<   2010年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

メディアで話題の「美味しいお店」のカラクリや裏側を暴いた本です。
「グルメの嘘」友里征耶「グルメの嘘」友里征耶
グルメライターは、基本的に、取材費を払わないんだそうです。要は、取材先の「おごり」で「タダ食べ」「タダ飲み」です・・・・・取材先からお金をもらっている時点で、ライターが書くのは「記事」ではなく「宣伝」になるじゃないですか(-_-;
そんなわけで、「グルメライター=お店のヨイショライター」になってしまうわけです。

この状態は、お店とライターの癒着を生みます。
お店のシェフの経歴詐称はよくある話。「有名店で修行していた」と言っても、タダの皿洗いだったかも(笑)。ライターの経歴まで「脚色」している場合も。
使っている食材も、本当かどうかは、素人や一見さんには、なかなかわからないものです。

メディアの掲載は、良いことばかりではなく、弊害も生みます。
やって来るのは、多くが一時的なミーハーな客。一度に押し寄せ、あっという間にいなくなります。その間、常連客に対するサービスが悪くなってしまいます。
サービスを落とさないために、メディアに絶対出ない方針を取っているお店もあります。ミシュランガイドは、京都の老舗にことごとく掲載を断られたため、強引に「許可無しでも掲載する」方針に切り替えたんだそうです(^^;

私もネットで美味しいお店を調べていて、テレビで何度も取り上げられている中華料理屋さんのユーザーレビューがボロクソだったり、実際行ってみるとガッカリだったりなんてことが何度もあります。

私がお店に望むことは、入って、注文して、食べて、美味しかった!と、ストレス無く出てくるだけ。
でも、不潔だったり、店員が横柄だったり、値段の割に味は・・・・・だったり。「ストレス無く」っていうお店は、実は難しいことなのかも。
時には、「温厚」な私でも、「こんな店潰れてしまえ」と呪ってしまうことも(爆)。食べ物の恨みはオソロシイですよ!

メディアで紹介されても、お客が来るのは一時だけ。それからが勝負です。
私がわざわざ呪わなくても、お客さんを喜ばすことができないお店は、やがて、メディアからも店舗自体も消えていくでしょう。
[PR]
by june_h | 2010-07-30 20:22 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』でお馴染みの、イ・ヨンエさんのエッセイです。
「ヨンエの誓い」 イ・ヨンエ「ヨンエの誓い」 イ・ヨンエ
私が彼女を知ったのは、映画『JSA』のプロモーションで、『ニュースステーション』に出演したとき。
彼女の美しさに、インタビュアーの久米宏は、ただのエロオヤジと化していて、私は呆れるばかりでしたが、そうなる気持ちもわかります(笑)。

「酸素のような女性」というキャッチフレーズのCMで、有名になった彼女ですが、韓国では「酸素」と「山所(お墓)」は同じ発音なので、「お墓のような女性」と揶揄されたこともあったんだとか(^^;
『チャングム』のドラマに出演する前に、『冬のソナタ』のヒロイン役のオファーもあったんだそうです。彼女がこのオファーを受けていたら、『冬ソナ』は、また違ったものになっていたのでしょう。

そして、運命の『チャングム』での主演。ドラマの裏話をたくさん語っています。

撮影スケジュールのあまりのタイトさに、待ち時間中泣いていたとか。演技の途中で、気づいたら寝ていたことも。
うちの母も「あのドラマはいつも寒そうだ」と言っていましたが、実際大変な寒さだったんだそうで、チョゴリの下にホッカイロをいくつも付けていたんだそうです。

共演者のことも、いろいろ書いてあります。
本当は、チャングムをめぐるミン・ジョンホと王様との三角関係がじっくり描かれる予定だったんだそうですが、ハン尚宮が大人気で、彼女が予定よりずっと長く「生き残った」ために、ラブロマンスを描く予定がなくなってしまったそうです(^^;私は、それで良かったと思います(笑)。

私は『チャングム』のドラマは、韓国のドラマの中で一番好きです。
ちょうど、引きこもっていたときに見ていたので、宮廷を追われて、医女として再び宮廷に戻ってきたチャングムに励まされました。

