大正天皇皇后 貞明皇后(九条節子)の生涯。

国母の気品―貞明皇后の生涯

工藤 美代子 / 清流出版


当初、お妃候補は、宮家の姫君だったという。
しかし、後の大正天皇となる皇太子は、病弱で、跡継ぎを生むべき妃殿下は、何より健康な女性である必要があった。
そこで白羽の矢が立ったのが、公家名門の一つ、九条家出身の節子(さだこ)だった。
節子は、幼少期に農家に預けられていたこともあり、健康で活発な女性だった。

15歳で皇太子妃となり、16歳で後の昭和天皇となる長男を出産。
4人の皇子の母となった。

今でも、皇族として生きることは、大変な重圧を伴うが、病弱な天皇を常に補佐しつつ公務をこなし、息子達の教育にも気を配らなければならなかった。
心労から、腸チフスになったこともあるという。

関東大震災は、日光で静養していたため、助かった。
大きな揺れに、女官達が騒ぎ逃げ惑う中、皇后は平然と、天皇を抱き上げ、落ち着き払って避難した。
例年なら、夏は葉山で過ごしていたが、震災で全壊したという。

その3年後、大正天皇崩御。
これに伴い、皇太后となった節子は、まだ42歳だった。

長男の昭和天皇の皇后である香淳皇后とは、折り合いが悪かったのではないかと言われている。
香淳皇后は皇族出身。
貞明皇后は、九条家出身ながら、正妻の娘ではない。
立場の上下が難しくなるし、香淳皇后の家系的な病気を問題視して、強硬に反対した。

民間人なら、嫁姑問題は、家族内の問題だ。
しかし、皇族となると、家格の問題や、政治的な勢力争い、ひいては、国全体が関わってきてしまうのである。
昭和天皇以外の親王達の妃は全て、会津出身者や幕臣、徳川家から選び、「朝敵」への配慮を見せた。

戦後も一貫して、崩御するまで、皇室に大きな影響力を持っていたが、政治力のある「女帝」というより、あらゆる配慮の行き届いた方という印象。
客をもてなす際は、客の好みを細かく調べ、一人として同じもてなしは、しなかったという。

明治から、戦後、今日に至るまでの「皇室の在り方」に大きな影響を与えた方である。

あとがきを読んで驚いた。
この著書は、ある明確な「目的」を持って書かれていた。
[PR]
by june_h | 2015-02-27 12:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(4)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。

<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより)
1 Don't let me be lonly tonight(JAMES TAYLOR)
2 密室
3 黒い実
4 エレンディラ
5 ゼロ地点
6 Pebama
7 Fazz Master
8 Isn't she lovely(STEVIE WONDER)


<当時のメモ>
病院から急いで向かってギリギリセーフ。
サイン会での会話。
私:あの、初めて聞いたときからスキだったんで、これからもいい曲書いてくださいね。
森君:がんばります。


この頃の私は、平日は仕事で、ほぼ毎日終電。
月80時間残業が、半年以上続いたこともあったりして。
いつも「長期残業者検診」に引っ掛かって、年に数回、血液検査で血を抜かれたり(笑)。
具合が悪くて顔色は青白く、病院ばかり行ってました(^^;

ライブの時だけ、定時退社して、フラフラ行ってました。
具合が悪かったせいか、この日のセットリストを見ても、全然思い出せません。
「リクエストありますか?」森君がお客さんに呼びかけると、アコギでは難しい『Fazz Master』が、リクエストされて。
森君が戸惑っていたのを、なんとなーく覚えているくらい。

この日は、シングル『ゼロ地点』のサイン会。
アタシ、森君に告白してるじゃん!キャー恥ずかしい(≧∇≦)
この時のサインがこちら!
d0108969_14485430.jpg

前回の署名のようなサインから「進化」しています。
一見、パックマンみたいな絵ですが、目が「H」、口が「M」で、ちゃんと、森広隆のイニシャルになってます!
ゲーム好きな森君らしいサインですが、このサインは、短期間しか使われなかったのです。
[PR]
by june_h | 2015-02-24 14:47 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

日本の茶の湯と、韓国のキムチ。
どちらも発祥は、それぞれの国だけど、互いの影響から生まれたそうな。
そんなわけで、日韓は、好むと好まざるとにかかわらず、お隣同士で影響を与えあってきたという話です。

茶の湯とキムチ (The New Fifties)

丁 宗鐵 / 講談社


キムチは、豊臣秀吉が朝鮮出兵してなかったら、誕生してなかったかもしれないんですよね(^^;
それ以前の朝鮮半島では、明から輸入していた胡椒が辛味だったのです(だから、チャングムのドラマにはキムチが登場しません)。
トウガラシは、豊臣秀吉の軍が、目潰しの武器として、凍傷を防ぐ予防薬として持ち込んだのです。

