「丁先生、漢方って、おもしろいです!」
と、丁先生に直接お会いして申し上げたいくらい面白かったです!
漢方にまつわる脱線話とか、医療に関する噂とか陰謀論とか(笑)、いっぱいメモしちゃいました!・・・・・本買えよ、私(^^;

丁先生、漢方って、おもしろいです。

丁宗鐵 / 朝日新聞出版


■残っている漢方書はアテにならない
漢方は弟子に口伝で伝えられていくものだった。そのため、本には大事なことが書かれていなかったり、間違ったことが書かれていたりする。


■糖尿病のホームレスはいても水虫のホームレスはいない。
お風呂に入っていないかららしい。


■夫婦関係が悪化すると、慢性疼痛が現れやすくなる
それまで痛みを感じなかった古傷が、ストレスがきっかけで急に痛むようになったケースはよく見られる。


■太っているとつわりがひどくなる
妊娠を維持するために分泌されるホルモンは、ステロイドホルモン。
脂肪が多いと、ホルモンが脂肪に吸着されてしまい、本来の標的臓器である胎盤や子宮まで届かなくなる。
そのため、脂肪を落とすために「つわり」が起こる。


■結核患者の子だくさん
「貧乏人の子だくさん」とも言う。生存条件が非常に悪い環境に限って妊娠しやすい。
衣食住心身共に満ち足りている飽食の先進国では、不妊に悩む夫婦が多い。


■節電のために普通車が酸欠に
原発不稼働による節電の話。照明を消すより、空調を絞る。
炭酸ガス濃度測定器を持ち込むと、グリーン車の酸素濃度はそのままだが、普通車の酸素濃度が減っていることがわかった。


■スペイン風邪
漢方で手当した人は助かったが、西洋医学で治療した人はバタバタ死んだ。


■なぜイレッサが叩かれるのか
日本では、製薬会社が抗がん剤研究にお金をどんどん出したため、抗がん剤が治療の主流になってしまった。
免疫を活性化させる治療にはお金がいかなかった。
アメリカでは、その間、免疫についての研究が進んだ。
そして、アメリカで開発されたのが癌細胞の微量なたんぱく質に対して抗体を持たせる「分子標的薬」。
「イレッサ」は、分子標的薬だが、特許をアメリカが摂っているため、日本で使うと、医療費を増大させてしまう。
そのため叩かれているのかも!?


先生の他の著書も、図書館からゴッソリ借りてきちゃいました!・・・・・買えよ、私(^^;
[PR]
by june_h | 2015-01-31 12:58 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

羨ましいっ!
私も原付乗れたら絶対やりたい(←本気)!!

女ふたり原付で東日本縦断して水曜どうでしょう祭に行って来た!

カワサキ カオリ / 双葉社


札幌の「水曜どうでしょう祭 UNITE 2013」、もう一昨年になるんですね。
私は、妹夫婦とJTBのパックツアーで参加したので、ラクラクだったんですけど、この本に登場する二人の女性は、「原付東日本縦断ラリー」の企画をなぞって、埼玉から札幌までカブで移動。
二人は原付に慣れていなかったので、原付講習受講から始めたんですよ!
気合い入ってます(^^;

「どうでしょう」を知らない人からすると、
「なぜ、そんなことを・・・・・」
と、言葉を失うかもしれません(^^;

言うまでもなく、飛行機で行くより、お金も時間も手間も掛かるわけですから。

でも、マニアにとっては羨ましいですよ!

ホテルに連泊するとき
「ここをキャンプ地とする!」
と言ってみたり。

寝る前に
「腹を割って話そう」
とか言っても、3秒で寝落ちしたり(^^;

だるま屋ウイリー事件現場を探したり。

もちろん、苦労もありました。

レンタルしたレインウェアに穴が開いていて濡れちゃったり。

インカムが壊れたり。

帰りの深夜バスで
「お尻がランブータン」
になったり(^^;

そんなとき、各地の「藩士」達が、声をかけてくれたり、飲み物を差し入れたりしてくれて。
彼女達のヘルメットの「水曜どうでしょう」ステッカーに目を留めたからです。

どうでしょう班の苦労と楽しさを追体験したわけですね!