でも、チャングムは、あまりにも「清く正しく美しい」優等生だったんで、ちょっとイラっとすることも(笑)。
どちらかというと、チャングムの敵役のクミョンに感情移入しました。

自分が一族のためにやっていることに対して罪悪感を持ちつつ迷いながら、どんなに努力してもチャングムにかなわず、愛するミン・ジョンホもチャングムしか目に入らず、振り向いてくれない。

一番好きなのは、42話で、クミョンがミン・ジョンホに料理をふるまうエピソード。
「一度でいい、王様でなく大事な方のために料理を作りたかった」
いつもは王様のための「仕事」だった料理を、初めて好きな人のために作るのです。ジョンホは当然、彼女にツレないのですが、クミョンは、自己満足だとわかっていても、嬉しかったと思いますよ!
チェ一族の悪事が露見した後、ひっそりと風呂敷包み?一つで、宮中を去る彼女の背中を見ながら、彼女の幸せを祈ったものです。

話をイ・ヨンエさんに戻しますが、私の母は彼女のことを
「吉永小百合みたいね」
と言います。
これは、どういうことかと言うと、正統派美人なのに洋服のセンスが野暮ったい吉永小百合に着物が似合うように、イ・ヨンエにはチマ・チョゴリがよく似合うということです。

最近ご結婚されて、お子さんもできたようですが、女優として復帰されないんですかねー。
[PR]
by june_h | 2010-07-27 18:47 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(6)

アルゼンチンタンゴの大御所たちが一堂に会し、世界三大劇場のひとつであるブエノスアイレスのコロン劇場で催された、一夜限りのコンサートのドキュメンタリー映画。

アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち [DVD]

ドキュメンタリー映画 / 紀伊國屋書店


アルゼンチンタンゴと言えば、華やかなバンドネオンに、官能的なバイオリン、ゴージャスなピアノ。そして、情熱的なダンス。
メロディは、郷愁に満ちていてどこか悲しげ。『荒城の月』そっくりなメロディの曲もあったりするのに、いま一つ、日本人に馴染みが無いのは、独特のシンコペーションのリズムと、濃密なダンスのせいかしら(^^;

老いも若きも、タンゴのリズムとダンスでつながれるって良いですね!タンゴそのものが、アルゼンチン国民のアイデンティティなのですね。
アルゼンチンタンゴのダンスを見ていていつも思いますが、よく相手の足を踏んだり、蹴飛ばしたりしないなって思います。
あの足さばきとリズムが叩きこまれているから、サッカーも強いのかしら(笑)。

アルゼンチンタンゴって、わりと失恋悲恋の歌が多くって、シャンソンみたいですね。おじいちゃんおばあちゃん達の歌声、美しくって味があります。
タンゴやダンスと共に、人生の酸いも甘いも噛み分けた演奏家たちだと思ったら「当時は、恋人がいなくて、音楽が恋人でした」とか「競馬が大好きで、カミさんからお金を借りて馬券を買ったら車が当たって・・・・・」とか、意外と色気が無いのね(^^;

欲を言えば、もう少し演奏やインタビューをじっくり聞かせて欲しかったです。編集がまとまりなくとっ散らかっている印象だったのでね(^^;
[PR]
by june_h | 2010-07-25 21:18 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

見ながらずっと「小人さん目線」でワクワクドキドキでした(^^)
借りぐらしのアリエッティ借りぐらしのアリエッティ
アリエッティが父親(ポッド)と一緒に、人間のキッチンに角砂糖を「狩り」に行く場面。
ロープや粘着テープを巧みに使って、壁やテーブルを登り降り。普通のキッチンが、小人さん目線だと、こんなにもスリリングになるなんて!
しかも、アリエッティやポッドが使っている道具が、まち針だったり、安全ピンだったり、糸巻きだったり。
「なるほど、小人さん達は人間の道具をこんなふうに使うのねぇ」なんて感心したり(^^;
アリエッティがカーテンをよじ登るのに、ピアスを使っていたのがカッコ良かったです(^^)

キャラクターも魅力的でした♪
渋かったのは、アリエッティの父親のポッド。
寡黙だけど、仕事はキッチリ。いつも、アリエッティを陰ながら見守っていて、度量が大きい感じ。ひたすらカッコ良かったです(^^)

