<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

小澤征爾さんの娘さんと、村上春樹さんの奥さんが親しかったことから実現したらしいこの対談。

小澤征爾さんと、音楽について話をする

小澤 征爾 / 新潮社


村上さん曰く、お互い表現は違えど、小澤さんと自分が似ているのは、
・仕事をすることにどこまでも純粋な喜びを感じていること。
・若い頃と同じハングリーな心を変わらず持ち続けていること。
・頑固なこと。

私が思うに、二人の共通点は更に
・世界的に有名なこと。
・日本国内の同業者(評論家?)には冷淡に扱われてきたこと。
だと思います(^^;

小澤さんは、村上さんのことを
「レコードマニアは、レコードやCDを買った時点で満足することが多いのに、正気の範囲をはるかに超えているほど、音楽を深く聴いている人」
だと。
なので、クラシックに関する村上さんの膨大な知識と鋭い質問に触発されて、小澤さんは、かなり深い話を思い出していって、素晴らしい対談になっています・・・・・が、私には、深すぎてほとんど分かりませんでした(^^;

だって、私、小澤征爾よりもカラヤンやバーンスタインの方がよくわかる・・・・・わけでもないんですもの(^^;
かろうじてわかったのは、ストラヴィンスキーの『春の祭典』。リズムが難しすぎて、ストラヴィンスキー自身が演奏できず、簡単な演奏に改定しちゃったんだとか(^^;;;

あと、マーラーの奥さんが浮気した時、ショックを受けたマーラーが、フロイトの治療を受けていたなんて、興味があります。

村上さん曰く、文章の書き方は、音楽から教わったそうな。
文章は、とにかくリズムが大切なんだと。このあたり、音楽と通じるものがありますね!

小澤さんは、とにかく楽譜を読むことが大切だと仰います。
頭で考えて読むのではなく、楽譜から音楽をそのまま体で受け入れるのだと。
20代までピアノを続けていながら、初見は愚か、音符もロクに読めない私は、耳が痛い(^^;

恐らく、歴史に残る対談でしょう・・・・・が、評論家の方々は、評価しないのかしらん(笑)。
[PR]
by june_h | 2012-06-27 12:23 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

タイムボカンシリーズで一番好きだったのが、このヤッターマンです(その次が逆転イッパツマンかな?)。
ヤッターワンから出てくる小型メカが面白かったのよね♪

実写化されると別モノになってしまうことが多いですが、三池崇史監督の、原作アニメに対するリスペクトがよくわかる出来です。

ただ、残念だったのは、ドロンジョ様のイメージは、深キョンじゃない!
ワタシ的には、杉本彩に露出たっぷり目でお願いしたかった(笑)。
杉本彩だと、桜井君と年齢的に釣り合わないからかしら・・・・・。
でも、深キョンのコスプレオンパレードは良かったっす!

[PR]
by june_h | 2012-06-26 12:59 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

チェーホフって、こんなに面白かったっけ?・・・・・いや、三谷さんの腕がイイからですね!

これからご覧になる方、開演の10分前には、着席できるようにしておきましょう!「前説」が始まりますので。

私、登場人物が多い芝居は、顔と名前が覚えられなくて、疲れて終わってしまうことが多いのですが(笑)、三谷さんの芝居だと、ちゃんと覚えられるんです。キャラがハッキリしているし、必ずキャラを印象づけるエピソードが入っているから。
そして、毎度思いますが、人物が登場するタイミング、話に絡むタイミング、消えるタイミング、本当に計算され尽くしていますね。
ちゃんと、この登場で、このセリフで「客の笑いが入る」って、台本に書いてあるんじゃないかと思うくらい(^^;

ただ、今回、登場人物の名前は覚えられませんでした(^^;
だって、ロシア人の名前って、ワーリャとかヤーシャとかアーニャとかなんだもん(笑)。このことは、前説でも突っ込んでました。

私は、特に神野三鈴演じるワーリャと、市川しんぺー演じるロパーヒンが好きですね。
想いを抑圧したことで、屈折してしまったトコがね(笑)。

っていうか、今回、やたらとキレキャラが多くなかったですか??

私、小説の『三国志』は、登場人物が多過ぎて、1巻の途中でいつも挫折してしまうのですが、三谷さんがもし、三国志を書いてくれるなら、大丈夫な気がします!

