高校野球を見ていると、いつも思う。
スタンドで応援する人の中に、マウンドで戦っている選手と同じユニフォームを着た、たくさんの部員たち。中には、ベンチ入りしている選手の十倍くらいいるのではないかと思うほど、スタンドの一角を埋め尽くしている学校もある。

icon
icon
彼らの中には、3年生もいるだろう。でも、ほとんどの選手が、甲子園で戦うことはおろか、レギュラーにもなれずに卒業していくのだろう。

某強豪私立高校の中には、県予選を勝ち抜くために、県内の有力選手をかき集めて他校の牙を抜き、本当に欲しい選手は、全国から集めてくる。他校ならレギュラーになれたかもしれないい多くの選手は、3年間「飼い殺し」に。

そこには「生徒のための学舎」という姿は無い。学校経営のために甲子園で知名度を上げるという学校側の都合しかない。

部員たちは高校から、いや、もっと小さいときから、野球という名のビジネスに翻弄される。

この本で特に指摘されているのは、ボーイズリーグの存在と役割だ。特に、甲子園周辺、大阪や兵庫のボーイズリーグは、全国各地の強豪高やプロ球団の人材供給源になっている。ボーイズリーグの監督には、それらへの太いパイプがある。もちろん、多額のお金も絡んでいる。入団会見で華々しくインタビューされている選手の陰には、選手と球団を取り持つ監督や「ブローカー」がいる。

著者は、監督やブローカーを糾弾しているわけではない。問題の本質は、選手を使い捨てにし、その後の生活や年金を保証しないプロの球団経営にあるという。食いつめる選手がいるから、子供たちを食い物にする人が出てくるということだ。

もちろん、中には、良心的に子供たちを教えている人もいる。
ダルビッシュや田中将大がボーイズリーグからプロ入りするまでの過程も描かれている。

私が興味を持ったのは、新聞沙汰になることもある、強豪校での後輩いじめ。
いじめを起こす部員は大抵、レギュラーになれない3年生らしい。希望の持てなくなった部活動で、はけ口として後輩いじめにはしるのかもしれない。

小さいときから始まっている、実力の世界。有力選手のためには、球団や学校は財力を惜しまない一方、結果が出せない選手はクビだ。

お金と人が集まるところがドロドロしてしまうのは世の常だと私は思う。
勝敗がはっきり決まるスポーツの世界が実力主義になるのは当然だ。ただ、スポーツを大人の都合で利用し過ぎて、スポーツの魅力を削いでしまうようなお金の使い方をすると、選手にも、観客にも、経営者にも損だ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-02-14 19:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

作家の田口ランディと、元 大本山總持寺貫首・曹洞宗管長の板橋興宗との対談。

「生きる意味を教えてください」でも、この方と対談していたのですが、板橋さんが禅僧だからなのか、なんだかつかみどころのない会話で、消化不良な感じだった私。
そしたら、ランディさんもそう思っていたみたいで、改めて板橋さんと対談したかったみたい。でも、これでスッキリ納得!というわけでは、全然無いと思います。

ランディさんは、周囲の方の死に接してきて
「善良な人が先に死ぬという理不尽さ」
ということを、盛んに言っています。

私は、その人の良し悪しで死に方が決まるわけでは無い(そもそも、人の良し悪しって、誰も決められないと思うけど)、どんなに良い人だろうと悪い人だろうと、死ぬときは死ぬし、生きるときは生きる、と思っているけれど、この言葉で一つ、思い出したことがありました。

私には、小学生の時から付き合いがあった、障害者の姉妹がいました。
一緒に旅行したり、買い物に行ったり、病院で介助したり。私は彼女達からたくさん、素晴らしい経験をもらいました。
彼女達の家族や、ほかの障害者の方々とハワイに行ったときのこと。
免税店で買い物をしていて、姉のミッちゃんのワガママが爆発。高い洋服をたくさんねだって、ついには泣き出す始末。さすがに温厚な私も「ちょっとアンタね!」と、声を荒げてブチ切れました。
ところが、一緒に付き添いで来ていた友達のマチさんは、彼女ではなく、私を制したのです。
なんで?私が間違ってるっての??私は理不尽さに対する怒りでいっぱいでした。

その日の夜、私とマチさんは二人で、ハードロックカフェに行きました。
マチさん自身にもダウン症の息子さんがいて、これでもかってくらい過酷な出来事を次々経験している人。でも、マチさんは、いつも春風みたいに微笑んでいます。
やけに強いスクリュードライバーを飲みながら、いつしか昼間の免税店での話になりました。
マチさんは言いました。

「お母さんはね。ミッちゃんのワガママが嬉しいのよ。
重度の障害を持っている子は、長く生きられない。養護学校の子達を見ているとわかるんだけど、おとなしくてイイ子ほど、先に死んでいくの。
だから私達、ワガママは彼女の生きる力だと思っているから。お母さんは、ミッちゃんに生きて欲しいから、何でも言うこと聞いてあげるのよ。
それから、私達、障害者の母親は、多かれ少なかれ、子供を五体満足に産んであげられなかった負い目がある」