でも、一番は、なんと言っても翔君でしょう!
アリエッティを見詰める黒い大きな優しい瞳。私も一目惚れしちゃいました(*^_^*)
病弱で、お花畑の中に寝そべって岩波文庫を広げる少年なんて、今どきいませんよ(^^;
アリエッティに「君たちは、滅びゆく種族なんだね」と言いますが、彼のような文学少年のほうが、よっぽど絶滅危惧種だと思います(^^;;;
アリエッティに「君は僕の心臓の一部だ」なーんて、詩的ですわぁ♪

ジブリ作品は、絵が美しくて、ディテールがしっかりしているので、「画面に映っていない部分」も、ちゃんと感じます。描かれている森や草花からも、いろんな生き物はもちろん「目に見えない何か」もいるような気になります。
今回も、じっくり堪能させてもらいました♪


P.S.
家政婦のハルさんの悔しがる動きは『ムー一族』の「ジュリー!!」の動きでは!?
[PR]
by june_h | 2010-07-22 19:06 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)

ホメオパシーで使う薬草について調べているうちに、歴史的に、薬と酒は、切っても切れない関係であることがわかりました。そして錬金術も。
そんなわけで、酒の歴史について調べてみました。
知っておきたい「酒」の世界史知っておきたい「酒」の世界史
酒は、先史時代、蜂蜜と水が混ざって自然発酵してできたものが初めてと言われています。
酒がもたらす「酔い」に魅了された古代の人々は、穀物や果物を発酵させて、酒を造るようになりました。それが、ワインや日本酒などの醸造酒です。
中世に入って、錬金術の研究をしていたアラビアの学者が「アランビク」という蒸留器を発明したことから、蒸留酒が造られるようになりました。ブランデー、ウォッカ、ラム、ウイスキーなどは、蒸留によって、アルコール度数の高いお酒になっています。
近世になり、アメリカで、リキュールや薬草酒を混ぜたカクテル(混成酒)が登場!現在では、お酒は、多様な楽しまれ方をしています。

そして、酒は、文化だけではなく、歴史的にも社会的にも大きな影響を与えてきました。

フランス革命が起こった遠因には、ワインの増税が、アメリカ独立戦争が起こった背景には、ウイスキーの増税がありました。人間の欲望のコントロールを間違うと、エラいことになります(^^;

また、酒を溺愛する人・酒で身を滅ぼす人は、昔から後を絶たなかったようで、昼間から飲んだくれて困ると臣下に記録されてしまった中国の皇帝や、処刑の方法を聞かれて「ワインで溺れ死にたい」とマジで答えたイギリスの貴族や、依存性の高い酒「アブサン」で精神がおかしくなった画家のゴッホなどなど、この手の話題は、枚挙にイトマがありません(^^;

私は、お酒が飲めるほうではないのですが、最近、蒸留酒なら大丈夫だということがわかって、40度くらいのお酒をチビチビ楽しむようになりました(^^;;;
この本を読んでいて、蜂蜜のお酒「ミード」とか、ナツメヤシのお酒「アラック」とか、トルコのお酒「ラキ」とか、飲んでみたくなりました。酒の世界は、奥が深いっすねー♪
[PR]
by june_h | 2010-07-19 18:28 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

友達と一緒に回ってきました♪
イタリア ナポリにあるカポディモンテ美術館の展覧会。中世の名家ファルネーゼ家のコレクションが中心です。

いつも一人で観ることが多いですが、たまに他の人と一緒に観ると、自分と違う視点があることがわかって面白いですね(^^)
「どの絵の人物も、足指がキレイで良いね~。外反拇趾なんて、絶対ならないだろうね~」
と、のたまう友達・・・・・私だったら、絶対足なんて見ないから(^^;

では、いくつか気になったものをご紹介。


■イル・リッチョ作「軽業師を象ったランプ」
これは、友達と二人で大爆笑でした。
「軽業師」が不自然に身体をねじって横倒しになっていて、ちょうど、お尻のところに点灯するようになっています(笑)。
思わず『バカドリル』を思い出してしまいました(←古い?)。


