<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

我が敬愛する内田樹老師が、テレビのトーク番組に!

今まで、テレビ出演を頑なに拒んできた内田先生でしたが
「観世のお家元からのご指名なので「テレビはいやだい」とかわがままを言うわけに参りませぬ」
ということで、お出ましに。

ラジオやネットやナマの講演で先生を拝見したことはあったのですが、テレビで「動く内田樹」を目にすると、なんだかとっても新鮮!

「凱風館」での合気道のお稽古風景が出て来て、キャアキャア(。≧∇≦。)

・・・・・すいません。
盛り上がり過ぎました(^^;

先生のご紹介で、なぜだか武田鉄矢が。
武田鉄矢は、内田樹ファンで、内田先生の名言を書き留めたノートを作っているほど!
ラジオでも、内田先生の名言を交えてお説教・・・・・まるで信者のよう(^^;

内田先生の対談のお相手は、能楽師で、二十六世観世宗家の観世清和さん。
能楽師の中でも、世阿弥の流れを汲む最高峰の方でありながら、大変腰が低く、目下の人間にも常に敬語を使っていらっしゃいます。
そんな姿勢に、非常に感銘を受けました。

能は、主人公が歴史上の敗者だったり幽霊だったり、世界でも珍しい芸能。
主人公が、見えない世界からやって来て、ひとしきり無念さや想いを語った後、また去っていきます。
最後は必ず、主人公を祝福し、浄化するのだそうです。

観世さん曰く、舞い終わった時
「なんとなくあの人のことを引き受けてあげた」
という気になるんだとか。
私、この言葉を聞いて、涙が止まりませんでした。
能って、ただの芸能じゃないですよね。
世阿弥は、あまねく日本の精霊から教わったシャーマンだったんじゃないかしら(^^;

観世さんはまた、
「1300年の中で、私は何をすべきか考える」
とおっしゃいました。
今は、世界的に、短いスパンでしか物事を考えられない人が多いので、非常に大事な視点だと思いました。

やっぱり、能は、いずれちゃんと観ないとと考えていますが、今度観る時は、居眠りしませんように(^^;
[PR]
by june_h | 2013-11-29 12:43 | テレビ ドラマ ドキュメンタリー | Trackback | Comments(0)

自殺率の低い町 徳島県海部町の調査によって「自殺予防要因」を研究した著者による本です。

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある

岡 檀 / 講談社


今までは、自殺多発地域での「なぜ自殺が起こるのか」を調査・研究したものが多かったそうですが、「なぜ自殺が起こらないか」を研究したものは、少なかったそうです。

日本の自殺率の低い自治体は、島がほとんど。
その中で、海部町だけが島ではなかったのです。
これに目を付けた著者は、海部町がどのようなコミュニティであるかを現地調査。
いろいろと興味深い特徴がありました。

自殺率に影響する地形的な特徴は
■自殺希少地域
「傾斜の弱い平坦な土地で、コミュニティが密集しており、気候の温暖な海沿いの地域」

■自殺多発地域
「険しい山間部の過疎状態にあるコミュニティで、年間を通して気温が低く、冬季には雪が積もる地域」

海部町は、前者に当たります。

以下は、海部町の精神的な特徴です。


■いろんな人がいてもよい、いろんな人がいたほうがよい
象徴的な出来事として、まず、「赤い羽根の共同募金が集まらない」
よくわからない団体にお金を出しても何に使われるか分からないし、募金しないからといって世間体を気にするというマインドも無い。
募金を強制することも、「野暮だ」と言って嫌うからです。
でも、知り合いが困っていたら、必ずお金を出します。

それから、「小学校で障害がある子のための特別支援学級を作ろうとしたら、反対が起きた」こと。
障害があるからといって排除するのはおかしいと。
いろんな人がいたほうがよいと思っているからなのです。