どうでしょう祭の様子もありました。
私もその場所にいたので、懐かしかったです(^^)

私が自分で挑戦したい企画は、「四国八十八ヵ所」。
でも、どうでしょう班みたいに強行軍じゃなくて、

お金と時間に糸目を付けずに四国で歩き遍路したい!

宿と食事は豪華に!
雨が降ったら、のんびりホテルでお休みに(笑)!

これって、最高の贅沢ですよね。
だって、お金と健康と時間と。
全部持ってないと、できないですから。

「水曜どうでしょう」は、普段見過ごしてしまうようなことや、大変そうなことを、楽しみに変えてしまうこと。

大泉さんがボヤいたり、どうでしょう班でケンカしたり。
イベントや名所めぐりをわざわざしなくても、旅そのもののプロセスが思い出になるということを教えてくれたんですよね!
[PR]
by june_h | 2015-01-29 13:18 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

アンコールの「CYCLONE」では、生声で歌ってくれた森くん。
きっと、一番後ろで観ていた人達にも、森くんの情熱、伝わったよね!


<セットリスト後半>

G.&Vo.:森広隆
Drs.:宮川剛

8 Neophilia(仮)
9 Waterdrops
10 Invisible Chain
11 ゼロ地点
12 Funk Redemption
13 交差点(森弾き語り)

<アンコール>
14 CYCLONE



後編も、森&宮川語録をキーワードに語ります。


パリ ニューヨーク 東京 イランイラン…(Neophiliaの歌詞)
イラン・・・・・そういえば、テヘランに駐在している友達、大丈夫かな。
その前は、パキスタンのイスラマバードで。その時も心配だったけど。
テヘランは、イスラマバードに比べて過ごしやすいみたいだけど。
中東関連の仕事している他の友達もいるし。
どうか、これ以上、危なくならないで。
無事、日本に戻ってきて欲しい・・・・・。
・・・・・これは、MCではなくて歌詞なのですが、しばらく、こんなふうに、気になってしまいました(^^;


最近カポ使ってる(by森)
ギターのカポタスト、前からたまに使っていたと思うけど、割合が増えたってことかな?
別に、プロだったら使っちゃいけないとかではないですよね(^^;
カポを使うと、フレットがズレるんですね。
曲によっては、カポ付けた方が弾きやすいとかあるのかな。
森くんのMCは、ギターについて、いろいろ勉強になります(^^;


シャープイレブンスのコードを使いたい(by森)
調べてみたところ、これは、テンションコードなのかな?
ジャズで使うコードって、複雑なイメージ。
森くんがシャープイレブンスのコードを鳴らしてくれたのだけど、このコードに乗るメロディーが、私の頭では全然、想像つかないのです(*_*)


素直に音楽に向き合えるようになった。オッチャンになったからかな(by森)
わかります。
最近の森くんから、この感じ、スゴく伝わってきます。
「音楽」に対して、とても良い距離感で接しているみたい。
具体的な目標を持ったことが、焦りやプレッシャーにならず、ポジティブな効果を生んでいるのでしょう(^^)

年齢と経験を重ねてきたことも、確かに影響していますよね。
世の中とか自分とか、客観的に見られるようになったりとか。
でも、森くんらしさは、ちゃんと変わらずありますね!
それから、お客さんとの距離感も、良くなっているように思います。
お客さんに甘え過ぎず、緊張し過ぎず。
私も最近、森くんのライブを、心地よく楽しめています♪


ムーンウォークしてたから(by宮川)
アンコール、ムーンウォークで登場した森くん。
宮川さんも負けじとムーンウォークで登場。
すると、ステージのアンプに、頭をブツけてしまった宮川さん(^^;
後ろ向きでムーンウォークしたからだって、言い訳していましたけど、樽木栄一郎さんのライブでも、頭ブツけてましたよ(^^;
その時は、ムーンウォークしてなかったですよ(笑)。
7th FLOORのアンプの位置が、ちょうど宮川さんの頭の位置と同じだからですね(^^;


今後のライブやイベントの告知もありました!
続々決まっていますので、オフィシャルサイト要チェックです!

