<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

古くは新宿駅の発車メロディ、最近では表参道ヒルズの音響を制作・プロデュースした、井出祐昭さんのエッセイ&インタビュー集。
音や音楽に関するエピソードは、さまざまな示唆に富んでいて、興味深く読みました。

見えないデザイン 井出祐昭
見えないデザイン 井出祐昭
井出さんの肩書きは「サウンド・スペース・コンポーザー」。
一つのプロジェクトで、音のサンプリングから音響機器の選定・設定、人員の手配、見積りまで、幅広く担当します。

音響の仕事というと、クリエイティブでカッコ良さそうなイメージがありますが、理想の音を求めて、秘境の奥深くで命を危険にさらしたり、地味なシミュレーションを繰り返したり、泥臭い作業の積み重ね。

そんな中で、彼が一流のプロジェクトとアーティストの仕事を任されているのは、目的意識がはっきりしているということと、何より音に対する深い洞察力があるからです。

彼が音について話すとき「最初はそれぞれの音が人見知りをして馴染まない」など、まるで生き物を扱っているよう。
また「音」という、見えない波動やエネルギーに敏感なのはもちろん、プロジェクトに関わる人間のモチベーションや、音を聴く人の気持ちなど、「心の波動」もとても大切にしています。
なので、例えば、イルカの鳴き声をサンプリングするとき「録ってやるぞ!」と意気込むだけではうまくいかなくて、イルカに「良い音を録らせてね」とお願いするように、感謝するようにすると、うまくいくそうです。
また、彼曰く、「良い音」というのは、身体に訴えかける「肉感的な音」か、宗教音楽のような「聖なる音」なんだそうです。
世の中に広く知られている音楽や、昔から使われている音って、そのどちらかだったり、どちらの要素もあったりしますよね。

最近では、音楽療法にも取り組んでいる井出さん。
音楽療法には「同質の原理」と呼ばれる理論があります。
悲しいときは、明るい音楽を聴くのではなく、気持ちに合わせて悲しい音楽を聴くと、気持ちが早く上向くんですって!・・・・・これってホメオパシーの「同種の法則」と同じですね。

音に関する技術的なノウハウも多く紹介されているので、音の仕事に携わっている人も、そうでない人も、楽しめる本です!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-30 20:35 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

小沢道成くん、やっぱり普通の男の子の役じゃないのね(^^;
しかも人間じゃないし(^^;;;
キャラの中身的には、今までやってた役とだいたい同じ。そういうキャラを求められちゃってるのかなぁ。若いんだから、もっといろんな役がやれるといいんだけど・・・・・。
でも、気合い入ってましたねぇ。髪、染めてたし。メイクも良かったです。

元々、この公演は、明治大学の劇団出身者が主宰しているだけあって、演者も客も若い若い(笑)。あと、役者さんたちの父兄と思われる方々もチラチラ。アタシ、場違い(笑)。

オープニングも、役者がそれぞれ見得を切ってる後ろのスクリーンで、役者の名前がバーンと出て・・・・・すげぇ、テレビみてぇ!と、ここでもジェネレーションギャップ(笑)。

殺陣やアクションをウリにしているんですね。
上手だったんだけど、雰囲気が・・・・・
「テニプリ?」←見たことないけど。
「劇団☆新感線?」←殺陣がウリってかぶってない?
「少女マンガ?」←セリフが・・・・・。
みたいな。

2時間以上、飽きなかったです。こ難しくこねくり回してる舞台より、よっぽど良いと思います。
「執着すると、同じことを繰り返してしまう」というテーマ、今の私には非常に身につまされるハナシで、観ながら思わずため息だったし(^^;;;;;

あとはキャラを深くすれば・・・・・。
キラウェアをもっと悪どく。
ヒダカをもっと孤独に。
そして、フジをもっとバカっぽく(笑)。

欲を言えば、新たな道成くんを見たかった、という点では、不満だ(笑)。


<関連リンク>
シアターグリーン
エムキチビート(公式サイト)

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-28 16:54 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