海部町は、江戸時代、材木の集積地として、外部から様々な移住者が流れこんできたので、閉鎖的なコミュニティができにくかったことが一因ではないかと考えられています。


■人物本位主義をつらぬく
日本の多くのコミュニティは、年功序列ですが、海部町は、実力があれば、若い人でも抜擢されます。
年長者が威張ることもありません。
そして、青年団のような組織に強制加入されることもないし出ていくのも自由。
いじめられることもありません。多様な意見が尊重されています。


■どうせ自分なんて、と考えない
アンケートで「自分には政府を動かす力はない」という質問で、「NO」と答えた人が、格段に低かったそうです。
社会に主体的に関わろうという意識が高いのです。


■「病」は市に出せ
海部町は、精神科受診率が高いのです。
精神科に通っているからといって白い目で見られることがありません。
問題は、早いうちに人に言って解決した方がよいと考えているからです。
逆に、自殺多発地域は、ギリギリまで人に相談できない雰囲気なのです。


■ゆるやかにつながる
海部町の人たちは、総じて人なつっこいですが、濃密なコミュニティはなく、人間関係は固定されていません。
人の噂をしていても、その場限り。
「関心と監視は違う」と言います。
でも、困った時は、ちゃんと助け合います。
逆に、自殺多発地域の方が、関わりは濃密なんだそうです。


そして一番の特徴は、
■こだわりを捨てる。「幸せ」でなくてもいい。
海部町には、幸せと感じる人も、不幸だと感じる人も最も少ないという結果が出ました。
むやみに幸せを求めず、不自由を受け入れ、今の自分を肯定すること。
「分相応」という意識を持つことです。


生きる上で、いろいろなヒントがある本です!
[PR]
by june_h | 2013-11-27 12:08 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

内田先生の対談本は数多くあれど、「歩きながら対談した」というのは、なかなかないでしょう(^^;
どうやって記録したんだろ?
ピンマイクでも付けていたのかな?

内田先生と浄土真宗僧侶の釈先生が、大阪・京都・奈良の「聖地」を巡りながら対談した本です。

聖地巡礼 ビギニング

内田 樹 / 東京書籍


この本で紹介されている場所で、私が行ったことのある場所は、大阪の四天王寺、京都の清水寺、奈良の大神神社くらいかな。
大阪の生國魂神社には、ぜひ行ってみたいですね。伊勢神宮より古いそうな。
内田先生は、身体感覚が優れているので、場のエネルギーをすぐに感じるようですね。

釈先生の仏教や寺社にまつわるうんちく話が面白いです。
三輪名物「三輪素麺」の価格は、神様が決める(くじ引き)とか(^^;

あと、日本人の「神」に対するメンタリティの話が興味深かったです。
日本人は昔から、おかしな形の岩だったり、スゴい能力を持っている人間に対しても「神」と呼ぶそうです。
なので、最近の若い人が
「マジ神なんだけど!」
と連呼するのは、日本人のDNAに刻まれている感受性的に正しいということになりますね(^^;

パワースポットブームやらクールジャパンやらで、寺社が見直されている一方、無造作に「聖地」が壊されている現状もあるわけで。
京都に古墳があったそうですが、携帯電話会社が基地局を建てたせいで、破壊されたらしい。
こんなムチャクチャなことって、あるんですね・・・・・。

寺社巡りをするなら、釈先生みたいなお坊さんにガイドしてもらいたいな(^^)
[PR]
by june_h | 2013-11-25 15:41 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

アメリカの野球界では、プロもアマチュアも背番号42は永久欠番。
誰も付けることができません。

そのため、アメリカ人選手が日本のプロ野球チームに入ると、42を欲しがるそうな。
この映画で、「42」の秘密が明らかになります。

太平洋戦争直後のアメリカ。
当時は、人種差別が激しく、野球のメジャーリーグには、白人選手しか所属しておらず、黒人リーグが別に存在していました。

ブルックリン・ドジャースの会長、ブランチ・リッキーは、チームの勝率を上げるため、運動能力の高い黒人選手の入団を計画。
白羽の矢を立てたのは、黒人リーグで活躍していた、若くて俊足でメンタルの強いジャッキー・ロビンソン。
当然、黒人選手を入れれば、多くの困難と反対があることは、分かっていました。

