以前から、堀江さんの本で、ビットコインについては触れられていましたが、この本では情報がまとまっているので、やっとわかったような気がします。

マネーと国家と僕らの未来

堀江貴文 / 廣済堂出版


日本では、自国通貨の円が強いので、あんまりビットコインについてはメジャーではありません。
しかし、通貨が弱い国や、自国の通貨が信用されていない国では、ビットコインでのやり取りが増えています。
国家が管理している通貨ではないので、国によっては規制する動きもあります。

ビットコインのメリットは、海外を含めて送金に便利なこと。
手数料がほとんどかからないそうです。

私も最近、海外の友達から送金されることが多々ありまして、海外送金の不便さを実感しているところです。
手段はPaypalですが、日本は規制がかかっていて、海外→日本の個人間送金はできても、日本→海外はできないんですよね。

日本だけ規制があってできないというのは、23andMe(Googleが支援している遺伝子検査キット)の時もそうでした。
日本国内だけの情報やサービスを利用してれば、それほど不都合を感じませんが、一歩、海外(のサイト)に出ると、入ってきにくい情報や、利用できないサービスがあり、日本の既得権益の強さ(古さ?)を感じます。

茂木さんが
「商売が下手だけど、質の良い作品を作るアーティストは、サポートすべき」
という提案をしていましたが、堀江さんは、そんなものは不要だと言って、議論が最後まで平行線だったのは、興味深かったです。
[PR]
by june_h | 2015-08-30 10:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

内田樹先生が、ツイッターで、この雑誌について触れていたので、興味を持ちました。
中国で定期刊行されている、日本文化や風俗についてのムックです。
発行部数は、約10万部だそうです。

知日 なぜ中国人は、日本が好きなのか!

毛丹青 / 潮出版社


日本の文化と言えば、武士道とか茶道とかいろいろありそうですが、創刊号は、なんと「奈良美智」。
敢えて、日本と聞いてもなかなか連想しないものを特集したそうです。

その次の号が「制服」。
いきなりサブカルっぽくなりました(笑)。
日本の伝統文化と、ポップカルチャーやサブカルチャーが、同列に扱われているんですよね(^^;

ユニークなところでは、「暴走族」の特集も。
グレても文化になっちゃうんですね、日本人は(笑)。
「普通になりたくないからってグレる人達は、どうして皆、同じグレ方をするんだろう」
って、小さい時から疑問でしたが、文化だと思えば納得できるかも(^^;
最近では「山○組」の特集なんかもあったそうです。

編集長は、同じようなコンセプトで、アメリカやドイツも考えたそうですが、日本が一番、ネタ切れにならないだろうということで、「知日」に決めたんだとか(笑)。

その他、ノーベル文学賞作家の莫言氏や、レノボ副社長の魏江雷さんも、原稿を寄せています。
日本で翻訳されたら、中国人が日本文化をどう思っているのか、知ることができるでしょうね。
[PR]
by june_h | 2015-08-27 08:40 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

内田先生と、漫画家で京都精華大学学長の竹宮惠子さんとの対談です。

竹と樹のマンガ文化論 (小学館新書)

竹宮 惠子 / 小学館


内田先生が少女マンガをお好きなのは、前の奥さんから手解きを受けていたからなんですよね。
話は逸れますが、内田先生ファンの友達と以前、
「どうして離婚したんだろうね。こんなにイイ男なのに」
という話で盛り上がった時に、欠点が見つからなかったので
「先生が、きっと変態だからだろう」
という結論に落ち着きました(^^;

話を戻して、日本のマンガが発展した理由は、
「マンガはオープンソースだから」
と、竹宮さん。

作品自体には著作権がありますが、表現方法などは、いろんな漫画家が真似して取り入れて、改良を重ねていった結果、発展していったのだろうということです。

今では、同人誌によるパロディもたくさんあって、最初からパロディが作られることを狙ったオリジナルまであるんですよね!

それから、漫画家は、雑誌に連載している時は、出版社と契約を交わさないという話にオドロキです!
口約束だけで、ほとんど眠らず書き続けて締め切りを落とさないなんて(^^;
落としてしまうと、後がない、プロとしてやっていけないという危機感からなんですって。

竹宮さんは、今、大学で学生にマンガの描き方を教えたり、マンガの原画を保存する活動を行っているそうです。

あと、内田先生が、
「自分の「ヴォイス」を持つ」
のが大切だと仰っていました。
ちょっと長いですが、引用します。

自分の「ヴォイス」や「文体」を発見するためには、ひとりでじたばたしてもダメなんだと思います。
個人ではなく、集団を基礎単位で考えなければいけない。
同時代・同世代のすべての作家たちを一つの集団とみなす。
そして、「この集団が全体としていったい何を達成しようとしているのか」を考える。
集団全体が達成しようとしていることが見えてきた時に初めて、その集団内部での自分のポジションがわかる。
その集団内部で自分にしかできないこと、誰も自分の代わりがつとまらないことがわかる。
ここは自分がやらなければ誰もやらない。
でも、誰かがやらないと全体としてのバランスが崩れる。
だから、自分がやる。
そういう考え方をすれば、自分しか占めることのできない固有の立ち位置、固有の役割を発見することになる。
「ヴォイス」を持つというのはそのことだと僕は思うんです。

