京都の様々な神社仏閣・神様仏様のことを紹介しています。
神様と言っても、いろんな性格があるので、面白いです♪

八坂神社の牛頭天王は、神様ではなく、ちょっと魔の要素も入った「閻魔様」のような存在だそう。
著者の桜井さんは、安倍晴明さんに「嫌われて」いたので、晴明神社になかなか入れなかったそうですが、牛頭天王にとりなしてもらって、ようやく入れたんだとか。
晴明さんは「魔」の力を利用していたので、神仏のご縁をたくさんいただいている桜井さんのエネルギーが鬱陶しかったみたいです(^^;

三十三間堂の観音様の「手」は、用途に応じて借りることができるらしい(笑)。

信長さんの話はショックでしたね・・・・・。

御髪神社の神様は、人間っぽくて、何ができて何ができないって、正直におっしゃっていて面白かったです。

[PR]
# by june_h | 2017-09-09 20:44 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

佐藤さんは、いろんなジャンルの本を読んでいるので、この本で紹介されている「名言」も、古今東西多岐に渡っています。
どさくさに紛れて、外務官僚の性癖をバラさんでもええがな・・・・・と思いましたが、面白かったからまあイイか(笑)。

佐藤優 選 ― 自分を動かす名言

佐藤 優/青春出版社

undefined


印象に残った言葉をいくつかご紹介・・・・・私が並べた言葉を見ると、人を全然信用してない人みたいですね(^^;


■組織はリーダーの力量以上には伸びない(野村克也)
これは、高校の部活で思い知ったこと。
結局、指導者の力量で、部の良し悪しや勝ち負けがほぼ決まっちゃう。


■この世で一番重い物体は、もう愛していない女の体である。(ボーブナルグ)
ナマナマしくて、実感がこもってます(^^;
この言葉のコーナーで、「飽きた女性に自分から別れを告げさせるテクニック」が紹介されていて、とても勉強になりました(笑)。


■誰の友になろうとする人間は、誰の友だちでもない(ヴィルヘルム・ペッファー)
最近、「誰にでも良い顔をして誰にも信用されない」という意味で「両肩に水をかつぐ(carry water on both shoulders)」という英語の表現を知ったのだけど、なんで?


■困難な情勢になって初めて誰が敵か、誰が味方顔をしていたか、そして誰が本当の味方だったかわかるものだ。(小林多喜二)
小林多喜二が言ったという点で、深い言葉です。


■すべての出来事、すべての行為には、定められた時がある(コヘレトへの言葉)
どんなに努力してもドアが全く開かないことも、ちょっと押しただけであっけなく開いちゃうことも、開いているドアの方へどんどん追い立てられることもあるよね(^^;
[PR]
# by june_h | 2017-09-06 22:25 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

7月25日(火)六本木Morph-Tokyo
ハシグチカナデリヤ / 凸凹凸凹-ルリロリ- / 覇汝家 / NEXTRADE / ウタリ

お久しぶりのライブハウスの雰囲気と、初めてのハコだったこともあり、始終キョロキョロしていました。

六本木Morphは、音響も照明もgood!
居心地の良いライブハウスでした。
なおかつ、私のお気に入りのスリーピースで新曲の『イメイジ』もあったので、気分が上がらないわけないです\(^o^)/
終演後、覇汝家(はなや)の女の子の大きい胸に釘付けになりました(^^;


7月29日(土)下北沢MOSAiC
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ

待ちに待った!?ダイナマイト☆ナオキ様とのツーマン。

ナオキ様見ると、毎回笑い過ぎて腹筋壊れるから、70分も観たら笑い死ぬ・・・・・かと思いきや、ギターテクをガッツリ堪能できて意外な収穫(笑)。
クラシックのアレンジお上手です!
今度、ナオキ様のギター教室があるそうですが、あのキャラで教えるんだろうか(^^;
アンコールのハッさんとのセッションで、ハッさんがナオキ様のスカーフ巻いてきたのだけど、似合い過ぎ(^^;;;
ナオキ様の笑いに、私はだいぶ「免疫」がついてきたけど、友達は持病が悪化するほど笑っていました(笑)。


