東京藝大の学生や卒業生のインタビュー集。

学生時代に東京芸術劇場でバイトしていたので、バイト仲間に音大生や美大生がたくさんいました。
中には藝大生もいて、
「藝大は、自分が天才だと思ってる人ばかりだから」
と言っていたのを思い出しました。

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

二宮 敦人/新潮社

undefined

この本の著者はライターで、奥さんが東京藝大出身。
家の中で大きなカメの彫刻を製作するのに、一日中、大きな音をノミの響かせていたり、いろんな物を手作りしたりしているそうな(^^;

東京藝大と言っても、美術専攻の「美校」と、音楽専攻の「音校」では、雰囲気が全然違うようです。

美校は、作品製作にお金がかかるので、質素な人が多いらしい。
彫金科なんて、金や銀を扱うので、削りカスも大事に取っておくんだとか。
作品によっては製作過程で有毒ガスや粉塵が発生するので、ガスマスクが生協で売られているとか(笑)。

対して音校は、お金持ちが多い、っていうか、お金が無いと続けていけない世界。
なにせ、楽器によっては数千万から億単位ですから(^^;
有名な先生のレッスン費用も一回数十万かかったりする。
入口にセキュリティゲートがあるらしい。

そして、一日に何時間も練習しないと生き残れない厳しい世界。
それでも、音楽で食べていけるのは、ほんの一握り。
練習やコンクールで忙しくて、デートの時間も取れずに別れてしまう人多いそうな。

声楽科は、チャラい人が多いという話が面白かった(笑)。
声なので、一日2時間くらいしか練習できず、比較的時間に余裕があるし、練習するとき、発声指導でボディタッチが多いから(笑)、お互い仲良くなるらしい。

美校は、四六時中アートをやるために生まれてきたような人が多いけど、音校は、小さい時から親の夢に付き合わされてイヤイヤ練習させられていた人もいて。
同じ学校にいても、芸術に対する向き合い方は、人それぞれなんだと思いました。

[PR]
# by june_h | 2017-05-15 14:59 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

読む本って、普通は自分の好みの本に偏りがち。
私は本が好きだけど、考えが相容れない本は、到底読む気になりません(^^;
でも、佐藤さんは、右も左もまんべんなく、自分の思想と反対の本でも、ちゃんと読んでいるような気がします。
それがスゴい!と、そもそも思います。

佐高信は、私が大学生だった時に、講演会を聞きに行ったことがあったような。
そして、その時は確か、海江田○里の悪口をひたすら言っていたような(笑)。

佐藤さんの
「理論化できれば、その思想は残る」
という言葉に勇気付けられました。
日本の左翼運動は、理論化した人がいたから、長く続いていったのだと。
キリスト教や仏教などの宗教も、創始者や教祖が教典を作ったのではなく、弟子達が教典を整備したからですよね。

本文では紹介されていないけど、二人の推薦図書一覧も役に立ちそうです。
早速、読みたい本リストに何冊か加えました(^^)

[PR]
# by june_h | 2017-05-09 10:34 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

新横浜ベルズは10年以上前の野狐禅の対バン以来・・・・・とはいえ、私が行った時は既に野狐禅の出番が始まってて、入ろうとしてやめて、家に帰ったんだよね(笑)。ちなみにその日は酷い大雨だった。だから、中に入ったのは昨日が初めて。なかなか良いハコでした♪

このツーマンは、二人の関係性も楽しみでしたね♪
最初のアコギでのセッションからして、仲良しさん(^^)

<オープニングセッション:二人ともアコギ>
1、ニテヒナル
2、BELOVED(GLAY)
3、WE ARE EVOLUTION(アコースティックバージョン)

この二人の出会いは数年前なんだそう。
タッキーはハッさんより年下なので、最初は敬語だったけど(笑)、酔っぱらったハッさんが「敬語使われるの、寂しいなぁ」と、呟いてからはタメ口になったらしい(^^;
やっぱりこの男、想像通りの甘えん坊だ(笑)。

最初はハッさん。
6人編成なので、普段の対バンでは聞けない曲が聞けて、珍しくキーボードもあって、嬉しい\(^^)/
日曜だからか『サンデーナイト』も聴けたし♪
お客さんは、ワンマンにも増して、超ヒートアップしていた!
自分的には『オトナノオンナトオトナノオトコ』で、手を挙げるタイミングを間違えちゃったので恥ずかしかった(^^;
チップスくんが、この曲で扇子持って踊っていましたね!