彼は、ジャッキーをチームに迎えるため、あらゆる根回しをします。
そして、ジャッキーに、どんなに酷い目に遭っても、「後に続く者達」のためにひたすら耐えろと諭し、背番号42を与えます。

ジャッキーがマウンドに上がるたびに飛び交う、賞賛と怒号。
特に、差別が酷い南部では、相手チームが試合を拒否したり、ホテルで宿泊を断られたり。
ジャッキーがバッターボックスに立つたび、相手チームの監督が差別的な言葉で挑発。
もう、聞いていると、悲しくて悔しくて腹立たしくて、私も涙がこぼれました。
実際は、この映画より、もっと酷い目に遭っていたと思うのですが・・・・・。

ジャッキーは、とにかく、耐えに耐え、マウンドで結果を積み重ねていきます。
そんな彼を見ていて、冷ややかに接していた同じチームの選手達は、彼を尊敬するようになります。

ついに、ワールドシリーズ進出が決まった時。
私の席の両側の男性は、二人して、何度も目に手を当てて、グッスングッスンすすり泣き(^^;
私は、なんとなーく気になって、泣けなくなってしまいました(笑)。

野茂英雄を始めとした日本人メジャーリーガーが活躍できたのも、彼が道を切り開いてくれたおかげ。
アメリカの歴史を変えたジャッキーの栄誉を称え、毎年、全員が背番号42を付けて試合をする日があるそうです。

人種差別を受けたことがなくても、日ごろ忍耐を強いられることの多い日本人なら、必ず共感できると思います。


P.S.
最初、この映画について何も知らなかった私は、タイトルだけ見て
「ドラマ『24』のパクリ?」
とか思いました(^^;
どうしようもないですね・・・・・。
[PR]
by june_h | 2013-11-23 12:49 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

森広隆さんと伊藤祥平くんのジャムセッション。

伊藤祥平くんの歌は、Youtubeで予習していったんですが、ライブの方が絶対にイイ!
Youtubeで聴いた時は、ギターの音が繊細でシャープ、全体的にポップな感じの印象だったのです。

ステージに登場すると、思ったより背の高い人で、今ドキの若いモンになかなかいないような深い地声。

予想に反して、重厚感のあるグルーヴを作るギター。
歌うと、クリアーな声とハスキーな声が同時に飛んでくるから不思議。
シカオちゃんなんかは、高音だけかすれるけど、彼は全部の音域がそう。

後で、彼に直接
「ステキな声ですね」
って言ったら
「元々、どっちかっていうとハスキーなんです」
とのこと。

イイ意味で裏切られましたね(^^)

ギターと声が立派な個性で、なおかつ強力な武器。
でも、シングルでメインになっている曲だと、いろいろアレンジされて、他の楽器が入ってしまっているので、イマイチ彼のスゴさが伝わりにくいのです。
彼の魅力がわかるようなものないかなあ・・・・・と探していたら、弾き語りの動画がありましたよ!
※最初に広告あり。

あと、Youtubeで聴いていた時から、彼の音楽のバックグラウンドが気になったので、
「好きな歌手は誰?」
と聞いたら、私が知らない歌手だったので、わざわざフライヤーに書いてくれました♪
お手数おかけしました(^^;

彼の好きな&影響を受けたアーティストは、デイヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker)とルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)だそう。
彼のオフィシャルサイトのバイオグラフィーに、ちゃんと載ってました(^^;
あとエリック・クラプトンやラウル・ミドンも。

彼がギターを始めたきっかけは、塾の先生がクラプトン好きで、その先生からギターをもらったからだとライブで話していました。

そうそう。
彼のデビュー曲は、アニメ『バクマン』の主題歌「Dream of Life」です。

あと、久留米出身ということで、個人的には彼の久留米弁が聞きたい(笑)。
私には、北九州に親戚がいるから、福岡の言葉を話している伊藤くんが、なんとなくイメージできる。

あの声で
「お前んこと好いとうと/好かんちや」
とか
「これ、ウマいけん食べり」
とか言われると、萌えるんやろな(^^;;;

12月7日(土)に、渋谷で初めてのワンマンライブがあるそうです。
会場の渋谷7th FLOORは、彼のナマ歌とギターを間近で堪能するには、とてもイイ場所です!