なぜだ。
この人達が、何をしたと言うのか。
こんなに苦労しているのに、更になんで罪悪感なんか抱えなきゃならないんだ。
どうして、こんなふうに生きて、死んでいかなきゃならないのか。

・・・・・そんな疑問?でいっぱいになるより早く、あの時の私は、酔いが回ってすっかりイイ気分になってしまい、カウンター席で仲良くなった、イタリア人のキレイなお姉さんと、彼女のハゲ頭の彼氏と4人で、楽しく盛り上がって一夜を過ごしました。

ミッちゃんは、ハワイ旅行から数年後に亡くなりました。棺には、あの時ワガママ言って買ってもらったドレスが入れられていました。
今はもう、あの時ハワイで、私が車椅子を押させてもらった人達は、みんな亡くなった。
みんな、私と同じくらいか、若かった。
みんなと一緒に行った、タンタラスの丘。もう一度行きたいな・・・・・。

三谷幸喜の「オンリー・ミー」を読むと笑っちゃうから、この本を電車で読むことにしたのに、今度は昔のことを思い出して、涙が止まらなくて。
やっぱり私はアヤシイ人になっちゃった(^^;

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-02-12 20:14 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

地下鉄新宿三丁目駅からテクテク歩いてたどり着いたのは、新宿2丁目のド真ん中。地下2階から地上8階まですべて風俗店という、なかなか迫力のあるビル。一度は覗いてみたかった世界だけど、仕事でくるのって、なんか微妙(^^;
取引先の方の送別会会場(!)だったのです。
まぁでも、はとバスのツアーに組まれているような有名店なので、取り立てて不健全というわけではありません。

お店に入って見渡すと、中央に円形舞台があり、それを取り囲むように席が並んでいます。人が揃うと、早速お料理が運ばれてきました。お料理を取り分けてくれる店員さんがなかなかカワイイ。
「お店初めてですか?」と話し掛けられた私。声が高くて鼻にかかった、最近流行りの声優のような声。
ニューハーフのお店だって聞いたけど、接客は女性の店員なのかしら・・・・・。
「男ですか?」
って聞いて良いものかわらないし、
「女ですか?」
って聞くのもなんか違う。
私が戸惑っていると、
「では私、ヤボ用がありますので」
とニッコリ笑って、奥に消えました。
「さっきの女の子、かわいかったね」なんて、同僚と話をしていると、突然音楽が鳴り響き、舞台がライトで照らされました。
すると、さっきの「女の子」が舞台で踊っているではありませんか!

「舞台」とはいえ、直径3メートルほどしかありません。お客さんやお料理やテーブルにぶつからずに、舞台と客席を飛び回りながら踊るのは、並大抵の練習ではできないはずです。

1時間弱ノンストップで、衣装を目まぐるしくチェンジしながら踊るショーはあっという間。米米クラブとか「太陽にほえろ」とか中森明菜とか、テイストがちょっと懐かしいのは、客層に合わせているのかしら。

もちろん、お約束のトップレスもありました。このときばかりは隣の男性上司の顔が怖くて見られませんでした(笑)。
でもね。女性の皆さんならすぐ、お気づきになると思います。踊っているときの乳房は、あんなふうにはならないはずです。だから、あの胸は「フィクション」という印象で、いやらしく感じませんでした。

ショーが終わった後、同僚の中には、ダンサーの皆さんと写メする人も。私は恥ずかしくって、できませんでした。
だって、あの方達は、美しくあるために大変な努力をしているのに、私ときたら、女であることにあぐらをかいて、ズボラに過ごしているわけです・・・・・そんな自分が急に恥ずかしくなりました。

やっぱり、輝くためには努力が大事!
ダンサーの一人が座右の銘にしているという「Respect others, then others respect you, too」の言葉。なんてステキなんだろうって思いながら、帰路についたのでした。


P.S.
私の上司はいまだに、テーブルにやってきた方を「女性」だと思い込んでいるようでございます。
[PR]
by june_h | 2009-02-10 20:55 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

歌舞伎役者、市川亀治郎さんのエッセイ&写真集。

icon
icon
NHK大河ドラマ「風林火山」で知って以来、私は勝手に「亀ちゃん」と呼んでいます。そのあと歌舞伎にハマって「亀ちゃん」が「澤瀉屋 市川猿之助の甥」だということを知りました。

大河ドラマが始まった当初の亀ちゃんは、トーク番組などで見てナチュラルな人だという印象を受けました。でも、最近の亀ちゃんは、二枚目じゃないのに(爆)、ヘンに二枚目みたいになっちゃって、以前より近寄り難い雰囲気なんですよね。きっと、いろいろあるんだと思いますが、真摯に芸に取り組む姿勢は、変わっていないと思います。

エッセイで印象的なのは、慶應大学の推薦入試での話。問題に答えられないからって、答案に大学の悪口?を散々書いて提出したそうな・・・・・「まぁ、彼なら何しても受かるからいいわよね」なんて、無粋なことは言いませんが(^^;

