<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

小説家の村上春樹さんと、東京大学助教授(現在は教授)で村上春樹の翻訳のチェックも担当している柴田元幸さんが中心の翻訳談義。
翻訳学校の学生や、翻訳家達との座談会です。
「翻訳夜話」 村上春樹×柴田元幸「翻訳夜話」 村上春樹×柴田元幸
村上春樹の翻訳論?を読んでいるとつくづく思います。
この人は、小説家でも翻訳家でもなくて、シャーマンなんだなぁと(^^;

村上春樹が翻訳で重視するのは、とにかくリズム。そのために、文章をくっ付けちゃったり離したり。ときには、段落まで変えることもあるそうな(^^;
リズムと言っても、音読する「耳の」リズムじゃなくて、目で追う「目の」リズム。元々、ジャズをやっている人だから、リズムを重視するのは、なんか納得。

日本語に訳すとき、主語を「僕」にするか「私」にするか、悩む翻訳者も多いようですが、村上さんは、その時その時の「フィーリング」で訳すみたいで、ずっと「僕」って言ってた主人公が、突然「私」に変わったりすることもあるそうです。
文法的なこととか、技術的なこととかより、テキストの真髄とか「肚」とかを伝えることを重視しているように感じました。

翻訳する上で、どうしても翻訳者の「誤解」「偏見」が入っちゃうのは仕方ないこと。100%「原文どおり」なんてあり得ないと思いますが、村上さんの場合、作者すら気づいていない、潜在意識まで訳すような勢いです(^^;
でも、「翻訳したい文章(好きな文章とは別)」というのはあるみたいで、例えば、出版社から「この小説を訳して」と言われても難しいのでしょう。

あと、村上さんは、翻訳が本当にお好きなことがわかります。きっと、お金をもらわなくても、翻訳したい文章があれば、どんどん訳してしまうんですね。

私には、出版翻訳なんて「途方もないこと」のように感じます(^^;
っていうか、こういう本を読む前に、村上春樹の小説とか翻訳とか読めよ、私(笑)。
[PR]
by june_h | 2011-01-30 20:27 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

2009年、アメリカのエドワード・ケネディ上院議員が、脳腫瘍で亡くなった。メディアは翌日、「ケネディ議員の脳腫瘍は、携帯電話の電磁波が原因ではないか」と報じた。ケネディ議員が携帯電話のヘビーユーザーだったからである。
「携帯電磁波の人体影響」矢部武「携帯電磁波の人体影響」矢部武
欧米では最近、携帯電話による健康被害の訴訟が急増している。特に、電磁波過敏症からの脳腫瘍、耳下腺癌が多い。
長期間のヘビーユーザーでは、脳腫瘍のリスクが2倍、二十歳未満のユーザーでは、5倍にものぼるという調査結果もある。家のコードレス電話も同様のリスクであると言う。
だが、携帯電話会社は、携帯電話との因果関係を認めない。認めてしまえば、莫大な賠償責任が発生し、破産する危険がある。「携帯電話と脳腫瘍の問題は、タバコと肺癌の問題に似ている」と、研究者は言う。

不思議なことに、日本では、このような問題がほとんど報じられていない。
管轄省庁は「国際基準に沿って運営しているので問題無い」というが、欧米では、その国際基準自体が揺らいでいる。

私がこの本に興味を持ったのは、電磁波過敏症の友達がいるということもあるし、私自身も携帯電話の影響を自覚しているからだ。ズボンのポケットに入れていれば、骨盤や股関節が痛くなるし、手で持って入れば、持っている方のリンパ腺が痛む。耳に当てれば、耳も痛む。しかも、うちのマンションは、携帯基地局だ(^^;
また、電磁波過敏症は、歯の詰め物をしているとリスクが高くなるという。

だからといって、携帯を使わないわけではないが、リスクは知っておいたほうがいい。
リスクをなるべく避けるために、こんな10箇条が書いてあった。
ご参考までに、要約して掲載する。