P.S.
ロビーのお花を見ていたら、青木さやかの名前が多くて、出演者にやたらと花を贈っているぞ!とか思っていたら、青木さやかは出演者で、贈られる方だったのですね(^^;
[PR]
by june_h | 2012-06-24 17:35 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

この映画の続編『エリザベス・ゴールデンエイジ』は、劇場で見たことがあります。
先日、この映画がBSで放送されていたので、やっと見られました!

エリザベス [DVD]

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


ヘンリー8世の娘だったものの、母親のアン・ブーリンが処刑されて「庶子」に。
異母姉のメアリ1世は、彼女を「政敵」と見なしてロンドン塔に閉じ込める。しかし、メアリ1世の急死で、エリザベスは、イングランド女王として即位することに。

しかし、当時のイングランドは、問題だらけ。
国内では、カトリックとプロテスタントが対立。
王権の基盤が脆弱なのに乗じて、フランス、スペイン、スコットランドが、勢力拡大を狙う。
しかも、ノーフォーク公が王位算奪のために謀反を起こそうとしている。
誰も信じられない状況の中、エリザベスが愛するロバート・ダドリーの裏切りを知る・・・・・。

冒頭から火あぶりの刑のシーン。更に、拷問、斬首などなど、中世ヨーロッパならではの残酷シーンが目白押し(^^;
ロンドンのマダム・タッソー館を思い出しました。
拷問や処刑シーンや凶悪犯を臘人形にするなんて、イギリス人は趣味が悪いと思ったものです(笑)。

スコットランドって、言葉が違ったんですね!
メアリー・スチュワートが違う言葉を使ってて。
ウェールズが違うのは知っていたけど。

舟遊びやダンスなどなど、中世イギリスの風俗がいろいろわかって興味深かったです!
[PR]
by june_h | 2012-06-22 12:14 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに、ネットについて書きます。

私のブログのアクセスログを見ていて気づいたことがあります。

私のブログ、ブログサービス会社から時々チェックされてる・・・・・。

どうも、特定のワードがブログ記事の中に含まれていると、チェックが入るらしい。
で、私が推測した結果、大体こんな言葉がひっかかっているみたい。

・犯罪に関係する言葉
・ポルノに関係する言葉
・宗教?に関係する言葉

NGワードが入っている記事は、アップできないブログもあるようですね。
でも、本当に悪いことしている人達は、そのものズバリのワードは出さないと思うけど(^^;

あと、それ以外のワードでも、いくつかチェックされているらしい・・・・・と、アクセスログから勝手に推測しています。
チェックが入って、内容が問題アリと判定されると、閉鎖されたりするのかな・・・・・。

それから、アクセスログを見ていて、もう一つ「チェックされてる!?」ことに気付きました。
でも、これは、私の単なる思い違いかもしれないので、ここでは書きません(笑)。
気になる方は、声をかけてね(^^)b
こっそり教えます(笑)。
[PR]
by june_h | 2012-06-21 14:02 | SEO対策 検索 | Trackback | Comments(0)

私の持っている「偏見」の中で、
「早稲田大学出身のタレントは理屈っぽい」
というものがあります(笑)。

タモリしかり、デーモン閣下しかり、鴻上尚史しかり、やくみつるしかり・・・・・そして、ラサール石井も。
けなしているわけではなく、博識ぶりと分析力がスゴい!
この本でも、ラサール石井が、自身の「コント赤信号」のことから、お笑い番組の歴史、芸人批評まで、鋭くえぐっています。

笑いの現場―ひょうきん族前夜からM‐1まで (角川SSC新書)

ラサール石井 / 角川SSコミュニケーションズ


彼が、他の評論家やお笑いオタクと違うのは、彼自身が芸人として、他の芸人やスタッフと共に、「お笑い」を作ってきたところ。
第一線の現場にいて、演者の気持ちもスタッフの気持ちもよくわかっているのですよね。

お笑い番組の歴史や、ビートたけし、明石家さんまについての評論は、わかりやすさと鋭い分析で、なるほどと思います。
私も「花王名人劇場」の時から、お笑い芸人さんが好きなので、いちいち懐かしかったです。
ザ・ぼんち、ゆーとぴあ、オール阪神・巨人・・・・・幼稚園に行っていた時、好きだったなあ。

