江戸時代、「蝦蟇(がま)の油売り」という商売がありました。
売っていたのは、ヒキガエルの腺の分泌物「蟾酥(せんそ)」が入った軟膏。

この軟膏を売るために、香具師は、こんな口上を述べながら客寄せをします。

「さあさ、お立ち会い。御用とお急ぎでない方は、ゆっくりと聞いておいで。
遠目山越し笠のうち、物の文色と理方がわからぬ。
山寺の鐘は、ごうごうと鳴るといえども、童子来立って鐘に鐘木をあてざえば、鐘が鳴るやら鐘木が鳴るやら、とんとその音色がわからぬが道理。・・・・・」


蟾酥には、強心作用、血圧降下作用、冠血管拡張作用、胃液分泌抑制作用、局所麻痺作用、抗炎症作用等があります。
ヒキガエルの腺の分泌物にある毒素・薬理作用のある物質を総称して「ブフォトキシン(Bufotoxin)」と呼びます。

ホメオパシーでも、ヒキガエルの腺の分泌物から作られているブーフォ(Bufo)と呼ばれるレメディがあります。

口上の中には、こんな一節があります。

「赤いは辰砂、椰子の油、テレメンテエカにマンテエカ、金創には切り傷。効能は、出痔、イボ痔、はしり痔、横痃、雁瘡、その他、腫れ物一切に効く。」

これは、ガマの油の他に、軟膏の中に入っている成分と、軟膏の効能を言っています。

辰砂(しんしゃ)は、硫化水銀。
朱肉などの朱色の顔料や、漢方薬の原料として使われていました。
ホメオパシーでは、シナバリス(Cinnb.)と呼ばれるレメディの原物質です。

テレメンテエカは、テレピン油のこと。松ヤニを蒸留して得られる精油。
古くから傷に対する塗り薬として使われ、現在でも、ヴィックスヴェポラッブの主成分の一つです。
ホメオパシーでは、テレビンシーナ(Ter.)と呼ばれるレメディの原物質です。

横痃(よこね)は、梅毒による鼠径部の腫れのこと。

その他、マンテエカは、バターのこと。金創は、刀傷。雁瘡(がんがさ)は、皮膚炎のことです。

ホメオパシーで、ブーフォ(Bufo)とシナバリス(Cinnb.)は、抗梅毒レメディ。
横痃は、梅毒でできるものですから、「横痃に効く」というのは、理論的にありえるかと思います。

ただ、売っていた「蝦蟇の油」に、本当にガマの油が入っていたかどうかは、わかりませんが・・・・・。

蝦蟇の油の効能を見せるため、香具師は、自分の腕を刀で切って軟膏を塗り、傷がたちどころに治るのを見せます。
でも、本当は、腕を切ったフリをして、血糊を付けただけだったそうです。
傷が「なくなる」のは、当たり前ですね。

落語「蝦蟇の油」では、香具師が酔っぱらって、自分の腕を本当に切りつけてしまい、ガマの油を塗っても血が止まらない・・・・・というのがオチです(^^;
[PR]
by june_h | 2014-07-30 09:19 | ホメオパシー | Trackback | Comments(0)

第三舞台の代表作ですが、鴻上さんは、今回、脚本(の改作)のみで、演出は、深作健太さん。

深作さんは、若い頃、第三舞台を実際にご覧になったそうで。
なので、稽古中、誰よりも情熱的だったそうですね。

メンバー達からも、情熱を感じましたよ!

最初のダンスシーンの時、いつもの『虚構の劇団』の優等生っぽい雰囲気と、全然違ったんです。
みんな男の子は、ギラギラ男っぽかったし、女の子はキラキラしていました。
だから、ドキドキしたんです。
ミッチーは金髪でしたし(^^;

この芝居で一番心に残った言葉。

棒に振ってこそ人生!


・・・・・もとい、役者ごとに書きます。



■杉浦一輝
スゴいじゃん!一輝くん!!
主役じゃん!!!

汗だくで、白い肌を上気させての大熱演でした。うまかったよ!
「配役が意外」っていうのは、このことだったのかな。
いつも「宇宙人」みたいな空気の読めないキャラばかりだったので、ウソみたい(^^;
鴻上さんが配役決めたのかな?