1.緊急時以外は子供に携帯電話を使わせない
2.通話するときはイヤホンマイクを使う
3.乗り物の中で使用しない
4.携帯電話を身体に密着させない。妊娠中は特に。
5.身体に密着させるときは操作キーが並んでいる側を身体に向ける。
6.通話はできるだけ短く。
7.携帯電話を一方の耳だけに当てない。電話をかけるときは相手が出てから耳を当てる。
8.電波の弱い場所や移動中は通話しない。
9.できるだけ通話ではなくメールで済ませる。
10.できるだけSAR値の小さい携帯電話を使う。
[PR]
by june_h | 2011-01-28 12:03 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(4)

改築のため、2010年4月に閉場した歌舞伎座と、歌舞伎役者やスタッフなど、関係者達のドキュメンタリー映画。ナレーターは、倍賞千恵子さんです。
登場する役者さんの順番とか、エンドロールとか、役者さんの序列に対する配慮をものすごく感じましたですね(^^;

中村芝翫さんの『藤娘』『雪傾城』から始まり、それぞれの役者さんが思い出を語りつつ、代表作が次々紹介されていきます。

中村吉右衛門さんは2番目に登場。『義経千本桜 大物浦』の平知盛、『熊谷陣屋』の熊谷直実、そして、『平家女護島』の俊寛。私は、三つとも見ながら泣きました。ダイジェストでも、十分泣けます。

私がそもそも歌舞伎に興味を持ったのは、引きこもっていたとき、日比谷のクリニックに行ったついでに、歌舞伎座に幕見でフラッと入って、吉右衛門さんの『俊寛』を見たからなんですよね。歌舞伎をもっといっぱい見たいなぁと思ったけど、働いてなかったのでお金がなくて。で、チケットを買うために働き始めたのです(笑)。歌舞伎座と吉右衛門さんのおかげで社会復帰できたので、とても恩義を感じています。

中村富十郎さんは『種蒔三番叟』。
もう、富十郎さんの高くて澄んだ通る声を、舞台で聞くことは無いのですね・・・・・吉右衛門さんと共演することが多かったので、よく拝見致しました。鷹之資くんに一つでも多くのことを残そうと必死になっていることが、毎回、ひしひしと伝わってくるような舞台でした。

坂東玉三郎さんは、『海神別荘』を始めとした泉鏡花作品。ひたすら美しい!そして、相手役の海老蔵がカッコいい!また、「海老玉」コンビが見たいものです。

中村勘三郎さんの『春興鏡獅子』、『野田版鼠小僧』、それから『仮名手本忠臣蔵』。四段目の塩冶判官切腹シーン。襖の裏で、家臣役の役者さん達、ちゃんと平服しているのですね!お客さんからは決して見えないけど、絶対空気が伝わるからって。感動しました。

片岡仁左衛門さんの『菅原伝授手習鏡』の菅丞相。楽屋で、天神様の掛け軸の前で、精神統一してから役に入ります。仁左衛門さんの楽屋の敷居が、すり減っていて、歌舞伎座の年季と重みを感じました。柱にこっそり、お孫さんの千之助ちゃんの身長を刻んでいたのですね(^^;

もちろん、上方歌舞伎の坂田藤十郎さんも登場。私は世話物をほとんど知らないということを実感しました。勉強せねば(・・;

既に亡くなった往年の役者さん達の映像も登場しました。
若くして亡くなった尾上辰之助さん、色気のある役者さんだったのですね。拝見できなくて残念!
それから、松本白鸚さん、吉右衛門さんや松本幸四郎さんにソックリ!親子だから当たり前か(笑)。

大部屋の役者さんの楽屋とか、砂場で黙々とトンボの練習をする若い役者さんとか、床山さんとか大道具さんとか松竹のスタッフさんとかお客さんとか。歌舞伎座がいかに大勢の人達に支えられていたかがわかります。

まだまだ見たい役者さんや演目がたくさんあります。新しい歌舞伎座にも行きたいです!
[PR]
by june_h | 2011-01-26 12:07 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)

先日、身体に溜まった重金属の値を調べるために、毛髪ミネラル検査をしました。


<毛髪ミネラル検査とは>
体内の不要なミネラルは、便、尿、汗から主に排出されますが、爪や毛髪からも排出されます。
血液や便でも、ミネラルの含有量を調べることができますが、日ごとの変動が多いし、体内のホメオスタシスが働いて、結果がうまく出ないんだそうです。その点、毛髪なら、長期間かけてゆっくり排出されるので、体内に蓄積されているミネラルを正確に計ることができるそうです。