森広隆 Official Website


d0108969_00055563.jpg
/

[PR]
by june_h | 2015-01-25 12:10 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

オープニングの弾き語りから、フェイク多めで、今回も森くん、調子イイ感じ♪


<セットリスト前半>
G.&Vo.:森広隆
Drs.:宮川剛

1 愛のBeat(森 弾き語り)
2 Avalanche(以降 森&宮川)
3 風の卵と眠る太陽
4 憂鬱
5 2D STAR
6 RAINBOW SEEKER
7 いいんです(森 弾き語り)



以下、森&宮川語録と共に、感想書きます!


■世界最小のロックバンドだから(by宮川)
宮川さんとのセッションは2曲目からでしたが、年末の草加のライブから、段違いに良くなっていたのでビックリ!
エレガットとドラムだけなのに、バンドと遜色無いくらいのクオリティ。
聴いてて、とにかく気持ち良かったです(^^)

で、宮川さんの冒頭のセリフ。
っていうか、ファンクじゃなくてロックなんですね、宮川さん(^^;


■電池が入ってなかったりして・・・・・(by宮川)
mellow tonesは、「森君の部屋」というコンセプト。
なので、ステージの傍らには、ナスカちゃん(のぬいぐるみ)。
時々、鳴くので、宮川さん、異常に怖がるんですよね(^^;
最近のリアクションを見ていると、だいぶ慣れてきたかなーと思っていたんですけどね。
電池ナシで鳴いていたらどうしよう(((((゜゜;)って、ボソッと呟いた宮川さん。
・・・・・やっぱり怖いんですね(^^;


■進化の完成形は滅びる(by森)
これ、ミュージシャン含め、クリエイターにとっては重要な問題ですよ!
一つの型みたいなものがピークに達したら、マンネリ化したり、エネルギーが減衰したりするわけで。
だから、完成した型を捨てたり、わざと壊したりする人もいますよね。
そうしないと自己模倣するしかなくなっちゃうから・・・・・。

この話聞いて思い出したのは、日光東照宮。
東照宮の陽明門って、柱をわざと1本だけ逆に取り付けている箇所があるんですよね。
完成しちゃうと衰退するしかなくなるからって、永遠に未完成のままに留めておくという意味があるらしい。


■自分内パクリジャッジが厳しい(by森)
森くんが遅筆なのは、他人の曲も自分の曲も、パクるつもりがないからなのか。
森くんは、音楽に対して、本当にストイックですね。

積極的にパクって「リスペクト」「オマージュ」「セルフカバー」とか言ってるアーティストもいるのにねぇ(爆)。
パクリを防ぐため、新しい音楽のため、理論から構築し直したくなるほどだそうです。

でもね。
同じ人間から出ているものだから、ツールや表現方法をどんなに変えたって「その人らしさ」は、流れているものですよね。

確か、aikoは、曲から先に作ると、全部似たような曲になっちゃうからって、歌詞から作るらしいです。


■あるよ・・・・・塩梅(by宮川)
「シオウメ」ではありません(笑)。
森くんの
「四つ打ちの曲をカッコ良くするための法則なんて無いですよね」
という問いかけに対する宮川さんの答えです(笑)。
だから、その「アンバイ」がどんなものなのかお訊きしたいんですってば!


■二次元の星(by森)
歌詞がなかなかできなかったそうで、森くんが5年も温めていたという新曲『2D STAR』!
めちゃめちゃカッコイイじゃないですか♪
よくボツにしないで、温め続けてくださいました!

