<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

家から近いので、行ってみました。


■三遊亭楽大:寄合酒
噺に出て来るお金の単位で、その噺の成立時期がわかるよね。
「両」なら、江戸時代かもしれないし、「銭」なら、明治大正時代かな。
でも、最近できたやつでも、「両」を使うこともあるけど。


■三遊亭楽京:紙屑屋
紙屑屋は、物まねやら花火やら、やたらとハデにやる林家たい平と比べてしまいます(^^;
この方は、長唄で勝負!?こちらが本来の姿かもしれませんが・・・・・。


■三遊亭楽生:短命
派手な出囃子でビックリ。『元禄前弾き』というそうで。
地元春日部の市立病院で生まれ、八木崎で3歳まで育ち、春日部高校卒ということで、応援されている方がチラホラ。
出囃子も賑やかですけど、話し方も賑やかで(^^;
でも、話しながら自分で笑っちゃうのは、どうなんでしょう・・・・・。


■ニックス:漫才
姉妹コンビで、アメリカ人のお祖父様の名字がコンビ名だそうです。
円楽さんの一門なんですね!漫才師でも落語家の弟子になれるとは!


■三遊亭円楽:ねずみ
好きな噺ですけど、今回のは、ちょっと・・・・・。
継母による息子の虐待シーンを、やたらたっぷりやりましたね。
恐らく、タイムリーなニュースに合わせたんでしょう。
こういうことをする噺家は、他にもいますが、時事問題に絡めるのは、笑点の大喜利やマクラだけにして欲しい。
落語でシュプレヒコールは、野暮ですぜ(^^;
[PR]
by june_h | 2013-04-29 12:54 | 落語会 寄席 | Trackback | Comments(0)

水曜どうでしょうディレクターの「藤やん」こと藤村さんのエッセイです。

けもの道

藤村 忠寿 / メディアファクトリー


おそらく、彼には
「テレビ局に入るにはどうしたらイイですか?」
「面白い番組を作るには?」
「視聴率を上げるには?」
「楽しく仕事をするには?」
みたいな質問が、いっぱいくると思うのです。
こういう質問に、自分の生い立ちを語りながら答えています。

藤やんが大事にしていることは「場を作る」こと。
『水曜どうでしょう』なら、どうでしょう班の4人が楽しめる場を作る。雰囲気は、カメラ越しに視聴者に伝わってしまうものですからね。
ドラマなら、役者さんが本気になれる場を作る。そうすれば、演技は後からついてきます。

そして、「プロセスを大事にする」こと。
『水曜どうでしょう』は、「どこへ行ったか」という結果は、いつもテキトーで、どうでもいい感じですもんね(^^;
それよりも、どこかへ行くまえの、車内での会話とか、ケンカとか、宿のバカ騒ぎとか。
修学旅行も、「どこへ行ったか」よりも、皆で何をしたかということの方を覚えているものです。
そういう意味で、藤やんは、何が一番面白いかわかっている。

一番、納得する言葉は、
無駄だと思えることのなかにこそ、ひとのこころを動かすものがある
『水曜どうでしょう』なんて、無駄だらけですからね(^^;
藤やんが一番大事にしているのは、お金でも視聴率でもなく、人の心を動かすこと。
視聴率を気にして番組を作っても、なかなか上手くいかなかった。
でも、面白い番組を作ったら、視聴率もついてきて、DVDがたくさん売れて、CM広告費よりたくさんのお金が入ってきた。
「基本に徹する」ということなんだと思います。

この本を読んで改めて思いますが、藤やんって適当に見えて、ちゃんと考えているのですよね。
だから、視聴者から、こうしろああしろって言われても、キッパリ「できねえ」って断れる。ちゃんと考えているからブレない。

そして、結構大事だなぁと思う言葉を。

希望というものは、どこかでちゃんと諦める日のためにある

[PR]
by june_h | 2013-04-27 13:31 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

脳科学者の池谷裕二先生と、エッセイストの中村うさぎさんの対談本。
なんて意外で大胆なトリアワセ・・・・・と思いましたが、池谷先生から中村うさぎにラブコールを送ったんだそうな(^^;
そんなわけで、「今までの対談で一番楽しかった」と、大満足の池谷先生。

二人を取り持ったのは、敏腕編集者の中瀬ゆかり。納得です!

