前回の続きです。

<セットリスト>
森広隆 Gt. Key. Vo.
佐野康夫 Drs.
種子田健 B.
Kiyo Cho.

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
1. メガロポリタンズファンク
2. ただ時が経っただけで
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

(森G.Gt.弾き語り)
9. 密室

(森E.Gt.弾き語り)
10. 椅子取りゲーム(新曲)

(森Key.、佐野、種子田)
11. Pebama

(森E.Gt.、佐野、種子田)
12. Waterdrops

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
13. Avalanche
14. Freaky Boogie
15. 2D Star
16. ゼロ地点
17. Funk redemption

18. Rainbow seeker

<アンコール>
(森ループマシン&ボイストランペット)
19. ドラゴンクエスト序曲

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
20. Cyclone

(森E.Gt.弾き語り&お客さんの手拍子)
21.ユートピア



以前のライブで、佐野さんがスマホゲームの「ねこあつめ」にハマっているという話があり、ベースの種子田さんは今、「ぼくのボッタクリBAR」のゲームにハマっているんだとか。
調べてみたら、コワそうなゲームでした(^^;

こんな話の後の曲は、真逆の世界観の『Waterdrops』(笑)。
しかも、イントロの前に森くん、
「鼻水出ちゃった」
だって(^^;
Waterdrops』じゃなくて『Nasal drips』に改名しなきゃ(^^;

ここからは、再び全員揃って、ラストまで怒涛のファンクタイム。
やっぱり、佐野さん&種子田さんのグルーヴは圧巻!
二人がいる上手側は、男性客比率が高かったように思います(^^;

私の妹は、元々、別のアーティストをサポートしている佐野さんを観てファンになったけど、森くんのライブで叩いている佐野さんが好きなんだと言います。
森くんの楽曲は難しいから、きっとやりがいあるんでしょうね!

でも、『2D Star』は、やっぱり紺ちゃんのベースが好みだったりして。

あっという間!大満足!の本編でございました♪

アンコールは、森くんの足元で青光りしていたループマシンが気になっていましたが、やはり、またやるんですね。
ドラゴンクエスト序曲』を(^^;

前回は、なかなか録音できず、苦労していましたが、今回は、一発OK!
しかも、主旋律に気持ちを込めて歌えるほどの余裕っぷり(笑)。

最後に、無事、完成した「三重奏」を皆で鑑賞し、拍手を煽る森くん。
そしてまた、まるで幻だったかのように、何も言わずに去って行きました(^^;

再び全員揃って『Cyclone』。
結局、最後まで佐野さんばかり見てしまったなあ(^^;

オーラスは、森くんの弾き語りで『ユートピア』。

「大袈裟なようだけど、皆さんのおかげで生きていけます!」
と、森くん。

私も、森くんのCDやライブに惜しみなくつぎ込めるように頑張って稼ぎます!(←そういう意味ではないですね(笑))。

つくづく思いますが、私、マニアックな人が好きなんです(^^;
一生懸命、好きなことを話しているとか、黙々と楽器に向かう姿とか、美しいと感じます。
そこには、惜しみない「愛」がありますから。
そういう姿勢を見ているだけで、私も幸せになるんです。

この日は、ついに、妹が森くんのアルバムを買いました!
洗脳成功♪・・・・・うっふっふ。
A Day in Dystopia』がなかったので、『いいんです』を買って、最近、ヘビロテしているらしい。
曲の感想が、私には無い発想だったりして面白いです♪

また、ドラマーの宮川剛さんとツアー回るんですね!