豊臣秀吉と、朝鮮半島を統治していた伊藤博文は、韓国人が嫌いな歴史的日本人ナンバーワンを争っていますが、朝鮮半島を占領していた異民族は、日本人だけではなかったようで。

李氏朝鮮の始祖である李成桂は、女真族か蒙古族出身という噂があるんだそうな。知らなかった(^^;

そのためなのか、李氏朝鮮は、厳密な階級制度で国を統制したんですよね。
なんだか今の北○鮮みたい(^^;

その伝統があるので、韓国は、自国民同士の上下関係や差別が厳しくて。
在日の人達は、韓国でも差別されちゃうんですよね。

その点がもったいないと思うのです。
同胞なら、もっと優しくてもいいはずなのに。
そのせいで、失った優秀な人材も多いと思うのですよね。

丁先生は在日3世。
祖父にあたる方は、朝鮮半島の貧しい生まれでした。
日本の統治時代に日本に渡り、商売に成功。
子孫達に十分な教育を受けさせることができるようになりました。

もし、丁先生の祖父が朝鮮半島に留まったままだったら、貧しいままで終わっていたかもしれないですよね。

嫌韓も反日も、お互いのことをよく知らないまま、相手を打ち負かすことにのみ熱心なような気がします。
こういう地に足が着いた本は、なかなか無いです(^^;
[PR]
by june_h | 2015-02-21 12:02 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより
1 ただ時が経っただけで
2 黒い実
3 バクダンジュース(スガシカオ)
4 Don't Let Me Be Lonely Tonight(JAMES TAYLOR)
5 雨は止まない
6 並立概念
7 民宿のおやじ
8 密室
9 ゼロ地点
(アンコール) Pebama

<当時のメモ>
どこで待っていればいいかわからず、森君のリハ中にドアを開けて思いっきり入ってしまった。




このライブは、確か、森君の事務所の年賀状で告知があったような。
いろいろな意味で初体験が多かったライブでした。

まず、ライブバーのような場所は初。
ホールやライブハウスでのライブしか経験が無かったので、店のドアの向こうが直接ステージとは思わず、リハを思いっきり邪魔してしまいました(^^;
その時、森君のマネージャーだった山崎さんが応対してくれたんですよね。
メジャーデビューしていたので、マネージャーさんがいたのです。

そして、森君のアコースティックワンマンライブ初体験。
アットホームな雰囲気で、こんなライブもあるのだと、カルチャーショックを受けました。

そして、歌う本人がお酒を飲むライブ。
mellow tonesは、森君との飲み会というコンセプトだったんですよね。

この時は、森君のほとんどの曲が初体験だったので、歌は正直、よく覚えていないのです(^^;
セットリストを見ても、その時のことをよく思い出せないのが残念!

唯一、語れるのは『民宿のおやじ』ですかね(笑)。
当時、森君は、よく波照間島に行ってて。
この歌は、そこの民宿の御主人のことを歌った曲。
はじめは、ブルースっぽい曲を作ったらしいんですけど、おやじさんは気に入らなかったみたいで(^^;
フォーク風の楽曲に落ち着いたとのこと。
「ダックにーつつかれー流血騒ぎぃー」っていうトコ、好きです(笑)。
音源化されていませんが、またライブで歌うかしら♪
[PR]
by june_h | 2015-02-18 12:19 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

丁先生は、小さい時からカビやコケを顕微鏡で観察するのが好きでした。
顕微鏡の専門誌を読んでいると、(昭和)天皇陛下がしばしば登場するので、疑問に思ったそうです。
どんどん調べていくと、見えてきたのは、意外な事実でした。

天皇はなぜ生物学を研究するのか (講談社+α新書)

丁 宗鐵 / 講談社


昭和天皇は、粘菌や海洋生物の研究と分類について、学者として多大な功績を残されています。
分類学の父と言われるカール・リンネの名を冠したロンドン・リンネ協会の名誉会員でもあります。
研究著書もたくさん出版されています。

昭和天皇は、本当は、歴史学を希望されていたそうですが、危険な政治に巻き込まれる可能性があるとして、側近は生物学を勧めました。

それから、他に重要な理由がありました。

日本の皇室として、欧米列強の王室や上流階級と交流するのに、生物学や博物学は、必須教養だったからです。
まず、お金や時間が無いとできない学問ですし、植民地経営のために、現地の状況を知る手段でもありました。

教養は、上流階級にアクセスするためのパスポートなのです。

今上天皇は逆に、生物学専攻を希望されていたそうですが、「帝王学のため」に政治経済学部へ。
皇室は、学問も自分の意志で決められないんですね・・・・・。

明治時代以前、様々な分野で研究を残した大名も紹介されています。
このことは、「江戸大名の好奇心(中江克己 著 第三文明社)」でも読みました。

丁先生は、医師ですが、歴史も詳しいんですね!
自分から興味があって研究して、自分の頭で考えているのが、よくわかる文章です。
[PR]
by june_h | 2015-02-15 12:20 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

行く予定はなかったのですけど、友達からご縁をいただいて、再びFANKSになることができました!