脳はこんなに悩ましい

池谷 裕二 / 新潮社


読んでいて、どうして池谷先生が中村うさぎを「尊敬」するのかわかったような気がします。
この二人、ベクトルは違えど、好奇心の量と実行力は、いい勝負。
池谷先生が、ある理論を口にすると、頭の回転の良いうさぎさんが「それってこういうこと?」と、絶妙な例え話を出します。テンポの良い対談です。

そして、池谷先生の発言は、全部、論文の裏付けがあり、巻末に参考論文一覧があります。
楽しい対談を読みながら、最新の医学・脳科学の知識も手に入るので、かなりオトクです!

人差し指が短い男性は、テストステロン分泌量が多いので、性器が大きい傾向があるとか。
モルヒネのプラセポ効果を消したナロキソンの実験とか。
二人の話は、多岐に渡り、本当に面白いです(^^)

特に、興味深かったのは、遺伝子検査。
お二人の検査結果を比較して、糖尿病やアレルギーなどの病気因子はもちろん、自分の祖先はどこから来たのか、耳垢は硬いか柔らかいか、麻薬中毒になりやすいのか、いろんなことが、わかっちゃうんですねー!

先生は、遺伝子検査で、自分が「先天性容貌失認症」であることがわかったそうです。人の顔がなかなか覚えられない訳が、やっとわかったと納得したとか(^^;

日本では、倫理的にどうこう言われているようですが、私もやってみたい!
だって、ヘタな占いより、よっぽど当たるじゃありませんか(^^;
病気の因子があるなら、予防するために対策したいし、先祖がどのあたりにいたのかも知りたいわあ♪

中村うさぎさんは、今まで、セックスにハマッたり、買い物依存性になったり、整形したりしてきたわけですが、それは「自分を知るための行為」だったんだと悟ったんだとか。
なんか納得・・・・・。
[PR]
by june_h | 2013-04-25 12:21 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(4)

もしや、『水曜どうでしょう』の人気にあやかった便乗本か!?と、一瞬、眉をひそめた私ですが、藤村&嬉野さんのインタビューも掲載されています。

臨床心理学の准教授で、カウンセラーの著者が、『水曜どうでしょう』の面白さを理論的に説明しています。

結局、どうして面白いのか ──「水曜どうでしょう」のしくみ

佐々木玲仁 / フィルムアート社


『水曜どうでしょう』は、大泉洋と、彼の事務所社長の鈴井貴之が出演する、北海道のローカルバラエティ番組。
北海道のみならず、全国規模で熱狂的ファンがいて、今も不定期に放送されています。

しかし、この番組は、佐々木先生が言うように、普通のバラエティではありません。
最初は、ぼんやり見ていても、気付けばドップリはまってしまいます。
先生は、この理由を「カメラに映っている物語」と、「カメラで撮っている人間の物語」が同時進行しているからだと説明しています。

普通なら、黒子であるはずのプロデューサー(藤村さん)とカメラマン(嬉野さん)が、画面に映っていないのに存在感があるのが特徴です。
観ている視聴者も、『水どう』に参加して、『どうでしょう班』と一緒に旅しているような気分になっているのかもしれませんね。

それから、『どうでしょう班』4人それぞれの役割について、サッカーに例えて分析しています。
私は、藤村さんはわりといい加減でもオッケーで、嬉野さんはキッチリしていないとダメと思っていたんですけど、実際は、逆なんですね。

この本全体を通して、佐々木先生の『水どう』に対する大きな愛を感じました。
おそらく、持論をまとめるまでに、何百回もDVDを観たでしょうし、名セリフもたくさん出て来て、ファンなら間違いなくゲラゲラ笑いながら読めます。

この番組が「カウンセリング的」というのも頷けます。
私も、この番組には、何度も助けられましたし、北海道出身の友達も、上京したての淋しかった自分を支えてくれたと言っていました。
この番組は、抗鬱剤より何万倍も効きますよ!