森くんの、次のアルバムの輪郭、おぼろげながら見えてきたような。

損得を超える部分にある無償の愛だったり。
衣食住の先にあるキュンキュンだったり。
自分を犠牲にしても誰かを守りたいと思ったり。

ピュアーな気持ちなのかなー・・・・・腹ん中真っ黒で、いろいろ歪んでる私からすると、対極にあるモノが描かれるのでしょう(^^;;;

ともかく、リリースが待ち遠しいです(^^)

(後編に続く)
d0108969_00035973.jpg

[PR]
by june_h | 2015-01-22 13:19 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

彦根城の敷地は広いです。
西の丸は、広大な公園になっています。
桜がたくさんあるので、春は美しいでしょうね!
d0108969_00040632.jpg

傾きかけた日差しが、城に陰影を作り出していて美しかった・・・・・。
d0108969_00050448.jpg

部活動トレーニング中の男子二人が、全速力で階段を登り降りしていました(^^;
d0108969_00053829.jpg

彦根城の側にある日本庭園「玄宮園」。
d0108969_00073251.jpg

四代当主井伊直興が作ったそうです。
d0108969_00063639.jpg

一年に二度咲くという「二季咲桜(にきざきさくら)」。
ちらほら咲いていました♪
d0108969_00091518.jpg

大事なことを忘れていました!
とうとう、ひこにゃんに会えずじまいでした(T-T)
d0108969_00081691.jpg

この後、米原駅から新幹線で名古屋に行き、東海市で開かれたコンサートで、ギタリストの森広隆さんを堪能したのでした♪
ちなみにこちらは、名古屋駅のきしめん屋で食べた、きしめんと天むすのセット。
d0108969_00094559.jpg
年をまたいでしまいましたが、やっとこレポート終わり♪
ご覧になってくださった方々、ありがとうございました!

[PR]
by june_h | 2015-01-19 10:01 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

堀江さんをフォローしていると、世界の技術やシステムの動向がわかります。
なので、著書は気になって読みます(^^;

(043)もう国家はいらない (ポプラ新書)

田原 総一朗 / ポプラ社


堀江さんの日頃の言動や考え方を見ていると、グローバリズム賛成派です。
巷では、グローバリズムが進むと格差が拡大すると言いますが、堀江さんは、逆に格差が縮まると考えているからだそうです。

インターネットを始めとした技術革新で、今までになかったサービスが次々と生まれているので、国家が担っていた福祉や社会保障、軍隊や警察権までもが、民間サービスになるか、要らなくなるのではないかと・・・・・。
「国家」というシステム自体が、古くなってしまっているということです。
そして、お金を所有するということ自体も、意味がなくなってくるのではないかと。

堀江さんは、技術とか人間の好奇心とかに対して、イノセントな印象です。
彼に見えている世界の姿が、私にはなかなか見えて来なかったですけど(^^;

田原さんは、ビットコインについて、堀江さんにかなり詳しく突っ込んでいました。

今までは、国家に通貨発行権がありましたが、ビットコインは、国家に依らない通貨。
ロシアや中国など、自国の通貨が信用できない国では、かなり流通しているようです。

通貨は、国家の既得権の一つ。
ビットコインを使う人が増えるほど、既存の通貨の価値が下がるので、各国は、容認できない問題だと考えているのでしょう。

堀江さんを金の亡者だと批判する人がいますが、そう批判している人の方が、金に対する執着が強いのだと、Twitterで誰かが言っていました。
まったくもって、その通りだと思います(笑)。
[PR]
by june_h | 2015-01-16 13:27 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

2012年に亡くなった、寛仁親王殿下の半生。
私は「お酒好きのヒゲの殿下」程度の知識しかなかったのですが(笑)、この本でいろいろ知りました。

悪童殿下 怒って愛して闘って 寛仁親王の波乱万丈

工藤 美代子 / 幻冬舎


著者が初めて殿下にお会いしたのは、札幌オリンピック。
おしゃれで、どんな女性にも分け隔てない殿下は、コンパニオン達の憧れの的だったそうです。
その後、麻生太郎元首相の妹である信子さんとご結婚なさいましたが、ずっと、別居されていて、殿下が亡くなった時も、お側にはいらっしゃらなかったんですね。