<毛髪ミネラル検査の方法>
自分の毛髪をいくらか切り取って、簡単な問診票を書いて、研究機関に送るだけです。
私は、ら・べるびぃ研究所の検査キットをネットで注文しました。私が毛髪を送って2週間くらいで、レポートが送られてきます。


<毛髪ミネラル検査結果>
検査は、1.有害ミネラル(6種類)、2.必須ミネラル(13種類)、3.参考ミネラル(7種類)の項目から成っています。結果を次に示します。
基準値と比較して、ヤバそうな数値は赤で、よさそうな数値は青で示しています。


■有害ミネラル
ちょっとショックでしたね。水銀がこんなに高い数値なんて。日ごろからデトックスには励んでいるつもりでしたが。
マグロやサーモンも好きだけど、一番の問題は、やっぱ歯の詰め物かなぁ。でも、水銀の基準値って、ずいぶん高いんですね・・・・・。
砒素の数値も結構高いですね。農薬や排気ガスなんかに含まれているそうですが。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
カドミウム:Cd/3.20~25.0/2.81
水銀:Hg/1355~5324/6303
鉛:Pb/153~1392/24.3
砒素:As/13~71/51.9
ベリリウム:Be/0.12~0.94/0.42
アルミニウム:Al/1929~8478/1744


■必須ミネラル
カルシウム不足は、なんとなく予想していました。ホメオパシー的にも、元々「カルカーブ」と言って、カルシウム不足の体質なんです。
鉄はギリギリですね。あとは銅か。貧血気味だったのは、鉄分不足じゃなくて銅不足だったのか!
ナトリウムとカリウムの数値が両方高いのは、ストレスが高まっている可能性があるそうです。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
ナトリウム:Na/3047~22892/58290
カリウム:K/1971~23584/26570
マグネシウム:Mg/29689~156019/38170
カルシウム:Ca/313640~1581932/263200
リン:P/95855~141777/138400
セレン:Se/405~784/676
ヨウ素:I/71.0~626/123
クロム:Cr/12.0~106/18.3
モリブデン:Mo/14.0~37.0/30.3
マンガン:Mn/53.0~248/55.4
鉄:Fe/4414~8734/4713
銅:Cu/13387~60209/8709
亜鉛:Zn/107488~184470/127300


■参考ミネラル
コバルト、ほとんどないじゃん・・・・・。
コバルト、どうやったら摂れるの!?・・・・・ひえ、さやいんげん、ブラジルナッツ、あさり!?
あさりは好きだけど、ナッツは嫌い。ううっ。

元素名/基準範囲(ppb)/測定値(ppb)
バナジウム:V/4.50~66.0/12.3
コバルト:Co/2.40~17.0/1.98以下
ニッケル:Ni/82.0~902/100
ゲルマニウム:Ge/44.0~144/65.2
リチウム:Li/0.44~11.0/0.68
ホウ素:B/109~487/232
臭素:Br/976~19034/2281


これらのデータと共に、ミネラルバランスに対するアドバイスや、お勧めの食材もレポートとして送られてきます。

<ミネラルバランスの崩れから考えられる症状>
むくみ、アレルギー、抜け毛、ストレス、イライラ、肌荒れ、疲労、冷え性

<私に必要なミネラル>
マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルト、カルシウム、鉄、セレン、ヨウ素、クロム、銅、リチウム


とりあえず、次の目標を立てました。
・歯の詰め物を取る(歯医者を予約しました)
・あさり、ごま、小魚を食べる
・ナッツ嫌いを克服する(笑)
・不足ミネラルを中心としたレメディを摂取する

半年後か1年後くらいに、再検査して、結果を比較したいと思います。
[PR]
by june_h | 2011-01-24 15:49 | 健康 | Trackback | Comments(8)

舞台稽古を見せてもらっていた作品だったので、本番では、どんなふうになるのか、楽しみにしていました!
お稽古で「ここに人形があります」と言ってたやつが、あの人形なのね!とか。銃を持っているつもりで踊っていたけど、本番ではもちろん持っているな、とか。衣装とセットがあると、やっぱり全然違うものなのですね。

