◆5月3日(水)渋谷ミルキーウェイ
赤と嘘/ハシグチカナデリヤ/N.U./ナイトスターリリー/grassbird/アイラブユーベイビーズ

この日のハッさんは『Rin! Rin! Hi! Hi!』が落ち着いてて良かった!
森くんと対バンしたことのある片山遼くんが「ナイトスターリリー」というデュオで出演していてイイ感じに盛り上がっていた。
相変わらず片山くんは色白!
「アイラブユーベイビーズ」のギタリストさんが客席でチラシを配っていたので
「足、治った?」って訊いたら
「真一文字に割れまして、でも、骨が生えてきて、1か月半で治りました!」
とのことだったので良かった♪
ステージ上のパフォーマンスは激しい人ですが、とても丁寧で腰が低い方でした。
この日は「赤と嘘(森翼くん)」の誕生日イベントだったらしく、ゴールデンウィークでもあったので、大変なお客さんの数。
気分が悪くなってしまったので、早めに退散させていただきました(^^;


◆5月14日(日)渋谷デセオ
オトループ/ハシグチカナデリヤ

オトループとのツーマン。
『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、私が手を上げるタイミングを間違えて焦る(^^;
他にも同じような方々がいたみたいで、ハッさんが
「ラスサビは2回繰り返す」
とアドバイスしていた(笑)。
次の『マッコー』も、「オイ!」の回数が2回目だけ違うので緊張します(^^;
久しぶりに『ライヤイヤー』が聴けて良かった(^^)
d0108969_18061912.jpg

◆5月20日(土)上野音横丁
ハシグチカナデリヤ / Sissy / 藤田恵名 / 東京エロティカルパレード。

久しぶりに藤田恵名ちゃんを堪能♪
後ろの方で見ていたので、恵名ちゃんのビキニ姿が見えず、初めて歌に集中して聴けました(笑)。
地声は鼻にかけているけど、歌う時の声はちゃんと太い。
恵名ちゃんは体重を気にしていたけど、この後に出演したハッさんのバンドは、皆、女性はポッチャリの方がイイ!と絶賛。
私は、ベースの拓人くんの、白くてムッチリした腕も魅力的と思う(笑)。
『Like a花鳥風月』のテンポが速すぎてウケた(^^;


◆5月21日(日)柏MUSIC SUN

ハッさんの次がスパボだったので、スパボファンが多かった印象。
当然、『Rin! Rin! Hi! Hi!』のセッションを皆、期待しているのに、ハッさんがもったいぶって、イントロを2回止めたので、客席から「カナデリさんっ!?」というキレ気味の野次が飛ぶ(笑)。
満を持して、スパボの二人が登場!良い笑顔(^^)
なのにハッさん「こぶし上げて」の歌詞で「にょぶし上げて」と間違えてしまい、「のろし上げて」と開き直って歌った(笑)。


◆5月25日(木)新宿ナビカフェ
杉本ラララ/ハシグチカナデリヤ

杉本拓朗くん改め「杉本ラララ」くんとのアコギツーマン。
杉本くんの声を初めてナマで聴きました。
静かに歌っている声は想像ついたけど、サビで盛り上がる時に、不安定な爆発力があります・・・・・と、書いてはみたけど、形容が難しい声(^^;
今度、ハッさんプロデュースでアルバムをリリースするそうで、何曲か二人でやってくれた♪
それにしても、ハッさん、働き者だなあ(^^;;;


[PR]
# by june_h | 2017-05-27 18:02 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

スピリチュアル系の本で、今まで読んだことがある内容が多いけど、読みやすいし、キャッチーで面白いです。
神様が「はあ!?」ってキレたりするし(^^;

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

さとう みつろう/ワニブックス

undefined

いくつか、印象的な「キャッチコピー」を。


■鏡は先に笑わない
イヤなことがあると周囲(鏡)を変えたくなるけど、鏡に映るのは、少し前の「過去」なわけだから変えられない。
だから、自分が笑うしかない。
分かりやすい例えですね!