殿下は、生涯に渡って、障害者のために積極的に尽くされていたそうです。
殿下の
「完全な健常者も完全な障害者もいない」
という御言葉、納得です。

皇族だからできたこともたくさんあったと思いますが、皇族だからできないこともたくさんあったでしょう。
民間人なら特に取り沙汰されない行動も、皇族だと目立ってしまいます。
生まれる前から、プライバシーなど無いわけで。
ストレスは相当なものでしょう。

そして、皇族の権威を利用しようと、有象無象の人間が近づいて来ます。
「皇族は、人を見る目が無いとできない」
と仰います。

殿下によると、以前、高松宮が、こう仰ったそうです。

「日本の皇室は昔から権力を持たずとも国民に守られてきた。
京都御所は、わずか30センチメートルくらいの疎水があるだけで垣根も壁もない。
明治維新のときでさえ、京都御所には誰ひとり攻め込んでいかなかった。
あそこで殺された天皇はいないんですよ。
なぜかというと、皇室には『権威』があったから。
国民が権威を感じるからこそ、皇室はずっと続いてきたんです」


幼少期で触れられていた、殿下の祖母にあたる貞明皇后(大正天皇皇后)についても興味を持ちました。
同じ著者による、貞明皇后についての本も読んでみようかな・・・・・でも、この著者、勝手な想像ですが、私の苦手なタイプの女性のような気がします(^^;
[PR]
by june_h | 2015-01-13 13:55 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

年末年始の休みに、ロンドン在住の友達が日本に里帰りしてきたので、一緒に初詣に行って来ました!
まずは、深川不動堂。

d0108969_23580396.jpg

5日の月曜だったんですけど、まだまだ大変な人手。


よく考えたら、この日は仕事始めでした(^^;
ご近所の会社が、社員総出でお参りに。
そりゃあ、混み混みですわな(^^;
無数の線香に燻されました(笑)。

続いて、富岡八幡宮。
こちらも大変な人出。
ただ「回転」が早かったので、そんなに待ちませんでした。
d0108969_23593200.jpg

お参り後、沖縄料理の居酒屋へ。
お年賀で、焼酎一杯サービス。
お湯割りをいただきました(^^)
話がいろいろ盛り上がり、気づけば、5時間も居座っていたのでした(^^;

[PR]
by june_h | 2015-01-10 12:20 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)

2015 新年一般参賀@皇居

毎年恒例の皇居の新年一般参賀に行ってきました!

今年は例年に比べて激混み(^^;
二重橋前の検問が満員だったので、桜田門に回りました。
ボディチェック後は、比較的スムーズに流れるはずなのになかなか進めず。

長和殿前は、満員電車かライブのモッシュゾーン並み。
d0108969_00265710.jpg
いつもなら余裕で体動かせるんだけどな。
佳子ちゃん目当てかしら(^^;

恐ろしいことに、私のお尻をずっと触っている人がいて!
思わず振り払ったら、小さい女の子が、人に押されて私のお尻を楯にしていたんですよね。
なんだか申し訳ないことをしました。
全然見えなかったと思うし(・・;

まあ、天気が良くて良かったわ♪
d0108969_00273957.jpg
帰りに、銀座三越で、昨年一年、いろいろ頑張った自分に対して、ちょっと豪華なランチ。
これがホントの目的だったりして(^^;

[PR]
by june_h | 2015-01-07 09:31 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

いよいよ天守の中へ。
d0108969_23444307.jpg

天井の木組みがスゴい!
d0108969_23485005.jpg

鉄砲狭間。
籠城戦の時、ここから銃口を向けて攻撃するんですよね!
d0108969_23493170.jpg

階段急過ぎ(^^;
ほぼハシゴ状態(笑)。
降りる時は、一段一段、座りながら進みました!
d0108969_23503526.jpg

上からだと、こんな感じ(^^;
d0108969_23511784.jpg

昇り切ると、琵琶湖が一望できます!
窓ちっちゃいけど(笑)。
d0108969_23515134.jpg


[PR]
by june_h | 2015-01-04 09:11 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)