歴史を辿りながら、香と日本人の関わりを語っている本。

香と日本人 (角川文庫)

稲坂 良弘/KADOKAWA / 角川書店

undefined

香木は日本では採れないので、輸入しなければ手に入らない、高価なものでした。
なので、上流階級の人しかなかなか手が出ないものでしたし、使うには教養も必要でした。時代の権力者達は高価な香をこぞって集めたのです。

日本の古典には、香がよく登場します。
歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』では、伝説の香「蘭奢待」が重要な役割を果たしています。

『源氏物語』は、香を中心に読むと、全然違ってくるんですね!
入内する明石中宮のために、光源氏の女達が、自身の財力と教養を賭けて贈った香。
特に、生母の明石の上が贈った香からは、母としての愛情を感じます。

そして、不義の子を宿した藤壺女御と光源氏との対面シーン。
極楽のような馥郁たる香り漂う中、二人の心は地獄にいたのだと・・・・・。
香を使うことで、二人の心情が余計に際立つものなのですね。

ヨーロッパでは、燃やす香ではなく、もっぱら香水が使われます。
香水の匂いを練り込んだ香は、今では珍しくありませんが、発明したのに日本人が関わっているのですね。

私が香で思い出すのは、高校の修学旅行で行った神戸。
ジャイナ教の祭壇に迷い込んでしまって(笑)、フロア全体、香の匂いでいっぱいでした。

そして、パリの地下鉄。
乗客それぞれ香水を付けているので、いろんな匂いがします(^^;
風景は写真やネットで見られますが、香りはその場所に行かないと分かりませんからね。

[PR]
# by june_h | 2017-02-14 15:13 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

始まった時、『交差点』のアコギのリフが聞こえてきたのに、なかなかステージに登場しない。
本人が弾いているはずなのに・・・・・と考えていたら、客席の後ろがザワつき始めた。
振り向くと、エレガット弾きながら、ヘッドマイクで歌う森くんが!

森くんが客の中を移動すると、モーゼのように道ができる(笑)。
楽しそうに歌う森くんが見られたのも嬉しかったけど、普段は見えないお客さんの笑顔が見られて、なんだか私も嬉しかった(≧∇≦)

後のMCで、普段、歌う時は、スタンドマイクの位置に縛られているものだけど、ヘッドマイクだと自由に動くことができて、お客さん一人一人に歌を届けられて良かったと言っていた。
先日の、柏駅前でのストリートライブで、マイク無しだと自由でイイと思ったからだそう。

森くんが『ただ時が経っただけで』を歌い終えた後、ステージから『やっぱり猫にお熱なんです』が聞こえて来た。
いつの間にかサポートメンバーがステージに登場していたのだ。

今回のライブは、いつにも増して丁寧に作り込んで演奏しているのが伝わってきた。
Rabbit hole』とか、テンポが落ち着いていて良かった!
Trash』、久しぶりに聴いたな。
ショートケーキ』が聴きたかったけど、今回も残念ながらなかったな(^^;


<セットリスト>
Rainy dayのページより引用
【森君客席からエレガット弾語り】
1 交差点
2 ただ時が経っただけで

【森君GC+紺ちゃん、宮川さん、河野さん】
3 やっぱり猫にお熱なんです

【森君GC+フルメンバー】
4 ネオフィリア
5 CYCLONE

【森君GC+紺ちゃん、宮川さん、河野さん】
6 密室

【森君エレガット弾語り】
7 交差点

【森君ローズ弾語り】
8 Pebama

【森君GC+紺ちゃん、宮川さん】
9 Waterdrops

【森君GC+紺ちゃん、宮川さん、河野さん】
10 Rabbit Hole

【森君GC+フルメンバー】
11 早すぎるクリスマスソング
12 憂鬱
13 Avalanche
14 Trash
15 Invisible chain
16 ゼロ地点
17 2D Star
18 メガロポリタンズファンク
19 Rainbow Seeker
20 ユートピア

~アンコール
21 コーラナッツウイルス
22 My☆Girl
23 Heaven

~アンコール
24 愛のBeat


Vo&Guitar:森 広隆(#8以外)
Bass:紺野光広
Drums:宮川 剛
Rhodes:河野 伸
Chorus:清田満哉


今回は、見ながらずっと感じていたことがある。

「私、今まで、森広隆の何を見て来たんだろう・・・・・」

こんなにいろんな表情で歌っていたなんて。
楽しそうに歌うのはもちろん、歌詞を思い出しながら歌っているふうだったり(笑)。
とにかく、間違いなく今、一番、音楽を楽しんでいることが分かる。
だから、見ているこちらも幸せな気分になるんだよ・・・・・・。

p.s.
ハッさん(ハシグチカナデリヤ)観に来てたんだね。
終わった後、友達が口々に「ハッさん来てたよ!」って教えに来てくれたから、何事かと思った(笑)。

[PR]
# by june_h | 2017-02-09 18:14 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

一語では翻訳できない言葉を集めた絵本。
この本を読んでいると、言葉はまさしく「文化のカプセル」だよなあと、しみじみ思います。

翻訳できない世界のことば

エラ・フランシス・サンダース/創元社

undefined


いくつか気になった言葉を。

■モーンガータ/スウェーデン語
「水面にうつった道のように見える月明かり」

「スパウザ小田原(現ヒルトン小田原)」の部屋から夜の海を眺めたときのことを思い出しました。
まさしく、美しいモーンガータが見えました。


■ピサンザプラ/マレー語
「バナナを食べるときの所要時間」

東南アジアはバナナの種類が豊富で、生活に欠かせない食べ物だと知っていますが、どういうシチュエーションで使うんでしょう??
ちなみに、「ピサンザプラ」は2分くらいだそうです。