『A Day in Dystopia TOUR』

2016/07/16(土) 岐阜  Honky Tonk
2016/07/17(日) 奈良  ビバリーヒルズ
2016/07/18(月) 鳥取  asipai(アジパイ)
2016/07/19(火) 岡山  城下公会堂
2016/07/20(水) 福岡  alikwa(アリワ)
2016/07/22(金) 広島  OTIS!
2016/07/23(土) 高松  RUFFHOUSE
2016/07/24(日) 徳島  JIRO’SギターBAR
2016/07/25(月) 四日市 LAST WALTZ
2016/07/26(火) 浜松  Esquerita68


http://morihirotaka.com/live.html

楽しみにしてます\(^^)/
[PR]
by june_h | 2016-06-29 21:32 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

前回の続きです。

<セットリスト>
森広隆 Gt. Key. Vo.
佐野康夫 Drs.
種子田健 B.
Kiyo Cho.

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
1. メガロポリタンズファンク
2. ただ時が経っただけで
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

(森G.Gt.弾き語り)
9. 密室

(森E.Gt.弾き語り)
10. 椅子取りゲーム(新曲)

(森Key.、佐野、種子田)
11. Pebama

(森E.Gt.、佐野、種子田)
12. Waterdrops

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
13. Avalanche
14. Freaky Boogie
15. 2D Star
16. ゼロ地点
17. Funk redemption

18. Rainbow seeker

<アンコール>
(森ループマシン&ボイストランペット)
19. ドラゴンクエスト序曲

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
20. Cyclone

(森E.Gt.弾き語り&お客さんの手拍子)
21.ユートピア



ここでサポートメンバーが一旦退場して、森くんの弾き語りタイム。
エレガットで『密室』です。
『密室』は人気ですよね!
私も大好き♪

次は、ギター職人の川畑完之さんが森くんのために作った新しいエレキギター「Groovecaster」で、これまたなんと新曲の弾き語り!

Groovecasterは、ぺールブルーのカラーリングがステキ♪
音がシャープでとってもクリア!
聴いてて気持ちイイ(≧▽≦)

終演後は、このニューギターを見たり撮ったりしているお客さんがすごく多かったです!

川畑さんは、
「森くんとギターの間にあるガラスをなるべく透明にしたい」
という思いで作ったんだとか。
森くんの思い通りの音がダイレクトで鳴るようにということだと思いますが、森くん曰く、
「いい加減に弾くと、いい加減は音が出てしまう」
ということなので、きっと、使いこなせば、もっとどんどん良い音が出るんだと思います!

新曲の(仮?)タイトルは『椅子取りゲーム』。
ボートで逃げる難民のニュースを見て、思いついたらしい。

森くん、なにげに戦争に関係する曲が多いですよね。
ズバリな『新しい兵器』とか『英雄の誕生』とか『Heaven』とか。

今回の新曲も、これからライブで演奏していくうちに、どんどん成長していくと思うので楽しみです(≧∇≦)

Pebama』は鍵盤弾き語り。
だいぶ上手になってきましたよね(^^)
目指せ肇ちゃんの域!


森くんの家に、(森くんがいない時に)お兄さんとお母さまがいらしたとき、ナスカちゃんが森くんと間違えて、お兄さんになついたらしい。
そして、森くんが戻ってくると、
「なんで御主人が二人いるの!?」と、ナスカちゃんが戸惑ったんだとか(^^;

ナスカちゃんの話になると、毎度デレデレになるので、客席から
「ノロケか!?」
って、すかさず突っ込まれてました(^^;

この話で思い出したんですが、お兄さんの話、スゴく久しぶりに聞きましたね。

すっごく前の、まだメジャーだった時のどこかのインストアライブで、呼び込みのスタッフさんが
「森○○タカさんです!」

と、間違えて「ヒロタカ」では無い名前をコールしたことがありました(^^;
すると、森くんは
「それは兄貴の名前です」
って、突っ込んだことがありました(笑)。
なぜ、その名前をコールしたのかは謎(^^;;;


(つづく)
[PR]
by june_h | 2016-06-27 17:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

2014年のAKB48を追ったドキュメンタリー映画。
主に、大島優子さんの卒業までを追っていました。

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? Blu-rayスペシャル・エディション(BD2枚組)