<ハシグチカナデリヤ セットリスト>
1、超good time
2、あはあは
3、Rachel
4、オトナノオンナトオトナノオトコ
5、dandy man
6、サンデーナイト
7、燃えてフラジャイル
8、らぶふらくしょん
9、なに食べ
10、六等星の丘~we are believer~
11、Rin! Rin! Hi! Hi!
12、パステル
ステージ前方に出てきてギターソロで客を煽ることはよくあるけど、ハッさんが手すりに乗ってきてビックリ!
飛び乗る瞬間の目を見ていて、ワーッ!と向かってくるウチの文鳥さんを想像してしまいました(^^;
真下からハッさんを見上げることって、そうは無いから貴重な経験でございました♪

それにしても、ハッさんのツーマン&ワンマンはメガネで行っちゃダメだ。メガネ曇った(笑)。汗で滑った(^^;
今度からちゃんとコンタクト入れなきゃ(^^;;;

次はタッキー。バンドのタッキーは初体験でした。
ハッさんのサポートもする海保くんがドラム。
海保くんは、タッパがあるので、スティックを高い位置から降り下ろすアクションがよく似合います。
タッキーの曲音楽性の方が私の好みに近いのでね。楽しめましたよ!
ただ、変拍子激しいので、バンドの皆さんの練習が大変そう!
今回のライブで、タッキーの譜割りやリズムのクセがなんとなく分かった気がします。
エンドルフィンにとめどなく』が聞けて良かった♪

タッキーの最後の曲が終わるか終わらないかのうちに、ハッさんがステージに出て来てアンコールの準備をイソイソと開始(笑)。

<アンコールセッション:バンドで>
1、WE ARE EVOLUTION(バンドバージョン)
2、MUSIC

二人合わせて、スゴい量の曲数だったわけで・・・・・終演時刻がかなり遅かったので、物販に先に寄っておいて良かった♪
次回は『探す、エーテルの風』希望!
d0108969_20594569.jpg

[PR]
# by june_h | 2017-05-05 20:58 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

4/30のタキザワユキヒトくんとのツーマンライブについては、別レポにします♪


■4月5日(水)恵比寿エイム
ハシグチカナデリヤ/GA-HA-/EMPTY KRAFT/ALLaNHiLLZ/High-sidE

High-sidEという沖縄のイケメンばかりのバンドのボーカルが山田親太朗に似ているなーと思ったら、本人だった(^^;
こんなちっちゃいライブハウスでお目にかかれるとは!
「窓を開けて、窓を閉める。これだけ!」
という、親ちゃんのカチャーシーの説明が分かりやすかった♪

ハッさんの出番では、GA-HA-さんやALLaNHiLLZが登場して、次々セッション!


■4月7日(金)代官山ループ
ハシグチカナデリヤ/THE NEUTRAL/見田村千晴

打ち合わせの後、恵比寿から必死で歩いて、ちょうどハッさんの出番に間に合って良かった!
その後、用事があって、この日はハッさんしか見ずに退散。ゴメンネ!


■4月9日(日)渋谷ラッシュ
小田和也/ハシグチカナデリヤ/河野圭佑/もりきこ/YKJ/the tote

小田くんのツアーファイナルとのこと。
彼との関係性は「特殊」だとハッさん。
その意味を17日に知ることになる(笑)。

この日のハッさんのスリーピースは、海保くんと遠藤くん。
このスリーピースが一番好きかも。

この日の『六等星の丘』は、とっても良かったな。
ヘンにカッコつけてなくて、声が透き通っていて、キラッキラだった♪
六等星までしっかり見えるような、星空みたいな声だった。