■アルテミジア・ジェンティレスキ作「ユディトとホロフェルネス」
この絵、人気シリーズ本の『怖い絵(中野京子 著)』に出てきたやつだったので、よく覚えています。
ユダヤ人未亡人のユディトが、バビロン(アッシリア)の将軍ホロフェルネスを誘惑して、寝床で殺す場面です。
他の画家もよく描くモチーフですが、この絵は、ユディトが台所仕事をするかのように冷静で、しかも血しぶきが写実的なので、すごく「凄惨」なんです。
アルテミジアは、当時としては珍しい女流画家。
女性ということで、かなり差別を受け、波乱の人生だったんだそうです。
この絵からは「女だってここまでデキるのよ!」という気概が伝わってきます。


■ジョルジョ・ヴァザーリ作「キリストの復活」
これもかなり面白い絵です。
磔刑にされたキリストが復活する場面を描いた、よくあるモチーフですが、キリストが旗を持って、まるでオードリー春日の「トゥース!!」のようなポーズをしています(笑)。すごく漫画的です。『聖☆おにいさん』のイエスを思い出しました(^^;


他にも、有名所では、パルミジャニーノとかエル・グレコの絵なんかもあったのですが、私の趣味では、ないんだよね(汗)。
しかもなぜだか、やたらとマグダラのマリアの絵が多かった。バロックとかマニエリスムとかで流行ったモチーフなのかしら。それとも、コレクターの趣味!?・・・・・だとしたら、私とは合わんなぁ(笑)。
[PR]
by june_h | 2010-07-17 17:06 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(2)

シュタイナーといえば、教育学や神智学の大家。
そんでもってなぜだか、ホメオパシーの授業で、彼の概念がちょくちょく出てくるんです(^^;
特にヨーロッパの先生方は、シュタイナーのファンが多いみたいで、彼らが「アトランティス」だの「レムリア」だの「エーテル」だの「アストラル」だの言うたんびに
「シュタイナー キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ツ!」
と、心の中で呟きつつ、首を傾げておりました(笑)。

こんなんじゃいかん!と、私は今まで意を決して、シュタイナーの本を何冊も何度も開いたわけですが、あまりにも難しい&壮大過ぎて、そのたんびに挫折(笑)。

しかし!この本は違います!
ベーシック・シュタイナーベーシック・シュタイナー
訳文が読みやすく、字が大きい上に、エッセンスがコンパクトにまとまっている!
しかも!「人類の歴史」や「死後の世界の階層」「人間の肉体と魂の関係」が図示されている!
思わずコピーを取ってしまいました(^^)

私は、この本を読んで、シュタイナーを誤解していることに気付きました。

シュタイナーは言います。

空想と現実の区別をはっきり付けなければ、直感は、ただの妄想である。
執着と偏見を手離さなければ、高次には上がれない。
真の「進化」は、多大なる修養と忍耐が要るのだ、と。

今は、お手軽なスピリチュアルグッズとかパワースポットがブームになってますけど、真のスピリチュアリズムとは、非常に厳しい道なのですね・・・・・。

シュタイナーって、壮大なことばかり言っていて、実生活とは、かけ離れているとばかり思っていましたけど、実は、とてもまっとうなことを言っているし、読んでいて腑に落ちるのです。
時には、感動して涙する文章も!・・・・・さすが、シュタイナーはゲーテマニアだけあって、感動を文章で伝えようとしているのね!

いくつか心に残った言葉を。

ある人生における病気は、次の人生における体の美しさとして現れる

→ちょっと救いになりました。
私は病的に底意地が悪いので、次は性格が良くなるかしら(^^;

亡くなった後、生前他人を苦しめたことがあると、今度は、その苦痛を自分の心のなかで感じなければならない

→遊び半分で誰かをいじめたり、捕まらないからって人を傷つけた人は、大変なことになります。
今度は自分が「された方の気持ち」を味あわなきゃならないのよ。
「何故、人をいじめてはいけないのか」「何故、人を殺してはいけないのか」って言う人いますけど、そりゃダメですよ。だって
「もれなく自分に還ってくる」
からです。自分に戻ってきてもいいってんなら、いくらでもやりゃあいいんですけど。