絵本『100万回生きたねこ』の著者、佐野洋子さんの自伝的エッセイ。

『シズコさん』 佐野洋子
『シズコさん』 佐野洋子
老人ホームで、歯の無い口をモグモグさせている母親を見ながら、自分と母親との関係や、生い立ちを回想する著者。

小さいときから、母親との葛藤が強かった。
「母に愛されなかった」「母に可愛がってもらえなかった」という思いからか、母親が化粧する姿や大きな胸を「いやらしい」と嫌悪した。見栄っ張りで平気でウソをつく言動を軽蔑した。ことあるごとに、母親に反抗した。

母親は「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない人だった。だから著者も「ありがとう」「ごめんなさい」を絶対言わなかった。

自分の貯金をはたいて、豪華な老人ホームに母親を入所させているのは、母親を憎んでいることの「罪滅ぼし」だった。
私は母を愛していない・・・・・そう何度もつぶやくのは、本当は母親を愛しているから。

著者は60代。母親は80代。
いくつになってもわだかまりは消えない。

でも、老人ホームで、どんどん「呆けて」子供のようになっていく母親を見ながら、著者の頑なな気持ちがだんだんほぐれていく。

戦後、貧しくても工夫して、美味しいご飯を食べさせてくれたではないか。父親に先立たれても、子供に死なれても、必死で育ててくれたではないか・・・・・。何度も何度も昔の思い出を反芻しながら、母親を憐れみ、母親に感謝する。
そして、母親が亡くなる少し前。

「ごめんね、母さん、ごめんね。私悪い子だったわね。ごめんね」
「私の方こそごめんなさい。あんたが悪いんじゃないのよ」

泣きじゃくって、母親も娘もお互いを赦し、自分を赦すことができた。
「私は母親が呆けたことに感謝する」
ここまでくるのに数十年かかった。でも、最後に素晴らしい親子になれた。

親子関係に悩んだ人は、きっと共感できるエッセイだと思う。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-22 20:21 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

漢字学者、白川静についての紹介本。
「白川静 漢字の世界観」 松岡正剛「白川静 漢字の世界観」 松岡正剛
彼は、漢字学『字統』『字訓』などの本を発表し、漢字の研究に大きな功績を残した人。
彼の目を通して漢字を見ると、漢字が誕生した古代中国の文化と生活・・・・・言魂の魔力と呪術に彩られた世界・・・・・が、イキイキと立ちのぼってきます。

白川先生が研究する以前は、中国で編纂された、漢字の成り立ちを解説した文書での研究が中心でした。
しかし、白川先生は、それでは納得できず、甲骨文字を収集して、成り立ちを再構築したのです。

漢字を作った古代の社会は失われたけれど、文字として数千年の時を超え、今日まで伝わった文化・思想。
私も大学で中国語を勉強していたとき、
「漢字って、文化のカプセルだよねー」
と、しみじみ思いました。文字や言葉を引き継ぐってことは、思考や感受性もある程度引き継ぐんだと思います。

ただ、白川先生は、漢字の研究をすることによって、中国を礼賛したいわけではありません。
「漢字は国字である」とおっしゃっています。
確かに、日本で使われている漢字は、中国大陸から取り入れた文字ですが、漢字仮名混じり文や、平仮名、片仮名など、漢字を基に、独自の文字文化を発達させたからです。
先生は、漢字の成り立ちだけでなく、『万葉集』の研究もされました。漢字を見直すことによって、日本の文化も見直そうとしたのです。

この新書で紹介されているのは、先生の膨大な研究のほんのサワリ。
白川先生ご自身の著書にも、いつかチャレンジしたいですね♪

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-20 10:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

誕生日

本日、私の誕生日でした!正確には20:30くらいでした。
最近よく喋るようになった父が、「今頃やろ?野球中継見とった時やった」とつぶやきました。よく覚えてますね~●●年前の話なのに(笑)。

