第二次世界大戦時、日本は、欧米列強の脅威に常にさらされていました。
そのため、朝鮮半島や満州を支配下に置き、国境線をより遠くに引く作戦に。
日清戦争で、清との冊封体制が解けた李氏朝鮮は、大韓帝国を樹立。
しかし、その後まもなく、日本によって併合されました。

朝鮮王公族―帝国日本の準皇族 (中公新書)

新城 道彦 / 中央公論新社


伊藤博文は、当初、朝鮮半島の併合には反対でした。
国庫は破綻寸前で、目立った資源もなく、明らかに日本の経済的な負担が増えるからです。

併合後は、韓国の王族に対して、「王族」として、日本の皇族に次ぐ地位を与えました。
王族に対する費用は、皇族よりも多かったと言います。

王族と朝鮮総督府の仲立ちをした李完用は、今ではきっと「親日派(売国奴)」と言われているんだろうと、読みながら思っていましたが、案の定、結構ひどい扱いを受けていますね。

王族の処遇については、日本との文化の違いに苦慮したようです。

日本の皇族には、名字がありませんが、韓国では、名字が無いのは奴卑なのです。
朝鮮の族譜(家系図)では、女性は単に「金氏」「朴氏」としか書かれませんが、王族の女性を名字で書くか、名前で書くかでかなり論争になったようです。

また、日本では、皇族内での結婚は珍しくありませんが、韓国では、同じ先祖を持つ同じ姓(同姓同本)の人とは結婚できないので、王族内での結婚は、あり得ません。
そのため、王族の女性の結婚相手には苦慮したようです。

王族達は、独立運動に身を投じたり、財産を失ったり。
戦後も、韓国に戻った者、日本に帰化した者など様々。
李方子さんについては有名なので、いくらか存じていましたが、その他の王族の方々がどうなっていたのか気になっていたので、興味深かったです。
[PR]
by june_h | 2015-09-30 10:04 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

観劇自粛中ですが、秀山祭だけは行かねばと、なんとか幕見で見ることにしました。
新しい歌舞伎座になってから、幕見席は初めてです。
以前は急な階段で4階まで上がりましたが、エレベーターになってました♪

■紀有常:中村吉右衛門
■絹売豆四郎・在原業平:市川染五郎
■娘信夫・井筒姫:尾上菊之助
■母 小由:中村東蔵


平安時代が舞台なのに、茶店があったり、裃姿の武士が出て来たり、あり得なくね?・・・・だなんて、歌舞伎なのでそんなことには突っ込みません(^^;

今回は、何かの団体の貸切公演でした。
そのためなのか、吉右衛門さん含め、名題の役者さんが花道から登場しても、全然、客席が湧かないのです。
拍手するのも憚られるほどの静けさでした(^^;

この演目、実に50年ぶりの上演だそうで。
その理由が、なんとなぁくわかるかも(^^;

主君のために実の子を犠牲にするという、歌舞伎では『熊谷陣屋』など、よくある筋です。
こうした演目は、播磨屋のお家芸。
ただ、クライマックスがトゥーマッチかも(笑)。

衝立を挟んで繰り広げられる、親子の別れと惨劇。
なんで、別れを惜しんでいる時に、わざわざ殺さなあかんねん(^^;
盛り上げるたいのはわかるけど、ここまでやると、アザとさが出て、引いてしまいます(笑)。

でも、吉右衛門さんは良かった!
金色の裃姿の堂々とした風格。
最後の見得も美しかった!
[PR]
by june_h | 2015-09-27 16:08 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(2)

この本の著者は、イギリス人で、日本在住のフリージャーナリスト。
ニューズウィーク特派員時代、日本についての記事を本国イギリスの編集部に送るのが仕事でした。
しかし、新聞は、紙面が限られているので、記事が載ることはほとんどありません。
イギリス人にとっての興味は、欧米のニュースが中心だからです。
真面目な記事を送っても、本社で論旨を極端にしたり、面白おかしく書き換えられたりしてしまうんだそうです。
紙面を獲得するためには、どうしてもゴシップ中心にならざるを得ないんだとか。