■4月14日(金)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ/THE SASAKI OSAMU BAND/アイラブユーベイビーズ/オトループ

オトループが「ハッさんあるある」をイラストに描いて歌って面白かった!
新曲の『リハロ』は、生まれる前に皆、母親を選んで生まれてくるんだよ、というストーリー。
なぜ、その話を知っているの?と、後でボーカルの纐纈くんに訊いたら、オトループがサントラを担当した映画の監督が、「かみさまとのやくそく」の映画監督と知り合いで、映画を知ったんだとか。なるほどね。

サナダヒデトくんのバンド、アイラブユーベイビーズのギターの人がとにかく目立つ(笑)。
彼を3月30日で見た時は、足を怪我していたけど、まだ治っていないみたいで、左右で違う靴を履いていた(^^;


■4月17日(月)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ/YANAKIKU/赤と嘘

急きょ、仕事の打ち合わせが入って、間に合わないかもしれなくて、
「ヤナキクぅ、ナオキ様ぁーーっ!」
と、半泣きでライブハウスに向かい、結果的に間に合って良かった(←ハッさんはどうでもいいのか?)

ハッさんとYANAKIKUの共作『オトナノオンナとオトナノオトコ』のYANAKIKUバージョンは、スゴくカッコ良かった!アレンジがイイ♪
YANAKIKUファンの方々にも評判が良いみたい。

ナオキ様は相変わらず。
いつもナオキ様を肩車する方と初めてお話しした。

ハッさんは久しぶりの小田チップス&渋谷隊長。
友達からチップスくんの正体を聞いて衝撃を受ける(←今さら)。
ライブで聴いてみたかった『イロコイマグワイエトセトラ』が聞けて良かったが、自分がクラップのリズムを間違えて覚えていたことが判明(^^;
なんでハッさんとズレるんだ!?と思いながら叩いていて、後でCD聞き直したら、やっぱり私が間違っていたのだ。
もし、ライブでやったら、完璧に叩こうと意気込んでいたのに(笑)。
でも、クラップに気を取られていたら曲が全然入ってこないし、曲を聴いていたら全然クラップできない(^^;
それは、『燃えてフラジャイル』『Rachel』も同じ。曲もちゃんと聞きたいけど、クラップできないと悔しいのです。
最高に難しいのは『探す、エーテルの風』のクラップだけど、ちゃんと完コピしていつかのライブに臨みたい(笑)。



[PR]
# by june_h | 2017-05-01 22:18 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

自分が死にかけた生々しい話と、その時の赤裸々な心情が延々と書かれているはずなのに、あまりにも冷静で、筆致の温度があまりにも低くて驚きます。
二人称に「諸君」を使う女性に初めて出会いました(^^;
彼女は生物学的には女性だけど、中身は別の生き物が入っています。

他者という病

中村 うさぎ/新潮社

undefined

「孤独」と呼ぶには俗っぽ過ぎる。
文章から感じられるのは、純粋で透徹した彼女自身。
何より言葉を偽り、言葉を汚されることを嫌う、彼女だけの世界。

「さぁ、君はどちらを選ぶ?偽りの楽園か、真実の地獄か?」

そう自身で問いかけて、エデンの園のヘビに騙されるより先に、進んで知恵の実を食べ、喜んで「自意識を知り尽くす」地獄に挑む彼女の潔さ。

こんなにも自意識の強い人が、自分でなくなっていく感覚をとことん経験しなければならないなんて、地獄の責苦より恐ろしいはず・・・・・。

私も10年前に死にかけて、臨死体験して、自分が自分でなくなっていく感覚を味わったけど(笑)、「孤独だった」までで思考停止した分、彼女よりマシかもしれない(^^;
あれからもう10年以上経ったのに、その時以来の自分の人生がロスタイムのように思える感覚が拭えない。
彼女のように、とことん曝け出して抉り出す勇気は、私には無い。

そして、あとがきのオチの怖さは何!?
怖すぎる・・・・・自意識に向き合った人間は、とことん自意識に向き合う人生を味わうんだなぁ。

[PR]
# by june_h | 2017-04-20 08:16 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)