友達からもメッセージが届いたりしてうれしかったです♪
最近ちょっとヘコむことが多かったので(全部自分のせいですが)、久しぶりに嬉しかったです。

シカオちゃんのバースデーメールがおもしろかったので、コピペ。

【お】よそ一年前の今日、あなたが
【め】ざしていた場所に いま近づけていますか?
【で】きればみんな、そんな風に生きていきたいけど、なかなかそうは
【と】んやがおろさないですよね、現実って・・・。きの
【う】と今日の違いは、そんなに明確じゃないけれど
【ご】まかしながら生きていくと きっと とても
【ざ】ん念な未来にしかならな
【い】のかも・・・・・・・・。だとしたら
【ま】正面からぶつかって&やりきって 失敗しても笑顔になれるくらいの
【す】ばらしい一年を、今年は目指してみませんか??

[PR]
by june_h | 2009-06-19 22:15 | 雑記 | Trackback | Comments(4)

ユニクロの会長、柳井正さんのエッセイ。

icon
icon
真っ先にスゴいと思ったのはタイトル。なかなか失敗を失敗だと言える人は少ないと思うのですよね。特に、エラくなればなるほど。今のユニクロの隆盛は、10やって1成功する、そんな試行錯誤のタマモノ。

低価格で高品質な衣料品を提供することで、爆発的にヒットしたユニクロ。
中国に生産拠点を置くビジネスモデルを確立したけど、一方で、たくさんの批判を受けることに。

でもユニクロ批判って、ヤッカミとか、「出る杭は打つ」行為に見えてしまう。中国に生産拠点を持っているほかの企業が、全部、ユニクロのように成功しているとは限らないし。
ユニクロが支持されているのは、値段の割に品質やデザインが良いことがあると思うけど、品質を高めるために大変な努力をしているし、デザインや広告だって、常に新しいことに取り組んでいます。

ただ、消費者が「安くて良い製品」を求めるのは当たり前だけど、とにかく安さだけを求める行為は、巡り巡って雇用や給料が減るってことにもつながるんだと、それも頭に置いとかないと・・・・・。

そんな私は、今はいているジーンズのサイズが合わなくなっているので、新しいパンツを買いにユニクロに行こうかと思っています(^^;

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-18 21:49 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

今さらながら「ハガレン」です。

鋼の錬金術師1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

荒川弘 / スクウェア・エニックス


会社の女の子が、私の妹が持っている「ワンピース」が読みたい!というので、「交換条件」で「ハガレン」を貸してもらうことになりました(笑)。
(自分の持ち物じゃないのに勝手に決めてきちゃった。あはは)

最初は、これ、面白くなるかなぁと疑いながら読んでいましたが、途中から早く先が知りたくなって、すごいスピードで読むようになりました。

亡くなった母親を生き返らせようとして、錬金術を使ったエドワードとアルフォンスの兄弟。
ところが、失敗したうえに、エドワードは右腕と左脚、アルフォンスは肉体を失ってしまいます。
元の身体に戻るため、「賢者の石」を求めて、二人は旅を続けるのです。

最初、読んでいるときは、「『銀河鉄道999』と逆だなぁ」って思いました。
あれは、機械の身体を手に入れるための冒険だけど、こっちは生身の身体に戻るための旅。
でも、どっちも、「生命の大切さ」とか、根底に流れているものは、似ているように思います。

対象年齢層は、そんなに高くないと思いますが、ストーリーは結構、重いです。戦争のえげつなさとか、ガチで描かれています。だから、大人が読んでも引き込まれるんだと思います。

そして、キャラもとっても魅力的♪

特に好きなのは「キンブラ」こと、キング・ブラッドレイ大総統!とっても色っぽいの(^^)うふ。
悪役ですが、この先彼がどんなヒドいことをしても、私は全然許しちゃうでしょう(笑)。
あと、マスタング大佐とホークアイ中尉の、二人の間に流れる静かで強い信頼感と愛情がステキ♪

結末がどうなるのか、今からとっても気になります!
[PR]
by june_h | 2009-06-17 21:06 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

プロ棋士の高校生、桐山零と、彼を取り巻く人たちを描いた漫画。

3月のライオン 羽海野チカ
3月のライオン 羽海野チカ
幼い頃、事故で両親と妹を亡くして天涯孤独となった零。彼は、生きのびるために、自分の居場所を見つけるために、将棋の世界に身を投じる。