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)

コリン ジョイス / 日本放送出版協会


私も昔、ロンドンのタワーレコードに行って、日本で有名なアーティストのCDが一つも置いていないことに気づいてカルチャーショックを受けました(^^;
日本の扱いって、こんなもんなんだと思い知らされました。

イギリスというと、ご飯がとにかくマズいイメージですが(笑)、彼自身もそれは認めているし、日本の食生活の豊かさも賞賛しています。

しかし、パン、チーズ、ビール、ベーコンに関しては、イギリスの方が絶対美味しいと言います。
特に、ビールに関しては、キンキンに冷えたラガーしか無いと文句を言っていましたが、ここ10年で、地ビールやエールなど、多様になってきて、
「日本にとっては経済的に「失われた20年」だったかもしれないが、ビールは豊かになった」
と喜んでいます(笑)。

私も、神楽坂のフレンチで、日本には美味しいフランスパンが無いので、フランスからパン種を空輸していると聞いたことがあります。

日本に来た当初は、セミの鳴き声を発電機の音と間違えるほどでしたが、長年住んでいて、日本にすっかり慣れ、日本に慣れていない友人に、
「新宿駅の改札で待ち合わせね」
とだけ言って、詳細を伝えなかったり(笑)。
「一番丁寧な敬称は「ちゃん」だから」
と、ウソを教えたりして、遊んでいるそうです(^^;
[PR]
by june_h | 2015-09-24 13:34 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(2)

NHKの番組『COOL JAPAN』の司会者鴻上尚史さんによるエッセイ。

クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン (講談社現代新書)

鴻上尚史 / 講談社


最近は、外国人に日本の良さを語らせる「日本礼賛番組」が大流行りですよね。
この番組は、ブームになる前からずっとあって、日本のおかしな部分もちゃんと扱っているので好きです。

私が思うのは、特に、食べ物。

寿司と和牛を勧めれば、とりあえずオッケーとは思えないんですけど(^^;

そもそも、ナマ魚を食べる民族は、世界的に特殊。
世界的に日本食ブームとはいえ、気持ち悪いと思う人は多いです。
ベジタリアンや宗教的戒律で限られたものしか食べない人もいます。

それに、どの国の、どの民族の人達も、自分の育ってきた環境や食事が一番だと考える人が大半だと思いますから。

あと、この番組で、
「日本の電子レンジがスゴい!」
という特集があって、自慢気にVTRを見せていましたけど、ヨーロッパでは、電子レンジは体に悪いということで、そもそも使われないそうです(^^;

日本に来る外国人の反応を見ると、日本のアニメやマンガは世界的に知られているように思いますが、著作権収入の面からだと、日本は圧倒的に輸入超過なのです。

そんなわけで、独り善がりな「おもてなし」にならないように注意したい今日この頃です。
[PR]
by june_h | 2015-09-20 12:30 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

実際に、守護霊が見えるかどうか、ということは置いておいても、カウンセリングを生業としている人達には、共通する話が多いかも、と思いました。

すべての縁を良縁に変える51の「気づき」

木村 藤子 / 新潮社


もう少し自分を客観的に見ることができれば、わざわざ神様に聞かなくてもいいケースは、多いのかもしれません(^^;
でも、客観的に見ることは、感情が複雑に絡み合って難しいのです。

木村さんは、神様が見せたものを本人に伝えます。
でも、それが、本人にとって聞きたくない言葉だった場合、本人は、激しく動揺します。

そんなこと聞きに来たんじゃないと怒り出したり。
中には、木村さんをなじることも。

一見、イイ人そうでも、一皮剥けば、ドロドロした感情に溢れています。

例えば「ウソはダメ」だと言葉でアドバイスするのは簡単です。
しかし、相手が心から「ウソはダメ」だと考えて行動するようになるのは難しいのです。

誰だって誉めて欲しい。
自分が素晴らしいと思いたい。
自分が見たいものしか見たくない。

自分を直視して乗り越えるのは、容易なことではありません。
相手にどう気づきを与えるのか、自分がどう気づくのか、いろいろ考えさせられました。
[PR]
by june_h | 2015-09-17 11:21 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