8月8日(火)渋谷RUIDO.K2
ハシグチカナデリヤ/パンパンの塔/GA-HA-/Sissy/HRK(from☆S☆RUSH)/ZEN(from ZEAT)

一度聴いてみたかったパンパンの塔。

活動休止前に拝むことができて良かった!
独特の世界観のバンドでした。
ハッさんのベースは、個人的には遠藤くんが一番好きです♪


8月18日(金)下北沢MOSAiC
ZEZE-HAHA/ハシグチカナデリヤ

対バン相手のゼーゼーハーハーは演奏上手い!

外国人のファンがいたのは、パリでライブやったことがあるからかな?
最初のB'zの『ギリギリChop』ギター対決ですが、細くて背の高い男の子がサングラスかけて短パンはくと、稲葉浩志の真似って言えるんだと分かりました(^^;



8月28日(月)下北沢MOSAiC
アイラヴミー/ハシグチカナデリヤ/DIALUCK/ミスモペ

男性客が多いなーと思ったら、ハッさん以外のアーティストは女性なんですね(^^;

久しぶりのハッさんヒトリ演奏。
ハッさんは初めましての客が多いことを想定してなのか、MCもセトリも「よそ行き」なバージョンでした。

[PR]
# by june_h | 2017-09-04 21:20 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

ライブ前に蔵前にいたので、湯島まで歩いたら汗いっぱいかいちゃった(^^;
d0108969_21002366.jpg
<セットリスト>
※Lはルーパー、Grはグルキャス、Guはガットギター
1. 2D Star:Gr、L
2. Present time:Gr、L
3. ひとりじゃないさ:Gr
4. いいんです:Gr
5. イツモドオリ:Gr、L
6. 憂鬱:Gr、L
7. Bloody Stream:Gr(ジョジョのテーマ)
8. Screaming:Gr(V6のカバー)
9. 愛のBeat:Gu
10. Pretty baby:Gr、L
11. Invisible chain:Gr
12. Avalanche:Gr
13. コーラナッツウイルス:Gr、L
14. My☆Girl:Gr、L
15. メガロポリタンスファンク:Gr、L
16. ゼロ地点:Gr
17. ユートピア:Gr

en1. Rainbow seeker:Gr
en2. 歌:Gu
en3. Cyclone:Gr

メガロポリタンスファンク』のギターソロ良かったな!
ネックと垂直方向に、弦を押さえながら移動させる音が、「痒い所に手が届く」みたいな気持ち良さ!(←伝わりにくいたとえ)
なんていうテクニックだろ?チョーキングの一種??
たぶん、簡単そうにやってるけど難しいのだろう(・_・;)

お店の方の熱い「森くん愛(実際にコクってたし(笑))」を感じました(≧∇≦)
良い機会と場所を提供してくださってありがとうございました!
d0108969_21010033.jpg



[PR]
# by june_h | 2017-09-04 20:52 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

2012年に亡くなった中村勘三郎さんの映画。

映画 中村勘三郎 [Blu-ray]

中村勘三郎/ポニーキャニオン

undefined

勘三郎さんは、定期的にドキュメンタリー番組がテレビで放送されているので、映画館では見ませんでした(^^;
BSで放送されていたので、今回見ました。

「常にお客様を喜ばせなければ、お客様が来なくなる」

彼が、梨園きってのエンターテイナーだったのは、常にこんな危機感があったからなんですね。
勘三郎さんのことを何も知らない人がこの映画を見たら、この危機感と癌を結びつけてしまいそうですが、いろいろな要因があると思います。

彼がいなくなった後も、息子や孫達は頑張っています。
彼らを見ていると、みんな勘三郎さんの面影があるので、思い出してしまいますし、お孫さん達と共演したかっただろうと、いつも思います。
まだまだ、存在感は抜群です!
[PR]
# by june_h | 2017-08-24 21:01 | 歌舞伎 鑑賞 | Trackback | Comments(0)