■グルファ/アラビア語
「片方の手のひらに乗せられるだけの水の量」

アラビア語は砂漠地方で主に使われている言葉なので、どれだけ水を大切にしているか、この一語で伝わってくるかのようです。


■ヤーアブルニー/アラビア語
「直訳すると「あなたが私を葬る」。その人なしでは生きられないから、その人の前で死んでしまいたい、という美しく暗い望み。」

スゴい!
この一語で、愛に含まれているエロスとタナトスを表現している・・・・・。


■ポロンクセマ/フィンランド語
「トナカイが休憩なしで、疲れず移動できる距離。」

トナカイが生活に密着しているフィンランドならではの言葉で面白い!
ポロンクセマは7キロ半らしいです。


■アキヒ/ハワイ語
「誰かに道を教えてもらい、歩き始めた途端、教わったばかりの方向を忘れたとき。」

破滅的に方向音痴の私は、よくこの状態になります(笑)。
親切に教えてくれても、最初の方しか覚えてなくて、また他の人に聞けばイイやと思っている(^^;


■ドラッヘンフッター/ドイツ語
「直訳すると「龍のえさ」。
夫が悪い振る舞いを妻に許してもらうために贈るプレゼント。」


日本語でも「鬼嫁」とか言いますが、奥さんが怒ると怪物になっちゃうのは、ドイツも同じですね(^^;


■スグリーブ/ゲール語
「ウイスキーを一口飲む前に、上唇に感じる妙なムズムズする感じ。」

ゲール語はアイルランドなどで使われていますが、ウイスキーの名産地ならではの言葉ですね!
お酒に弱い私にはイマイチ実感できない感覚ですが(^^;


日本語からは「積ん読」「木漏れ日」などが紹介されています。
日本語にも説明が難しい言葉がたくさんありますね(^^;

[PR]
# by june_h | 2017-02-01 21:55 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(1)

種痘を広めた幕末の医師、笠原良策の伝記的小説。

雪の花 (新潮文庫)

吉村 昭/新潮社

undefined


笠原良策は福井藩の医師。
領内では、たびたび天然痘が流行し、そのたびに多くの死者が出ていた。
この状況をなんとかしたいと考えていた良策は、オランダから入ってきた、種痘法という予防法を使おうと考えた。
しかし、実現させるまでには多くの困難と長い年月がかかった。

西洋の知識の流入を厳しく制限していた幕府に処罰される危険があったこと。
役人の無知で、嘆願書が何年も据え置かれたこと。
有効な痘苗の輸入には、輸送中に腐敗するので困難を極めたこと。
痘苗を持つ子供や、その家族と一緒に真冬の雪の山中を越えなければならなかったこと。
種痘に無知な領民が恐ろしがって、種痘がなかなか広まらなかったこと。
医師仲間に妬まれて誹謗中傷を受けたこと・・・・・。

良策は、福井の方言で天然痘を指す「めっちゃの医者」だと、石を投げられるのです。
私財を投げ打って、ズタボロになるまでありとあらゆる力を尽くしたけれど、種痘はなかなか広まらなくて。

有名になりたいんじゃない。
私腹を肥やしたいわけでもない。
命を救える方法があるのに、いたずらに見殺しにするとは、一体どういう了見なのか!?

自分の命を賭けて、手打ち覚悟で送った嘆願書は、鬼気迫るものがあり、涙が出ました。

私も同じ気持ちだったんです。

表に出ていないだけで、きっとたくさんの人が苦しんでいる。
誰かの欺瞞で、それが放置されている。
皆が知らずに罪を重ねていくことを、どうしても止めたかっただけなんです・・・・・。

[PR]
# by june_h | 2017-01-24 14:54 | Trackback | Comments(0)

イスラーム法学者の中田先生と、中東関係の国際政治学者の内藤正典さんとの対談。
この本のタイトルは、なぜ「講和」なんだろう・・・・・と思いましたが、よくわかりました。

イスラームとの講和 文明の共存をめざして (集英社新書)

内藤 正典 / 集英社



イスラム国がやっていることは、他の宗教に対する攻撃ではなくて、ムスリム間の分断を狙っているという話をしていて背筋がゾッとしました。
世界中で分断が起きている・・・・・。

中田先生が思うに、今はスンナ派もシーア派も、お互いの派閥をまとめられるリーダーがいないそうですね。
この混乱、長く続きそうです・・・・・。

米英がイスラム国に手を焼いている隙に、中国が中東での勢力を拡大しているのは知っています。
パキスタンに駐在していた友達からいろいろ聞いていましたから。

中国とトルコって歴史的に仲が悪いんですね。
よく考えたら中国をたびたび脅かした「突厥(とっけつ)」ってトルコのことですもんね(^^;

中東関連は、普通に流れているニュースを見るだけじゃ、報道されないことがとにかく多すぎるし、見方があまりに偏っている・・・・・いろいろ大丈夫なのかな。
[PR]
# by june_h | 2017-01-15 11:08 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)