<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

読んだ後、現実逃避して
「『バック・トゥー・ザ・フューチャー』のドクがテロリストから手に入れたプルトニウムは、原子炉級プルトニウムと兵器級プルトニウムのどっちだったんだろう?」
って考えてみました(^^;
「日本は原子爆弾をつくれるのか」 山田克哉「日本は原子爆弾をつくれるのか」 山田克哉
原発も原爆も、元の原理は核分裂。でも、原子炉の中でジワジワ起こる核分裂と、原爆の一瞬で起こる核分裂は、全然違います。
それを理解するには、核分裂のメカニズム、そして、ウランとプルトニウムのアイソトープ(同位体)について理解しなきゃならなくて。
この本では、これらのことが、図解でわかりやすく説明されています。
そして、量子力学とか方程式とかにあまり突っ込んでいないので、その方面が苦手な人でも大丈夫。物理のテスト30点だった私でも(笑)。
たぶん、これ以上、簡単に説明するのは難しいと思います。

原子炉はともかく、原爆を作るには、いくつか越えなければならないポイントがあります。

まず、ウラン濃縮技術と施設。
天然ウランだと、ジワジワしか核分裂しないので、一瞬で核分裂しやすいウラン235の割合を高めるための「濃縮」をします。
でも、濃縮には、高い技術と莫大な費用と設備が。一番原始的な遠心分離法だと、数千個の高速遠心分離機が必要なので、施設を建設して、エネルギーを確保するだけでも大変!
戦時中のアメリカは、ウラン濃縮のためだけに火力発電所を作ったそうな(^^;

そして、効率良く核分裂させるための爆縮レンズの開発、ミサイルの開発などなど。
原爆を作っただけでは、核抑止力を手に入れたことにはなりません。原爆を目的地に飛ばす「弾頭」が必要なのです。

とにかく、どれをとっても、高い技術と莫大な費用がかかります。

日本に多い軽水炉型の原子炉で、ウランが核分裂すると、最終的にプルトニウムなどができますが、ジワジワ核分裂するプルトニウム240が多いので、原爆には使えません。これを「原子炉級プルトニウム」と呼びます。
原爆に使う「兵器級プルトニウム」を作るには、黒鉛炉や高速増殖炉を使います。

原爆だけでなく、今は水爆もあります。
こちらは、「核分裂」のメカニズムで爆発する原爆に対し、「核融合」を利用します。でも、核融合のトリガーとして、やっぱり原爆が必要なんだそうです。

さて、本題の、日本は原爆を作れるかどうか?

原爆は、第二次世界大戦中に世界中で開発競争が繰り広げられました。
アメリカで進められていた「マンハッタン計画」では、ゼロから原爆を製作して、たった3年で広島と長崎に投下するまでになりました。
日本でも当時、原爆の理論は、わかっていたので、極秘に開発が進められていましたが、肝心のウラン鉱石が手に入らず、ウラン濃縮すらできずに終戦。戦後、GHQによって、施設と研究資料は没収されました。

今の日本が本気で開発するとすれば、まず、NPT(核拡散防止条約)から脱退して、IAEA(国際原子力機関)の査察を拒否した後、3年から5年で核実験までこぎつけられるだろうというのが著者の考え。

できたとしても、国際社会が反対するし、なにより、広島、長崎、福島をはじめとした日本国民が、決して許さないでしょう。

原爆を作る最大の動機は「恐怖」。
戦時中のアメリカは、ナチスドイツが原爆実験に成功する前に、なんとしてでも作りたかったので、恐るべきスピードで開発したのです。
そして、インドとパキスタンも、お互いの侵略の恐怖から、核抑止力を持つこととなりました。

問題は、原爆自体ではないのです。
[PR]
by june_h | 2011-10-31 20:36 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

無農薬・無肥料・フェアトレードの「幻のスリランカコーヒー」を、相模原のフリーマーケットで販売します!
私が今年の夏、実際に、スリランカの山奥のコーヒー畑で見てきたコーヒーです。
友達と二人で「売り子」やります(^^)

スリランカコーヒーは、ようやく、商品化できるまでに豆の数が増えてきたところ。
数が少ないので、本当にまだまだ「幻」状態のコーヒーですが(^^;
お近くにお住まいの方々、自然食品などにご興味がある方々、駅から少し遠いですが、ぜひぜひいらしてくださいね♪
第3回「ぐるぐるつながりマーケット」

