | SEO対策 検索 | Trackback | Comments(0)