中学生でプロ棋士になった彼は、注目を集めているが、白星を重ねても幸せそうには見えない。自分が負かした人間の思いまで抱えてしまい、罪悪感だけが増えていく。
彼を傷つける京子に惹かれるのも、自分を罰しているように見える。

そんな彼を温かく見守る、下町の3姉妹。零のために、いつも美味しいご飯を作り、一緒に食べる。
羽海野チカのマンガには、いつも美味しそうな食べ物が出てきて、みんな幸せそうにご飯を食べているシーンが出てくる。私はヒナちゃんが好きだ。

3月のライオン 羽海野チカ
3月のライオン 羽海野チカ
それから、零のライバル?、二海堂晴信。どうしても勝てない零に対して強い対抗意識を持ち、「オレたち親友だろ!」と言いつつ、零の世界にズカズカと入ってくる。
彼のモデルは、29歳で病死したプロ棋士、村山聖 九段だそう。彼を描いたノンフィクション 大崎善生の『聖の青春』も読んだことがあるが、確かに、二海堂のように将棋や勝負に対して、熱い気持ちを持っていた人。でも、決して二海堂のように暑苦しいキャラではなかったような(笑)。今は、重たくなりがちな零のシーンに、ホッと一息つかせる雰囲気と笑いを提供してくれる彼だけど、彼もだんだんシリアスになっていきそうな予感。

大崎善生 聖の青春
大崎善生の 聖の青春
羽海野チカは、『ハチミツとクローバー』の著者。彼女の描く世界は、可愛らしいけれど生々しい。生々しいのは、食べるシーンが出てくるのもそうだけど、プリミティブな衝動と、自分が生きる世界の間で折り合いをつけるために、皆、必死だから。
零にとって、将棋で勝つことが生きることと同義なように、『ハチクロ』に出てくるハグちゃんも、絵を描くことを自分の存在意義にしていた。

ハチミツとクローバー
ハチミツとクローバー
まだ2巻しか出ていないけど、これからどうなるか、乞うご期待。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-14 10:24 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

家系図を作ってみました

先日、法事で母方の親戚一同と久しぶりに会ったことをきっかけに、家に戻ってからExcelで家系図を作ってみました。

法事で集まると、大抵、みんなの昔話に花が咲きますからね。誰それが亡くなったのはこれが原因だったとか。私はそれを、耳をダンボにして聞いていました(笑)。

名前だけではなく、亡くなった人の場合は、死因と亡くなった年齢、生きている人の場合は、持病や病歴も一緒に。
家系図作るのって、結構頭を使いますね。長男長女の順番で、配偶者はかならず左で・・・・・とか考えながらやってたら、何度もやり直すハメに。すんごい横広になっちゃった。

なぜこんなことをしているのかというと、ホメオパシーで病気について分析する場合、その人だけではなくて、その人の家系的体質も、重要だと考えるからです。ホメオパシーの相談会では、3親等までさかのぼって、病歴を聞きます。

特徴的なのは、母方の病歴。
曽祖母は、狭心症の持病がありました。
祖母は、高血圧の持病があり、最後は脳内出血で亡くなりました。
祖母の弟は、心筋梗塞で亡くなりました。
母は元気ですが、高血圧です。
・・・・・なんていうふうに、母方は皆、循環器系の疾患を持っていることがわかります。

私も、外見は父方譲りなんですが、体質は母方を受け継いでいるようです。というのは、私の持病は弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)。ちょっとした心臓の奇形です。重度ではないので、普通に生活しているぶんには、大丈夫なんですけどね。でも、ある日突然、ポックリいっちゃっても、不思議じゃないのです(笑)。

お墓参りして気づいたんですが、私の祖母は、今の私と同じ年齢で亡くなっていました。
墓石に刻まれていたのは、今の私の数え年でした。若くして亡くなったことは知っていたけど、もうちょっと長生きだと思っていたのでショックでした。旅行中、眠った後、脳内出血で、二度と起きてこなかったんだそうです。