■P.S.
佐々木先生、私と心の師匠が同じなんですね!
河合隼雄先生の言葉が引用されていましたし、この本の帯は、内田樹先生が書いています。
[PR]
by june_h | 2013-04-23 12:12 | 水曜どうでしょう 大泉洋 NACS | Trackback | Comments(0)

朝日新聞に連載されている三谷さんのエッセイ集 第10弾です。

三谷幸喜のありふれた生活10 それでも地球は回ってる

三谷幸喜 / 朝日新聞出版


この本に収録されたエッセイの間に、東日本大震災と離婚を経験された三谷さん。

『国民の映画』は、ナチスの宣伝相ゲッベルスが、映画を作るため、名だたる監督や映画俳優を集めてパーティーをする話。
ゲッベルスの執事フリッツがユダヤ人であることを、女優のツァラがうっかりバラしてしまい、話が急展開。
ともすればツァラが悪者に見えてしまいます。
三谷さんは、公演中ずっと、彼女が悪者に見えないようにセリフを考えていていたんだそうな。
ようやく思い付いて、大阪公演から、セリフを足したんだとか。
三谷さん、本当に優しいよね(^^)

震災で、同時上映されていた『国民の映画』が、一部中止に。
私が見た回は、幸い中止にならなかったものの、余震や帰りの電車が気になって、集中して楽しめませんでした。
この本で「近いうちに再演したい」と三谷さん。
ツァラが悪者に見えないような展開にも、ぜひ、観に行きたいです(^^)

その他、三谷さんちに新しく来たネコちゃんの話とか、ワンちゃんを散歩してて木に当たって流血した話とかも面白かったです(^^;
[PR]
by june_h | 2013-04-21 12:53 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

『ローマ人の物語』の作者塩野七生さんのエッセイ集です。

想いの軌跡

塩野 七生 / 新潮社


タイトルの通り、1975年から2012年までの、様々な媒体に寄稿されたエッセイが収録されていますが、年代順ではなく、ジャンルごとにまとめられているので、80年代の次は、2000年代だったりしてバラバラ。

なので、寄稿年月日を隠しながら読んで、いつ頃に書かれたものか、推測しながら楽しみました(笑)。
塩野さんの文体は、30年以上、ほぼ変わらないので、こういう「遊び」ができるんですよね(^^;

ローマ法王を決めるコンクラーベの話が出て来たから「ベネディクト16世の話かしら」と思ったら、一つ前のヨハネ・パウロ2世の話だったり(^^;

本当は、この本を出すつもりがなかったのだと塩野さん。
なぜ、出版する気になったのか、前書きに理由が書かれていますが、書き方がカッコ良くてシビれます!
同じ事実でも、ああは、なかなか書けません。

塩野さんの文章は、基本的に、である調ですが、一つだけ、ですます調の文章があります。
それは、国際政治学者の高坂正堯先生への追悼文です。
大学の時、友達がよく「こーさか先生、こーさか先生」って、言っていたのを思い出しました(笑)。

最後のエッセイに、恐ろしい言葉が。
書評は、書評される書物の評ではなくて、書評する人の評であると思う

これは、まさに、その通りだと思います。

私がブログでこうして、書評とも呼べないような「読書感想文」をダラダラ書き連ねている行為は、
「本の内容を紹介する行為」
なのではなく、実は、
「自分自身を曝け出している行為」
に過ぎないわけで(笑)。