体にやさしい無農薬野菜、食材、天然酵母のパン、お菓子などの販売や
グリーン、アロマ、ハーブなどの癒し系雑貨など沢山集めました。
ecoやフェアフェアトレード、様々な支援をしている
地球に優しい小さなお店たちの1日だけのコミュニティーマーケット。
ぜひ、遊びに来てくださいね。

●2011年10月30日(日):10:00-16:00
●場所:グリーンライフショールーム 神奈川県相模原市中央区田名5570
 JR橋本駅 南口 バスロータリー2番乗り場「望地キャンプ場入口」行 「陽原(みなばら)」駅 下車

■ぐるぐるつながりマーケット入場チケットはこちら↓↓
http://www.soyo-inc.co.jp/guruguru.html

[PR]
by june_h | 2011-10-30 20:04 | 健康 | Trackback | Comments(0)

スパイス農園に連れていってくれたタクシーの運転手さんが、ホテルに戻る途中にあった、大きなヒンドゥー教寺院に寄ってくれました(^^)
d0108969_1662425.jpg

スリランカには、ヒンドゥー教徒のタミル人がたくさん住んでいますので、仏教寺院と同様ヒンドゥー教寺院もたくさん目にしました。
d0108969_167025.jpg

無数の神様が絡み合った巨大な塔。
いかにも「ザ・多神教」って感じです!
d0108969_1671775.jpg

コワそうな女神様。
仁王様・・・・・じゃなくてカーリー女神かな?
d0108969_1674249.jpg

ガネーシャ様カワイイ♪(友達撮影)
d0108969_16121162.jpg

[PR]
by june_h | 2011-10-29 16:14 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

友達がイトオテルミー温熱療法の療術師ということで、体験させてもらいに、ご自宅にお邪魔させていただきました(^^)

イトオテルミーとは、日本人の伊藤金逸さんが1929年に鍼灸をヒントに考案した療法。
燃える線香が入った温かい金属の棒で、体のツボをこすったり押したりして、体のエネルギーバランスを整えたり、体質改善したりします。
「ソフトなお灸」のようなイメージでしょうか。

まずは問診です。
鍼灸が基になっているので、東洋医学的に問診します。

私は、腎と消化器系が弱いとのこと。
例えば、私は、疲れるとラーメンの汁を飲みたくなりますが、しょっぱいものを欲するのは、腎が悪い証拠なんだとか(^^;
それから、麺類が好きですが、胃が弱い人はパンや麺類を好むのだそうです。

問診が終わったら、いよいよ施術。
パンツ一丁になって施術台に横たわり、タオルをかけてもらいます。
洋服の上からではなく、皮膚を直接刺激するんですって。

線香の点火は、ロウソクを使います。
ガスなどの火より柔らかいんだそうです。

線香を金属の棒に充填して、体をあちこち擦ってもらいます。
腎を刺激するため、内くるぶしのツボを擦ると、あら不思議。
右はすぐに熱くなったのに、左は全然温まらない。
左の方が冷えているみたい。左右でこんなに違うなんて!
体の状態によって、線香の出方も違うそうな。

一時間ほどで施術終了。
なんだか体の中が、とてもあったまった感じ(*^_^*)

次の日、いつもよりかなり多い「お通じ」がありました(^^;
でも、全然臭くなかったのです(^^;

冷え性の悩みがある妹も、私の効果を聞いて、早速テルミーの予約。
終わった後は、彼女は、小さい頃火傷した左肘が痛み、食欲も抑えられたたとか(^^;

しっかり消化&デトックスできたみたい!
[PR]
by june_h | 2011-10-28 12:14 | 健康 | Trackback | Comments(0)

アーユピアサのあるマータレーは、スパイスの一大産地!
スパイスは、スリランカの豊かな富の源であり、このスパイスを求めて、欧米人達は、スリランカを植民地にしてきたのです。
今でも、マータレーは、スパイスを栽培するシンハラ人やタミル人、売買するイスラム系など、様々な人種の集まる場所となっています。

アーユピアサから車で40分ほど走って、政府公認のスパイス農園に到着。
ここは、スパイスの見学コースがあって、日本語のお上手なガイドさんが説明してくださいます。

これは、ナツメグ。
d0108969_16244451.jpg

肉料理によく使うスパイスですね。私もスペアリブを作るときに、よく使います。
ホメオパシーでもナックスモシャータ(Nux-m.)としてお馴染み。
d0108969_16254188.jpg

これはウコン。
ウコン=ターメリックだって、最近知りました(^^;
生薬としておなじみですし、カレーにも使われています。
d0108969_1627511.jpg