東宝


大島さんは、子役から芸能界に入ったんですよね。
芸能界の厳しさをよく分かっていると思うし、自分がどう振る舞えばいいかもよく分かっている。
そして、AKBという集団の中での自分の責任も。
だから、多くのメンバーに慕われていたし、憧れだったんだと思います。

東北の握手会でAKB48のメンバーが切りつけられた事件についても触れられていました。
先日も、アイドルがストーカーのファンに刺される事件が起こりましたが、ファンと直接触れ合うというのは、結構なリスクなんですよね。
ガードマンがいるAKBでの握手会もこんなことが起こるくらいだから、地下アイドルなんて、本当に自分の身は自分で守らなくちゃいけないですからね・・・・・。
[PR]
by june_h | 2016-06-24 20:36 | 映画 感想 | Trackback | Comments(0)

江原さんの本、久しぶりに読みました。

幸せに生きるひとりの法則

江原 啓之 / 幻冬舎


読んでいると、両親や自分の将来のこととか、いろいろ考えなければならないことが多いのだと、気づかされます。

ひとりで生きるのは確かに不安だらけです。
老後の病気とか、孤独死するんじゃないかとか、経済的な面とか。
でも、こういう不安があるから結婚するとか、子供を持つとかいうのも、何か違うと思います。
伴侶に先立たれたり、子供と仲が悪くなったりするかもしれませんから(^^;
依存心があれば、どんなにたくさんの人に囲まれていても、なかなかうまくいかないでしょう。

江原さんは、
「不安は余裕のあらわれ」
だと言います。

不安になるのは、不安で悩む余裕があるんですよね。
本当に余裕が無い人は、今を生きるのが精一杯で、悩んでいるヒマなんて無いんです。
私も仕事が猛烈に忙しかった時は、Twitterで「忙しい」って、呟いているヒマもありませんでした(^^;
ネットのことすら忘れていました(笑)。
[PR]
by june_h | 2016-06-20 20:36 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

今回のドラムは佐野さんなので、佐野さんファンの妹と参戦しました(^^)


<セットリスト>
森広隆 Gt. Key. Vo.
佐野康夫 Drs.
種子田健 B.
Kiyo Cho.

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
1. メガロポリタンズファンク
2. ただ時が経っただけで
3. 愛のBeat
4. Invisible chain
5. Rabbit hole
6. ネオフィリア
7. 憂鬱
8. 早すぎるクリスマスソング

(森G.Gt.弾き語り)
9. 密室

(森E.Gt.弾き語り)
10. 椅子取りゲーム(新曲)

(森Key.、佐野、種子田)
11. Pebama

(森E.Gt.、佐野、種子田)
12. Waterdrops

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
13. Avalanche
14. Freaky Boogie
15. 2D Star
16. ゼロ地点
17. Funk redemption

18. Rainbow seeker

<アンコール>
(森ループマシン&ボイストランペット)
19. ドラゴンクエスト序曲

(森E.Gt.、佐野、種子田、Kiyo)
20. Cyclone

(森E.Gt.弾き語り&お客さんの手拍子)
21.ユートピア


前回の横浜のバンドワンマンと同じく、『メガロポリタンズファンク』のベースラインとクラップ音が流れると、バンドメンバーが次々に登場!
全員が揃ったところで、生音のイントロにとって変わりました。

佐野さんのドラムと種子田さんのベースのリフを耳にした途端、ゾクゾクッと鳥肌立って、ワクワクッと胸が高鳴りました!
森くんそっちのけで、最初から最後までリズム隊のこの二人に釘付け。
ごめんね森くん(^^;

佐野さん、シャープで乾いた音だけど、ちゃんと重厚さもあるんですね。
私、乾いたドラム好きです。
そう思ったのはジェームス・ブラウン聴いた時だったかも。

淡々とグルーヴを紡いでいる佐野さんですが、時折、ニカッと笑うんです。
Invisible chain』の時だったかな。
佐野さんファンの妹は、そんな笑顔を見て
「キャー(≧▽≦)♪ キャワイイ(≧▽≦)ヘ(≧▽≦ヘ)♪」
と、大興奮!