実力はあるから、固定客がつかめるとイイですね(^^)
[PR]
by june_h | 2013-11-21 12:34 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

良い子はマネしないでください。
110番にかかってきた珍問答集を集めた本です。

ふしぎな110番

橘 哲雄 / 彩図社


ケータイ大喜利に出てきそうなのばかりで面白い!
電車の中で読んでいて、ニヤニヤしっぱなし(^^;
でも、全部、実際にあったものばかりなんですよね!

警察に相談する前に、他に相談する人いないのかよ!って思うのもあるんですけど、それだけ警察が頼りにされているということかもしれません・・・・・。

いくつか印象に残った問答を。


「(涙声の少女)お母さんに騙されてお金を取られた・・・・・」

・・・・・お年玉をお母さんが返してくれないらしい。


「(カラオケ店員)女が無銭飲食です。どうやら合コンで会った男に置いていかれたようです」

・・・・・情景が目に浮かぶぜ(笑)。


「(女性)あんなロクでもない男もう我慢できない」
「(警察)お話は良くわかりました。でも、そんな旦那さんを選んで結婚したのはあなたですよ」


・・・・・正論ですね(^^;


「(JR駅員)酔っぱらった若い女が電車のガラスを割りました」

・・・・・頭突きで割ったらしい。
大木金太郎もビックリ(←古っ!)


「(酒に酔った男)電話を切るのは待ってくれ。俺だって話の相手がいなくて寂しいんだ」

・・・・・これで思い出しましたが、以前の勤務先の女性上司に
「僕、話し相手がいなくて寂しいんですよ」
という電話がかかってきて、1時間くらい相手してあげたらしい(^^;


「(女性)いろいろ気になり眠れないんです」
「(警察)大丈夫、地球は回っています。それに、私たちが起きています。安心して寝てください」

[PR]
by june_h | 2013-11-20 12:32 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

伊藤祥平くんは福岡出身、森くんは鹿児島出身。
そんな二人は、ラーメンといえばトンコツなので、サブタイトルが「トンコツブラザーズ」に落ち着いたそうな。

伊藤くんは、自分が持っているものを出し惜しみせず、全力を尽くしてくれました!
そして、そんな伊藤くんのスゴさを分かって欲しいという、森くんの優しさも伝わってきました。

アンコールまで含め、7曲が森くんの持ち歌。8曲が伊藤くんの持ち歌。1曲がカバー曲。
普通、自分主催のライブで、相手の持ち歌の方が多いことって、まずないですよ(^^;

いくつか気になった曲を。


■『ゼロ地点』
今日の肇ちゃんはピアノ。キラキラした音で、本当に素晴らしかったです♪

■『Change the world』
ワンコーラス目は、オーソドックスに。その後は、ブルースのアレンジで。
何年かぶりに聞きましたね(^^)

■『夢に描いた放物線』 『Keep on Going』
伊藤くんの持ち歌のうち、この2曲が良かったです!
どちらもグルーヴィな曲。
伊藤くんのギターの巧さが、いかんなく発揮されています。

■『蜃気楼の街』
これは、伊藤くんがセレクトした森くんの持ち歌。
シブいですねぇ。
私もこの曲は好き!
森くん曰く、この歌の主人公は、ギタリストらしい。


伊藤祥平くんについては、別エントリーで語りたいと思います!