最近、森くんのライブが無いうえに、あまりに根を詰め過ぎて、不眠ぎみになってきましたので、紺ちゃんの力を借りに行きました。

歌舞伎町の雑居ビルの最上階。
1階エレベーター近くでは、ナースさんや制服姿のコスプレ女子がウロウロしていてドキドキ(笑)。

15人も入ればいっぱいになるようなバーで、立ち見含め20人以上いて満員御礼!
ギッシリな店内でしたが、3人の音楽は、ゆったりと、アットホームに楽しめました♪


<セットリスト>
こちらを参考にしました。当日の様子をアップしてくださってます♪
Ba:紺野光広
Per Dr:金武功
P G Vo:Marie

-1st-
1. Just A Little Bit(Marieオリジナル)
2. Louise(Marieオリジナル)
3. Must be in love(Marieオリジナル)
4. Time After Time(Cyndi Lauperカバー)
5. Desperado(Eaglesカバー)
6. Bad Day(Daniel Powterカバー)

-2nd-
7. Just The Way You Are(Billy Joelカバー)
8. Time of Destiny(Marieオリジナル)
9. You Gotta Be(Des'reeカバー)
11. Black Or White(Michael Jacksonカバー)
12. Take my hand(Marieオリジナル)
13. How Crazy Are You?(Mejaのカバー)

<アンコール>
14. I can't make you love me(Bonnie Raittカバー)

まだ、このバンドとしてのオリジナル曲は無いそうで。
Marieさんのオリジナル曲と、洋楽のカバーによるセットリストでした。

最初の曲から、裏拍がカッコ良くて。
紺ちゃんのベースは10年以上聴き慣れてるから、やっぱ気持ちイイ!

Marieさんオリジナル曲は、切ないメロディーが多いので、このテの曲が好きな人は、きっとハマるでしょう!

金武さんのパーカッション、タップダンスみたいに軽やかで、紺ちゃんのベースと、Marieさんの歌の感じと合ってました♪

今回、特筆すべきは、紺ちゃんの8ビート!
森くんのサポートをしている時は、ベベベベベベベベっていうベースは聴けませんから、貴重な体験(笑)。
思わず、身を乗り出して、紺ちゃんのベースをガン見してしまいました(^^;
紺ちゃんは、座りながらベースを弾いていると、左脚がフワっと浮くのですね。

このバンドでは、わりと紺ちゃんが仕切っているみたい。
ガンガン飲みながらやってるけど、酔うヒマもなく、(オンマイクじゃないのに)曲名を紹介したり、MCしたり、他のメンバーに話をふったり。
紺ちゃんと金武さんが、二人してガンガン飲みながらやってて、空いたグラスがステージに溜まる溜まる(笑)。
酔っ払いながらMCやって、ベースをガンガン弾いてる紺ちゃんを身近で楽しみたい方は是非♪

私、調子に乗ってラムとかウィスキーとかロックで飲んじゃって、久しぶりに酔っ払って、おかげで、とってもリフレッシュできました!
たまには生身の音楽のバイヴレーション浴びないと、身体も精神も保たないよね(^^;

この日は、投げ銭ライブだったんですけど、ホントに帽子に投げ銭するんですね(笑)。
左下に帽子が写ってます。
d0108969_13013709.jpg

[PR]
by june_h | 2015-09-12 13:04 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

鳥取で、どうしても行きたい所があったんです。

鳥取駅前のスターバックスコーヒー!
d0108969_09564808.jpg

つい最近まで、日本で唯一、スタバがなかったという鳥取県。
ついに、鳥取駅前にスタバがオープン!
開店初日は、1000人が並んだんだそう。

私が行った時は、開店から1か月経っていたので、さすがに並んでいませんでしたが、駐車場はいっぱいでしたね。
d0108969_09570843.jpg

そして、ウワサのすなば珈琲。
鳥取知事の
スタバはないけど日本一のスナバ(鳥取砂丘)がある
という名言?から生まれ、スタバが進出した時もそれを逆手に取った商売をしていたり(^^;
d0108969_09590246.jpg
中には、デデーンとマツコ・デラックスのパネルが。
マツコさんが番組で取り上げて、有名になったらしいです。
なので、マツコさんがいつ来ても良いように、専用席が用意されているというわけです。
d0108969_09572737.jpg