1曲目は『SEVEN DAYS WAR』。
ウツの「revolution・・・・・」のフレーズで、一気に中学時代に引き戻されて、最初から涙腺崩壊。
やっぱり、ウツの声、好きだなあ。
誰にも替えられない声だなあ。
中学の時は、繊細で不安定な部分がありましたが、今の方が安定しているように思います。

後ろのスクリーンには、25年前のCAROLツアーの映像が。
ツアーの再現なんですね!

A Day In The Girl's Life』のイントロがかかって、一緒に歌いながら泣いてましたよ(^^;
そして、そのまま『Carol's Theme I』へ。

私、どんなに選択した結果が悪くても、自分の人生で後悔したことってほとんどないのです。
でも、その中でも「CAROLツアーに行けなかったこと」は、数少ない例外。
だから、たとえ、25年前の幻影だったとしても、ライブでこうしてCAROLの曲をナマで聴けて、25年分の想いをようやく昇華できました。
中学時代の私に、いずれライブでCarolを聴くことになると、教えてあげたい気持ちになりました。

Gia Corm Fillippo Dia』ではウツが休んで、ボカロ?が歌っていたのには驚きましたが(^^;

In The Forest』からの『Carol's Theme II』。
「ユーカムヒー」って、友達と一緒によく歌ってたなあ(笑)。

Just One Victory
ウツが骨折して、「夜のヒットスタジオ」で、座って歌っていたのを思い出します。

この曲の時、私は、中高時代にあれだけ熱心にTMを聴いていたのに、大学に入ってパッタリ聴かなくなったのかが分かりました。

大学入試結果の速達を待っていた高3の2月、心を落ち着かせるために、『Carol』のアルバムのカセットを聴いていました。
来客のチャイムが鳴ったので、カセットを止めました。
その時ちょうどかかっていたのは、『Just One Victory』の中に挿入されている『闇のラビリンス』の「崩れ落ちて」のフレーズでした。

不吉な予感(笑)。
届けられた速達を見て、その予感は現実のものに。

おそらく、この時のショックで、TMが聴けなくなってしまっていたのです。えーっ(^^;
このライブで、そのトラウマを払拭できました!

もちろん、最新アルバムの曲もありました。
I am』イイですね!
でも、一番気に入っている『Alive』が、今回はなくて残念!

そして、ラストは『Get Wild』ではなく、『Fool On The Planet』だったことに感動。

つかみたい 夢がある
じっとしてられない
訳もなくただ 追いかけたいのさ

ただのdreamer 人は言うけれど
この地上に あふれるすべては
僕に似た 昔の誰かが
夢見ては かなえてきたもの


夢って、お金儲けたいとか、有名になりたいとかいう以前に、ただ追っかけたいから追っかけるものなんだね。
っていうことが最近わかって。
やっとこの歌詞の意味がわかったような気がします。
イイ年して、なに寝ぼけたこと言ってるんだろうって感じですが(^^;

とにかく、今の自分へのメッセージみたいに感じました。

チケットを譲ってくれた友達には本当に感謝!
明日から、また頑張らないとと思いました(^^)
d0108969_00154067.jpg

[PR]
by june_h | 2015-02-12 13:08 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(2)

この前、古いパソコンを整理していたところ、森広隆のライブに行き始めてから付けていた、ライブ日記が出てきました。
当時からブログや掲示板はありましたが、ネットにアップすることはしていなかったのです。

今、読み返してみると、十数年前の自分のイタさ加減にドン引きしたり、ブン殴りたくなったり(^^;
散々ではありますが、公開できる範囲で公開し(笑)、当時の思い出と共に語っていきたいと思います。


<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより
1 マイ・シェリー・アモール(STEVIE WONDER)
2 TO BE WITH YOU(Mr. BIG)
3 雨は止まない
4 ゼロ地点
5 ただ時が経っただけで
6 VIRTUAL INSANITY(JAMIROQUAI)


<当時のメモ>
数日前のシカオちゃんのラジオで、「ただ時が経っただけで」がかかり、「マセた高校生みたいだなぁ」と興味を持った。
ホームページを調べたら、丁度横浜に来るとのことで行ってみた。
カッティングと迫力のあるボーカルに完全にやられた。
サイン会で森君が「名前は?」ブッキラボウに聞いてきた。
そして、CDには、私の名前と署名のような彼のサインが。