こちらはトラボ。
脱毛クリームに入っている成分で、スリランカでは、お坊さんが頭の毛を脱毛するのに使うんだそうです。
私も試しに脚に塗ってもらったところ、20分ほどで毛が抜け(溶け?)ました。
d0108969_16293715.jpg

これは、子供が大好きカカオの実。
茶色いのが実で、周りの白い部分がカカオバターです。
d0108969_16342919.jpg

パイナップルって、こうやって鎮座ましましているのですのねぇ。
d0108969_1638478.jpg

これはシナモン。私、あんまし得意じゃないんです・・・・・。
d0108969_16431264.jpg

シナモンスティックをチョコレートか何かと間違えてガリっと噛んじゃって、ヒドい目にあったことがありまして(^^;
d0108969_16451760.jpg

これはクローブ(丁子)。
d0108969_1649582.jpg

かじるといい香りがするのですよね!
d0108969_16515072.jpg

見学が終わった後、農園に併設されているスパイス屋さんで、お土産をまとめ買い。
スパイスの香りに囲まれてシアワセでした(^^)
[PR]
by june_h | 2011-10-26 16:56 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

大手化学会社役員の砂田さんのドキュメンタリー映画。
砂田さんは、定年を迎え、セカンドライフを謳歌しようとした矢先、末期ガンで余命半年だと宣告されてしまいます。
何事も自分で決めないと気が済まない彼は、早速パソコンに向かって「エンディングノート」を作成。それは、死ぬまでに自分がやりたいことリストと、家族への遺書。

「伊勢志摩でアワビのステーキを食べる」「カトリックの洗礼を受ける」「葬式会場の下見をする」「孫に会う」などなど、リストに従って、着々とこなしていく砂田さん。
とにかくなんでも「段取り」を決めないと落ち着かず、これまた父親譲りの「段取り」好きな長男と、危篤寸前まで、自分の葬式プランを確認・・・・・。

正直ぶっちゃけ
「もっといい加減に生きてたら、ラクに長生きできたんじゃないのか」
と、ミもフタもないことを小声で呟きたくなりましたが(^^;
でも、きっと、この几帳面さが、家族と会社と日本を支えてきたのでしょうし、自分が納得する形で死を迎えるのも、一つの幸福の形ですよね。

最後のリストにあったのは、
「妻に(初めて)愛していると言う」
このご夫婦は、いろいろあって、定年後に別居して、週末だけ会う「週末婚」状態だったのですが、病床で奥さんは
「パパがこんなにステキな人だったなんて・・・・・一緒に逝きたい」
と感涙。

私は
「男って、散々好き勝手やっといて、最後の「愛してる」「ありがとう」で全てを帳消しにしようとするから、なんか腹立つ」
と思いました(^^;

何もかも決めた後、あっという間に意識を失って、家族全員に看取られた砂田さん。
お葬式も段取り通りつつがなく終わり、まるで、教科書に載っている、お手本のような、人生のエンディングでした。

カメラを回していたのは、砂田さんの末娘。家族だからこそ、生々しい夫婦喧嘩やお金の話が撮影できたのでしょうね。
娘さんのナレーションが面白くて味があって、泣いたり笑ったり。
不謹慎かもしれませんが、とても「面白い」映画でした(^^)
[PR]
by june_h | 2011-10-25 21:11 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

アーユルヴェーダリゾートのアーユピアサの敷地には、いろいろな植物が育っています。

こちらは、有機栽培米。
収穫したお米は、もちろん、アーユピアサの食事に使われています。日本人にとっては懐かしい風景です。
d0108969_12433238.jpg

こちらは蓮の花。
スリランカでは「マーネル(Manel)」と言うそうです。
スリランカの国花で、女の子の名前としてポピュラーだそう。
日本で言うと、さしずめ「サクラちゃん」ですね。
d0108969_1248169.jpg

私のガイドさんも「Manel」さんで、私達が泊まった部屋も「Manel」でした。
不思議と縁のあった言葉でした。
d0108969_12491129.jpg

立派なチョウセンアサガオのつぼみがありました。
夜になると、怪しく咲くのでしょう(笑)。
d0108969_1238382.jpg

ホメオパシーではお馴染みの植物ですが、アーユルヴェーダでも使うそうですね。
d0108969_1239798.jpg

スタッフさんが「来て来て!」というので、行ってみると、鳥の巣の中に生まれたてのヒナが!
d0108969_12395094.jpg

前日までは、卵だったんだそうです。
d0108969_12402738.jpg

でも、すぐにママさんが飛んで来ました。
「ちょっとアンタ達、何やってんのよ。早くどっか行きなさいよ!」
と睨まれました(^^;
d0108969_12405919.jpg