賢明な方ならば、文章や内容を一瞥しただけで、「ブログの主」の知識レベルや考え方、性格までが推し量れるというもの。
鼻で笑って華麗にスルーされていかれる方もいらっしゃるだろうと思います(^^;

でも、このことを頭に入れていれば、書評を書く側は、謙虚になれますし、作者側も、いい加減な書評で一喜一憂しなくて済みますね。

塩野さんには、いつも教えられます!
[PR]
by june_h | 2013-04-19 12:30 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』の続編です。

郵便局員のハーブ・ボーゲルと、図書館司書のドロシー・ボーゲル。
ごく普通のこの夫婦が、自分達の給料で、現代アート作品を45年間コツコツ収集。
気付けば4,000点を超え、数億円の価値になっていました!
しかし、1点も売ることなく、ナショナルミュージアムに寄付することを決定。
ここまでが、前作のストーリーです。
今作では、その後のことが語られています。

この「ボーゲルコレクション」の寄贈先のナショナルミュージアムですが、膨大過ぎて、全部は引き受けられないことが判明(^^;
そこで、アメリカ50州全てに、50点ずつ寄贈することになりました。
名付けて「50×50プロジェクト」。

この決定には、コレクションに関わるアーティストの中で、賛否両論ありました。
あるアーティストは、
「コレクション全体で一つのアートなのに、分散させるということは、レンブラントの絵を50片に分けて飾るようなもの」
だと反対。

逆に
「アートは、人に見てもらってナンボなのに、ナショナルミュージアムに寄付しても死蔵されるだけ。多くの人の目に触れる方がイイ」
と、賛成の人も。

どちらの意見も、よくわかります。

アートって、一点だけ見てよくわからなくても、そのアーティストやコレクターの作品全体を見ると、言わんとしていることが見えてきたり、一点一点の意味がわかったりすることもあります。
だから、「ルーブル美術館展」とか「印象派展」とかより、個人のコレクション展の方が、その人の美意識や価値観が見えて面白いのよね(^^)

この映画で、あるアーティストが言っていたことが印象的でした。
「アートの目的は、見た人を考えさせること。例えばシンプルな作品で「私でも書ける」と思わせたなら、それだけ身近に感じさせたということだから成功なのだ」
現代アートの見方が、また一つわかりました。

寄贈先の美術館の中には、あまりメジャーではない美術館もあって、それぞれの館長は大歓迎!
彼らが語るボーゲルコレクションの魅力も興味深いものです。
ただ、財政難や入館者獲得困難など、アメリカの美術館が抱える問題もたくさん見えてきます。

夫妻は、寄贈先の美術館が閉館した場合、ボーゲルコレクションの売却や散逸を認めず、他の美術館にそのまま全て渡すように希望しました。
公務員だった夫妻の「アメリカに恩返ししたい」という気持ちからです。

アメリカというと、「金がすべて」と思いがちですが、この二人の考え方や行動からは、お金を超えた強い信念と愛を感じます。

しかし、2012年、夫のハーブが死去。
残されたドロシーは、「二人の共同作業」だった収集活動を辞めることを宣言。
かつて、作品がギッシリ詰めこまれていた部屋が、がらんどうに変わり果てた様子に、思わず涙がこぼれました。

たとえ、二人が亡くなっても、彼らの功績とコレクションは、永遠のものです。
[PR]
by june_h | 2013-04-18 12:45 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)

久しぶりの演目です。

■傾城如月 実は滝夜叉姫:坂東玉三郎
■大宅太郎光圀:尾上松緑


7年前、私が日比谷の病院に通っていた頃、幕見でフラッと歌舞伎座に入った時、かかっていたのがこの演目でした。
この次の月に、吉右衛門さんの『俊寛』を見て、私の歌舞伎好きは、決定的になります。
私にとっては、思い出深い演目です。

でも、ラストの屋台崩ししか覚えていなくって(^^;
花道のすっぽんから、滝夜叉姫が登場した時、こんな色っぽい舞台だったかしらと。
やはり、玉様のお力でしょうか。

ガマガエルが隣にいると、ともすればコントになる危険性もあるわけですが(笑)、こんなに妖艶に輝けるのは、やはり、玉三郎だからこそ!