■津村知与支
この方、なんとなく声も口調も鴻上さんに似ているんですけど(^^;
ルックスも誰かに似ているなーと、ずっと考えながら見ていたら、思い出したのは高校時代のクラスメイトでした(←誰にも伝わらないってば)。
芝居がスゴく良かった!
リアルに伝わってくるものがありました。



■小沢道成
いつも人間じゃない役とかが多いので(笑)、ストレートな男性役って、珍しいんじゃないかな。
ドロンジョ様の手下のボヤッキー。
脇役キャラですが、ドロンジョ様役の七味まゆ味さんによると、ミッチーからアイデアを次々、提案されていたそうですね!
決して、主要な役でなくても手を抜かない。貪欲。
さすがです!



■三上陽永
三上くんの立ち位置は、いつも大体同じ。
根がマジメな悪役。いや、根がマジメだから悪役に回ってしまうという役です(^^;
初日前にTwitterで「不安だ」って、呟いていたんですよね。
でも、「今回は完璧!」と思って臨むより、ちょっと不安があって悩みながらやっている時の方が、評判良かったりします。
終演後、階段の踊り場に立っていたので、「良かったよ!不安になることないよ!」って声かけてみました。



■小野川晶
ほんとはドロンジョ様の役をやって欲しかった。
刑事役の「待ちなさーい!」が可愛くて良かったっす(*^_^*)



■渡辺芳博
デスラー提督役。
衣装がカッコいいけど、暑そうです(^^;
公演中、洗えないのだろうか・・・・・。



■塚本翔大
デスラー提督の手下役。
ちゃんとした役名が無いとはいえ、セリフがかなりたくさんあって良かったね!
ただ、カツゼツは課題です。



■森田ひかり
パンツスーツが、とても似合っていました!
10月に一人芝居するんですよね。楽しみ(^^)



■木村美月
美月ちゃんは、最年少。
体全体の脂肪の付き方とか、脚のムチムチさ加減とかにソソラレました!
[PR]
by june_h | 2014-07-28 09:46 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

【映画】アナと雪の女王

うーん・・・・・。
どうしてこんなに巷で流行っているのか!?
私には正直、よくわからんかった(^^;

アナと雪の女王 MovieNEX [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


確かに面白かったけど。
爆発的に人気が出るくらいか?っつーと、そうなのかぁ・・・・・!?

「Let it go」の歌は、わりと序盤に出てくるんですね。
でも「ありのままの自分」って!?
自分が持つ魔法の力をずっと隠してきた女王が、国の果てに逃げて、誰に隠すことなく自分を解放して、存分に力を発揮する時に歌うわけですが・・・・・。
誰にも受け入れられなくたって、私は私になるのよ!って、「孤独」「孤高」なニュアンスを感じました。
でも、果たして、その生活やスタンスが、彼女にとって本当にベストなの!?
自分の生活に閉塞感があるけど、孤独になってでも自由に生きることに踏み込めない人が、感情移入するのかな?
感情移入できなかった私は、勝手に生き過ぎているからなのか(^^;

女王の力をコントロールするきっかけになる「真実の愛」は、アナの姉妹愛なんですね。
今までのディズニー映画に見られる、王子様のキスに代表されるような「男女の愛」は、完全に脇役。
時代なのかなあ・・・・・。

雪の描写がリアルで細かかったです。
降りしきる雪が舞う描写とか、積もった雪を踏みしめた感触とか。
この描写のために、ソフトを開発したそうですね。
[PR]
by june_h | 2014-07-26 13:14 | 映画 感想 | Trackback | Comments(2)

念願の、東武野田線改め、「東武アーバンパークライン」柏方面の徒歩旅に行きました!