ただ、ラサール石井自身のことは、あまり書かれていないような。
芸人として「君臨」するビートたけしや明石家さんまに対して、嫉妬を抱いたこともあったはず。
とても頭の良い人なので、自分の「立ち位置」が、すぐにわかったのでしょう。
彼自身の葛藤も知りたかったです。
[PR]
by june_h | 2012-06-19 12:36 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

三社祭 2012@浅草

浅草寺のライトアップを見てから2週間後。
私は、友達と一緒に、またまた浅草に。

詰所に行くのは2年ぶり。
棟梁に、せっかく詰所までの地図を書いてもらったのに、2人して方向音痴なので、気付けばなぜだか住所が「上野」に(笑)。

後で棟梁に、「どうやったら上野に行けるんだ」と、かなり笑われました(^^;

私達が詰所に着いた時には、もう皆、雷門に集合していて。
棟梁と板前のおじさんが、私達をわざわざ待ってくれていたのです・・・・・ごめんなさい(><)

今年の三社祭は
・700回記念
・昨年は震災で中止になったので2年ぶり。
・東京スカイツリーができた。
・浅草寺の工事が終わって初。

などなど、混雑要素満載(^^;
棟梁の話によると、例年並みとはいうものの、はたしてどうなりますことやら。

いつもの雷門の下。
既に皆さん準備万端。
神輿が来るのを待ちます。
d0108969_10573576.jpg

今年は、神輿が遅いんじゃないかしらって思っていましたけど、そうでもなかったです。

神輿が到着して、いよいよ宮入りが始まります。
木遣り唄が終わったら、すぐに走る・・・・・この瞬間が一番緊張しますが、今年も無事、なんとか切り抜けました。

この後、友達が神輿を担ぐのを、写真に撮ろうとするのですが、今年もチャンスを逃しました(^^;
神輿の周りは、やっぱり危ないので、自分の身を守るので精一杯なんです・・・・・。
普段よりも、仲見世通りが歩きにくかったように思います。

浅草寺の工事中は、浅草神社から迂回する形で宮入りしていたのですが、今年は、工事が終わったので、「本当の」宮入りが見られます!
私も友達も初めてなので、大興奮♪
d0108969_10595869.jpg

スカイツリーも、まだオープン前でしたが、美しくライトアップ!
d0108969_1111666.jpg

浅草寺境内に到着した神輿は、浅草神社へ。
d0108969_1134770.jpg

想像以上の美しさ♪
d0108969_1145282.jpg

浅草神社へ。いよいよクライマックス!
d0108969_1161355.jpg

無事到着。三本締めっす!
d0108969_1182075.jpg

宮入り完了!
d0108969_1184712.jpg

[PR]
by june_h | 2012-06-17 11:09 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

「タイトルが胡散臭くてオドロオドロしいけど、中身は地に足が着いて良い本」ということで、友達から勧められて読みました。
書いてあること、イチイチごもっともで、一気に読んだら目が痛くなりました(^^;
スピリチュアル系に興味のある人なら、必ず読んで欲しい本です!

魂を磨くアセンションを阻む闇の手口

鈴木啓介 / ビジネス社


著者の鈴木さんは、元々、外資系製薬会社に長年勤務していた、スピリチュアルな世界には、全く無縁だった方。
しかし、ある日、不思議な体験をして、チャネリングできるようになったんだそうです。

今では、チャネリングのセミナーを主催するほどの方ですが、この世界、いろいろ注意が必要だと言います。

世の中にチャネラーやヒーラーを名乗る人は多けれど、現世利益を謳う人や、「キリスト」「ブッダ」などのビッグネームを持ち出す人は要注意!
良くないモノとつながって、悪い波動を出していたり。それにつられて集まる人も、欲の皮突っ張ってたり(^^;

人のために「能力」を使うというより、自分は特別な人間であることを示したいという自己顕示欲が見え隠れする人も。

別に、この世で超能力者にならなくったってイイんです。
超能力者じゃなくったって、素晴らしい人はたくさんいます。
それに、あの世に行ったら、空飛んだり、テレパシー使ったり、一瞬で行きたい場所に行ったり。もれなく全員超能力者になれるんですから(^^;

「肉体」という制限の中で、この世でしかできないことをしに来ているんです。
苦労を乗り越えた末の感動とか、嬉し涙とか、誰かを憎んだり傷ついたりすることでさえ、この世でしか味わえないんですよ。きっと。

