3月も定期的に足を運んでいます(^^)


■3月1日(水)下北沢モザイク
ハシグチカナデリヤ&海保けんたろー企画
8,2(B'z)/ニククション(海保くんギターボーカルのサカナクション)/カツオペア2nd(タキザワユキヒト達のテクニカルフュージョン)/ヤマルーン5(クカタチ山田氏たちのマルーン5)/ラジオの時の桑田(近藤マオたちのサザンや桑田)

ハッさんはB'zのコピバン。
B'zに関しては、ハッさんがハマるより、遥か前に脱落したファン(笑)。
昔のことをいろいろ思い出しながら聴いてました。
ハッさんに自分がハマった理由がいまだによく分からないのですが(笑)、昔、松本さんのギターインストアルバムもよく聴いていたので、ハッさんのギターを好きになる要素が自分にあったんだなぁと、思い出しました(笑)。
ハッさんのサポートドラマーの海保くん、「海保社長」と呼ばれているけど、本当にFrekulの社長だということを初めて知りました(^^;


■3月14日(火)渋谷ギャレット
 ハシグチカナデリヤ/WATARU/音の旅crew/MINAMIS/180°words

ラッパーの方が多いからか、客席に男性が多くて、ちょっとコワかった(^^;


■3月24日(金)柏パルーザ
ハシグチカナデリヤ/NEVA GIVE UP/ピーターパンJr./GANJIN

男性アイドル&カラオケのグループばかりでビックリ!
ハッさん、まさかのアイドル枠(笑)。
ハッさんだけがナマ音。なかなか珍しい対バンでした(^^;


■3月30日(木)高円寺ハイ
ハシグチカナデリヤ/ダイナマイト☆ナオキ/アイラブユーベイビーズ/HISTGRAM/石井卓とジョン中村

ダイナマイト☆ナオキ様を一人で見るのはツラいので、友達を引きずり込みました(笑)。
普通、下ネタに対しては怒りを感じるけど、ナオキ様の場合は「5歳児が歌っている」ような感覚で気にならない(^^;
もしかしたら彼には、ある種の「清潔感」があるのかもしれない(笑)。
そこいらの男性アイドルが歌ったら、気持ち悪くて聞いていられないだろう。
そして、彼はギターが上手い。歌詞も適当なようで、実は構成がしっかりしている。
天然なようで、実はテクニシャン!?

[PR]
# by june_h | 2017-04-13 21:51 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

二人が語る聖書は、まるでギリシャ神話のよう。
神様は理不尽で嫉妬深く、人間達も、肉親同士で殺し合ったり、近親相姦もあったり。
佐藤さんは、キリストが十字架にかけられた後の、弟子達の権力争いが面白いと仰っていました。さすが(^^;

聖書を読む

中村 うさぎ,佐藤 優/文藝春秋

undefined

パウロは、元々ユダヤ人で、キリスト教に改宗したんですけど、キリスト教に感化されたというより、ユダヤ人コミュニティにいられなくなるような悪いことをしてしまったからではないかと(^^;
うさぎさんの解釈、面白い。

二人で『ヨハネの黙示録』についても語っています(あんなワケ分からないの、よく語れるなぁ)。
佐藤さんが言うには、「チェルノブイリ」ってニガヨモギを意味する言葉からきた地名だそうで(正確にはちょっと違うヨモギらしいですが)、聖書の黙示録に
「第三の御使がラッパを吹き鳴らすと、ニガヨモギというたいまつのように燃えている大きな星が落ちて、水の3分の1が苦くなり、そのため多くの人が死ぬ」
という文があって、原発事故当時の米ロ首脳会談でゴロバチョフがこの預言に言及したんだそうです。

聖書って、正論とか建前とかしか書いてなさそうでツマラナイというイメージだったのですが、二人の話を聞いていると、面白そうです(^^

[PR]
# by june_h | 2017-04-11 20:46 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)

この日は森くん誕生日♪
セットリストを決めずに、譜面を見ながらドンドコ曲をやっていきましたが、気づけば全24曲!
自分の誕生日なのに、サービスがスゴい!


