<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

最近、ネットで情報収集していると、各マスメディアが「みんな同じことを言っている」ことに気づきました。
上杉さんは、今のマスメディアの横並びの問題には、日本独自のマスメディアのシステムが大きく影響していると言います。
「ジャーナリズム崩壊」 上杉隆「ジャーナリズム崩壊」 上杉隆
日本のマスメディアは、欧米のと比べて、いくつか大きな違いがあるんだそうです。

まず、「新聞記者と通信記者の違い」。
欧米では、通信記者がストレートニュースを扱い、新聞記者が解説や批評を加えた記事を書くという「住み分け」がハッキリしているそうです。日本では、ストレートニュースも新聞記者が扱っています。
私には、今まで新聞社と通信社の区別がよくわからなかったのですが(メディアの有る無しくらい?)、欧米では、ハッキリ分かれているのですね。

それから、日本では、新聞記者が社内で出世していくと、管理職になって会社経営に関わっていくようになりますが、欧米では、記者と経営者がハッキリ分かれていて、記者が経営者になることはありません。
記者がお金のことを考えるようになったら、記事にも影響しますよね(^^;

それから、欧米では、記名記事が当たり前ですが、日本では、ほとんど無記名。
記事の対象者は、ほとんど本名なのに、記者が無記名だと、確かにフェアじゃないですよね。

そして、上杉さんが特に問題だと言う記者クラブは、政治家にとっても記者にとっても都合の良い、よくできたシステムみたいです。
記者は、記者クラブ以外のジャーナリストを締め出して、情報をラクに収集して独占することができます。
政治家は、取材を記者クラブに限定することで、情報統制が容易になります。
この制度は、日本独自のもので、海外では、常にその閉鎖性が批判の的になっていますが、日本では一切報道されません。

読んでいて思いました。

・・・・・北朝鮮と変わらないじゃん(^^;

メディアが、自分たちに都合の良い情報を流して、都合の悪い人や団体を叩きのめしているのだとしたら・・・・・。
メディアも営利団体なので、ある程度は仕方ないかもしれませんが、広告を出している団体の都合の悪いことが書かれないのだとしたら、それは記事ではなく「宣伝」になります。
ぶっちゃけ「宣伝」だと割り切ることもできるでしょうが、メディアには、権力を監視する機能もあったり、国民の知る権利を補完する機能があったりするので、そういう面から考えると、メディアは存在意義を失ってしまいませんか?

マスメディアの信用力と売り上げが落ちているのは、結局、身から出たサビなのかなあ・・・・・。
[PR]
by june_h | 2011-07-30 20:57 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

実際の大英博物館では、展示品が多いので、小さい作品だと、十把ひとからげ的に展示してあって見落としがちです。
こうやって日本で企画展で観た方が、解説も充実しているので、違った見方がいろいろできるかもしれません。

今回、イヤホンガイドは、作品の背景にあるギリシャ神話の説明が充実していました。
でも、ギリシャ神話の主要な部分を説明すると、大体「ゼウスが浮気した」話になるのよね(^^;

それはともかく、当時の彫刻は、写実的で美しい!
例えば、大理石の裸体の『アフロディテ』像。
後ろ姿が悩ましい(*^_^*)
背中にかぶりつきたくなっちゃいます(笑)。

そして、この展覧会の目玉『円盤投げ(ディスコボロス)』。
この像を見ながら、一生懸命ポーズを真似している男性も(笑)。真似したくなっちゃいますよね。でも、レプリカなんだって(^^;

円盤投げは、古代オリンピックのアスリートの姿をモデルにしたものですが、当時のオリンピック選手は、全裸で競技していました。
2分間の当時の再現フィルムが上映されていましたが、徒競走とか、円盤投げとか、局部が映りこまないように、カメラワークに苦労しているのがよくわかります(^^;

興味深かったのは、「性と欲望」コーナー。
浮世絵の春画に負けず劣らず、大胆な作品ばかり。
興味深かったのは、ツクシのように地面からニョキニョキ生えている男性器に、女性が水を撒いているシュールな絵。
これに近い図版をインドの絵で見たことがありますが、日本でもそうだし、男根崇拝って、いつでもどこでもあるんですね。

この展覧会の入口に「性的な作品もありますが・・・・・云々」の断り書きがありましたが、誰か訴える人とかいるのでしょうか(^^;
[PR]
by june_h | 2011-07-29 11:55 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