この3年間、歌舞伎界には、いろいろありましたが、人間国宝の女形 中村芝翫さんが亡くなって、玉三郎さんが後を継ぐかのように人間国宝となり、名実共に女形の最高峰になりました。
玉三郎さんには、まだまだ長生きして欲しいです。

母が隣で
「松緑は、辰之助の息子よねぇ」
とつぶやいて、私は
「ええ!?そうだったの??」
と(^^;
全然似てないから、そんなこと思いもしなかった(笑)。

今回は、行けませんでしたが、いずれ歌舞伎座ギャラリーなどにも行ってみたいものです♪
[PR]
by june_h | 2013-04-16 12:46 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)

菊五郎さん大立ち回りの場ですね!

■弁天小僧菊之助:尾上菊五郎
■青砥左衛門藤綱:中村梅玉
■日本駄右衛門:中村吉右衛門


綱に梯子にトンボに、歌舞伎の立ち回りの全てが見られます!
新しい歌舞伎座にも、トンボの練習場があるようですね。

歌舞伎の立ち回りの場合、主役は、踊るように動きます。実際の激しいアクションは、脇の方々の役目です。
菊五郎さんは、主役なので、そんなに激しい動きは、ありませんが、御年70歳。
見ていて、結構ドキドキです(^^;

新しい歌舞伎座の幕開けということで、幹部俳優を出しまくって、三部構成で、というのは、お客さんにとって結構なこと。
しかし、いつも思うことですが、歌舞伎の役者さん達、働き過ぎじゃないでしょうか。
毎月、舞台があって、休みなく月末の数日間、稽古があって、すぐに次の舞台で・・・・・。
過労で命を縮めた役者さんもいたと思うのです(爆)。

チケット代もそうですが、幕見席とか、イヤホンガイドとか、いろいろなものが少しずつ値上げされていて、いちいち気になります(笑)。

真新しくそびえ立つ松竹のビルは、役者さん達の血と汗と涙であがなわれたもののように思い、歌舞伎座はともかく、後ろのビルに対しては、正直あんまり喜べません。

「お祭り」は、1年間続くようですが、皆さん、お身体に気をつけていただきたいと思います。
[PR]
by june_h | 2013-04-15 12:52 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)

おそらく、こんな豪華キャストの白浪五人男は、この先、お金を積んでもなかなか見られないかもしれません!

■弁天小僧菊之助:尾上菊五郎
■南郷力丸:市川左團次
■赤星十三郎:中村時蔵
■忠信利平:坂東三津五郎
■日本駄右衛門:中村吉右衛門


噂に名高い名場面。
傘の動きも、結構細かいのですね!

上手には、日本駄右衛門の吉右衛門さんと、弁天小僧の菊五郎さんが並びます。
この二人のコンビ名には、「菊吉」「人間国宝」の他に、菊之助に子供ができたら「お祖父ちゃん」が加わることになりますね(^^;
菊之助の息子は、お祖父様が両方とも人間国宝なので、プレッシャーだろうなぁ(^^;;;

5人が花道に並んだ時、3階席だったので、肝心の吉右衛門さんだけが、どーしても見えなくて。
チケット代をケチると、こういうことになりますね(^^;

「5人揃ってゴレンジャー!」
の原型が、まさか、正義の味方ではなくて、「悪の華」だったとわ!

幕間に、母に、「めでたい焼」をご馳走になりました♪
アツアツでとろける白玉、久しぶりです(^^)
ランチとチケット代は、私持ちだったので、これくらいなら、バチは当たらないでしょう(笑)。
[PR]
by june_h | 2013-04-14 11:13 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)