ちなみに、「アーバン」なんて、地元民の私にとっては、こっぱずかしい名前(^^;
どれくらい恥ずかしいかっていうと、高校の時の地学の先生(羽生市出身)が、
「僕はメガロポリス羽生のシティボーイ」
と言い張っていたのと同じくらい恥ずかしい・・・・・。

柏方面を歩いてみたかったのですが、野田線アーバンパークラインと並行で走っている道がないのです。
方向音痴の私なら、間違いなく迷ってしまうから、今まで躊躇していました。

でも、タブレットを買って、「RunKeeper」と呼ばれるアプリをダウンロード。
GPSで現時点の居場所と通ってきた道がわかるので、ついに実行できました!
最初の4kmが、ソフトの不具合で消えてしまって、29kmしか記録されていないのが残念ですが・・・・・。

d0108969_2232250.png


今回学んだ教訓:

・日焼け止めを塗って、帽子をかぶって、日傘を差して歩いても、焼ける時は焼ける。
・江戸川に掛かっている橋、少なすぎ。一本逃すと数km先になってしまう・・・・・。
・国道16号線沿いは、立ち寄れる店が少ない!コンビニすらない!!
・履きなれない靴で歩くと爪が死ぬ(笑)。
・mont-bellのジオラインは、すぐに汗が乾くので役立った。
[PR]
by june_h | 2014-07-24 22:23 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

今では、あまり使われなくなったことわざを紹介している本。

辞書から消えたことわざ (角川SSC新書)

時田 昌瑞 / KADOKAWA/角川マガジンズ


いくつか、気になったことわざを。


■百足が草鞋はく
考えただけで大変そう(^^;
実際に、ムカデがワラジを履いてる絵とか書いてみたら、カワイイだろうか、不気味だろうか(^^;


■娘の子は強盗八人
リアルですね(^^;
孫は、それだけ金かかるって意味ですが、じいちゃんばあちゃんは、喜んで身ぐるみ剥がされちゃいますからね(笑)。


■暴は貧より生ず
この言葉はねー。
今の世界情勢を考えると、とても切実ですよ・・・・・。


■百人殺さねば良医になれぬ
治療を受けているつもりでも、実は、モルモットにされているのかもしれませんよ!ふふ。


■美人は人を殺す剣
そうそう。
美人って、実は怖いから。
花魁なんて、別名は「傾城」。
人どころか、国を滅ぼす力があるんですってば(笑)。
最強なのは、全世界の王ではなく、その王を拐かして裏で操る奥さんですから(^^;


■西瓜と腰巻赤いほどいい
こんな言葉を知ると、スイカの果肉が淫靡に思えたり(^^;
でも、
「スイカとパンツは赤いほどいい」
に変えてしまうと、ジャイアント馬場や千原ジュニアを想像してしまう(笑)。


■足の裏で頭痛がする
「臍で茶を沸かす」みたいな意味でしょうか。
でも、足裏に頭痛と直結するツボもあるでしょうから、案外、正しい言葉かもしれん(^^;
[PR]
by june_h | 2014-07-22 12:53 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ヴェネチア映画祭真っ最中の、とあるホテル。
4人の映画監督が、10年ぶりに復帰する大女優ロザーウラ・デ・ビゾニョージを自分の次回作にキャスティングしたがっている。
それぞれ、あの手この手で彼女の気を引こうとするが・・・・・。
ロザーウラは、最終的に、どの監督を選ぶのか!?

登場人物達は皆、お互い打算的で自分のことばかり考えている。
どの監督も、ぜひ出演して欲しいと、ロザーウラを褒めそやすが、本当は、彼女の金目当てだったり、人気目当てだったり。

ロザーウラも、
「自分を一番理解してくれる人がイイ」
「才能ある監督の作品に出たい」
と言うが、結局は自分を喜ばせ、女として愛してくれる人が好き。

私、大竹しのぶ初体験でした!

この芝居は、「大竹しのぶショー」と呼んでも、過言ではありません。
女優志望の娘、ダンサー、洗濯女など、さまざまなキャラに化け、映画監督達の本音を言葉巧みに引き出します。

4人の監督達は、それぞれ国籍が違っていて、ステレオタイプなキャラクターです。

中川晃教演じるのは、イギリス人監督のルネビーフ。
堅物で、仕事とプライベートをキッチリ分けるタイプ。

岡本健一演じるのは、フランス人監督ルブロー。
色恋でロザーウラを落とそうとする。

高橋克実演じるのは、スペイン人監督ドン・アルバロ・デ・カスッチャ。
単純な筋肉バカ・・・・・号泣議員の泣き真似をしていて大ウケでした(^^;

段田安則演じるのは、イギリス人監督ボスコ・ネーロ。
オクテで不器用だが、ロザーウラに真実の愛を抱いている!?