<セットリスト>
1 愛のBeat
2 蜃気楼の街
3 愛に満ちあふれる島
4 雨は止まない
5 Lovely Days
6 キラキラ×2←途中でやり直した
7 Avalanche
8 Invisible chain
9 ひとりじゃないさ

10 不思議な模様
11 英雄の誕生
12 碧
13 風の卵と眠る太陽
14 イツモドオリ
15 ネオフィリア
16 おいしいパン
17 並立概念
18 CYCLONE
19 Funk Redemption
20 ユートピア

en1 メガロポリタンズファンク
en2 2D Star
en3 ゼロ地点
en4 Rainbow Seeker


アンコールはサプライズケーキもあったりして、
「去年、サプライズは禁止って言ったのに」
と、ブツブツ呟きつつも、まんざらでもなさそう(笑)。
やっぱり、みんな、ハッピーバースデーを歌いたいもん♪

では、森語録、行ってみよう!


■花粉症、全然無いって方、います?
森くんは結構な花粉症なんですよね。
森くんが問いかけて、手を挙げていた方、結構いましたよ!


■コードがマイナーからメジャーに移行する所がイイ!
Invisible chain』の解説での言葉。森くんが自画自賛するなんて珍しい!
この日は他の曲でも「イイ曲書いてるじゃん!ワシ」って言ってたり。
・・・・・ハッさんみたいだ(笑)。


■右のおっぱい左のおっぱい
この前、森くんは「スガフェス EXTRA」でオープニングアクトを務めたわけですが、以前、その出演者の一人だった斉藤和義さんのコンサートに行った時、
「右のおっぱい左のおっぱい♪」
と、客席とコール&レスポンスをしていたらしい(^^;
森くんからこういう言葉を聞くとドキドキしますが、もう40歳(この日で41歳)なんだし(笑)。


■エレキの音のふくよかさ
この日はギター職人の川畑完之さんもいらっしゃっていて、休憩中やアンコール前に、Groovecasterのチューニングをされていました。
ギターの生みの親がチューニングしているんですもの。間違いないですよね!
カンジさんのチューニングとアンプで、エレキの音に温かみが生まれ、森くんは
「エレキギターって、ロックバンドで平面的に使うものだと思っていたけど、カンジさんのアンプでふくよか」
だとご満悦♪


これから、森くん、制作に入るということで、ライブがしばらく無いんですよね(T_T)
とにかく、新曲楽しみです!

[PR]
# by june_h | 2017-04-08 15:50 | 森広隆 | Trackback | Comments(0)

ナビカフェは2度目。
そして、今回も昼夜とも参加してしまった(^^;


<昼の部 セットリスト>
1、恋はsalt。
2、マッコー。
3、ブルーバードマーチ。
4、ローファイブルーライト。
5、ゲッダンジェラシーラブラブユー。
6、ハローとバイバイ。
7、踊ろうよ今日は世界がディスコ。
8、weekendが終わる前に。
9、オトナノオンナトオトナノオトコ。
10、タイサナイ。
11、NANDEpart0。
12、さよならマイナーセブンス。
13、ハイスピード(仮)
14、夕暮れマドモアゼル。
15、ラブドリームユートピア。

以下おまけ。
16、オトナノオンナトオトナノオトコもう一回。
17、毎日がbrandnewday。
18、アンコールは永遠に。


昼は新曲中心。
バンドでも早く聴きたいですが、弾き語りだと、コードと歌詞とメロディと、その曲の骨組みがよく分かります。
YANAKIKUとのコラボ曲『オトナノオンナトオトナノオトコ』は、なるほど、こういう歌詞だったのかと。


<夜の部 セットリスト>
1、超goodtime。
2、カメレオマン。
3、アカラサマLOVE。
4、Rin!Rin!Hi!Hi!
~タカチカ登場~
5、ダンサー。(twichem)
6、恋に落ちて。(小林明子)
7、ニュートリノシンドローム(タカのリードギターとハモリで)
8、CNK(twichem)
9、like a 花鳥風月(タカの歌唱で)
10、悲しくて泣いてるんじゃない(仮)(高近政義)
11、starman(davidbowie)
12、ラブラボイス(SECADE)
13、トワイライト(twichem)
14、ハローアゲイン(my little lover)
15、ニュートリノシンドロームもう一回
16、アンソロジーソング(twichem)
17、wow war tonight(H Jungle with t)