■「自我の欠乏欲」「安全の欠乏欲」「存在の欠乏欲」
この世に生まれた人はみんな間違いなく幸せなんだけど、突き詰めると、この三つに関して満たしたいと思うみたい。
納得。


■迷っているということは、実はどっちでもいいのだの法則
これ、気が楽になる言葉ですね。
私は決断にあまり迷うことは無いですけど(笑)。
例えば、2人から同時にプロポーズされて、そのうちの1人と結婚した場合。
イヤなことがあるとすぐ逃げるような気持ちなら、どちらを選んでも後悔するだろうし、何があっても楽しもうと思えば、どちらを選んでも幸せになるだろうし。
「正解」を決めるのは、環境じゃなくて自分ってことですね。
[PR]
# by june_h | 2017-05-26 17:18 | Trackback | Comments(0)

夜中に寝床で読んで、いつも大笑い&大泣き(T-T)
この二人の関係性が好き♪
西原さんは値切ったりしてショッピングを楽しみたいのに、高須さんは時間がもったいないからって店の商品を全部買い占める(笑)。
お互い価値観が全然違うから、ケンカになるし、楽しめるんですよね!

高須さんのお母様の話が印象的。
戦後、進駐軍相手に商売をしていた女性達の整形や堕胎を引き受けていたのが、高須さんのお母様。
そのお金で成長してきた高須さん。
「何千人も殺してきたから地獄行き」
だと、お母様は自分の手を見せながら、幼い高須さんに語ってきた。

西原さんは、高須さんの手を見ながら「働き者の手だ」と言う・・・・・。

西原さん、ここまで来るのに本当にご苦労されたし、高須さんもたくさん働いてこられた(今も働いているけど)ので、「人生の夕暮れ時」を穏やかに楽しんでいて、本当に良かったと思います。

[PR]
# by june_h | 2017-05-23 20:02 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ライブハウスの経営者兼PAさんが著者なので、とても実践的な内容。
楽器やアンプについてのあれこれ、ライブハウスに出演するまで&ライブの流れ、ステージでの振る舞い方からなにから、細かいノウハウてんこ盛り!
私は小さいライブハウスによく足を運ぶので、いろいろと参考になりました♪

ギターとベースでアンプが違うという話を知ってビックリ(←とても基本的なことだよね(笑))!

よく言われるチケットノルマの話とか、予約表の仕組みもよく分かりました。
ライブハウスは、出演アーティストにチケットノルマという参加料を徴収するので、ぶっちゃけ、お客さんがゼロでも儲かるのです。
出演アーティストがリスクを背負うのですよね。

リハーサルでは、モニターから返ってくる音の調整とか、結構やることたくさんあって、忙しいんだなあ(^^;

マイクは床に置かないとか、バンド名はハッキリ言うとか、持ち時間はMC含めてだから時間内で必ず収めるとか、スタッフにちゃんと挨拶するとか・・・・・基本的なことも載っているから、裏返すと、そういうことができてないアーティストが多いということかもしれないですね(^^;

[PR]
# by june_h | 2017-05-22 17:48 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

心霊診断家エドガー・ケイシーを主題とした対談集。
聞き手は、日本エドガーケイシーセンター所長の光田秀。
江原啓之や美輪明宏という人選は納得です。

賢者たちのメッセージ エドガー・ケイシーに学んだこと

光田 秀/PHP研究所

undefined

エドガー・ケイシーと船井家の方々は、今までなんとなく避けていたんですけど、とうとう読んでしまいました(笑)。
あと、五日市剛さんの話が面白かったので、著書を読みたいと思います。

平原綾香の『Jupiter』を作詞した吉元由美さんもいました。
この方、聞き手の光田さんの奥さんだったんですね・・・・・。
この曲の歌詞を知った時、作詞した人はスピリチュアルの知識がある人だと感じていましたが、やっぱりでしたね!

[PR]
# by june_h | 2017-05-18 20:16 | 落語会 寄席 | Trackback | Comments(0)