[PR]
by june_h | 2015-08-24 10:56 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

マキタスポーツさんは、J-POPを分析研究なさっているんですよね。
それで、ヒット曲で、よく使われるコード進行や歌詞を発見したそうです。

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

マキタスポーツ / 扶桑社


こうした「売れる」エッセンスを集めて、マキタさんは『10年目のプロポーズ』という曲を作りました。
この曲に沿って、いろいろ解説しています。

KANの『愛は勝つ』、大事MANブラザーズバンドの『それが大事』などに使われている「カノン進行」は有名です。
あと、小室哲哉さんの曲によく使われているコード進行を「ドラマティックマイナー」と呼んでいるんですね!

それから、「J-POPによくありがちな歌詞」ということで、単語が一覧表になっていましたけど、ここにある単語を使っていない歌の方が少ない気がします。
なんだかゾッとしちゃいました(^^;

ヴィジュアル系についての考察は、納得する部分が多かったです。
ビジュアル系の華美なルックスや歌詞は、歌舞伎のような「様式美」なんですね。
特に、ルックスが大事なので、売れない場合、ボーカルを、もっとイケメンのメンバーに変更することもあるらしい(^^;

こうして分析されることに対して、当のアーティスト達は、どう思っているのか気になるところですが、THE ALFEEの高見沢俊彦さんとか、仲良しみたいですね。

マキタさんは、分析する過程で、アーティストの見えないこだわりとか、苦労を理解しているんですよね。
アーティストにとって、一番嬉しいのは、お金や名声より「理解されること」かもしれません。

私は、いろんなアーティストのライブよく行くので、こういう分析が面白いです♪
[PR]
by june_h | 2015-08-21 08:45 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ベタですが、鳥取砂丘に向かいました(^^;

最初に向かったのは、鳥取砂丘の展望台。
d0108969_17183969.jpg

お腹がすいたので、梨ソフトを食べる。
でも、写真だと、普通のバニラに見える(笑)。
d0108969_17192388.jpg

砂丘までは、リフトで行きます。
ちょっと怖かった(^^;
d0108969_17195646.jpg

ついに、鳥取砂丘に着いたのですが・・・・・。
d0108969_17202619.jpg

「工事現場っぽい」
「全部バンカーのゴルフ場」

という、ミもフタもない感想しか浮かびませんでした(^^;
d0108969_17205524.jpg


[PR]
by june_h | 2015-08-18 17:23 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

日本人に誇りと癒しを与えた映画『テルマエ・ロマエ』の第二弾。
前回、大ヒットしたためか、ブルガリアにある古代ローマの豪華セットでロケ撮影したんですね。 
そして、いろんなものとのタイアップが露骨に見える作品に(笑)。
制作にお金をかけていても、笑わせることは忘れない、正しいB級映画です♪

テルマエ・ロマエII DVD通常盤

東宝


前回よりも、タイムスリップのプロセスが短縮されていて、一つ一つのエピソードが駆け足に。
その分、後半のケイオニウスの問題に、たっぷり時間を取る構成でした。

この映画を見ていて改めて思うのは、日本の風呂とトイレは、莫大なエネルギーを使っているよなあ、ということ。

ウォータースライダーとか、フタが自動で開くトイレとか、古代ローマで同じ機能を再現しようとすると、奴隷をたくさん働かせないとダメなんですよね(^^;

ヨーロッパの原生林が無くなったのは、古代ローマ人が、お風呂を沸かすのに、全部、燃やしちゃったからだと、私は勝手に思っています(^^;
ローマが滅んだ後に、風呂嫌い?のキリスト教徒がはびこったのは、地球環境がバランスを取ろうとしたからかも!?なんて、考えてしまいます(笑)。

話が逸れましたが、平井堅も顔が濃ゆいので、この映画に出演できたのではないかと思います(^^;
[PR]
by june_h | 2015-08-15 20:07 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

最近いろいろ物議を醸している百田さんですが、小説は面白いです。

フォルトゥナの瞳

百田 尚樹 / 新潮社


ある日突然、死ぬ直前の人の体が透けて見えるという、特殊な能力を持ってしまった主人公の男性。
彼は、優しいので、透けて見えた人の死ぬ運命を変えようとする。
でも、他人の運命を変えると、自分の体にダメージを受ける。
ある日、列車の事故で多数の死者が出る大惨事を予見した主人公は、必死にその運命を変えようとするが・・・・・?