それから、従兄弟にあたる香川照之との出会い。
月命日に、お祖母さまのお墓の前で、ばったりお会いしたのだとか。きっとお祖母さまの計らいに違いありません。その後は芸能界の先輩として、いろいろアドバイスをもらうそうな。

掲載写真は、舞台での亀ちゃんはもちろん、オフショットも満載!寝顔まで(^^;
亀ちゃんは丸顔なので、童女姿が似合いますね。

まだまだ道半ば。亀の歩みの如く着実に進んでほしいです!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-02-07 18:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

「キャア」を読んだとき、この方はいろいろ「知ってる」人なんだと思った。それで興味がわいて、この対談集を読んだのだが、「知ってる」どころか「どっぷり」な方なんだとわかった。
よくありがちな、現実逃避からスピリチュアルな世界にハマッている人じゃない。死んだらどうせわかること、死ななきゃわからないことに対して、本気で答えを探していて、実世界とつなげようとしている。
この対談をしたきっかけは「どうせ死ぬのに、どうして生きなきゃならないんですか?」という読者からの質問に答えられなかったからだという。
でも、おそらく、著者自身も、同じ疑問を持っていたからなのだろう。

icon
icon
著者のお母様は、植物状態になって、無数のチューブにつながれたまま亡くなり、お兄様は、自殺なのか病死なのかわからない亡くなり方をしている。そして、アルコール中毒だったお父様は癌になって、最近亡くなった。

そんなとき、絶対思うと思うんだよね。
「なぜ?」「どうして?」こんな死に方しなきゃなんないの?って。
彼女は、その疑問をガチで抱えこんでる。
でも、今の社会制度や医療機関を含めて、介護の問題とか、終末医療の問題とか、彼女が満足できる答えやサービスをくれるとこは無い。だから、彼女自身で、なんとか探そうとしている。

私自身も、たぶん思考回路や経験が、著者に似ているとこがあって、同じことを思うことがあった。だから、この対談集は、すごく面白かったし、考えさせられることがいっぱいあった。

彼女はとにかく「信仰」がほしいという。それで、世界中の土着の宗教やシャーマンを訪ね歩いている。たぶん、どうしても「答え」がほしいんだと思うんだよね。
私自身も、すごく苦しいとき、「信仰があればラクなんだろうな」と思うことがよくある。だけど「信仰があると、かえって苦しいこともあるよね」と思うと、やっぱりいらないって思う(笑)。

興味深かったのは、彼女がメキシコのシャーマンのとこで、マジックマッシュルームのセッションを受けたときのこと。幻覚で、音が皆「視覚化」されて、極彩色の光景が見えたらしい。
私も臨死体験したとき、「行くな!」って声が光の帯になって、私の耳に絡みついた。そのとき「面白いな。声に視覚と触覚があるなんて」ってぼんやり思ったんだよね(笑)。やっぱり、このときの私はヤク中だったみたい(^^;

特に興味深かった対談は、フランス文学研究者にして合気道の達人の内田樹さんと、ドキュメンタリー映画監督にしてノンフィクション作家の森達也さんとの対談。内田樹さんについては、著書を読んでみよう。それから、森達也さんの話は特に、いろいろ思うことがあったので、別エントリーで語っちゃう!

P.S.
宮台真司との対談は、難し過ぎたので飛ばしちゃった(^^;;;

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-02-04 11:19 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

なかなかインパクトのあるタイトル(^^;でも、なかなか核心を突いたタイトルです。

icon
icon
著者は、薬や健康診断の効果に、かなり疑問を持っています。だからといって著者は、現代医学反対派でも、民間療法推進派でもなく、れっきとした医者。

手術や健康診断を受けない人の方が寿命が長いとか、糖尿病や高血圧の薬は、長期で飲み続けると逆に死亡リスクが高まるとか、癌の手術や放射線治療を受けても、たいして寿命は変わらないとか、彼がこの本で書いていることはすべて、非常に権威のある医学雑誌に掲載された論文に基づいていることばかり(巻末に参考論文一覧あり)。
それでも、医者がリスクの高い治療を続けるのは、判断基準が「患者や病気の治癒に良いかどうか」ではなく「儲かる治療はどんどんやって、儲からない治療はスルー」なんですね(^^;;;

それと、医者は、「耳鼻科」とか「泌尿器科」とか分割して部分しか診ないから、その部分が治れば、副作用でほかの病気になっても関係ナシ。虫歯の人が、歯の詰めもので中毒症状を起こしたとしても、因果関係が立証されなければ「内科か精神科に行って」で終わり。
そもそも、薬の治験で、どんなに重たい副作用が出ても、糖尿病を軽くする効果があればそれは「糖尿病の薬」ってことになっちゃうんだよね。

でも、こういうことは、一切メディアでは知らされない。メディアのスポンサーには、製薬会社がいっぱいだもの。
しかも、薬のCMも「虫歯予防にフッ素を歯に塗ろう」とか「すぐに体内に吸収されるステロイド」とか、ええっ!?て思うようなキャッチコピーが。怖い怖い。

あなたの家の引き出しに入っている薬箱の中身は、「薬」ではなく、実は「薬という名の毒」かも!?

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-02-01 20:31 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)