霊能者とかチャネラーとかって、骨董屋さんと同じだと思うんです。
自分に「見る目」がないと、ニセモノばっかり集まって来てしまうという(^^;

この世には、完全な人はいないんです。
どんな聖人君子でも「エゴ」から逃れられないんです。
最初は、素晴らしい人でも、周囲から持ち上げられているうちに、道を踏み外すことだってあるのです。
自分で考ることをせず「教祖」に判断を全部預けてしまうなら、それは、依存以外の何物でもありません。

興味深いスピリチュアルな世界、間口は広そうですが、付き合い方には注意!ですね。

・・・・・しかし、いつも思いますけど、この本の出版元の「ビジネス社」は、ビジネスの本じゃないのもたくさんありますね(^^;
[PR]
by june_h | 2012-06-14 12:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

今年3月までBSジャパンで放送されていた「デキビジ」。
勝間和代が毎回ゲストを呼んでトークする番組でした。
私は「カツマー」ではありませんが、地上波に登場しないような人や、マスメディアが取り上げないような情報が聞けるので、震災後からよく見ていました。

この本は、デキビジにやって来た女性ゲストとの対談がまとめられています。

勝間和代責任編集 すごい女子会 (#デキビジBOOKS)

勝間 和代 / アスコム


女性の悩みで、特に多いのは
「結婚・出産で仕事をどうするか?」

このことについては、初っぱなの西原理恵子さんとのトークが一番印象的でした。

彼女曰く、最近の若い女性は、専業主婦志向が強いそうで。
これは、旦那に食べさせてもらってラクしたいという表れかもしれないですけど、これってかなり「危険」な考え方ですよね。
だって、旦那さんが病気になるかもしれないし、仕事クビになるかもしれないし。離婚率だって上がっているし・・・・・。
そうなったら、自分で家族を養っていくって覚悟はあるんだろうか、と。

西原さん曰く、この世には、お金で買えないものはあるけど、お金があれば、大抵どうにかなる。
西原さんは、旦那さんがアルコール中毒になったけど、西原さん自身に稼ぎがあったから、旦那に適切な医療を受けさせることができたのだそうで。

なんでも「依存的」な考えだと、旦那を恨み、子供がいるから別れられないと泣き、自分の不運を嘆きながら生活することになりますよ・・・・・私の母のように(^^;
[PR]
by june_h | 2012-06-13 12:12 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

なぜこんなに千原ジュニアが気になるのか。

うたがいの神様

千原 ジュニア / 幻冬舎


妹は、私の男の趣味が悪いからだと言います(^^;

最近気づいたのは、スガシカオに似ているからかもということ。
私がシカオちゃんに感じている「色気」を、よく似たジュニアにも感じてしまっているのかもしれません(^^;

最大の理由は、彼が「違う世界」を見せてくれるから。
いつも見ている世界が、彼の一言で、全く違ったものに見える・・・・・。
私は、人間でも本でも芝居でも、発想を転換させてくれるものが好きです♪

ジュニアがそれをできるのは、彼が小さい時から常に「常識を疑う」姿勢を持っていたから。
ある意味、堀江貴文さんと似ていますね・・・・・表現方法は、全然違うけど(^^;

「無農薬りんご」の栽培に成功した木村秋則さんに興味を持って会いに行ったり。
「セレンディピティ」って言葉が好きだったり。

わかるわかる~ってことばかり。

読んでいて、うすうす感じたのは、

アタシと考え方似てるかも・・・・・(^^;

そういえば、この前、テレビ番組で、ジュニアが、ある選択肢から「好きなもの」をどんどん選んでいったら、私も全部ジュニアと同じ答えだった(^^;

私も、やっぱりジュニアみたいに面倒くさい性格なんだなあ(笑)。

一番納得したのは、バイクの事故に遭って食べられない時期があったから、少しでも美味しいものを食べたいということ。
1日3食として、一生で食べられるものは限られるわけで・・・・・。
私も病気で食べられなかった時期があったので、スッゴくよくわかります。

最後に気になった一言を引用。
辛いことが多い日々です。上司に怒られたり恋人に裏切られたり、仕事で失敗したり。でも、いいじゃないですか。虎に食われて死ぬわけじゃないし、鳥に自分の子どもをさらわれるわけでもなし

[PR]
by june_h | 2012-06-12 12:41 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)