いつも妹が観ているアーティストのライブで叩いている佐野さんと、森くんのライブで叩いている佐野さんが違うらしく、
「森くんのライブの佐野さん」
を気に入っているらしい。

そして、種子田さんのベースさばき。
裏方に徹しているのに、気持ち良いキラキラした音が滲み出てくる!
地味なのか派手なのかよく分からん(^^;

あの手さばきで触れられたら、さぞ気持ち良かろうなぁ・・・・・なんて、イヤらしいことを考えてしまいました(笑)。
すみません。セクハラですね(^^;

MCほとんどナシで、『ネオフィリア』までほぼ一気に駆け抜けました!

前半のファンクタイムの後は、『憂鬱』と『早すぎるクリスマスソング』。

今回のライブで聴いて、
「これが本来のグルーヴなのね」
と、思うことが多かったのです。
よく考えたら、そうですよね。
だって、アルバムに参加している二人なんですから(^^;

森くんの曲って、ファンク系は言うまでもなく難しいですけど、実は、ミドルテンポの曲もバラードも難しいって気づきました。
ちょっとタイミングやニュアンス?がズレただけで、全然、別の曲になってしまう・・・・・。

いつもは分からなかった、こういう曲の良さを堪能できました。
ハズレの曲はなかったです。


(つづく)
[PR]
by june_h | 2016-06-15 21:27 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

西原理恵子さんの『ダーリンは70歳』が面白かったので、母が発売日に即購入しました。
恋人の高須克弥さんのエッセイが主になっています。

ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)

西原 理恵子 / 小学館


西原さんのファンだった高須さんがファンレターを送ったことから二人の交際が始まり、ホテルニューオータニの高須さんの部屋で、西原さんが「襲った」らしい(^^;

西原さんも高須さんも、お互い、キライなタイプだったはずなんですよね。
でも、高須さんは、自分の祖母と西原さんが似ていたので、親近感を持ったようです。
他人のニワトリが庭に迷い込んで来た時に、勝手に絞めて食べちゃって、しらばっくれるお祖母ちゃんだったという(^^;

西原さんに対抗してなのか、ぶっちゃけ話が面白かったです。
「クマ」や「カニ」のような西原さんについてもですし、医者についても。

でも、度が過ぎたのか、小学館の偉い人から「不適切な表現があるから書き直してくれ」と言われて拒否したので、発売早々、絶版になったらしい。

私が引っかかったのは、医師の家系に生まれた高須さんが、母親に言われた
「医者にならんでもいい。でもバカでない証拠に、「人殺しの免許」だけとってこい」
という言葉(笑)。
要は、医師免許だけは取れ、ということなのですが、「人殺しの免許」って、言い得て妙だなぁと(^^;
ここ笑うとこ??

最後の西原さんのマンガ、夕焼けに泣かされました(^^;
本当に、ここまで来るのに、西原さんは過酷な人生を送っていらっしゃったから・・・・・。
高須さんと一緒に、楽しく平穏な生活が続きますことを、そして、高須さんをネタにして、面白い漫画をどんどん描いてくださることをお祈りしています(^^)
[PR]
by june_h | 2016-06-11 13:35 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

再放送されたドラマをたまたま見ました。
大学時代に、誰かがこの原作マンガを貸してくれて読んだことを思い出しました。

大使閣下の料理人(1) (モーニングコミックス)

西村ミツル / 講談社


舞台はベトナム。
在ベトナム日本大使館のシェフである大沢公が、外交問題を料理で解決していくというストーリーです。
料理の素材一つ取っても、いろいろなメッセージが込められているし、込めることができるということがよく分かります。

外交は権謀術数の世界ですが、力ずくで恫喝するのではなく、相手を理解し、相手の感動を引き出すということも大切ですよね。
相手が感動するとき、自分が相手に理解されていると感じたときではないでしょうか。