木村佳乃演じるエレオノーラは、三谷さんの芝居によく出てくる、美人だけど、頭が足りなくて、ハイテンションで、空気を読まないキャラ。


この芝居、見ていると、いろんなことを考えさせられますね。

自分が求める条件を完璧に満たす人なんていません。
自分だって、完璧じゃないのに(^^;

本音なんて、知らない方がイイこともあるでしょうし。

この芝居の原作者カルロ・ゴルドーニは、相当な皮肉屋ですね(笑)。
[PR]
by june_h | 2014-07-20 11:59 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

私が一番好きな落語『紺屋高尾』。
あらすじは、こんな感じ。

紺屋で生真面目に働く染物職人 久蔵は、吉原で花魁に一目惚れして恋煩い。
しかし、その花魁は、人気ナンバーワンの高尾。
久蔵の身分と財力で、おいそれと会えるような女性ではない。

諦め切れない久蔵は、3年間、必死で働いて金を貯め、ついに彼女に会いに行く。
夢のような一夜を共に過ごして
「今度はいつ来て くんなます?」
と訊ねる高尾に「3年後」と答え、これまでのいきさつを話す久蔵。

高尾は、久蔵の真面目さと一途さに感激して、年季奉公が明けたら、必ず、あなたの所に嫁に行くと約束。
はたして、彼女は久蔵に嫁ぎ、二人で営む紺屋は大繁盛。メデタシメデタシ・・・・・。


逆シンデレラのような話ですが、私は、なぜだか久蔵に感情移入してしまいます(^^;

当時の江戸は、日本全国から、諸藩の武士達が駐在に来るので、女性が少なかったそうです。
男性達は、楽しみと安らぎを求めて遊廓の吉原へ。
そんなわけで、梅毒が大流行り(^^;
江戸時代の墓を発掘調査して人骨を調べたところ、梅毒の罹患率が50%だったとか!

吉原の遊女達も当然、梅毒にかかったり、命を落としたりする者も多かったそうで。

ホメオパシーでは、梅毒は特に重要。
進行スピードが速かったり、破壊的だったりする特徴を持つ病気や体質を
「梅毒傾向(スフィリティック)」
と呼びます(本人が実際に梅毒にかかっているというわけではありません)。

紺屋で使われていた藍は、抗菌作用がある植物。
ホメオパシーでは、バプティシア(Bapt.)というレメディの原料です。
このバプティシア(Bapt.)は、
「ホメオパシー版抗生物質」
と、俗に言われます。

スフィリティックな花魁が、抗菌作用の藍たっぷりの紺屋に嫁いだことに、なぜだか運命を感じてしまうのは、きっと私だけでしょう(^^;
[PR]
by june_h | 2014-07-18 12:45 | ホメオパシー | Trackback | Comments(0)

ミッチーのお芝居は、アイデアに溢れているので好きです♪
今回は、一人芝居。
同じ「虚構の劇団」メンバーの小野川晶ちゃんが照明を手伝っていましたが、演じているのは、小沢道成一人。

一人芝居の場合、いろんな方法があります。
全登場人物のセリフを一人で喋っちゃうとか。

このお芝居では、ミッチー以外の「登場人物」は、録音したセリフを舞台上の3台のプレーヤーで再生。
ミッチーのセリフと、それぞれのプレーヤーのタイミングがズレたらアウトです。
しかも、途中、ミッチーがやっている役と、プレーヤーの中の役が入れ替わったりして複雑。
ミッチーも、男女両方の役をやったり。
一人芝居とはいえ、稽古が大変だったと思います(^^;

ストーリーも、『鶴の恩返し』の与ひょうとおつうの関係を、現代のニートの男性と、彼のために売春する女性になぞらえていて、なるほどなーと思いました。

ただ、結末について、ちょっと思ったことが。

「尽くし過ぎる女性」という観点で、『鶴の恩返し』の物語と、おつうのキャラクターを忠実になぞるなら、あの着地点で正解なのです。
でも、それで、ツルコさんの気持ちに共感できるかどうかは別問題。
私は、ちょっと引いてしまった(^^;