タイトルもポスターもホラー映画っぽいですが、現代アートのドキュメンタリー映画です。
アートって何だろう?ということを考えさせられる映画でした。

四六時中ビデオカメラで何かを記録していなければ気が済まないフランス人男性、ティエリー。
彼の従兄弟が、ゲリラ的に公共物に落書きする「グラフィティアーティスト」だったことから、欧米で「活躍」する有名グラフィティアーティスト達の活動をカメラで追うようになります。

もちろん、彼らの活動は、違法で犯罪。
警察に見つかれば、作品は直ちに消され、逮捕されることも。
いわば「瞬間のアート」を記録するティエリーは、グラフィティアーティスト達にも、次第に信頼されていったのでした。

こうしたグラフィティアーティストの中で、イギリス人の「バンクシー(通称)」は、別格的な存在です。
イスラエルに築かれた分離壁に落書きすることに成功して、世界のニュースになったり。
彼の作品に数十万ドルの値がついたり。
高い芸術性から、イギリス当局は、彼のストリートパフォーマンスを事実上黙認しているのです。

ティエリーは、バンクシーとも親交を深めていましたが、ある日、バンクシーから「記録しっぱなしじゃなくて映画でも作ったら?」と提案されます。
ところが、バンクシー曰く「ひどい出来」だったので、今度は「君自身がグラフィティアーティストになったら?」と提案。ティエリーは、今まで撮影してきたストリートアーティスト達のノウハウを基に、いろんな場所に落書きしていきます。

ティエリーは、ついに、全財産を注ぎ込んで個展を開催することに。バンクシーからの推薦文もとことん利用して、大々的に宣伝。
マスコミが押し寄せ、ティエリーの作品に高値がつき、入場者もいっぱい!
「アンディ・ウォーホルの再来だ!」と絶賛され、ティエリーは、あっという間に有名ストリートアーティストになったのです。

大成功したティエリーに対して、仲間のストリートアーティスト達は、複雑な表情。
「なんかズルい!」と、みんな顔に書いてありました(^^;

皆がイイ!と言えば、アートになるんだろうか・・・・・。
有名な人がイイ!と言えば、アートになるんだろうか・・・・。

結局、スゴいのは、ティエリーじゃなくてバンクシーなんじゃないだろうか。
だって、この映画、バンクシーが作ったんだもん。
全ては、バンクシーの手のひらで転がされているような・・・・・!?
[PR]
by june_h | 2011-07-26 21:04 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

密教美術は楽しいので、時間があれば必ず行きます(^^)
音声ガイドは、白い犬のお父さん・・・・・ではなく、北大路欣也さん(笑)。
おごそかに、空海の言葉を読み上げます。

今回は、空海自身の品々や、唐の高僧で空海のお師匠さんである恵果和尚が伝えた品々がかなりありまして、感動的でした!
どれも、千年以上前のだと思えないくらいピカピカだったりするので、お寺で大切に伝えられたことがよくわかります。

空海直筆のお経や書も。
嵯峨天皇、橘逸勢と共に「天下の三筆」並び称された空海ですが、よくよく見ると
「文字の列がだんだん曲がってるじゃん」
とか、意地悪なことを思ってしまいました(^^;

注目したのは、八幡三神のうちの『女神坐像』。仏像ではなく、神道の八幡様の像です。
東寺に伝えられているものですが、神仏習合って、平安時代のかなり早くからあったんですね!

空海に関する仏像や仏具を見ていると、曼陀羅を整備したり、仏像で立体曼陀羅を作らせたり、空海は、優れた「仏教のプロデューサー」だったのだと思いました。

・・・・・昼時でお腹が空いている時に観に行ったので、薬師如来や如意輪観音が持っている如意宝珠が、肉まんに見えて、余計にお腹が空いて、しょうがなかったです(^^;
[PR]
by june_h | 2011-07-25 18:49 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)

お笑いのライブなんて、十数年前のジョビジョバのライブ以来じゃないかしら(^^;
アストロホールも、十数年前に、最前列で森山直太朗を見た以来じゃないかしら(森広隆と対バンだったんだよね)。

最近のメディアにイライラしている私は、「一次情報に触れたい欲求」が強くあって、テレビで見ている人が実際どうなのか、確かめてみたくなって・・・・・いや、ただ単に、千原ジュニアをナマで見てみたかっただけっす(^^;