お稽古では、とにかく、ダンサーさん達のパワーにビックリしっぱなしだったのですが、実は、とても複雑なことをしていることに気付きました。
ずっと音楽が流れているのですが、舞台の一方では、それに合わせて、白雪姫の継母が悠々と動いているのに、もう一方では、小人さん達がセカセカと、全く違うリズムと違うメロディで踊っているのです。なんかすごく難しそう(^^;
よくお互いつられないなぁと感心。

それぞれのダンサーさんの意見を取り入れているのがわかって、とにかくいろんな要素が詰め込まれているんですけど、それでいてちゃんとまとまってるなんて、どういうこと!?っていつも思います。演出の小池さんマジック!?

コンテンポラリーダンスの作品にありがちな「わかりにくさ」は、全くありません。皆がよく知っている白雪姫がベースの作品ですし、踊りはもちろん、セリフや歌もありますから、大人から子供まで楽しめます!特に、お子さん達には大ウケだそうです。

しっかし、こんなパワフルな芝居を、1日2ステもやるなんて・・・・・すごい!の一言です。
[PR]
by june_h | 2011-01-23 12:19 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(2)

ロシア語通訳 米原万里さんの書評集。
「打ちのめされるようなすごい本」米原万里「打ちのめされるようなすごい本」米原万里
私は本を読むのが好きですが、『ダ・ヴィ○チ』とかで本を選ぶことはありません(笑)。好きな作家さんとか、好きな人が紹介している本を読むことはあります。
米原さんが勧めている本、わりと私のツボが多くて、何冊か「読みたいリスト」にメモしました(^^)
米原さんは、文学にも造詣が深い方ですが、私は、その辺の本はスルーです(^^;

でも、米原さんに卵巣癌が見つかってからは、癌関連本の書評が増えてきます。
抗癌剤治療での痛みに耐え兼ねた米原さんは、他に治療法が無いかと代替療法の本を片っ端から読みあさって、療法家を訪ねていきました。
ある療法では、患者の1割が医師だと聞いて、「医者でも癌の三大治療(手術・放射線・抗癌剤)は信じてないのね」と呆れたり。
米原さんは、納得いくまで根掘り葉掘り聞くのはもちろん、「痛くしないでください」と注文するので「うちの療法は、あなたに向いてないから来ないで」と言われることが何度もあったようです。

亡くなってしまったのは、本当に残念!もっといろんな本を紹介して欲しかったのですが・・・・・。
この本のあとがきを書いている井上ひさしさんも、既に鬼籍の方です。
[PR]
by june_h | 2011-01-21 12:32 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

欧州の、主にフランス在住の翻訳家たちのインタビュー集。
「世界の翻訳家たち 異文化接触の最前線を語る」辻由美「世界の翻訳家たち 異文化接触の最前線を語る」辻由美
「翻訳家」と言っても、経歴は様々だ。学校で翻訳の教育を受けた人、ギムナジウムで多言語教育を受けた人、全くの独学、などなど。
外交官や、通訳、教員などと兼務している人もいれば、元ダンサーという人も。ナチスの迫害から逃れるために翻訳を始めた、なんて人もいた。

翻訳に対する考え方も様々。原文のニュアンスをなるべく再現したいと思う人や、逆に、分かりやすく推敲した方が良いという人。脚注を充実させたいと思う人となるべく付けたくない人、などなど。

ヨーロッパには、多言語を話せる人も多いためか、複数言語の翻訳者も多い。しかし、彼らの共通認識は「平等に扱える言語など存在しない。それぞれの人によって主たる第一言語がある」。
それから「翻訳だけで食べていくのは大変だ」ということも一致する意見だ。

技術文書などの産業翻訳より、文学や詩などの出版翻訳は、時として難解で、手間も時間もかかるが、翻訳料は、翻訳の難易度によって決まるものではなく、ページ数や文字数によって決まるものなので、割に合わない仕事になってしまう。
しかも、作家よりも地位が低く見られがちだし、印税契約できることは稀だ。
また、仕事なので、時間的な制約もあるし、出版会社が勝手にリライトしてしまうこともある。
ロシアや東欧の翻訳家は、社会主義政権下では、かなり優遇されていたようだが、政権が崩壊し、市場原理が入ってくると、仕事の環境が厳しくなったという。