なぜなら、

自分を大事にしていない+誰かに愛されたい=対象への自己犠牲→自己陶酔&自己憐敏

という結論に見えてしまったのです。

私がミッチーについて心配している点は、自己陶酔が見えちゃう時。
それさえなければ、未熟な部分や若い部分も含めて、他は全肯定。
もっと練れば、野田秀樹の芝居を超えます!
[PR]
by june_h | 2014-07-16 12:39 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

高須クリニック院長のエッセイに、西原理恵子さんが挿絵を描いています。
このお二人が仲睦まじく大相撲観戦している姿を時々、拝見します(^^)

代々、医者の家に生まれた高須さん。
美容整形の道に進む時、家族は「なぜそんな卑しいことを」と大反対。
しかし、将来的に必ず伸びる分野だと確信していたため、高須さんに迷いはありませんでした。

高須さんは、自分の体を実験台に、新しい整形手術を試してみるそうで。
麻酔ナシで、自分で痛みを体感して、麻酔の量を決めることもあるとか(^^;
同じく整形外科医の息子達に施術させる時
「失敗するなら、私の体でしておきなさい」
と言い含めるそうな。

今日の美容整形第一人者としての地位は、文字通り、高須さんの血で得たものなのです。

美容整形は、流行り廃り、技術革新、競争の激しい業界。
大流行していた病院が、数年後に倒産することもザラ。

韓国は、美容整形が盛んで整形外科医も多いですが、外見が良くなければ生きていけないのだと恐怖心を煽り、「患者を増やす」ことも熱心なのだと言います。

また、日本の美容整形業界は、大森派と十仁派に分かれている、なんていう、内部のドロッとした話もあったり。

高須さん曰く、人気のある医者とない医者の違いは
「患者さんとのラポール(心のつながり)を作る能力」
があるかどうか。

「『自分の前に座っているのは、患者なんかじゃない。心から愛している恋人だ。この人の幸せのためなら何でもしてやりたい』、と自己暗示をかけてから診察しなさい」

と、ある医師が言っていたそうです。

エッセイの所々に入る西原さんの挿絵が面白い!
高須さんとのケンカが生々しくて(笑)。
「エッセイではエラそうなこと言ってるけど、ホントはこんなオトコなんだからね!」
っていう西原さんの「笑い声」が聞こえてきそうな挿絵(^^;

そうそう。
高須さんは、フリーメーソンのメンバーだそうですが、ユダヤ人の悪口が、結構、書いてあったりする(^^;
[PR]
by june_h | 2014-07-14 12:32 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのワタリウム美術館。
私には、シュタイナーは巨大過ぎて、到底理解できないのですが、全然触れないよりはマシと思って足を運びました(^^;

シュタイナーは、教育、美術、建築、神秘学などなど、様々な分野に影響を与えた偉大な人。
でも、私には、よくわからないので、
「ゲーテヲタ」
ということで片付けています(←片付け過ぎ)。

シュタイナーの黒板絵がいくつか展示してあって、解説と、シュタイナーの言葉が添えてあります。

お馴染みの「アストラル」だの「エーテル」だのっていう言葉の解説も。
はいはい、わかってますって(^^;

シュタイナーの言葉は、例えばこんな感じ。

「ベラドンナは何をしているのでしょうか。周囲の環境から霊を集めているのです。毒は霊の採集者なのです。ですから毒は薬にもなります。」

そうそう。
毒は、人間のアストラル体に作用するから、薬にもなるんだよね!
こんなことが書いてあると、ホメオパシー的に萌えるのだ(^^;

あと、シュタイナーが設計したという建築物「ゲーテアヌム」の写真。
内装がとても美しくて。
実際に見ると、もっと美しいんでしょうね。

それにしても、ワタリウム美術館って、各階の移動がとても面倒。
なんとかならんのか(-_-;
[PR]
by june_h | 2014-07-12 09:57 | 美術展 展覧会 | Trackback | Comments(0)