相手の単なる好みだけではなく、料理の歴史を理解し、素材の特性や産地の風土を知り、それを全て「一皿」に盛り込むことで、相手に「あなたのことを理解しています」と伝えられることは、素晴らしいことではないでしょうか。

このマンガ、シェフの大沢公(ドラマでは櫻井翔)に恋するアシスタントのホアちゃん(ドラマでは剛力彩芽)が危なっかしくてドキドキするんですけどね(^^;
原作を最後まで読んでいないので私は知りませんが、結局、この二人は、どうなったのでしょうか・・・・・。
[PR]
by june_h | 2016-06-07 11:24 | テレビ ドラマ ドキュメンタリー | Trackback | Comments(0)

ジョン・ハンターに興味があったので読みました。種痘の歴史もよく分かりました。
この手の本の中では読みやすかったです。

近代医学の先駆者――ハンターとジェンナー (岩波現代全書)

山内 一也 / 岩波書店


ジョン・ハンターは、種痘で天然痘を予防する方法を開発したジェンナーの師匠。
『ドリトル先生』のモデルになった人物です。
偉大な医師っぽい肖像画だけど、カワリモノの解剖マニアじゃん・・・・・(^^;
夜な夜な解剖していたので、『ジキル博士とハイド氏』のモデルでもあります(笑)。

人痘の種痘は、中国やインドでもかなり古くから行われていたし、ヨーロッパでも民間療法としてあったんだそうです。
ジェンナーは、馬の「グリース」と呼ばれていた馬痘ウイルスによる疾患や、牛痘を研究して、天然痘のワクチンを作りました。

日本では、自分の息子に最初に種痘して実験したジェンナーは、息子を犠牲にして人類に貢献したのだと、美談のように語られますが、自分の息子に最初に種痘したわけではないそうです(^^;

ジェンナーは、生前も死後も、祖国イギリスで冷遇されているんですよね。
細菌を発見したパスツールやコッホは、祖国で英雄のように称えられ、潤沢な資金や研究所を与えられて研究していました。
しかし、ジェンナーは、スポンサーがなかなかつかなかったし、ライバルに研究を邪魔されたり、種痘反対派に執拗に攻撃されたり。

1980年代にジェンナーの自宅が売却されそうになったとき、イギリスでは寄付があまり集まらず、日本船舶振興会の笹川良一が多額の寄付をして、ようやく売却を免れたんだとか(^^;

この時代の医学に関する本を、もう少し読みたいですね(^^)
[PR]
by june_h | 2016-06-04 12:37 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

著者は、小泉純一郎元首相の元秘書官。
政治の裏側的な話が興味深かったのですが、本のタイトルは、なんだかそのへんにゴロゴロ転がっているビジネス本みたいで、ちょっともったいない気がします。

最近、政治の本に興味があります。
誰も傷付けない、誰も敵に回さない方法を知りたいのです。

ひみつの教養 誰も教えてくれない仕事の基本

飯島 勲 / プレジデント社



各トピックがクイズ形式になっていて、答えを考えながら読み進められます。
私、結構、正解しましたよ!

赤坂プリンスホテルは政治家の密談になぜ適していたのか、というような裏話も面白いのですが、尖閣諸島などの外交問題も、メディアや政治評論家とは違った見方で、とても勉強になりました。

西川きよしさんとの対談が興味深かったです。
飯島さんは彼を高く評価していて、政界復帰を何度も打診しているそうですね。

人気があるのももちろん、官僚からも信頼されていて、「敵」もいない。有権者との対話も欠かさず、文字通り「小さなことからコツコツと」やる理想的な政治家。
「日本の国益のために、吉本興業は損を被るべきだ」
とまで仰っています。

それから、ももいろクローバーZの百田夏菜子ちゃんと、ももクロのマネージャーさんとの鼎談もありました。
政界に近いのは、AKBよりももクロ!?
[PR]
by june_h | 2016-06-01 15:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)