中村うさぎさんって、本当に面白い人。
名だたる学者に対談相手として指名されてたりするんですよね。
頭の回転が早いから、返しが的確。
ミッションスクール出身だからか、聖書に詳しい。人に言われたからではなく、自分の意志で読んでいて、ちゃんと面白さ?を分かっている。
彼女の話す聖書は面白い!

聖書を語る―宗教は震災後の日本を救えるか

佐藤 優,中村 うさぎ/文藝春秋

undefined


佐藤優は、友達からずっと勧められていたのですが、なかなか手が出なくて。
聖書&うさぎさんという切り口から、やっと入場できました。
この方も面白いんですね!
神学者にして元外交官。
宗教の切り口から世界を見られる人、絶対に必要ですよね。

彼曰く、イスラム教の聖書だと、キリストが復活する時にはイスラム教徒として復活するらしい。
キリスト教徒とイスラム教徒は、聖書を同じくする「啓典の民(←イスラム教側の言い方だけど)」だけど、仲が悪いはずですよね(^^;

うさぎさんの、アダムとイブの解釈が面白かった。
アダムとイブの原罪はセックスではなく「自意識」ではないかと。
だって、もし、そうなら、楽園にいる動物だってヤりまくっているわけだから、動物達だって追い出されなきゃならないでしょう、と。

知恵の実を食べた後、お互いが「違う存在」だって知ってしまった。
そこから全ての苦しみが生まれた。
それが原罪。
スゴく納得!

この二人の会話、面白いので、続編?も読みました。
[PR]
by june_h | 2017-03-31 18:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

まさか、こんな日が来るとは。
シカオちゃんのイベントのオープニングアクトとして、2,000人の観衆の前で森くんが歌うなんて!

今まで、RIP SLYMEのサポートなんかで大きなステージに立ったことはあったかもしれないけど、自分の持ち歌を、こんな大きなステージで歌うのは初めてじゃないでしょうか!?

私は元々、シカオちゃんファンだし、このイベントに行かない理由は見つかりません(笑)。
・・・・・っていうか、シカオちゃんのライブは最近サボってます(^^;
でも、チケットが当たらなくて、森くんのファン仲間から譲っていただきました♪
感謝です!

久しぶりに指定席のライブですが、森くんは開演前の出演ということで、見逃してはイカンと、開場よりかなり前から並びました。

ホール内はとにかく広い!見やすい!!

席に着いてからは、気が気じゃない。
もしかしたら私、本人より緊張しているんじゃないかしらってくらい興奮(笑)。

そして、広いステージに森くんがギター一本で登場した時、感無量。

ライブ前に

「明日はKanji Guitar"Groovecaster"と、
カンジさんが新しく制作してくれたばかりのアンプで臨みます。」

と、森くんがツイートしていて、並々ならぬ気合いを感じていました。
(『アコギ侍の宴』なのにアコギじゃないんかい!と突っ込んだのは私だけじゃなかったはず(笑))。

美しい照明の中で歌う森くんに、肩ガチガチに緊張しながら、必死に拍手とエールを送りました!

1曲目は、『ただ時が経っただけで』。
シカオちゃんのラジオで、この曲がかかって、森くんを知った人も多かったので、良い選曲♪
森くんのことを思い出してくれた人も多かったみたい。
そのあと、『ゼロ地点』『2D Star』・・・・・とにかく、間違えないでぇー!と祈るような気持ちで見ておりました。

愛のBeat』で、お得意のロングトーンをかまし、全4曲で終了。

一瞬だったような、メチャメチャ長かったような、不思議な感覚。
でも、開演前なのにドッと疲れたのは確か(笑)。
森ファンの友達と、本編が始まる前から、
「今日の仕事は終わったね」
って、和んでました(^^;

本編終わって(←本編のこと書かないのか(笑))アンコールでシカオちゃんが、森くんの名前も言ってくれたので嬉しかったな(^^)

とにかく、森くんを思い出して呼んでくれたシカオちゃんに感謝!!
そして、森くん、記念すべき日に立ち会えて良かった!!

[PR]
by june_h | 2017-03-27 17:49 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

1月は、わりと行きました。
2月は、ワンマンライブがあったけど、対バンライブは回数が少なかったのです。


■1月10日(火)渋谷GARRET udagawa
共鳴レンサTOUR 2017 関東サーキットvol.4
ハシグチカナデリヤ/ЯeaL/GIRLFRIEND/

10代のガールズバンド2組との対バン。
ステージの女の子よりも、メンバーの女の子を客席で微動だにせずガン見していた男性が気になって、私はその客をガン見していたのでした(笑)。



■1月17日(火)渋谷クロール
TAMATE BOX/GA-HA-/ハシグチカナデリヤ/玉様揺紗様/TRIPPER

打ち合わせが急きょ入ってしまって、ハッさんの出番後、途中抜け。
この日のハッさんはエレキ&ルーパーでヒトリ演奏。
とある理由でTAMATE BOXくんの顔をガン見・・・・・私、ガン見が多いですね(^^;



■1月21日(土)タワーレコード渋谷
『超ハシグチカナデリヤ』発売記念インストアライブ

イベントスペースが埋まるくらいのお客さん。
ステージに立った時のハッさん、お客さんの入りを見て、心底ホッとした表情をしてた。
私も良かったなって思ったの(^^)



