11/21は別ブログにて語っております。


■11月2日(木)渋谷CYCLONE
ハシグチカナデリヤ/Who the Bitch/Dr.DOWNER /音の旅crew/SaToMansion
ベースの遠藤くん&ドラムの海保くんという、一番好きなスリーピース。
遠藤くんは最近、あちこちサポートで呼ばれているみたい。ご活躍なにより♪
海保くんのドラムは、メリハリがきいているので、PAがしっかりしているライブハウスだと、ホントにイイです♪


■11月11日(土)新宿navi cafe
ココロコンニャクズライブ
タカチカくんとのココロコンニャクズのライブ。
タカチカくんのボヤきは相変わらずですが、ここまでの域に達するともはや芸風かも(^^;
でも、彼は英語の発音や譜割りが上手なことが判明。
きっと耳が良いのだ!
ハッさんはニューアコギを御披露目。以前のアコギよりシャープかつ奥行きがある音♪
後で「ブラックバード」と名付けたらしい。

d0108969_17595783.jpg


■11月16日(木)新宿Marble&新宿Motion
3か所のライブハウスのフェス。
楽屋も会場で使っていてビックリ!
ゼーゼーハーハーの玉梶かずやさんはギター上手かったな♪
ハッさんは、ブラックバードくん初ループ。
『超goodtime』はキラめきが違います!


■11月28日(火)代官山LOOP
ハシグチカナデリヤ / BAND PASSPO☆ / フィロソフィーのダンス / YANAKIKU
ハッさん以外は女性アイドルグループ。
トップバッターのヤナキクに間に合わなくて残念!
女性アイドルグループって、なかなか顔とキャラが覚えられないけど、「フィロソフィーのダンス」は、それぞれキャラがハッキリ分かれていて一発で覚えられた。
この日のカナデリ隊は、良い集中力で鳥肌立つくらい良かった!
特に『イメイジ』は、サビで手を上げるとか全然忘れて聞き入っちゃった(^^;

d0108969_18004502.jpg


[PR]
# by june_h | 2017-12-20 14:38 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

私の大好きな2トップの2マン。
最初から最後まで余す所なくマルッと楽しめました!
どちらの曲も全部口ずさめるし、セットリストも全部自力で書き起こせました(笑)。

<ハシグチカナデリヤ:セットリスト>
R:エレキギター(赤レスポール)
B:エレアコ(ブラックバード)
L:ルーパー
P:ピアノ

1. 超good time:RL
2.らぶふらくしょん:RBL
3.ライヤイヤー:BL
4.イメイジ:BL
5.銀髪のシェリー:RL
6.まさかマザーユニバース:RL
7.悩んで病んでyoung days:B
8.Vivid world:P
9.イイワケナイ:RL
10.Rin!Rin!Hi!Hi!:RL


<森広隆:セットリスト>
G:GC
L:ルーパー

1. 愛のBeat:G
2. Pretty girl:GL
3. ゼロ地点:G
4. 早すぎるクリスマスソング:GL
5. 君への言葉:G
6. 2D Star:GL
7. メガロポリタンズファンク:GL
8. My☆Girl:GL
9. Rainbow seeker:G
10. Heaven:G


<アンコールセッション>
森広隆:Gt.&Vo.
ハシグチカナデリヤ:Gt.&Vo.

en1. Please Please me(ビートルズのカバー)
en2. 哀しみの恋人達(Jeff Beckのカバー)
en3. Isn't She Lovely(Stevie Wonderのカバー)

ハッさんでは、らぶふらくしょんでのレスポールとニューアコギの共演、Vivid worldのピアノ弾き語りがレアでした♪12月25日のグランドピアノワンマン楽しみ!

森くんは、やっぱりグルーヴですね!ギターの音に磁力でもあるんじゃないかってくらい身体が動く動く(≧∇≦)
ルーパー使いもかなりこなれてきて、森くんスタイルが確立されつつあります。
いつものGroovyメガネは、ハッさんのファンの方が拾っていましたね(^^;

ハッさんは自分の出番でもアンコールセッションでもMCで森くんにツッコミまくり。
そうです。森くんは「ボケ」なので、相方は「ツッコミ」に回るのが正解です(笑)。
アンコールセッションでは、森くんがビートルズ、ハッさんがスティーヴィーを選曲していて、お互いを気遣っている感じ。
『哀しみの恋人達』は、やっぱりエレキで聴きたいですね~。
なので次回は、お互いバンドの2マンでお願いしますm(_ _)m
d0108969_22290636.jpg


[PR]
# by june_h | 2017-12-19 22:25 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

オードリーの若林正恭と、小説家二人が鼎談する番組をBSでやっていて、何度か見たんですが、番組が終了してしまったんですよね。
それを編集した本があったので読みました。


小説家さんって、やっぱり面白い方が多い。
異常に自意識が高かったり、他人を気にし過ぎたり。
そもそも、人の気持ちを掘り下げるのが仕事だったりするから、仕方ないと思いますが・・・・・。