私も以前、仕事で、技術文書や、論文の翻訳に少し関わっていたことがある。
英日翻訳では、「英文を読んで理解する」ということと、「その英文の意味をわかりやすく日本語にする」ということには、大きな隔たりがあって、何度イライラしたかしれない。
また、日英翻訳では、私が書いた文章が、翻訳会社から戻ってきたとき、勘違いして訳されていたりすると「悪い日本語書いちゃってスミマセン」という気になる(笑)。

とにかく、共通しているのは、みんな、言葉が大好きだということ。
限られた状況の中、日々、言葉と格闘している。
この本は、15年前に出版されたものなので、インターネットが発達した今、仕事にどんなふうに活用しているのか、聞いてみたい。
[PR]
by june_h | 2011-01-19 17:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

新年会@友達んち

友達にお呼ばれいたしまして、新年会にお邪魔させていただきました!

まず、お通しは、ご主人お手製のお味噌で味付けしたレバーパテ。
d0108969_12482377.jpg


山芋のマリネ(ミョウガ風味)。
d0108969_12494447.jpg


ラザニア。
d0108969_12502190.jpg


シーフードの香草パン粉焼き。
d0108969_12504258.jpg


チラシ寿司。
d0108969_1251667.jpg


謎のイタリア人が、帰省土産で買ってきてくれたチーズ。
d0108969_12512292.jpg


10人で、1ダースのワインを空けました。さて、一人平均、どのくらいの量を飲んだでしょうか!?
d0108969_12513874.jpg


そして宴は続く・・・・・24 hours later・・・・・。
d0108969_12524387.jpg

[PR]
by june_h | 2011-01-17 12:54 | 雑記 | Trackback | Comments(2)

昨年末で終了したM-1グランプリ。
年末の楽しみの一つだったのに、終わっちゃったなんて残念!ということで、私にとって印象的だったネタをご紹介します♪


■奈良県立民俗博物館:笑い飯(2003年)
私がM1グランプリを見始めたのは、笑い飯のこのネタを見てから。
♪パパパーパパパーと喜太郎の「シルクロード」のメロディに乗せて、ボケとツッコミを交互に繰り出す「Wボケ」が、すごく新鮮でした。笑い飯は、なかなか優勝できなかったけど、一年後も覚えているネタって、笑い飯だけだったりするんだよね(^^;ちょっと不気味で、ちょっとエロくて笑える、みたいな(笑)。


■しずちゃんの「牛」:南海キャンディーズ(2004年)
しずちゃんの、「火を怖がる獣」のジェスチャーが、あまりにも真に迫っていて、面白かったんだよね(^^;
山ちゃんは、気持ち悪いキャラで通っているけど、私はわりと好き(笑)。しずちゃんへのツッコミが、優しい口調だけど核心をさりげなく突いている、みたいな。クレバーだなって思います。


■自転車のチリンチリン:チュートリアル(2006年)
文句ナシの優勝ネタ。自転車の「チリンチリン」が盗まれた悲しみから、行きずりの女を抱き、果ては、インドにまで旅立ってしまうという壮大な?物語。
徳井さんは、客席があまりにもわいていて、途中で壊れそうになり、それを福田さんが必死で引き戻していたのが印象的でした。


■ズレ漫才:オードリー(2008年)
春日のキャラがどうしても目立ってしまうけど、春日の「ダメツッコミ」を、若林くんがツッコミ返したり、無視したり、褒めたり、自由自在だなって思いました。
若林くんは「じゃないほう芸人」なんて言われているけど、実はなかなか性格悪い!?私、こういう人、好きさ(^^)
[PR]
by june_h | 2011-01-15 21:00 | テレビ ドラマ ドキュメンタリー | Trackback | Comments(2)

TEAM NACSの音尾くんが落語だなんて!しかも、私の好きな市馬さんと!!ということで、チケットを取ってしまいました(^^;
自分の好きな人同士がコラボするなんて嬉しいよね(^.^)b
この前も、私が好きなミュージシャンの森(広隆)くんと、シンガーソングライターで、TMネットワークの作詞家だった小室みつ子さんがラジオでコラボしていて嬉しかったな(^^)