■1月27日(金)柏パルーザ
ハシグチカナデリヤ/SOLZICK/Crahs/EMPTY KRAFT/坂本タクヤ

柏パルーザは、音も照明もステキな箱♪
ハッさん、3ピース編成だと、位置が端っこになる(^^;
EMPTY KRAFTは森くんとも以前、対バンしていたような。



■1月30日(月)西川口ハーツ
ハシグチカナデリヤ/ЯeaL/GIRLFRIEND/ORANGE POST REASON/CASPA

1/10渋谷の10代ガールズバンドと再び対バン。
ハッさん、自分の年齢のことを気にしていたけど、年齢のことであんまり卑屈になられると、私も申し訳ない気持ちになっちゃうんですよ・・・・・私は客席の平均年齢上げちゃってるし・・・・・若くなくてゴメンね。なんかライブ行きにくくなる(^^;;;



■2月24日(金)代官山ループ
ハシグチカナデリヤ/YANAKIKU

YANAKIKUは、ハッさんが絶賛するようにレベルが高い!
歌も上手いし、踊りも上手いし、MCもパフォーマンスも面白い♪
友達と一緒に踊りまくってました!
ハッさんは1曲目が『アカラサマLOVE』でテンション上がりました♪

[PR]
by june_h | 2017-03-21 21:55 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

アンコールは、もちろん、3人で再び登場してセッション!
ハッさん真ん中(笑)。

この3人の対バンは、いつも順番が同じなので、次にやる時は、最初に3人全員でステージに出てきて、小話しながらアミダくじで順番を決めようということに(笑)。
急きょ順番が決まっても、3人ともセッティングに時間がかからなさそうだからイイけどね(^^;


<アンコール>
en1. Superstition(スティービーワンダーのカバー曲)
en2. Spain(チック・コリアのカバー曲)
en3. Nowhere Man(ビートルズのカバー曲)


真藤さんの出番で、真藤さんが寝坊してライブのリハーサルに大遅刻してしまったことを話していましたが、こういう話を聞くとドキドキしてしまいます(^^;

スティーヴィー・ワンダーの『Superstition』は大好き♪
これは、真藤さん&森くんラインの曲ですね。

Spain』が終わったところで、終演予定だったようですが、お客さん許さず、拍手鳴り止まず(笑)。

再登場したハッさんは「もっと上手く弾けたはずだ!」と、『Spain』のギターフレーズを引き直し。
悔しかったんだねぇ。負けず嫌いだからなぁ(笑)。

何も決めていなかったので、3人で何をやろうかと話し合いが始まり、『Nowhere Man』でまとまったものの、最初から歌おうよ、いや、サビからにしようよ、ユニゾンにしよう、いや、ハモろう、と、意見がバラバラでなかなかまとまらず(笑)。
結局、ワンコーラス、ハモりで締め!
前回もやりましたからね。即興でもさすが、ちゃんとまとまりました♪




[PR]
by june_h | 2017-03-21 17:43 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

森くんは、いつものGroovecaster♪


<セットリスト>
※5以外Groovecaster弾き語り
1 ただ時が経っただけで
2 2D Star
3 愛のBeat
4 密室
5 Pebama(グランドピアノ)
6 Rabbit Hole
7 メガロポリタンズファンク
8 ゼロ地点
9 いいんです

森くんがMCで、ギター職人の川畑完之さんが、ギターアンプを持って来てくれたことを話していました。

で、私は気づいた。

・・・・・エレベーターで一緒だったのはカンジさんだったんだ!

少し早めに現地に向かったのですが、四谷天窓の入口は奥まっていて分かりにくいので、毎度、迷いそうになります。
例によって
「ここでいいんだよね?」
と入口近くで呟くと、
「僕も迷ってて・・・・・」
と、大きな機材を持ってスマホをいじっている男性が。
今日のスタッフさんかな?と思いつつ、一緒にエレベーターに乗って上がったのですが、いま思えば、その男性はカンジさんで、あの機材はギターアンプだったんですね。

おかげで、今回のライブは、とても音が良かったです♪
エレキとは思えないくらいの温もりのある柔らかい音でした(^^)

[PR]
by june_h | 2017-03-19 13:35 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

このスリーマンは3回目。
この面子ではハッさんが最年少だからか、いつもトップバッター。
前回は遅れて最初の数曲に間に合わなかったけど、今回は寒風吹き荒ぶ中、1時間並んで待っていましたよ!

<セットリスト>
1、ニュートリノシンドローム
2、らぶふらくしょん
3、ライヤイヤー
4、超good time
5、イイワケナイ
6、まさかマザーユニバース
7、六等星の丘~we are believer~
8、Rin! Rin! Hi! Hi!

最近のハッさんには珍しく、この日はエレアコ。
個人的には、『ライヤイヤー』が久しぶりに聴けたのが嬉しかったですね♪

ハッさんの
「『ルビーの指環』とタメ」
というMCに
「若い人には通じなさそう(この日の客は年齢層高そうだからイイけど)」
と、心の中で突っ込みつつ(^^;

この日、一緒に観に来ていた妹は、初ハッさん。

私が初めてハッさんを観た感想と同じことを言っていて、面白かった。
やっぱり姉妹だからか!?

バンドのハッさん観たら、やっぱり同じように思うのかしら。

[PR]
by june_h | 2017-03-18 21:55 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)