二十歳以上限定の「オトナトークライブ」という趣向だったので、入り口でドリチケと携帯灰皿が配られていました・・・・・が、私、タバコ吸わないし、結局、オーダーしたのは水だったし、誰もタバコ吸ってないし。タバコにこだわっていたのは、JTが協賛していたからなんですね(^^;
客は、9割以上女性。
もう少し、男性が多いような気がしていたんだけど。

そんなこんなで、客電が落ち、二人が登場。ホントににひたすら二人が喋るだけのトークライブ。

間断無く延々喋り続けられるのも、日常的なことを面白おかしくできるのも、さすが!なんですが、欲を言えば、もっとテレビでできない話も聞きたかったです。
でも、千原ジュニアと兄せいじの微妙な関係とか、「写真誌慣れ」している千原ジュニアが語るパパラッチの手口とか、なるほどねぇ、と思うようなことも(笑)。

よくよく考えたら、土田晃之と千原ジュニアの私生活は正反対。
年齢は、ほとんど同じなのに、かたや、4人の子供を持ちサラリーマンのように堅実な生活をする父親と、かたや、いまだに後輩と飲み歩いてばかりの独身と。

土田さんは、フットサルで鍛えてもいるらしく。
同じ舞台で、肚から声を出して堂々としている土田さんに比べて、ジュニアは、猫背で、骨折もしていて、趣味らしい趣味もないので、なんだか「引きこもりな人」オーラが目立って見えました(^^;
[PR]
by june_h | 2011-07-23 20:39 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(4)

狂牛病の原因について書かれたリーフレット。著者の福岡伸一さんは、『動的平衡』の著者でもあり、生物学者です。
「生命と食(岩波ブックレット)」 福岡伸一「生命と食(岩波ブックレット)」 福岡伸一
狂牛病が問題になったのは、2000年前後のことですが、元々の原因は、それより数十年前にさかのぼります。

大量に出る家畜の死骸の処理に困っていた業者は、死骸をグツグツ煮て粉末状にして、家畜に食べさせるという「リサイクル」を思い付きました(^^;
これがいわゆる「肉骨粉」。これをエサにすれば、牛の成長も早いのだと、もてはやしたのです。

ところが、1970年代のオイルショックで、「死骸をグツグツ煮るため」の燃料費が高騰。肉骨粉を作るコストも上昇しました。
そこで「最終的には粉にさえなればいいんじゃね?」と考えた業者は、「グツグツ煮る」温度を下げ、時間も短縮してしまいました。

かくして、病畜のたんぱく質が残ったままの肉骨粉が出回るようになり、それを食べた牛が汚染されてしまったのです。

私がイギリスにいたのは、1996年。
BBCでは、ヨタヨタ歩く牛の映像が繰り返し繰り返し放送され、突然、ホームステイ先のホストマザーから「Don't eat beaf!!」と注意され、マクドナルドではハンバーガーが発売中止になり・・・・・と、恐ろしい思いをしました。
なので、私は狂牛病のプリオンに汚染されているリスクがあるということで、献血ができないのです(^^;
「献血できない人の条件」に当てはまってしまっています。

昨今、牛肉は、産地偽装だの、ユッケの食中毒だの、セシウム汚染だの、なんだかリスクの高い食べ物になってしまっています。
でも、これってよくよく考えたら、牛のせいではなくて、全部、人間のエゴよねぇ・・・・・。
自業自得っていうか、身から出たサビっていうか。牛もいい迷惑ですよね。絶対。
[PR]
by june_h | 2011-07-22 12:36 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

内田先生の「街場」シリーズは、大学での講義録をまとめたものですが、この本は、先生のブログがまとめられたもの。もしかして、編集者さん、売るために「街場」ってタイトルにしてる?
「街場のマンガ論」内田樹「街場のマンガ論」内田樹
先生は、手塚治虫や井上雄彦などの少年マンガはもちろん、少女マンガも大好き。
内田先生の別れた奥さんは、少女マンガ好きで、内田先生にどんどん読ませて、感想を言わせていたそうな。それで、内田先生の「少女マンガを読むリテラシー」は、鍛えられていったのだとか(^^;
内田先生の好きな少女マンガが、美内すずえ、竹宮恵子、佐々木倫子、山岸涼子などなど、白泉社系の作家さんが多いのは、別れた奥さんや娘さんの趣味に違いない(笑)。
私が好きな川原泉についても、ぜひぜひ深く語って欲しいです!