こんな不思議な実が落ちていました。
そのままブローチにできそうですね(^.^)b
d0108969_12374945.jpg

[PR]
by june_h | 2011-10-24 12:52 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

以前NHKで、藤原紀香&原田泰造でドラマ化されたこの作品。泰造さん、かなり良かったのを覚えています(俳優の泰造さん好き♪)

今回は、宮崎あおい&堺雅人の『篤姫』コンビ。
堺雅人の第一印象が
「なんかこの人神経質そうでコワい」
だったので、神経質でこだわり屋さんで責任感が強くて鬱になってしまう「ツレ」の役にピッタリでした(^^;

布団をかぶって「申し訳ない」と泣いたり、なんでも自分のせいに思ってしまう「ツレ」の姿に、客席からクスクス笑いが聞こえましたが、私は、「自分が通って来た道」なので、あんまり笑えなかったです(^^;
私も一番大変だったとき、「ツレ」と同じようなことをやって来たし、同じようなことを言われて来たなぁと。
懐かしかったし、泣いちゃったし、ちょっと笑いました。

アンティークのガラス瓶のように、「割れずに今あるだけで素晴らしい」こと。
奥さんのハルちゃんの「割れるな、ツレ」のイラストに涙が止まらず。
ハルちゃんも「ツレ」を見守るのが大変だったと思いますが、ほのぼのしたイラストは、ハルちゃんの真の強さの証と思います。

私が一番ツラかったときに、付けていたノートがあるのです。ツラい思い出なので、未だに見られずにいますが、開いてみてもイイかなって、少し思いました(^^)
[PR]
by june_h | 2011-10-21 19:22 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

着ていたものを脱ぎ、用意された使い捨ての紙パンツ一丁に。
マッサージ台に寝転がって、トリートメントを受けます。

手足や背中など、優しいマッサージにウットリ(*^_^*)
私は、旅行中は気が張ってしまって、うまく眠れないのですが、マッサージを受けている時は、ウトウトできました。これだけでも、疲れが取れるので助かります。

ボディマッサージの後は、シロダーラー。アーユルヴェーダと言えば、これは外せません!
額にオイルをたらし、頭部を浄化するトリートメントです。
長くて40分、私は20分くらい、受けましたが、その間、施術者が、オイルが目に入らないようにしつつ、額にまんべんなくたらし続けるわけですから、かなりの神経と労力を使います。
それにしても、スゴい量のオイルを使うのですね!なんて贅沢なんでしょう。

一通り終わった後は、用意された丸薬を3粒ほど飲むように促されました。
生姜など、いろいろな生薬が入ったもののようでした。
最後に、額にミントのようにスースーする塗り薬を塗って、午前中のトリートメントは終了。
リフレッシュできました\(^O^)/
d0108969_2159553.jpg

[PR]
by june_h | 2011-10-20 21:59 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

沖縄の精神科医で、スピリチュアルなケアを治療に取り入れている越智啓子先生と、横浜の産科医で、幼児の胎内記憶を研究している池川明先生の対談本。
この二人の対談、面白くないはずがないです!
「魂の処方箋」 越智啓子×池川明「魂の処方箋」 越智啓子×池川明
胚細胞師さんが人工授精の作業をするとき、受精卵が光るとうまくいくとか。受精卵を作るとき、歌った方が確率が高くなるとか。
やっぱり生命って不思議!

池川先生のクリニックには、お腹の赤ちゃんの言葉を翻訳してくれる「胎話師」さんがいるらしい。
私、妊娠してないけど、行ってみたくなったぞ(笑)。

池川先生は、中絶するということに対して、大変苦しんでいる様子。人を救うはずの医者が、そうでないことをするわけですから。中絶を希望する妊婦さんが来院したときは、かなり話し合うそうです。
でも、越智先生に「生まれてくる赤ちゃんは、中絶されることも含めて自分で選んでいる」と聞いて、とても救われた印象でした。
この質問も含めて、池川先生は、越智先生に質問責め。生命の誕生は、不思議なことだらけ。意味がわかったら、とても面白いし、感動します(^^)

越智先生は、「人間は肉体という「宇宙服」を着て、この世でしかできないことを体験するために生れてくる」と言います。
私も、この世でしかできないことをたくさんやって帰ります!
[PR]
by june_h | 2011-10-18 17:12 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)