私が森くんを知ったのは、スガシカオさんのラジオです。
ラジオで「ただ時が経っただけで」を聴いたとき、スゴい!この人叫んでる!歌から叫び声が聞こえる!と感じました。

シャウトしているという意味ではなくて、振り絞るように気持ちが叫んでいると感じて。
歌をナマで聴いてみたいと思ったのです。

森くんの曲を聴いたシカオちゃんのマネージャーさんは、
「この人は、絶対取らなきゃダメだ」
と言っていたそうです。
結局森くん、シカオちゃんとは違う事務所になったみたいですが。

当時、横浜に住んでいた私は、運良くインストアライブに行くことができました。
HMV横浜VIVRE店は、今はもう無いのですよね。

この時の弾き語りで、鮮明に覚えているのは、「VIRTUAL INSANITY」。
グルーヴィでカッコいいなあ!って、素直に思いました♪

そして、印象的だったのは、HMVの店員さんの煽り。
メチャメチャ熱心に勧めてたなあ(^^;

この時もらったサインがこちら。
森くんは、まだデビューしたばかりで、プロモーションには慣れていなかった模様。
今は、ちゃんとしたサインがありますので、こういうのは貴重です。
d0108969_00042569.jpg


[PR]
by june_h | 2015-02-09 09:20 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

二人とも、世間体を考えてごまかすようなことはしないし、相手の意見に合わせることもしないので面白いです(^^;
この対談、ひたすら寂聴さんが面白かった!
年を重ねてきたからか、失うものが無いというか(笑)。

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)

堀江貴文 瀬戸内寂聴 / KADOKAWA/角川学芸出版


寂聴さん、見ず知らずの人に臓器提供したくないって文句言ってたら、年齢制限超えてて誰にもできないってわかって良かった!だって(笑)。

あと、堀江さんに
「誰かが死にたいと言ったら、死んでもいいって言えますか?」
と、訊かれた時
「出家者の立場からは言えないけど、この人は死んだ方がイイと思ったことはあります」
という答えで、堀江さん爆笑(^^;

堀江さんが獄中にいた時、面会に行ったという寂聴さん。
寂聴さんは、昔から投獄者と縁があって、冤罪事件の被告の支援活動をしていたんですよね。

これで思い出したのは、
「寂聴さんの前世は、室町幕府に追われた、南朝の長慶天皇の寵姫だった」
という美輪明宏さんの言葉(『ぴんぽんぱん ふたり話』より)。
寂聴さんの魂は、時の権力に踏みにじられた人達を慰める役割を持っているのでしょう。

堀江さん、Twitterでも対談でもなんでも常に、検察のことに言及しています。
検察のシステムは、容易に冤罪が作られるようになっている、特高以来、変わっていないんじゃないか、とか。

そして、ネットの悪口について。
「悪口って、言ってる側は実はそんなに真剣に言ってない」
という堀江さんの言葉に納得。

テーマや相手について、真剣に考えていれば、おいそれと批判なんてできないと思うのです。
知れば知るほど、善悪白黒ハッキリ言えないって、わかってきますからね。

あと、いつも不思議に思うのですが、堀江さんからは「自分はどうせモテない」っていう思考を感じます(笑)。
モテる男性の思考回路ではありません。
お金持ちで、女性もたくさん寄ってくるでしょうに。

寂聴さん、この対談のために京都から日帰りだったそうで。お元気ですね(^^;
[PR]
by june_h | 2015-02-06 14:31 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

江戸川乱歩の原作ではなくて、北村想さんの小説が原作なんですね。
BSで放送していて、目が離せなくなりました。

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]

VAP,INC(VAP)(D)


第二次世界大戦が回避され、明治時代の身分制度が続いているのだとしたら・・・・・。
世界観は、大正時代のようなレトロな雰囲気です。

今回の主役は、金城武と「テスラコイル」。
テスラコイルも、からくり時計みたいなメカニック。
東日本大震災直後に流れた都市伝説で、テスラコイルの名前がしばしば出てきたのを思い出しました・・・・・フリーエネルギーとの絡みで(^^;

私は、金城武のセリフが、どうしても棒読みのように感じてしまうのです(爆)。
5か国語話せるそうですが、日本語の場合は、感情の込め方がわからないのでしょうか。
広東語や北京語なら、もっと違う感じになるのでしょうか。
ただ、彼の場合、この棒読みさ加減が、何を考えているかわからないような、ミステリアスな存在感を生み出しているのかも!?

相手役の松たか子は、お嬢様役ピッタリ!

そして、明智小五郎&二十面相役の仲村トオル。

彼は、ドラマ『眠れる森』以来、一癖ある役が多いような気がします(^^;
確か、野田秀樹の芝居『エッグ』でもそうでしたね。
[PR]
by june_h | 2015-02-03 11:05 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)