最後は、内田先生と養老孟司の、マンガについての対談。
養老先生は、あまり少女マンガには、ご興味が無いようで、内田先生が
「紡木たくの『ホットロード』のナレーションは、7段階の階層に分類できるんです!」
と、熱っぽく話しても
「それより昆虫取ってた方がいいわ」
とバッサリなのが面白かったです(^^;

養老先生の「高橋留美子は少女マンガか?」の問いに、内田先生は「高橋留美子は少年マンガです」とキッパリ。
私も同感。妹とよく
「高橋留美子って、女性なのに「男性が好きな女の子」が描けるからスゴいよね」
って話していました。

『バガボンド』論や手塚治虫論、宮崎駿論、はてはBL論まで。面白いです!
[PR]
by june_h | 2011-07-21 12:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ファーストクラスのサービスがどんなものか知りたくて手に摂りましたが、読むのを途中でやめてしまった本です。
「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること」美月あきこ「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること」美月あきこ
著者の美月あきこさんは、元国際線キャビンアテンダントで、現在は、人材育成コンサルタントとしてご活躍されている方。

この本は、ファーストクラスに搭乗する会社経営者の行動や考え方を紹介しつつ、彼らを真似すれば成功をつかめるかもしれない!というハウツー本です。

ファーストクラスの良さは、エコノミークラスとは段違いの広い座席と特別なサービスはもちろんですが、プライバシー保護や「自分だけの時間を持ちたい」という希望から搭乗するお客さんも多いそうです。

ひとかどの会社経営者は、お金や人は増やせるけど、時間は増やせないことを知っているのです。時間が増やせないのなら、時間の使い方を工夫したり、ときには、お金を使って「時間を買い」ます。そのために「ファーストクラスを使う」のです。

この本では、著者がファーストクラスでの接客中に遭遇したハプニングも紹介されています。
そのうちの一つに「某女優実践!機内でできるダイエット」というものがありました。
当時、激ヤセしたと噂されていた女優が、機内で大量に食べ、トイレに行くことを繰り返していたというものです。

これは、明らかに摂食障害ではありませんか?
女優さんは、苦しんでいらしたと思いますよ。

それを皮肉っぽく「ダイエット」だなんて。女優さん本人が見たらどう思うでしょう。
この本の著者の美月さんは、一流のキャビンアテンダントかもしれませんが、お客さんのことをこんなふうに言うなんて、サービス業として以前に、人間としての品位を疑ってしまいます。
そんなわけで、途中でブン投げた本です。
図書館で借りた本なので、実際に投げたわけではありませんが(^^;
[PR]
by june_h | 2011-07-19 12:49 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

この後の第6回公演「アンダー・ザ・ロウズ」での役者の立ち位置は、この芝居で基礎ができてたのかな。


■一色健治:山﨑雄介
鴻上さんの芝居は、主人公が記憶を無くしたことで、主人公自身や周辺で不都合なことが次々と起こり、記憶を取り戻していく過程で、いろいろ解決?していくという話が多いです。
そんなわけで、鴻上さんの芝居の主人公になることの多い山﨑君や晶ちゃんは、これから何回記憶を無くすのかしらねえ(^^;
解決されないトラウマが、病気となって現れ、本人に気付きを促すのです。今回の主人公一色健治の場合は、「脚の震え」でした。
こういうことって、特別な人だけに起こるわけじゃないです。
病気でも何でも「どうして自分だけこんな目に遭うの!?」って思うことありますけど、よくよくたどっていくと、自分自身に原因があることって、よくあるのです(^^;


■広瀬隆生:古賀耕史
女性を騙して貢がせるカメラマン。でも、実は、一色健治を愛していて、彼の名前でブログを書いて、必死に彼を探していた。うたた寝する一色にキスしたシーンは、意外で衝撃的でした。でも、リアリティがありました。鴻上さんにも、こういう引き出しがあったのですね(^^;
ラストで、彼がどうなったのか、これからどうなっていくのか、すごく知りたかったです。