別に宗教的な意味じゃなくてもね、誰かが見ていなくてもね、自分の感情や行為は、普段からにじみ出てしまうものなんです。要領良く振舞っても、どっかで帳尻合わせがある。誰も、「自分」からは逃れられないのよ。ほんと。

・・・・・かく言う私は、母に内緒でヨーグルトを食べてしまったことがバレないか、ドキドキしています(^^;
[PR]
by june_h | 2010-07-15 18:38 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ゲイゲキです。
何年ぶりですかねぇ。しかも「客」として来るのは。
久しぶりだったので、たどり着くまでちょっと迷いました(^^;

大学生だったとき、ここのドリンクコーナーでバイトしてました。ロビーのドリンクコーナーに目をやると、雰囲気は相変わらずでしたが、一人で切り盛りしていました。私がいた頃は、中ホールは、一番ドリンクが売れるので、一人で担当することは考えられなかったんですが・・・・・まあ、今回は、途中休憩も無いので、あまり売れないのかもしれません(^^;;;

今回の舞台は、私が得意?なギリシャ神話がベースだったので、野田さんがそこかしこにちりばめたセリフやメタファーやモチーフ、かなり「見切った」自信があります(笑)。プシュケの蝋燭とか、デュオニソス=ヴァジラヤーナとかその他諸々。
舞台の背景にあった大きなノッポの柱時計も、ユングが幼い時に夢で見た柱時計で、時間の神クロノスが切り取った天空神ウラヌスの男根の象徴だってことも分かっちゃったもんね~ヘヘン。

なんて優越感(という名の思い違い)に浸って良い気になっている場合ではありません(笑)。
舞台は、町の書道教室から、神々の欲望が絡まり合うギリシャ神話の世界へ、そして、15年前の凄惨なテロ現場へと転がっていきます。
私は「家元」が「名付け」を始めた時点で、これが何の話なのか気付くべきでした。ちょっと悔しい!
カルト教団の特殊な閉鎖性を、ギリシャ神話が持っている暴力的な部分とリンクさせていたように思います。いつも思うけど、野田秀樹の舞台って、集団の暴力性みたいなもんがテーマになっている気がするのね。

相変わらず生々しさもハンパなくて、冷蔵庫の中では、何が起こっているのか全然見えないのに、私は思わず舞台から目を逸らしました。見えない方がナマナマしい・・・・・。

野田秀樹の舞台ではいつも、クライマックスへ向かうにつれ、気づいたら息、止めちゃってるもんね。客席もシーンと静まりかえるの。
今回も、宮沢りえが、最後のセリフを言い終えてから暗転した後、客席の空気が緩むのがよく分かりました。皆も息、止めちゃってたのね(^^;

最後に、気になった役者さんたちを:

■マドロミ:宮沢りえ
ほんと舞台では、声が全然違うんですよね!ラストは、ゾッとしました。鳥肌立ちました!
二の腕がキレイでした(^^)

■家元:古田新太
この方、態度デカいエラい人の役が多い気がする(^^;

■会計/ヘルメス:藤井隆
ヘルメス役は、北村有起哉にやって欲しかったっす(^^;
もっと色気が欲しい~。

■アポローン:チョウソンハ
この方、最近の演劇にひっぱりだこですね。
ハイトーンボイスが、野田秀樹や蜷川幸雄のテンション高い舞台に合っているのに違いない。
[PR]
by june_h | 2010-07-13 20:27 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

学校のダンサーの友達が、
「よかったら私が関わっているカンパニーの稽古場に遊びに来て!」
と言ってくれたので、「舞台」と名の付くものなら興味バリバリの私は、二つ返事で駆けつけましたさ(^o^)/

そんなわけで、友達に連れられて某スタジオへ。

ドアを開けると、ダンサーさん達が練習着でウォーミングアップしていて挨拶されました。私もドキドキしつつご挨拶。床には、舞台の大きさを示すテープが貼ってあって・・・・・って、こういうのを見るだけでもテンション上がりますo(^^)o

スタッフの方にも「こんな舞台になるんですよ」と、ノートパソコンでセットのイメージ図を見せていただきました。
なんか、舞台裏に来た感じでワクワクしっぱなし!