<セットリスト>
1. いいんです(Vo&G森)
2. ゼロ地点(Vo&G森 Per. Pf.)
3. Music on my mind(Vo&G伊藤)
4. lonely(Vo&G伊藤 Pf.)
5. 夢に描いた放物線(Vo&G伊藤 G森 Per.)
6. 蜃気楼の街(Vo&G森 G伊藤)
7. my friend(Vo&G伊藤 G森)
8. Change the world(Vo&G森 G伊藤)エリック・クラプトンのカバー曲。
9. Keep on Going(Vo&G伊藤 G森)
10. How to Believe(Vo&G伊藤 G森)
11. Cyclone(Vo&G森 G伊藤 Per.)
12. Freaky Boogie(Vo&G森 G伊藤 Per. Pf.)
13. We got a Rhythm(Vo&G伊藤 G森 Per. Pf.)
14. My☆girl(Vo&G森 G伊藤 Per. Pf.)

<アンコール>
15. ヒビキワタレ(Vo&G伊藤 G森)
16. Funk Redemption(Vo&G森 伊藤)

Per.:notch
Pf.:河内肇
[PR]
by june_h | 2013-11-18 12:34 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

これは、私の友達の話です。
面白いので、友達に許可を取って掲載させていただきました。

私は、小さい時から、繰り返し見る夢があります。

その夢には、きまって小さな女の子が出てきます。

「ミドリちゃんだ」

私には、なぜかその女の子の名前がわかっていました。
ミドリちゃんの顔は、いつもとても恐ろしく、そして悲しそうなのです。
爆弾やナイフを投げて私を攻撃します。
私は、ミドリちゃんが怖くて、家の中に逃げ、しっかり鍵をかけるのですが、ミドリちゃんは入ってきてしまいます。

「ミドリちゃんが来た!」

いつもそこで、目が覚めるのです。

ある日、私は妹に、ミドリちゃんの夢のことを話しました。
妹の反応は意外なものでした。

「その女の子って、ミドリちゃんでしょ?」

驚いたことに、妹もミドリちゃんの夢を繰り返し見ていたのです。

その後、私も妹も、ミドリちゃんの夢を見続けました。
私達が成長するにつれ、ミドリちゃんも成長し、攻撃も激しくなっていきました。

最近、妹は、ある時を境にミドリちゃんの夢を見なくなりました。

妹も私と同じように、ミドリちゃんを恐がって逃げてばかりいましたが、ある日、勇気を出して、ミドリちゃんに向き合いました。
そして、ミドリちゃんを抱きしめ、こう言いました。

「私のこと殺したかったら、殺してもいいんだよ」

すると、ミドリちゃんは、妹の手の中で、ポンッと消えてしまいました。
それ以来、妹の夢に、ミドリちゃんは現れなくなりました。

私も最近、ミドリちゃんの夢をあまり見なくなりました。
ある日、見えないものが見える人に
「もしかして、お子さんがいらっしゃいますか?」
と、尋ねられました。

いません、と答えましたが、私のそばに、確かに女の子が「見える」と言うのです。
その女の子の特徴を聞くと、ミドリちゃんと同じだったのです。

ミドリちゃんは、まだ、私と一緒にいるようです・・・・・。

[PR]
by june_h | 2013-11-16 12:14 | 健康 | Trackback | Comments(0)

アニメ好きの妹が
「ここ数年で一番の衝撃作」
と、私に勧めるので、深夜の放送を録画して見ました。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【通常版】 [Blu-ray]

アニプレックス


妹に聞いたり、ネットで見たりして、粗筋や設定は分かっていたのですが、涙ナシには見られません・・・・・。
最後はボロ泣き(T_T)

普通、「魔法少女」というと、ちょっとドジな少女が変身して
「愛と正義のために戦うわっ!」
みたいなイメージです。
確かに、序盤はそんな感じですが、それを期待して見ていると、完全に裏切られます。