■小田切美保:小野川晶
ラストで「サヨナラー!」って何度も叫ぶ晶ちゃん、とても良かったです。思わず涙ぐみました。
晶ちゃんの芝居で良かったと思ったの、初めてだったかも。ナマで見たかったです。


■夏川理香:大久保綾乃
一色健治を担当する編集者の役。
大久保さんは、虚構の劇団の女優さんの中で、一番うまいと思います。
あとは何か・・・・・何かが・・・・・ミニスカートではない何かが(^^;


■田中実:渡辺芳博
IT企業の社長、実は、過去に人を殺した経験のある人の役。ズバリ「影のある男」。
奈津季ちゃんとのコンビは、この芝居からだったのかな?そして、フンドシは、これから恒例になるのでしょうか(^^;


■桐谷舞:高橋奈津季
田中実の影に惹かれて、彼を支え続ける女性。彼女自身にも強いトラウマがある。
奈津季ちゃんの役って、どうしてこう、いつも設定が難しいのでしょうか(^^;


■クミラー:小沢道成
男でも女でも人間でもない役が恒例?になりつつある道成君。結構重要な役だったので、とにかくあっち行ったりこっち行ったり、空飛んだり落っこったり(笑)、忙しそうでした。
是非、一万人のお客さんの前で再演して、華麗なワイヤーワークを見せて欲しいです(笑)。


■島袋日菜子:大杉さほり
カメラマンの広瀬に貢ぐ女性の役。
大杉さん、歌うまいですね!「骨なしチキン」の二人を完全に食っていました(笑)。男に貢いだり売れないバンドのファンとかやったりしないで、自分がデビューすれば良いのに。


■松山大悟:三上陽永
バンド「骨なしチキン」の一人。
三上君は、この後の「アンダー・ザ・ローズ」の「三上マスク」のインパクトが強くて(^^;
三上マスク名義で、ツイッターもやっていたしね!頑張ってます。


■小池良太:杉浦一輝
なかなかブラックな役で。
今回、杉浦君の「小池良太」を見ていて思ったのは、
「キャラクターの設定を深くすれば、そのキャラクターは、深くなるのか?」
小池は、ほかの役に比べて、決して深い役ではなかったと思うのですけど、桐谷舞の画像を手に入れて「脅迫しちゃおうぜ」という発想に行くのは、なんとなくリアリティがありました。
役者の想像力がキャラクターに追いついていたから!?


これを書いていて、「アンダー・ザ・ロウズ」のパンフレットに、袋とじページがあったことに今ごろ気付きました(^^;
女子のぶっちゃけトークが面白かったです(^^)
[PR]
by june_h | 2011-07-17 11:49 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

チケットを既に取っていて、休みの日に観に行く予定だったのですが、体調が悪くて泣く泣くキャンセル(T_T)
こういう生モノのチケットは、他の日と換えられないのが悲しい。
というわけで、DVDを購入しました。
虚構の劇団 第5回公演 「エゴ・サーチ」虚構の劇団 第5回公演 「エゴ・サーチ」
虚構の劇団の新作の中で、一番良かったかも!ラストが良かったです。

「エゴサーチ」とは、インターネットで自分の名前を検索すること。
誰もが一度は、やっているのではないでしょうか。
私も、自分の名前で検索すると、秋田の同姓同名さんが、図書券に当選していました(笑)。でも、とんでもないエロサイトまでひっかかってきて、背筋がゾッとしましたが、名字と名前で、別々にひっかかっていただけでした。あー焦った(^^;

それはさておき。
主人公の売れない小説家 一色健治は、同姓同名で自分と同じプロフィールを持つ人のブログがあることを知ります。
一色担当の女性編集者、売れないバンドメンバー、IT企業の社長と秘書、女性の幽霊、カメラマンと彼に貢ぐ女、そしてキジムナー?。これらのキャラがバラバラと描かれ、クライマックスで、一色がかつて住んでいたマンションの屋上に、全員つながるのがスゴかったです。

鴻上さん、でも、一つ言わせてもらうなら「横浜銀蝿」はナイでしょう(^^;
今の若い子は知らないと思いますし、知っていても、とっさに出て来ないと思うのです。
こういう「たとえ」に、ジェネレーションギャップが出やすいから、こういうセリフは、劇団員の子たちに任せていいと思うのですけど、いかがでしょうか・・・・・(^^;;;
[PR]
by june_h | 2011-07-16 12:13 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)