朝井リョウさん、自分の本の実売部数を調べたりするの、メンタル強いです(^^;

男性によく抱きつかれるという女性作家さん、きっと、抵抗しなさそうに見えるのでしょう(笑)。

あと、携帯に、名前ではなく絵文字を登録しているという男性作家さん。
その人を連想させる絵文字なので間違えないとのこと。
ちなみに、芥川賞を受賞した羽田圭介くんは、金の絵文字らしい。ウケる(笑)。

[PR]
# by june_h | 2017-11-28 11:14 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

日本最古の医学書「医心方」を解読した著者による解説とエッセイ(苦労話?)。
とにかく、医心方の解読って、スゴいことなのです。暗号のように書かれているので、千年間誰も読めなかったんですから(^^;
医学に関することは、口伝秘伝だったのが当たり前の時代。
情報が漏れないように、わざと漢字の表記を変えたり、作った漢字を使ったりしています。
槇さんは、若い頃から万葉仮名に親しんでいたということがベースにあり、文字を一つ一つ解読。
古代中国や朝鮮半島の医学書と照合しながら、病名や薬の成分を一つ一つ特定していきました。
気が遠くなるような手間と時間がかかっています。

解読するだけではなく、ヒ素や水銀など、有害な成分がなければ、実際に当時の薬を書かれている通りに調合して、効果を試していたりしています。

私が興味を持ったのは、薬の成分の相性についての記述。
お互いの効果を高めあったり、打ち消しあったり、害になったりする組み合わせがあるということ。
これは日頃から実感しています。

そして、鉱物由来の薬を服用する「服石」と、それを解毒する方法。
このあたりは、医心方本編をちゃんと読みたいところです。

[PR]
# by june_h | 2017-11-17 21:42 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

ライブ前に友達とパンケーキ食べたので、珍しくお腹いっぱいでライブに臨む(笑)。
d0108969_17105881.jpg

<セットリスト>
※デフォルトはGC
※(L)はwithルーパー

1. ネオフィリア
2. コーラナッツウイルス(L)
3. Present time(L)
4. 黒い実
5. 並立概念
6. 不思議な模様(ピアノ)
7. Don't let me be lonely tonight(James Taylorのカバー)
8. Pretty baby(L)
9. 愛のBeat
10. 早すぎるクリスマスソング(L)
11. (新曲)(L)
12. ひとりじゃないさ
13. 2D Star(L)
14. My☆Girl(L)
15. メガロポリタンズファンク(L)
16. ゼロ地点
17. Funk redemption
18. Rainbow seeker
19. 君への言葉(ガットギター)

en1. Rabbit hole
en2. Cyclone
en3. ユートピア
en4. ただ時が経っただけで
d0108969_17112004.jpg


私個人的には、森くんがルーパー使うのは反対だったんです。
ギターだけでグルーヴ作れる数少ないアーティストなのに、なんでわざわざルーパー使わなきゃいけないのよ!?ってね。
でも、今回のライブで、彼なりのルーパーの研究成果が見えてきて、「森くんにしかできないルーパーでのパフォーマンスの可能性」を、今後見てみたくなりました!

ループさせるのは、ボイスパーカッションとコーラスが中心。
特に、コーラスを重ねるとゴージャスになりますね。
最初にルーパー使ったのがドラクエ序曲だからなのだろうか(笑)。
この使い方なら、彼のカッティングギターの持ち味を生かすことができる!

ギターやギターアンプは、川畑完之さんが調整してくれていますが、ファズくんも調整してくれたんだとか。
アコースティック楽器とは違う、音の温かみがどんどん追究されていて、こちらも楽しみです(^ー^)

少し前から取り入れられている「あぁ気持ちイイ」と悶えてしまうような奏法は、ジェフ・ベックのボリューム奏法というのですね!

新曲も続々できていて嬉しい限りですが、メロディがどうとか、歌詞がどうとか言うより、全部ひっくるめて、「森くんの音の新たな世界観」が、これからどうなっていくかが、とても楽しみです♪

個人的には
「効率を追求していったら音楽は要らないってことになるんじゃないか」
という森くんの言葉が、とても印象に残りました。

クリエイティブなことって、スッゴク非効率だったりします。
かけた時間が、アウトプット&評価に必ずしも比例するわけじゃないし。
でも、完成までプロセスを積み重ねていく楽しみと、手をかけたエネルギーは絶対残るし伝わるものだと、私は信じています。

私は、そこに作り手の愛情を感じるし、感動もします。
それを受け取れるだけでも、ライブに来て良かったと思います。

効率を突き詰めたら「じゃあ死ねば?」って結論になるよね。
だって生きることは一番非効率で大変だもの。
私達一日一日積み重ねる楽しみを知るために生まれてきたのでしょ?
だから音楽もなくならない・・・・・そう思います。
d0108969_17113737.jpg


[PR]
# by june_h | 2017-11-14 17:03 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)