前編開始44分あたりで
「え・・・・・エヴァンゲリオン!?」
みたいなシーンになり、その後は驚くような展開が次々と。

このアニメは、

「何かを願えばカルマになる」

という仏教思想が根底にあり、

「カルマが深い少女ほど魔力が強い」

という法則に基づいております(^^;

主人公のまどかは、ごく普通の中学生。
「魔法少女」というタイトルにもかかわらず、なかなか魔法少女になりません(^^;
でも、実は、カルマが途方もなく深いので、途方もない魔力を持っています。

少女達は、願いを一つ叶えることと引き換えに、魔法少女となって魔女と戦う宿命を背負います。
しかし、実は、魔女は魔法少女の成れの果て。
魔法少女の末路は、魔女に殺されるか、魔女になって魔法少女に殺されるかの二択しかありません・・・・・。

強がって平気なフリをしているけど、内心は、孤独で、不安で、悩み苦しんでいます。
彼女たちが叶えた「願い」だって、決して私利私欲なものではなく、人のための願いだったのに。
絶望的なシステムの世界で、少女達は希望を信じて戦い続けるのです。
そんな健気な姿に、涙腺ゆるみっぱなし。
最後に、まどかは一体、何を「願う」のか!?

すごくまとまってて、いろんなツボを押さえたアニメだったです。
美少女が変身して戦うとかね。

もう少し若かったら、どっぷりハマって、しばらく抜け出せなくなっていたかも。
エヴァや、まどマギにハマるには、私は年を食い過ぎている(笑)。
[PR]
by june_h | 2013-11-14 12:49 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

アップルコンピュータ創業者スティーブ・ジョブズの半生を描いた映画。

大学を退学したり、世界を放浪したり、ヒッピーのような生活をしていたジョブズは、帰宅後、自宅のガレージで起業します。

彼の真っ直ぐな瞳と、彼が描くビジョンに惹かれて、次々とガレージに集まる個性的な人々。
同じヒッピー仲間とか、ハーレーに乗ったイカツい技術屋のオッサンとか。
まるで、『里見八犬伝』の八犬士のようで(笑)、見ていてワクワクしました(^^)
やがて、この初期メンバーが核となって、アップルコンピュータは、どんどん規模が拡大していきます。

会社が大きくなるにつれ、バックに流れる音楽が70年代から80年代へ。
ジョブズの身なりも、だんだん清潔になっていきます(^^;
猫背でノソノソ歩く姿は、ずっと変わらないのですけどね(笑)。

同時に描かれるのは、独善的な彼の性格。
すぐに激昂して怒鳴り散らしたり、反対者や無能な人間を容赦なく解雇したり。
私生活でも、妊娠した女性を捨てたり。

ジョブズは、生まれてすぐに養子に出され、養父母に育てられました。
こうした幼少期の経験が、彼の性格形成に大きく影響していたのかもしれません。

後半は、取締役会との対決など、社内の政治的な問題が主。
開発に資金と時間を惜しまないことなどから、ジョブズは会社を追い出されてしまいます。
しかし、ジョブズが去った後のアップルコンピュータの業績は下げ止まらず、彼は再びカムバックすることに。
今度は、自分を追い出した役員達を追い出しました。

こうした争いがなければ、アップルは、革新的な製品を、もっとたくさん世に送り出していたかもしれません。
良いか悪いか分かりませんが、彼のクリエイティビティを中心に押し進めたかったら、株式公開しない方が良かったのかもなあ・・・・・と、チラッと思ったり。

アップルのGUIを真似たビル・ゲイツとマイクロソフトをどう描くか!?ということにも注目していましたが、案の定、怒ってましたね(^^;
電話口で、ビル・ゲイツに直接メチャメチャ怒鳴っていました(笑)。

もし、ビル・ゲイツが亡くなったら、ジョブズのように映画化されるんでしょうか。
そして、もし映画化された場合、ジョブズはどのように描かれるのでしょうか・・・・・。
[PR]
by june_h | 2013-11-12 12:26 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)