ランチやカレーなどなど、食べ物のメニューは、わりと充実していました。
いろいろ試したかったんですけど、行ったときは、おなかがそんなにすいていなかった(^^;
d0108969_09574828.jpg


[PR]
by june_h | 2015-09-08 10:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)

森広隆さんのサポートドラマーの宮川剛さんが出演するし、ワンコイン(500円)だし、ウチから行きやすいし・・・・・というゲンキンな理由で足を運びました(^^;

<セットリスト>
1 寝ても覚めても
2 青春おじいさん
3 私の真っ赤な自転車
4 夏祭り鮮やかに
5 ふらふらここ
6 パレード
7 雨に魔法をかけて
8 よいよいまほろば
9 ホタル
10 暁のフォルテシモ
11 まっしろけ
12 8月のコラール
13 月とラクダの夢を見た

<アンコール>
14 回転木馬に僕と猫
15 マドロス横丁

プラネタリウムが会場ということで、プラネタリウムが主か、中山うりさんのコンサートが主か、行くまで分かりませんでしたが、ガッチリ後者でした。

中山うりさん初体験でしたが、不思議な空気感の音楽&キャラクターですね!

夜景や星空や花火を次々と映し出すプラネタリウムそっちのけで、淡々と粛々とセットリストをこなしていくうりさん(笑)。
「夏の曲が多いけど、私は日光アレルギー」
なんだそうな(^^;

この日、私は病み上がりで調子が悪くて、大画面のプラネタリウムで酔っ払いそうに(@_@;)
でも、うりさんの歌の雰囲気で、ヘンにトランスせずに済みました。

森くんのサポートをしている時の宮川さんは、ドンッ!ズダダダッ!ババンッ!って感じですが(笑)、うりさんの場合は、ジャラララン、ジャララランと穏やかです。
宮川さんだけ、ライトが当たっていなかったので、楽しそうにドラムを叩く表情が見られなくて、ちょっと残念でしたけどね(^^;

終わった後は、熱っぽかったので、早々に退散。
今度は、ゆっくり楽しみたいです。
d0108969_11452845.jpg

[PR]
by june_h | 2015-09-05 11:43 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

宇倍神社に行こうと、最寄りのバス停を降りた私。

しかし、バス停のそばには「池田家墓所」の看板が。
神社の場所がよくわからず、墓所の方に行けば何か分かるかも!?と思い、進んでみました。
すると、墓所の入り口にまで来てしまいました(^^;
せっかくなので、お邪魔させていただきました。
d0108969_13285931.jpg

辺りは、鳥の声が聞こえる豊かな山里。
静かに眠るには、とても良い場所です。

お墓なのに、いつまでもいたいなーと思いました(^^;

ここには、歴代の鳥取藩主とそのご家族が眠っています。

初代藩主 池田光仲の墓の前で、般若心経を唱えさせていただきました・・・・・が、後で調べたところ、池田家は、黄檗宗。
どおりで、墓石が日本っぽくないわけだ(^^;

黄檗宗の般若心経は、もっと、今の中国語寄りの発音みたいです。
私のお経は、通じたでしょうか・・・・・。

またまた後でわかったことですが、私がこの後に行く予定の姫路も、池田家と縁の深い土地。
姫路城は、有名な戦国武将、池田輝政の居城。
鳥取池田家は、彼の流れを組んでいるというわけです。

もしかしたら、
「姫路に行くなら挨拶せい!」
って、呼ばれちゃったのかも(^^;

続いて、本当の目的地の宇倍神社。
d0108969_13295260.jpg

やっぱり、登るんですよね(笑)。
d0108969_13292889.jpg

墓所とは、ちょっと離れた場所にありました。
d0108969_13300949.jpg


[PR]
by june_h | 2015-09-02 13:36 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)