夜はタカチカくんの声をナマで聴いてみたかったので、とても楽しみにしていました(^^)

最初はハッさんが、盛り上がるような曲をいくつかやって会場を温めてくれて、その後、タカチカ登場・・・・・かと思いきや、タカチカくんがいない。
慌てて呼びに行くハッさん(^^;

タカチカくんは地声も歌声とそれほど変わらなかった。
やっぱり、ナマで聴くとウットリするような色気のある声!
B'zの稲葉浩志と椎名林檎の要素が両方入っているような不思議な声。
アンニュイな歌だと最高にハマります。

ギターのハッさんとボーカルのタカチカくんが若い頃やっていた「SECADE」というバンド、どんだけ若い音なのかなーとドキドキしながら音源を初めて聴いた時、メッチャ上手くて
「ええーーっ!?」
って思わず叫んじゃったもんね(^^;
SECADE時代の曲も歌ってくれて嬉しかったな♪

ちなみに私はSECADEだと、特に『』が好きです。
twichemの『ダンサー』もカッコイイので、CD購入させていただきました♪

ハッさんとタカチカくんの声は全然、声質が違うのですが、二人でハモると息ピッタリ!
ハッさん、よく合わせられるなあと感心。
長年、タカチカくんの声を聴いているからですね。

小林明子の『恋に落ちて』をカバーしていましたが、この曲、不倫の曲だったんですね!知らなかった(^^;
タカチカくんが、友達の結婚式でこの曲を歌ったことがネタになっているみたいですが、私も知らずに高校の合唱部で歌っていましたよ(笑)。
だから、ラストの英語の歌詞とか懐かしくて、私も口パクで、二人と一緒に歌っていました。

それにしても、二人の関係性が面白くて。
タカチカくんは、ハッさんより年上だけど、ハッさんがリードしながら(お尻を叩きながら?)ライブを進めていってました(^^;
休憩中もハッさんがタカチカくんの世話を甲斐甲斐しく焼いていて。

二人がフォークデュオ「ココロコンニャクズ」を結成するようです。
略すると「コココン」でしょうか(笑)。
この二人なら、MCはハッさんに任せて、タカチカくんは「ミステリアスなボーカリスト」として、歌うことに徹して欲しいです(^^;

[PR]
# by june_h | 2017-04-06 20:31 | 観劇 観戦 コンサート レポート | Trackback | Comments(0)

中村うさぎさんって、本当に面白い人。
名だたる学者に対談相手として指名されてたりするんですよね。
頭の回転が早いから、返しが的確。
ミッションスクール出身だからか、聖書に詳しい。人に言われたからではなく、自分の意志で読んでいて、ちゃんと面白さ?を分かっている。
彼女の話す聖書は面白い!

聖書を語る―宗教は震災後の日本を救えるか

佐藤 優,中村 うさぎ/文藝春秋

undefined


佐藤優は、友達からずっと勧められていたのですが、なかなか手が出なくて。
聖書&うさぎさんという切り口から、やっと入場できました。
この方も面白いんですね!
神学者にして元外交官。
宗教の切り口から世界を見られる人、絶対に必要ですよね。

彼曰く、イスラム教の聖書だと、キリストが復活する時にはイスラム教徒として復活するらしい。
キリスト教徒とイスラム教徒は、聖書を同じくする「啓典の民(←イスラム教側の言い方だけど)」だけど、仲が悪いはずですよね(^^;

うさぎさんの、アダムとイブの解釈が面白かった。
アダムとイブの原罪はセックスではなく「自意識」ではないかと。
だって、もし、そうなら、楽園にいる動物だってヤりまくっているわけだから、動物達だって追い出されなきゃならないでしょう、と。

知恵の実を食べた後、お互いが「違う存在」だって知ってしまった。
そこから全ての苦しみが生まれた。
それが原罪。
スゴく納得!

この二人の会話、面白いので、続編?も読みました。
[PR]
# by june_h | 2017-03-31 18:33 | 本 読書 書評 | Trackback | Comments(0)