パパ・タラフマラは、1982年から続いている、伝統あるコンテンポラリーダンスのカンパニー。全国ツアーはもちろん、海外公演も数多く実績があります。
作品は、演出家さんが大まかなイメージをダンサーに伝え、各自がそのイメージに合った振り付けを考え、練り上げていく共同作業。そんなわけで、バレエとかジャズダンスとかヒップホップとかバリのケチャとか、各ダンサーさんが得意にしているであろう、いろいろなダンスの要素や動きが入っていて面白いです。
同じ振り付けでも、一人一人が持っている体の動きのクセが違うので、個性が出るよね。

前半部分(約30分)の通し稽古だったのですが、ほとんどのダンサーさん、ほぼ動きっぱなし!みんな汗だく!
客席最前列よりも近い位置で見ていたので、息遣いとか、体温とか、まるで、直接触れて感じているかのよう。自分も、パワーをもらったようにテンションが上がり、終わった後には、(お邪魔になってはいけないので)小声で
「すごーい!すごーい!すごーい!」
を連発。
そんな私を見て友達は「なんか地味に感動してる」と、大ウケでした(笑)。

でも、終わった後のミーティングでは、もう皆さん涼しい顔をしていてさすが!
私が同じことをやったら、途中でぶっ倒れます(←できないけど)。

ダンサーさん達も、皆さん気さくな方ばかりで、また遊びに来てくださいね♪と言ってくださいました。
そんなこと言われると、本当に行っちゃうからね!
本番も楽しみですo(^-^)o♪


<関連リンク>
パパ・タラフマラ Pappa TARAHUMARA
[PR]
by june_h | 2010-07-11 20:22 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

以前、公開している時に見逃してしまった映画です。BSでやっていて良かった♪
本国スイスで大ヒットした映画です。
マルタのやさしい刺繍マルタのやさしい刺繍
舞台は、スイスの山あいにある小さな村。
マルタおばあちゃんは、ご主人を亡くして鬱々とした日々を送っていました。

そんなある日、マルタが若い頃に作った下着の美しさを、近所の奥さんに褒められたことから、ランジェリーショップを開くことを決心します。

生地やレースを選び、嬉々としてミシンに向かうマルタは、毎日の楽しさを思い出していきます。友達のおばあちゃん達も、手伝いながら、とても楽しそう♪
ついに、オープン前日までこぎつけました。

しかし、牧師をしているマルタの息子は
「こんなイヤらしいものを作るなんて!」
と、猛反対。保守的な村人達からも嫌がらせを受け、せっかく作った下着を、息子に捨てられてしまいます。

しかし、マルタは、くじけません。
捨てられた下着を取り戻し、インターネットを勉強した友達のおばあちゃんの助けで、今度はネット通販を始めます。
マルタのデザインは、ネットで大評判となり、注文が殺到!マルタは「実業家」として成功し、下着の生産は、村の産業となりました。

私は、この映画を観ながら、祖母のことを思い出していました。
父方の祖母は、手芸が大好きで、セーターやぬいぐるみをよく編んでいました。
母方の祖母は、和裁が得意で、使わなくなった着物を、半纏に仕立て直して、家族みんなにいくつもくれていました。今でも冬は、祖母の半纏が欠かせません!
縫い目の一つ一つから、祖母の愛情を感じます。
かく言う私の裁縫の腕は・・・・・聞かないでください(^^;

この映画のテーマは「いくつになってもチャレンジと生き甲斐が大事!」ということもあるかもしれませんが、「人間の欺瞞」を描いた作品でもあります。

マルタの息子は、牧師として村人に「道徳」を説く立場にありながら、裏では「聖書の会」のメンバーと不倫しています。
また、「お年寄りは大切にしなければならない」と演説していた議員は、介護が厄介だからと、自分の年老いた両親を、老人ホームに入れようとします。

人間は、年齢やミテクレや肩書きじゃない!ってことが、よくわかる映画です。


<関連リンク>
マルタのやさしい刺繍(公式サイト)
[PR]
by june_h | 2010-07-07 20:57 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)