持病があるとかないとか関係なく、人生って何があるか、わかんないですよね。

それを考えたからかどうかは、関係ないけど、私は最近、我慢をやめました。

一つは、10年、我慢してきたこと。
もう一つは、半年、我慢してきたこと。

やめた直後、どちらも寝込みました(笑)。でもいいんです。必要なことです。今まで先送りにしていたことを、やっと片づけただけなんです。
今まで「絶対ダメだ」って思って、後生大事に抱えて、こねくり回していました。今も「大変なことしちゃったな」って思っているけど、案外、手放したら「なーんだ」って思えるかも。

そう思える日がちゃんときますように・・・・・今もちょっとドキドキしている小心な私(^^;
[PR]
by june_h | 2009-06-13 12:04 | ホメオパシー | Trackback | Comments(2)

刑務所・拘置所の慰問を25年も続けている落語家、桂才賀さんのエッセイ。

刑務所通いはやめられねぇ 桂才賀
刑務所通いはやめられねぇ 桂才賀
奥さんの実家に帰省中、ヒマだからということで、刑務所の慰問を思いついたのがそもそものきっかけ。それから、様々な縁が続いて、日本全国で慰問をすることに。
慰問は、基本的にすべてノーギャラ。交通費も宿泊費も自腹。それでも「面白そうだ!」ということで、落語家や寄席芸人の有志が続々と集まり、「芸激隊」を結成。現在も、精力的な活動を続けていらっしゃいます。

最初は勝手がわからなくて、受刑者たちの反応もイマ一つだったけど、場数を踏み、徐々に刑務所ネタなどを取り入れて工夫することで、大好評の慰問に!でも、本人曰く
「才賀師匠の慰問を拝見するのは、二度目になるんですが・・・・・ってのは勘弁してもらいてぇんだ。二度目、三度目は、どうかシャバの席で、今度は有料で、お願します」

「芸激隊」の一人、元相撲部屋で修業したことのある三遊亭歌武蔵さん。彼の高座、私も経験があるんですが、私には大味で、好みのテイストではないな~って思っていたんです。でも、慰問でやってる「相撲取りの○○○○」は、下ネタ満載で面白そう(笑)。受刑者にも大人気だとか。
今では慰問のベテランの歌武蔵さんでも、大失敗しちゃったことが!・・・・・というのは、死刑囚がいる前で「子ほめ」をやっちゃった・・・・・何が失敗かというと、この話のサゲは「首吊りたい」で終わるんです(笑)。噺の途中でそれに気づいた歌武蔵さんは、高座で瞬間冷凍(^^;でも、死刑囚は、大爆笑だったそう(^^;;;

慰問するのは、受刑者たちだけではありません。
刑務官は、最も寿命が短いと言われている公務員。それだけ、ストレスが多いのです。夜勤も多いし、最近は、収容人数も増え、世間からのバッシングなどもあり、ますますギスギスしがち。慰問を続けているうちに、刑務官とも仲良くなって、彼らの苦労もいろいろ聞くんだそうです。中には、芸能人に慰問に来てもらうために、自腹を切ってギャラをねん出する所長さんもいるそうです。

「篤志面接委員」である師匠は、落語をするだけではなく、少年院でカウンセリングもしています。彼らの多くに「おふくろの味と聞いて思い出すものは?」と聞くと「500円玉」の絵を書きます・・・・・小さいときからご飯を作ってもらってなくて、コンビニやファストフードしか食べてこなかったということなんです。もちろん、罪を犯した本人は悪いし、責任はあるのですが、ネガティブな状況に、ほんの少しの弱さが加われば・・・・・という背景があるのです。

才賀さん曰く「道楽でやってんだ」ということですが、本当に、素晴らしい「道楽」だと思います。

表紙は、紙切りの大師匠、林家正楽さんの切り絵。刑務所での慰問の様子をチョキチョキしてます。高座の描写の細やかさはサスガです!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by june_h | 2009-06-11 20:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)