私は、職業柄?なのか、この本の主人公のように、周囲にいろいろ「見える」人が多いのです(^^;
実際、誰かの相談を受けたり、職業にしたりしている人もいるし、私も相談させてもらったりします。

なので、こういう物語を読むと、いろいろ考えてしまうのです。

「予言」で、自分の運命が変わってしまったら、周囲の人達の人生も変わってしまうのかな。
「予言」を聞いた結果、変化した行動を含めて運命なのかな。
結局、人間の自由意志って、どこまであるのかな・・・・・。

ちなみに、私の周囲の「見える」人達は、等価交換で、何かが見えるというわけではないです。
あと、「見える」人は、相手も「見える」人だったら、分かるようです。
なので、この小説のオチのようなことはないです。

ただ、自分のことは、この本の主人公と同じく、案外、見えないそうです。
[PR]
by june_h | 2015-08-12 09:09 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<セットリスト>
Bunさんの「Rainy day」のライブレポートより
1 Fuzz Master
2 エレンディラ
3 黒い実
4 ただ時が経っただけで
5 ゼロ地点
6 Pebama


<当時のメモ>
シークレットゲストが氣志團でドキモを抜かれる。
体の調子が悪かったので後ろの方から静かに見ていた。



この時、初めて氣志團を見ました。
以降、何度か、氣志團のライブに行くことになるのですが、横浜アリーナとか東京ドームクラスのコンサートばかりだったので、こんなに小さなハコで見られたのはラッキーでした♪

綾小路翔さんの

「オレ達は今、ヒースロー空港にいるんだ!紳士の国に来たんだ!!」

のMCで始まり、後は怒涛の氣志團ワールドでございました(^^;

最近、氣志團のスタッフだった方と知り合ったのですが(グッズとか作ってたらしい)、もしかしたら、この時、スレ違っていたかも!?

森くんのことは全然書いていませんね(笑)。
アルバムリリースとか、ワンマンライブとか、重要な告知をしていたはずなんですが、私のメモには全然、残っていません(^^;
たぶん、具合が悪かったので、立っているだけでやっとだったんだと思います。
[PR]
by june_h | 2015-08-09 20:26 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森広隆のライブに行き始めてから付けていた、過去のライブ日記をアップしています。


<当時のメモ>
シカオちゃんの『ストーリー』を弾いてくれてラッキー。
紺ちゃんは一番後ろの客席から盛り上げていた。
終わった後にお手洗いから出たら森君がちょうど楽屋から出てきた。
上機嫌でY子と帰る。帰り道夜空に流れ星を見た。



この日は、七夕ということで、森くんに笹飾りをプレゼントしようということで、ファンの方が七夕飾りを作ってくれていました。
みんなで短冊に願い事を書いたのですが、私もコッソリ参加させていただいきました(^^;

私もいろいろ取り纏めやったりしているのでわかりますが、こういうイベントを準備したりまとめたりするのって、ホント大変なんですよね(^^;
なので、まとめてくださった方には、本当に感謝です。

森くんは、スガシカオのラジオで紹介されたこともあって、シカオファンとカブっているんですよね(私もその中の一人です)。
なので、シカオちゃんの『ストーリー』をカバーしてくれた時、盛り上がりましたね(^^)

この時、ベースの紺ちゃん(紺野光広)が、後ろの立席にいて(たぶん飲みながら)、拍手したり叫んだりして、盛り上げていたのでした。
森くんも
「紺ちゃんだなっ!」
って、突っ込んだりして(笑)。

下北沢440は、お手洗いと楽屋のドアが近いので、お手洗いの列に並んでいると、楽屋のドアが開いた時に、なんとなく気まずくなったりして(^^;

この時は、シカオファンの会社の友達と一緒に来てました。
帰り道で、夜空に流れ星を見たりして、良い夜でした(^^)
[PR]
by june_h | 2015-08-06 12:26 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

出版社のミシマ社社長のエッセイ。
私も何冊か、ミシマ社の本を読んだことがあります。

計画と無計画のあいだ---「自由が丘のほがらかな出版社」の話

三島 邦弘 / 河出書房新社


三島さんは、出版社を辞めて、放浪の旅に出た後、出版社を起こそうと決めたそうです。

「あのとき、ぼくは道の先に気持ちのいいものを感じていたものの、走ること自体にはすさまじく不安をおぼえていた。」

「いま、この瞬間、どうしても動かなければいけない。そういうときが人生のうちに必ずある。
その瞬間、理屈や理性、計画的判断といったものを超えて動くことができるかどうか。」


お金も全然無い状態。
自分は、Excelすらマトモに使えない。
雇った社員も個性的。
さあ、どうなる!?ミシマ社!?

・・・・・みたいに、今日存続しているミシマ社が、まるで奇跡のように描かれていますが、そんなことはないと私は思いますよ!

そもそも、出版社の社員になるには、よほどの優秀な方でしょうし。
業界のことも多少わかっていたでしょうし。
内田樹先生に、いきなり本を書いてもらえるほどの人脈もあったわけですから。
ちなみに、『街場の中国論』は、ミシマ社の本です。

増補版 街場の中国論

内田樹 / ミシマ社


三島さんがおっしゃることも、「長いスパンで物事を考えなければならない」とか、「本に熱を込める」とか、内田思想を色濃く感じます(^^;

この本を読んで、早速、ミシマ社の本を何冊か読んでみようと思いました。
[PR]
by june_h | 2015-08-03 10:28 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)