■初天神:春風亭一之輔
一之輔さんの高座は、久しぶりでした。以前はよく、会社帰りに「お江戸日本橋亭」で一之輔さんの『茶の湯』なんかを聞いたものです。去年、NHK新人演芸大賞をお取りになったそうですね!
一之輔さんが、「今日初めて落語をナマで見た人」と客席に問うと、8割以上、手が挙がりました。思ったとおり、ほとんど音尾くんのファン(^^;
いつもの寄席では考えられないくらいの女子率ですからねー。私の後ろでは、ファンミーティングの話で盛り上がっていましたから。
なので、私、緊張しますですよ。NACSのファンは、熱い人が多いので、ヘタなことを書くとブログが炎上しそうで(笑)。


■明烏:音尾琢真
いっちょまえに、羽織姿で登場の音尾くん(なぜか上から目線の私)。どんな噺を演るんだろうかと、楽しみにしていました(やっぱり上から目線の私)。
声質からいって、侍が出てくる噺が合ってそう、とか、勝手に考えていましたが、マクラで「見返り柳」と出てきて「まさか『明烏』!?」・・・・・ちょっと意外。
羽織を脱ぐ仕草が、ぎこちないのは、ご愛嬌。風間杜夫の落語でも思ったけど、役者さんがやると、落語というより「一人芝居」みたいなのよね。一つ一つの役を、声を変えてきっちり演じ分けようとするの。なので、キャラ分けがハッキリしてわかりやすかったです。
んで、若旦那を悪の道に誘いこむ男を、明らかに誰かのキャラでやっている。中尾彬?田中邦衛?とか考えていたら、福山雅治の真似でした(^^;
アドリブ無しで、きっちり覚えて、きっちり演じて、きっちり面白かった。そんな落語でした!


■粗忽の釘:林家たい平
たい平さんが初心者のためにやる落語と言えば、お得意の物まねオンパレードの『紙屑屋』かと思いましたが、今回は、マクラで、笑点ネタを引っ張る趣向でした。
でも、泰葉のネタは、知ってたもんね~。へへ。


■座談会:林家たい平・春風亭一之輔・音尾琢真
中入り後、音尾くんと一之輔さんが高座に腰掛け、たい平さんが立って司会進行です。
たい平さん的には、音尾くんのために、アドリブが多くて自由度の高い、与太郎の出てくる噺を用意していたそうですが、音尾くんが、きっちりしたネタを希望して『明烏』に落ち着いたようです。


■牛ほめ:柳亭市馬
いつもは、前座で市江くんが演るようなネタを、まさか、市馬師匠が大トリでやるなんて!
音尾くんに落語を教えたのは、今回、たい平師匠だったということで、音尾くんと全く絡みがなかったのは、ちょっと残念。
音尾くんが引っ込んだ後だったので、帰っちゃう客がいるのでは、と心配しましたが(笑)、皆さん、きっちり最後まで楽しんでいかれたようです。


ついでに、他のNACSのメンバーについて、どんなネタが似合うか考えてみました。

★大泉洋
やっぱり、大泉さんには、熊さん八っつぁんの掛け合いをやって欲しいですね。『のめる』とか。そんでもって、アドリブもどんどん入れて。頼んでもいないのに、モノマネもバンバン繰り出す、みたいな(^^;

★戸次重幸
シゲさんは、絶対、「お二階に厄介」になっている若旦那が出てくる噺がいいな。『七段目』とか。
そんでもって、定吉くんと、忠臣蔵ごっこじゃなくて、ガンダムごっこをやって、階段から落ちてください(笑)。

★安田顕
ヤスケンは、酔っ払いが一人でクダを巻く『一人酒盛』なら、自分の実生活がそのまま生かせるんじゃないでしょうか(^^;
後は、『幇間腹』を、おもいっきりド変態にやるとか(笑)。『芝浜』とかの人情噺も合っていると思います。

★森崎博之
モリさんは、やっぱり頭ネタでいきましょう。ズバリ『頭山』で(笑)。


今度は是非、NACS全員で落語会を企画してくださいo(^^)o
一人一席、噺をして、最後は、五人全員で『五人廻し』を演劇仕立てで。花魁役は、鈴井さんにやってもらいましょう(笑)。
[PR]
by june_h | 2011-01-13 12:12 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(2)